映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正義だ!味方だ!全員集合!#216

2005-02-11 | さ行の映画
1975年 日本 ドリフ&クレイジー映画

ドリフの人気は最高潮だった当時、男はつらいよとの同時上映で年に2回もよく撮ったなーと思う。68年69年は年に3-4作ドリフ映画を上映してたんだから、そういう時代だったのかな。残念ながらこれがシリーズラスト作品。(16作目)

とある小さな町に、やくざが絡んだ建設事業が進んでいた。失業したチンドン屋のいかりやと仲本が、住民運動を利用して一儲けを企む。そこへ、しがない劇画家の加藤茶が絡み・・。

相変わらず、インチキのいかりやさんがそれっぽく振る舞い、加藤らをこき使う。ばれてるの気付かずに変装して登場、というオイシイ笑いを含め、仲本工事が活躍してた。志村はほとんど出て来なかったぞ。セリフもあんまり無いし。
ラストの無声映画風のドタバタもよかったが、ちょっと安っぽく見えた。まんま屋根の上コントだし。20年後の姿は「8時だよ」の学校コントそのもの、手抜き??

てんぷくトリオの伊東四郎も共演。キャンディーズの「ハートのエースが出てこない」が劇中に登場。
コメント   この記事についてブログを書く
« 悪い奴ほどよく眠る #215 | トップ | オーシャンズ11 #217 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

さ行の映画」カテゴリの最新記事