テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

博士の異常な愛情

2017-02-19 | コメディ
(1964/スタンリー・キューブリック監督・共同脚本/ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン、スリム・ピケンズ、キーナン・ウィン、ジェームズ・アール・ジョーンズ、トレイシー・リード/93分)


 スタンリー・キューブリックの「2001年宇宙の旅 (1968)」の前作でありますな。そしてその前が「ロリータ (1961)」になる。寡作だけど実に多彩な題材であります。時々難解な作風になることもあるけれど、これは分かりやすかった。いわゆる風刺ブラックコメディで、今作の風刺の矛先は戦争だ。

 ピーター・ジョージってイギリスの作家の原作があって、原題は【Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb】。この長いのは日本語タイトルにもなっていて、『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』なんて表記することもある。
 Dr. Strangeloveはピーター・セラーズ扮する、ドイツからアメリカにやって来た科学者の名前なんだけど、かといってこの博士が主役というわけでもない。なんでこんなタイトルになったんだろう?ひょっとして原作は博士による記述みたいなスタイルになっているのかな?
 脚本はこのジョージさんとキューブリック、そして風刺と言えばこの人って感じのテリー・サザーンの三人共作であります。

 製作年が1964年だから、米ソ冷戦時代でありますな。北極海のある島でソ連が新兵器の開発をしているらしいというナレーションの後、オープニングタイトルバックでは、アメリカ空軍の戦闘機が飛行しながらの給油を受けている映像が流れていて、そのBGMがまるで『♪ジェットストリーム~』という城達也の甘い声が聞こえてきそうなストリングスの曲。ラストのエンディング・ロールもこのオープニングに呼応するように、画面は衝撃的な映像なのにBGMは女性ボーカルのラブソングが流れるという洒落た作りになっておりました。洒落たというか、背筋が凍るようなキツイ皮肉なんですけどね。

 さて、物語の発端はアメリカ空軍ナンバー2の准将が嘘の攻撃命令を出すところから。冷戦時代だからソ連の周りには三十有余機のアメリカ軍の爆撃機が常時飛び回っているんだけど、准将は本土がソ連の攻撃を受けた場合の反撃を記したR作戦の実行指令を勝手に出しちゃうんですね。勿論アメリカは攻撃されてないのに。
 スターリング・ヘイドン扮するこの准将は、祖国が共産主義者に侵されているという勝手な妄想に取付かれていて、反撃計画は大統領の確認なんか待ってる暇はないから准将の判断で実行できるって所に乗っかっちゃったわけ。准将は空軍のナンバー2だけど、空軍基地のトップに座っている人物なので可能なんだ。
 後でおいおい分かるんだけど、彼の名前がジャック・リッパーって言うから笑っちゃうよね。この名前で直ぐに彼が狂人だというのが分かる。
 ソ連に向かう空軍機は、第三次世界大戦級の話だから一応指令を出した基地に確認するけど、基地の連中もトップ命令でラジオが没収されていてニュースも聞けない状況にされていたので、そのまま攻撃続行になってしまうんだ。

 驚いた政府はリッパー准将に連絡を取ろうとするけれど当然音信は不通。ペンタゴンに大統領以下政府の要人、陸海空軍のトップも揃って核戦争勃発を回避するべく対策会議が開かれる。
 空軍のトップに扮するのがジョージ・C・スコット。この軍人も秘書と懇ろになっているってシーンが出てきたり、会議の流れではこのままソ連を攻撃しちゃいましょうよ、なんて物騒なことをしゃべるといういい加減な人間として描かれている。

 一方、空軍基地ではリッパーの異変にいち早く気付いた副官であるマンダレイク大佐が、彼を諫めようとするが逆に司令官室に監禁されてしまう。このマンダレイクに扮するのがピーター・セラーズで、同盟国のイギリスから派遣されているという設定。後には、ペンタゴンの指令でリッパー制圧に陸軍がやって来るんだけど、マンダレイクもリッパーの籠城につき合わされることになる。彼の運の悪さが笑いを誘う所であります。

 映画は、この空軍基地のリッパーとマンダレイクのやり取り、ペンタゴンの会議の行方、そして嘘の指令を受けてソ連攻撃に向かう一機の爆撃機の様子をパラレルに描いています。
 ペンタゴンの会議中にはソ連の駐米大使が出て来たリ、ソ連の首相に直接電話を掛けたりしてまして、はてホットラインはもう有ったのかなと思ったら、キューバ危機の後だからもう出来てたんですね。電話でしか出てこないあの首相(声も聞こえなくて、大統領の受け答えでしかわからないんだけど)も、酔っぱらいのヒステリー持ちの変な奴だった。

