あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

ゴンゾウ~伝説の刑事 最終話:夏の終わり

2008-09-11 00:00:46 | 2008夏&秋ドラマ
ブラボー☆・:.,;*ヽ(〃 ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄)ノ*:;,。・★
全ての引っ掛かりが見事に解消
そして、まさかQ太郎までもが事件に関係してたとはっ
理沙先生と乙部との関係も、全く読めなかった・・・
う~ん、最初から最後まで唸るばかりの見事な脚本
番組の終了するやいなや、即座に小説プレゼントに応募してもーた
伝説的な働きをしたゴンゾウなのに、ラストが居眠りって・・・
でも、拍子抜けしそうなそのラストがこのドラマらしくて、これまた憎いね~

杏子の亡霊も、最後は穏やかな表情になってましたよねー
見事に乙部にヒットしたロシアンルーレットも、ゴンゾウには最後まで
当たる事は無く、杏子も黒木が生き続ける事を望んでるのだと
心から納得出来たかのゴンゾウ。立派に立ち直ったかのようなゴンゾウですが
杏子の願い通り、禁煙と備品係は続けるつもりなのかな。
最後に杏子は理沙先生を指差していたのは・・・
最初はマーくんに頼まれてゴンゾウの主治医になった理沙先生ですが、
今回もゴンゾウの自殺を回避しようと必死だったし、ゴンゾウに惚れてるの?
マーくんとの事はもういいのね?
てか、乙部に撃たれた際に、首からプシューーーって血が吹き出して、
シャツも真っ赤に染まってたというのに、驚異の生命力や~

ゴンゾウが杏子の亡霊に悩まされてたように、マーくんもずっと黒木の亡霊に
悩まされていたんですねー
ただのマザコンだの、小っちぇー男だの、散々な事言ってごめ~ん
まことにすみまめ~ん
鬼母と思われたあのお母さま(おいっ!)も、息子の事を思って
楽しみにしてた温泉を諦めて、捜査に戻るように背中を押してくれました
自慢の息子だもんね~
でも、乙部との銃撃戦で重傷をおったマーくん。入院中は、あの鬼母は
どうしてたんだろ?おとなしく施設にでも入ったのかな?

日比野も飯塚に許されたようでホッ

鶴ちゃんの「ばっちい!」や「撮るな~!」が良かったわ~
メイド服姿がかわいかった~

ヴァイオリニスト殺人事件、そして3年前の事件のいずれも真犯人は乙部
老舗の乙部醤油の一人息子だった乙部。商売が傾きかけた事をきっかけに父親が
母親に暴力をふるうように…母を守る為に父を殺し、遠くへ逃げようと
提案する乙部に「どこに行っても同じ。どうせこの世界に愛は無い。」と
母は乙部を残して自殺。母の為に父を殺したのだからと、罪を母にかぶせた乙部。
この頃から彼の歪んだ性格が形成されてしまったのですねー

人を愛せない、愛し方がわからないと理沙に相談したところ、「ただ与えればいい。
愛は与えれば、必ず返って来る。」と・・・
このアドバイスに従って、愛を知らないかわいそうな人達になんでもしてあげたのに
返って来なかった。一生懸命愛しても、気味悪がられ、裏切られた。
その事を理沙のせいにしてしまってる乙部のイッちゃってる話し方が
キモいの何のって

そんな乙部に「お前がやってる事は愛なんかじゃない。愛に裏切りは無い。」
「娘を忘れないでやってくれと、両親が何枚も焼き増しして送ったコンクールの映像。
天野もなみが恋人に送ったネクタイ。
柿沼が自分の命と引き換えに証明したもなみの真実。
死ぬ前に聞いたヴァイオリンの音色。
ロダンの奥さんが作った塩むすび。
津田のじいさんが自分で叩き潰した右手。
3年がかりで俺をここまで辿り着かせてくれた杏子。
それが愛だ。この世界は愛で溢れてる。
どこもかしこも愛でいっぱいだ。」

ゴンゾウの言葉が通じたのか「へぇ・・・」と感心し「何か、ごめんなさい。」と
理沙を解放し、自分のこめかみに銃口を当てた乙部を撃ちぬくゴンゾウ。
杏子は、乙部にも死ぬ事を許さなかったようです・・・

