たまたま の きままと おもいつき いつまでも99歳

◎転載お断りします
◎PCの機種によっては写真が大き過ぎて見れないこともあります。
★フォトチャンネルも見て

写真のこと

高画素数のカメラと広角レンズほしいな・・・・・・・・

秋の北海道13日目

2018年10月17日 18時47分50秒 | 日記


車中泊してた美瑛町新栄の丘からの日の出も雲で見れず
急いで青い池に向かってみた、新しい駐車場もできてるが入り口が分からなかった青い池には早朝にもカメラマンが多い
朝陽に照らされ青い湖面に映るのを狙ってるようだが日差しはなかった


青い池から十勝岳展望台に
十勝岳はかなり下の方まで雪が降ったようだ


さらに十勝岳温泉まで続く道を登っていくと最後の上り坂はうっすらと降った雪が凍ってる
今年初めての雪道


いくつかの道の駅を廻ってる道路で見かけた可愛いサイロ


雨が降ったり薄日が差したりの忙しい天気
あっちこっちで虹が見られた


今日の最後は昇仙峡を超える峠道三国峠
ここでは秋でなくもう冬のようだ葉のついてる広葉樹はなさそう
ここで宿泊して朝写真を撮ろうと思ったが白いものがちらちら
携帯の電波も届かないので暗い峠道を戻ってきた
コメント

秋の北海道12日目

2018年10月16日 18時58分38秒 | 日記

襟裳岬でのきれいな日の出を期待していたら日の出直前に雨が降り出し水平線の向こうでも
黒い雲、灯台の光はそんなこと関係なく遠くまで光を届けてます
襟裳岬はアルプス山系と同じで火山でなく海底からの日高山脈に続く隆起でできてる
この岬から海中を2km以上先まで続いてるとのこと


ようやく日の出
かろうじて見えてる


雲に隠れながら昇ってきた日の光で反対側には虹が見えてきた


途中で見た小さなダム湖の紅葉


夕方には美瑛の新栄の丘に到着
夕陽のきれいな丘なのだが今日は雲に太陽が隠れ夕陽は見れなかった
上川地方には雷注意報が出ていたようだ
明日の天気が気になる

来る途中で見えた十勝岳大山系の頂上は白くなっていた今宵は寒いのだろうな
コメント

秋の北海道11日目

2018年10月15日 18時34分41秒 | 日記

車中泊してた道の駅なかさつないを出発
北海道ならどこにでもありそうな景色を見ながら、道の駅廻りをしながら


サイロを撮ったり
このサイロはなんとなく今も使われてるような


ナウマンゾウの化石が発掘された町忠類(ちゅうるい)で一休み


大樹町・・・最近は失敗続きのロケット発射場のある町の温泉に入って
この温泉は日本で一番ヨード濃度が高いのだとか塩分も結構濃い


襟裳岬に到着・・宗谷岬と襟裳岬を直線で結んだ右側はなんとか回ってきた


雲が少しあったがなんとか沈む夕日が見れた
明日は日の出が見れるか楽しみ
日の出・・・5:38
日の入り・16:46
明日の5時台は晴れの予報
コメント

秋の北海道10日目

2018年10月14日 18時30分32秒 | 日記

車中泊してた道の駅あいおいを出発して
一路オンネトー湖へ
朝の早い時間でもカメラを携えたひとでにぎわってる
昨日は湖面も鏡のようで阿寒富士も綺麗に湖面に映っていたとか
今朝は風もあり湖面は波立ち空には光を遮る厚い雲が覆ってる
1時間ほど待ったが晴れることはなかった阿寒富士の姿も見れなかった
オンネトー湖は湖面の色も緑のようなコバルトブルーのようなきれいな色を見せてくれる小さな湖


湖面に映る景色は撮れないので
こんな感じで一枚


寒かったので7時から入れる中野温泉に・・・オンネトー湖に通過する道筋にある元旅館
200円で朝ぶろ
ここは硫化水素ガスが温泉に混じってるので窓は何時も開けっ放し・・体が温まるまではちょっと寒い
石鹸もシャンプーもない
湯量は豊富