 ピーター・セラーズは一人三役で、マンダレイク大佐とドイツからやって来た科学者ドクター・ストレンジラブ博士とペンタゴンの会議に出席しているアメリカ大統領を演じています。
 大佐も大統領も賢明で善良な人物でしたけど、博士は不気味な怪演でありました。
 爆撃機の乗組員の一人に若き日のジェームズ・アール・ジョーンズが出ていたのが懐かしかったです。
 スリム・ピケンズは、最後までソ連の攻撃目標に向かっていく爆撃機の機長キングコング少佐の役でした。常識人に見えた少佐が徐々に狂気を帯びていく所も怖かったです。
 ツイーターにも書いたけど、ジョージ・C・スコットの演技は強面の割にはハシャギ過ぎの印象が残ったな。

 1964年のアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞、監督賞、脚色賞にノミネート。
 NY批評家協会賞では監督賞を受賞。
 英国アカデミー賞でも、作品賞と美術賞(モノクロ)を獲得したそうです。





・お薦め度【★★★★=友達にも薦めて】 テアトル十瑠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おとぼけさん 【Portrait Q -№121】

2017-02-01 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第121弾。





 1925年イギリス生まれ。
 フランスのおとぼけさんがジャック・タチならアメリカだとウォルター・マッソー、そしてイギリスだとこの人でしょうか。ミスター・ビーンのローワン・アトキンソンより大分早いし、少しばかり味も違うコメディアンです。
 55歳で亡くなったのが惜しまれました。
 顔だけ見るともっと歳いっちゃってた感もありますがね。

 昨夜、僕はこの人の最初のオスカーノミネート作品を観ました。一人三役で、どれも違う性格を見事に演じておりましたな。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

予告編 「スノーデン」(2016)

2017-01-24 | 予告編
 何年前の事?と考えてしまうほど、すでに過去の話になっちゃった感じだけど、結局僕の中でも評価が未定の事件であります。
 第一感は、功名心にかられた若者が必要悪を世間にさらしちゃったって感じ。
 でも、どこかにそれだけじゃないと彼を肯定する気持ちもある。
 さて、真実はどっち?

 ま、この映画に解答がある保証はないけれど、O・ストーンだし、観る価値はあるでしょう。





オフィシャルサイトはこっち
 今週金曜日(1/27)から公開らしいです。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

2017-01-22 | ドラマ
(2014/アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督・共同制作・共同脚本/マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ/120分)


 18日にレンタルした途端に忙しくなって返却日の25日までに観れそうになかったけれど、今朝早めに目が覚めたので観ることにしました。多分しばらくは2度目は無いと思うので、十分理解したとは思えないけれど紹介記事を書いておこうと思います。

*

 かつて「バードマン」というヒーロー物の映画で一世を風靡した俳優がその後低迷を続け、中年になって再起を図るべく舞台に進出し、主演・演出に乗り出すも不安にさいなまれたり、共演俳優と揉めたりするという話。離婚した妻とか、付き人をさせている実の娘とのトラブルとかもあって、家族の再生話のムードもちらっとあります。
 ブロードウェイの演劇批評家とのバトルもあり、製作側の狙いは批評家をディスることか、なんてことも考えましたな。
 2014年のオスカー受賞作との事。
 特殊な環境の人物の特殊な感情を、これまた個性的な描き方で表現したこんな作品がオスカーを獲るとは。60年前に何処にでもいる小市民の結婚話を描いた「マーティ」がオスカーを獲ったことを考えると隔世の感がありますな。
 個性的な手法というのは、allcinemaの解説氏の言う<全編1カットという驚異の撮影スタイル>のこと。しかし、僕の観た限りでは終盤にはいくつかカットが切り替わっておりましたがね。

 主演がかつて映画「バットマン」で主役を演じていたマイケル・キートンなのも面白い。

 「バードマン」のイメージからの脱却が出来ない事を表すのに、本人が超能力を使えるシーンを色々と描いていて、それらを1カットで描いている為に幻聴・幻覚と現実との狭間が分からなくて、このままファンタジー映画になっちゃうのかな、なんて思ったりもしましてね。人によっては好き嫌いが分かれる作品かも知れないですね。
 僕は、登場人物にも(どいつもこいつも大声で叫びやがって)惹かれないし、ロングカットに拘った理由も分からないので(疲労感が残るだけだし)好きじゃないㇲ。

