映画のせかい

私が最近見た映画 ※ネタバレあり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1980 #264

2005-03-21 | あ行の映画
2003年 日本 122分

ジョンレノンが暗殺された次の日、元アイドルの教育実習生がやってきた。異母姉妹の犬山イヌコ、ともさかりえ、蒼井優が高校を舞台にそれぞれの抱える問題を明るく吹き飛ばす。

ルービックキューブ、スライム、馬鹿でかい留守番電話、B&B、テクノ、など、1980年(代)の雰囲気が随所にでてる。個人的には1980年のイメージは、真面目に熱いがどこか抜けてる。という語り部のテクノカットのメガネの男の子に集約されている。ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の狙いもそこにあると見た。もしかしたら彼は監督本人がモデルだったりして。邪推。

ともさかりえちゃん、すぐに男と寝てしまうセクシーな役なんだけど、薄着より着衣の方がセクシーに感じてしまう私はオヤジ入り始めてしまったかな。
学園が舞台なので、青春ドラマ風だけど、先生にもスポットが当てられる。中でも長女役の犬山イヌコさんの生徒の名前を覚えない先生役は結構似合ってたと思う。初めて見るお方だけど、舞台にはいろんな個性の方がいますね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 砂の女 #263 | トップ | 世にも奇妙な物語  映画の特... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あ行の映画」カテゴリの最新記事