テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

摩天楼を夢みて

2017-01-19 | ドラマ
(1992/ジェームズ・フォーリー監督/アル・パチーノ、ジャック・レモン、エド・ハリス、アラン・アーキン、ケヴィン・スペイシー、ジョナサン・プライス、アレック・ボールドウィン/100分)


 NYの下町にある不動産会社の支社を舞台にした人間ドラマであります。
 登場人物は、若い支社長(スペイシー)と営業マンが4人。
 アル・パチーノ扮するローマはやり手で営業成績も優秀。
 ジャック・レモン扮するシェリー・レビーンは最年長のベテランだが今月は未だ一件も契約が取れていないし、現在娘が入院していてそっちの方も気掛かりだ。
 エド・ハリス扮するデイヴ・モスは会社のやり方に不満たらたらで、ろくな営業情報も顧客情報も無いといつも愚痴をこぼしている。
 気が弱くて自分はこの仕事には向いてないと言っているのはアラン・アーキン扮するアーロナだ。

 ある雨の降る夕方、営業ミーティングとして集まったローマ以外の三人の前に一人の男が現れる。アレック・ボールドウィン扮する、スーツをバシッと決めた男。
 彼は、この営業成績の振るわない支社の連中に喝!(本当は活)を入れるためにやってきた社内でも有数のやり手営業マンなのだ。

 レビーン、モス、アーロナの三人は、若造のくせに本社の大幹部のような物言いに反撥も覚えるが、この1週間の成績で最下位になった者は首だと宣言され動揺は隠せない。
 モスはアーロナを連れ出して、元同僚で今は退社して起業した男に倣って辞めようと持ちかける。但し、ただ辞めるのではなく、金になりそうな会社の情報を盗んでしまおうと。
 レビーンは、支社長の金庫にある有望な物件情報を金で買うからくれないかと支社長に持ち掛け断られる。
 そんな中、ローマだけは会社の向かいにあるバー&レストランで偶々知り合った男に最新物件の販売に成功する。

 さて、翌日。
 会社の前にはパトカーが止まっていて、会社の中に入れば、夕べのモスとアーロナの相談事項が実行された気配。さて、真犯人は誰か?そして彼らの運命は?
 てな具合の、最後は謎解きの要素も加わる面白いドラマであります。

 なんでもそうですけど、営業マンというのはホントにつらいもので、自己暗示でも掛けなければやってけない商売だと思いますね。ましてや不動産なんてバブルの時ならまだしも、不景気になれば自殺者も出る程の過酷な職種でありましょう。アレック・ボールドウィンを見ながらドナルド・トランプはこんな奴だろうと思ってしまいましたな。

 十数分も観ていれば分かりますがコレは舞台劇の映画化。
 原作も脚本もデヴィッド・マメットという劇作家で、なんとリンゼイ・クローズの元ご亭主らしいです。

 1992年のアカデミー賞とゴールデン・グローブでアル・パチーノが助演男優賞にノミネート。
 ヴェネチア国際映画祭ではジャック・レモンが男優賞を受賞したそうです。





・お薦め度【★★★★=友達にも薦めて】 テアトル十瑠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凛として 【Portrait Q -№120】

2017-01-01 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第120弾。





 つい先月亡くなったので訃報等で思い出した方も沢山おいででしょうが、アメリカのエヴァ・ガードナー、イタリアのアリダ・ヴァリ、そしてフランスのこの方と、子供の頃には見分けがつかなかったような気がします。ちょっと怖いオバさん的な・・・。
 1920年生まれですから、日本でいえば大正9年ですね。
 昔は吹き替え版で幾つかTV放映を観たですが、最近では7年前にキャロル・リードの初期の秀作で再会しました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

予告編 「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」(2015)

2016-12-24 | 予告編
 かなり前から気になっていた映画ですが、すでに昨日から一般公開らしです。

 ドローンによる戦争の実態を描いたサスペンスであり、安全な所で戦いをするという皮肉な矛盾をついた問題作。
 予告編で突き付けられた局面の結末が知りたくなりますな。





オフィシャルサイトはこちら。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予告編 「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016)

2016-12-16 | 予告編
 今日から一般公開らしいっス。
 で、TVで情報を聞いていたら面白そうだったので、急遽ご紹介。

 所謂“スター・ウォーズ”シリーズの中には無いお話らしいのですが、辻褄は合っていて、時系列的にはシリーズの最初の作品の直前を描いたものだそうです。つまり、レイア姫が帝国軍に捕まって、彼女をハン・ソロやルーク・スカイウォーカーが助けに行く1作目の直前ですね。帝国軍はレイア姫が持っているデス・スターの設計図を取り戻そうとしていました。
 今回レイア姫は主な登場人物の中に居なかったですが、彼女が如何にして設計図を手に入れたか、なんてことも描かれているようです。

 フェリシティ・ジョーンズ扮するジン・アーソが、その設計図を強奪するチームのヒロインなわけですが、彼女を助ける戦士達の描き方には「七人の侍」を彷彿とさせるものがあるそうで、既視感はあるかも知れないけれど(黒沢の影響をうけたシリーズ)らしいっちゃらしいよね。




 
オフィシャル・サイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

♪Snow Frolic / Francis Lai

2016-12-15 | 音楽
 かつて旧「YouTube Selection」でアップした記憶があるんだけど、どうやら“音楽”記事にはしてなかったらしいので、今回取り上げました。
 最新のMy Back Page「ある愛の詩」は病気と死を扱ったドラマであるために悲しい印象がありますが、その中でこれは明るいイメージが残る曲でした。
 セントラル・パークでふたり雪合戦をするオリバーとジェニー。
 公開当時、大好きだったこの映画の中でもお気に入りのシーンだったなぁ。




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ YouTube Selection (音楽)


■ YouTube Selection (予告編)


■ Information&Addition

●映画の紹介、感想、関連コラム、その他諸々綴っています。
●2007年10月にブログ名を「SCREEN」から「テアトル十瑠」に変えました。
●コメント、トラックバックは大歓迎。但し、記事に関係ないモノ、不適切と判断したモノは予告無しに削除させていただきます。
*
◆【管理人について】  HNの十瑠(ジュール)は、あるサイトに登録したペンネーム「鈴木十瑠」の名前部分をとったもの。由来は少年時代に沢山の愛読書を提供してくれたフランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」を捩ったものです。
◆【著作権について】  当ブログにおける私の著作権の範囲はテキスト部分についてのみで、また他サイト等からの引用については原則< >で囲んでおります。
*
テアトル十瑠★ バナー作りました。リンク用に御使用下さい。時々色が変わります。 (2009.02.15)