 「バベル」を撮ったアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督がオスカーを初受賞とのこと。





・お薦め度【★★★=一見の価値あり】 テアトル十瑠
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

摩天楼を夢みて

2017-01-19 | ドラマ
(1992/ジェームズ・フォーリー監督/アル・パチーノ、ジャック・レモン、エド・ハリス、アラン・アーキン、ケヴィン・スペイシー、ジョナサン・プライス、アレック・ボールドウィン/100分)


 NYの下町にある不動産会社の支社を舞台にした人間ドラマであります。
 登場人物は、若い支社長(スペイシー)と営業マンが4人。
 アル・パチーノ扮するローマはやり手で営業成績も優秀。
 ジャック・レモン扮するシェリー・レビーンは最年長のベテランだが今月は未だ一件も契約が取れていないし、現在娘が入院していてそっちの方も気掛かりだ。
 エド・ハリス扮するデイヴ・モスは会社のやり方に不満たらたらで、ろくな営業情報も顧客情報も無いといつも愚痴をこぼしている。
 気が弱くて自分はこの仕事には向いてないと言っているのはアラン・アーキン扮するアーロナだ。

 ある雨の降る夕方、営業ミーティングとして集まったローマ以外の三人の前に一人の男が現れる。アレック・ボールドウィン扮する、スーツをバシッと決めた男。
 彼は、この営業成績の振るわない支社の連中に喝!(本当は活)を入れるためにやってきた社内でも有数のやり手営業マンなのだ。

 レビーン、モス、アーロナの三人は、若造のくせに本社の大幹部のような物言いに反撥も覚えるが、この1週間の成績で最下位になった者は首だと宣言され動揺は隠せない。
 モスはアーロナを連れ出して、元同僚で今は退社して起業した男に倣って辞めようと持ちかける。但し、ただ辞めるのではなく、金になりそうな会社の情報を盗んでしまおうと。
 レビーンは、支社長の金庫にある有望な物件情報を金で買うからくれないかと支社長に持ち掛け断られる。
 そんな中、ローマだけは会社の向かいにあるバー&レストランで偶々知り合った男に最新物件の販売に成功する。

 さて、翌日。
 会社の前にはパトカーが止まっていて、会社の中に入れば、夕べのモスとアーロナの相談事項が実行された気配。さて、真犯人は誰か?そして彼らの運命は?
 てな具合の、最後は謎解きの要素も加わる面白いドラマであります。

 なんでもそうですけど、営業マンというのはホントにつらいもので、自己暗示でも掛けなければやってけない商売だと思いますね。ましてや不動産なんてバブルの時ならまだしも、不景気になれば自殺者も出る程の過酷な職種でありましょう。アレック・ボールドウィンを見ながらドナルド・トランプはこんな奴だろうと思ってしまいましたな。

 十数分も観ていれば分かりますがコレは舞台劇の映画化。
 原作も脚本もデヴィッド・マメットという劇作家で、なんとリンゼイ・クローズの元ご亭主らしいです。

 1992年のアカデミー賞とゴールデン・グローブでアル・パチーノが助演男優賞にノミネート。
 ヴェネチア国際映画祭ではジャック・レモンが男優賞を受賞したそうです。





・お薦め度【★★★★=友達にも薦めて】 テアトル十瑠
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

■ YouTube Selection (音楽)


■ YouTube Selection (予告編)


■ Information&Addition

●映画の紹介、感想、関連コラム、その他諸々綴っています。
●2007年10月にブログ名を「SCREEN」から「テアトル十瑠」に変えました。
●コメント、トラックバックは大歓迎。但し、記事に関係ないモノ、不適切と判断したモノは予告無しに削除させていただきます。
*
◆【管理人について】  HNの十瑠(ジュール)は、あるサイトに登録したペンネーム「鈴木十瑠」の名前部分をとったもの。由来は少年時代に沢山の愛読書を提供してくれたフランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」を捩ったものです。
◆【著作権について】  当ブログにおける私の著作権の範囲はテキスト部分についてのみで、また他サイト等からの引用については原則< >で囲んでおります。
*
テアトル十瑠★ バナー作りました。リンク用に御使用下さい。時々色が変わります。 (2009.02.15)