映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーシャンズ11 #217

2005-02-12 | あ行の映画
2001年 アメリカ 117分

スティーブン・ソダーバーグ監督、豪華キャストによる犯罪ムービー。どのくらい豪華かというと、私のblogの中でも、ソラリスのジョージ・クルーニー。ボーン・アイデンティティのマット・ディモン。天使のくれた時間のドン・チードル。誘う女のケイシー・アフレック。アンタッチャブルのアンディ・ガルシア。プリティ・ウーマンのジュリア・ロバーツ。さらにブラッド・ピット。

仮釈放中の窃盗犯ダニー・オーシャンは、11人のプロの犯罪者を集め、ラスベガスの金庫を狙う。ターゲットはベネディクト。彼はオーシャンの離婚寸前の妻テスを恋人にしていた。

金庫はハイテク機器により2重3重にガードされている。内通者の存在なくしてはありえない。またレーザーの探知光線をかいくぐることのできる超人的な人間も必要だ。一時的に停電を起こすことのできる爆弾使いや、監視カメラを偽装するテクニックも必要だ。オーシャンが集めた11人は、そーゆーことをクリアするに余りある人たちだ。鉄壁ともいえるガードをくぐり抜け、ついに金を、そして元の妻を奪い取る!

それぞれのアイテム(=人間兵器)をうまく使い、強奪プロジェクトが進んでいくのが心地よく感じた。アンディガルシアのオーナーも「こいつの金ならぶんどっちゃえ」(不謹慎、失礼)と思わせるようなパーフェクトぶり。アクシデントにもめげず次々に仕掛けられたガードをクリアするゲーム感覚で面白い!中国人の手が挟まって爆発するとやばい、という時に電池切れだったり、うまくいきすぎの所もあるけど、そこがまたよかったと思う。でも11人もいたら誰を見たらいいか散漫になってしまうんだけれど。『オーシャンと11人の仲間』のリメイクで、続編のオーシャンズ12は現在公開中。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 正義だ!味方だ!全員集合!#216 | トップ | 12人の優しい日本人 #218 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (Ray)
2005-02-13 10:03:05
私もこの映画を以前に観ました。

私自身は『好きな人ばかりの豪華メンバーの出演』で満足したのですが、その弊害なのか、一人一人の出演が少なくて、冷静に映画として見ると、誰を見たらいのか分からなくなってきてたのも事実です。

あまり面白くない、と言う噂もチラホラ・・・



ブラッド・ピット、食べてばかりいたでしょ(笑)



続編の「12」はキャサリーン・ゼタ・ジョーンズまでの登場で、どうなるのかな、と思っております。



俗物の私が考えたのは、この映画は主役級の俳優さんが出演しています。

「11」「12」の映画、総ギャラはいくらだったのだろう、と思ってしましました(汗)
Unknown (映画のせかいマスター)
2005-02-13 11:46:56
どうも!コメントありがとうございます。確かに凄いギャラになりそうですよねー。他にこんな総出演の作品は観たことないんで、やっぱり出演料がネックなんでしょうね。爆破シーンもたくさんありましたが、制作費の何分の一がギャラなんでしょうね。ペイするのだろうか??



登場人物が多いと一人ひとりを目当てに見ると不満かもしれませんね。きっちり出番を用意したら3,4時間ものになりそうですね。それだとさらにギャラアップになったりして

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事