途中立ち寄った道の駅では楓に似た樹がきれいに色付いてた
この花表は赤いが裏は白色


今はない線路の愛冠駅駅舎でうどんを食べようと立ち寄ったら営業期間がすでに終了してた
去年はここの主に手打ちの生うどんをもらって車中泊の晩飯に食べた
コメント

秋の北海道9日目

2018年10月13日 18時35分26秒 | 日記

道の駅厚岸グルメパークを出発して道の駅をめぐりながら
摩周湖に天気も良く気持ちいいここも落葉してる


摩周湖の水の色は神秘的な色だ

背中側にはこれから行く屈斜路湖も見えてるいい眺め
今回は神の子池と津別峠にはいかなかった


屈斜路湖畔にある小さな旅館で日帰り入浴
さびれた旅館だが風呂は大きくきれいで気持ちよかった


屈斜路湖を見下ろす美幌峠に到着
午後の日差しに照らされる屈斜路湖


小腹がすいたので揚げいもを食べよう・・・ちょっと甘すぎるんだよなー


今日の宿泊場所道の駅あいおいに到着


列車内で寝るか車中泊にするか
列車内にはすでにバイクのお兄さんが場所を確保してた
コメント

秋の北海道8日目

2018年10月12日 18時51分51秒 | 日記

今朝雨の中道の駅うとろシリエトクを出発知床五湖方面に向かってると
遭遇ヒグマの親子


道路を右に左に
車を先導するように
この熊のことを知床ビジターセンターで聞いてみると首に発信器を付けて行動調査してるのだとか
最近は道路を平然と歩くことが多く車慣れしてるので困ってるとのこと
親と行動を共にしてる子熊はそれが普通だと思い込むとそのうちに通る観光客が餌を与えてしまうと
人を見たら餌がもらえると習得することが一番の悩みだとか


知床五湖の木道を散策
雨とまだ早い時間だったので観光客はまばら
知床五山は雲の隠れ見えない


知床峠も雨の中通過


峠から見る景色すでに落葉してる木が多い


毎回立ち寄る羅臼の食堂純の番屋で煮魚とつぶ貝の刺身を食べて


根室に向かい
明治公園を散策


花咲岬にある車石・・・柱状節理が放射状になってる
噴火の溶岩がここまでうまく車状にできるのも自然の不思議
コメント

秋の北海道7日目

2018年10月11日 18時03分21秒 | 日記

網走の道の駅で目覚めてから能取岬に
途中で見える景色
岩と陸との間に朝陽とか夕陽とかが見れたらいいのに


能取岬風が強く寒かった
観光客はまばら


能取岬を出た後はあっちこっちの道の駅を巡りながらの旅
女満別のメルヘンの丘を見たり
収穫も終わり緑のない景色


JR斜里駅に立ち寄ったり
JRはここから大きくカーブして釧路に
鉄路がないので知床方面はバスでしかいけません


斜里町にある道路・天に続く道
いつのまにか道路案内も起点も表示されてる
去年までは探すのに苦労したのに・・観光の目玉にされたようだ
バスも入ってくるし駐車場もできてる


オシンコシンの滝
水量が少ないな
観光客はまばら
コメント

秋の北海道6日目

2018年10月10日 18時06分10秒 | 日記

今日も道の駅廻りだったり


丸瀬布の山奥にある大平高原に行ってみた
誰も通らない山道を紅葉を楽しみながら登っていく


頂上付近は牧草地で緑と紅葉の黄色の景色が広がってる
ここは星の観察にはいいところらしい


白樺の紅葉?黄色くなった葉も綺麗だよ


こんなところにバス停も


たぶんここの牧場の人のバス停だったのかも
今では小さなサイロだけが残ってる
サイロの大きさから零細な酪農だったのかな


サロマ湖の内陸部ではヒマワリが盛りと咲いてる


能取湖のサンゴ草を見に来たが時はすでに遅かった
真っ赤に染めつくされたところを見たかったが
何本かがかろうじて残ってる程度
時期は9月~10月の初めぐらい
コメント

秋の北海道5日目

2018年10月09日 17時32分33秒 | 日記

今日はそこそこの秋の天気
紋別の道の駅に回ったら今日は休館日クリオネにも会えず
駅のスタンプだけはたまたま来ていた職員の計らいで押させてもらった


そこから内陸に向かうと廃農か離散かの廃屋が
道内いたるところで目に入る寂しい風景


今でも使ってるのか否かはわからないが酪農家のサイロは撮りたくなる


国道273号をさらに内陸に向かうと目に入るすべてが紅葉


峠の頂上付近はすでに落葉が進んでる

道の駅丸瀬布が休日の振替で今日が休館日だったので再度出直しどこから戻るか思案
今日は道の駅上湧別チュウリップの湯で入浴と車中泊
コメント

秋の北海道4日目

2018年10月08日 17時49分43秒 | 日記

今朝になっても猿払村の道の駅あたりは小雨と風
それでもあっちこっちの道の駅を回ってきた
ピンネシリの道の駅に飾られてる蝦夷トドマツの樹齢約300年物の切り株
何処も枯れてもいないのだからこのまま保護して宝にした方がいいと思うのは自分だけか
自慢げに切り倒すより・・・


山間の峠道内陸に入るとどこの山も少し秋の色に染まり始めてる


小さな村の公園万里の長城を模してる


やっぱり見たかったこの景色
小さな西興部(にしおこっぺ)村
夕方だったので西日なので綺麗な色で撮れなかった
コメント