今度は自分のこめかみに銃口を当て、2発ほど撃ってみたものの不発・・・
「生きていいのか」と問うゴンゾウににっこり微笑んで頷く杏子

ゴンゾウが口にした、今までのゲストの皆さんの映像にこっちもうるうる

ついに開催される事のなかったもなみのコンサート…
だけど、生前の練習の録音が残ってたんだ~!
「音楽は人を救える」
希望に溢れたもなみの明るい声が切ない

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 第7話 第8話 第9話
人気ブログランキングバナー くつろぐバナー
***************************************************************************
出演:黒木俊英***内野聖陽 佐久間静一***筒井道隆 
遠藤鶴***本仮屋ユイカ 日比野勇司***高橋一生 氏家隆***矢島健一 
岸章太郎***菅原大吉 田端ルミ子***吉本菜穂子 
天野もなみ***前田亜季 寺田順平***綿引勝彦 松尾理沙***大塚寧々
ゲスト***石橋蓮司 正名僕蔵/加藤虎ノ介/邑野みあ 金田明夫
遠藤憲一 秋野太作 浅利香津代/左とん平
白井晃 内田朝陽 三輪ひとみ/池脇千鶴/遠野凪子
 
公式HPはこちら

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« あんどーなつ 第10話:父と... | トップ | キャットストリート 第3話:... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つっぺ)
2008-09-11 00:45:45
事件に関わった人たちが次々回想で出てくるシーンには
私もウルっとしちゃいました~
全ての人が活かされているストーリーには
改めてスゴイ!と感心してしまいます
殉職ラストとか、最悪の事態も考えていたので
こんなに平和に終わってくれて大満足です!
気が抜ける笑いどころもちゃんと用意されていて、
本当に最後までこのドラマらしかったですよね
ブラック佐久間への淡い期待もあったことはあったけど
それは心の中に仕舞っておくことにします…
Unknown (みんと)
2008-09-11 00:50:00
脚本が凄かったですよね。
最終回も気持ちよく驚かされ、とても面白かったです。
綺麗なハッピーエンドでした。
もなみのコンサートは切なかったですけどね。
取り合えず黒木が死ななくて良かった~(´▽`) ホッ
これで続編の望みが…!
こんばんはです (ikasama4)
2008-09-11 00:57:52
まさかQ太郎のみならず
理沙まで乙部と繋がりがあったとはねぇ。

それにしても乙部の告白に
犯人であるはずの相手に対して黒木が
目を潤ませていたのが意外でした。

なので私ももらってしまいそうでした(T▽T)

また、ここでロダンさんとかの思い出とかを
振り返るとは思いませんでした。

ホント、過去の出来事は全く無駄ではないって事なんですね。

昨日の敵は今日の友
佐久マー君とも仲直りしたみたいだし
杏子から生きる事も許されて
なおかつ理沙と付き合う事も許されたみたいだし

見事なまでにハッピーですね。

>鶴ちゃんの「ばっちい!」や「撮るな~!」が良かったわ~
>メイド服姿がかわいかった~
もうバッチシです(≧∇≦)b
テレ朝さんにあの写メを公開して欲しいくらいです
(; ̄∀ ̄)ゞ

後、これさっき見つけてきたやつ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=VeDtcTDMBew

これでドラマを思い出して癒されてつかあさい( ̄ー ̄)/~~
Unknown (せるふぉん)
2008-09-11 01:18:47
終わっちゃったかぁ~。と
ちょい寂しいです。

正直言って今期はそう思えるドラマがほとんどない!
まったく不作なクールでしたわぁ~(がっくし)

最初はなんでウッチー?と思ってたんですが
ストーリー展開同様、徐々に何で彼でなければならなかったのか
わかってきました・・・(笑)

1話完結型じゃない推理モノってのもイイですね。
Unknown (エリ)
2008-09-11 13:15:36
実は1話で鶴ちゃんのメイド服見たいって書いてたんですが、
その通りになってびっくらでした。
みんなこれを希望したのね^^
黒木の首に弾が当たって血だらけで倒れたときには殉職かと思ってたくらい。
防弾チョッキってあんな風になってるのね。
でも頭や首は無防備だから上を狙われたら恐いね。
最後に黒木が再び備品係だったのが良かったですわ。
楽しませてもらったドラマでした!
Unknown (きこり)
2008-09-11 13:50:06
いや~本当におもしろいドラマだったわ~
第一回目にチャンネルを合わせた自分を褒めてあげたい(笑
全ての要素が気持ちいいほどにぴたっと納まって
それぞれが再生できたって感じで気持ちよかったね~
Q太郎にも彼女ができたみたいだし、ちゃんと復活したのにゴンゾウとして備品係にいる黒木ってのも粋だった~
そして、やっぱりマー君はしゅてきだった。
そして、そして、これから、内野さんの出演作はかならずチェックします!
Unknown (megu)
2008-09-11 15:19:18
私も見終わって「ブラボー」と手をたたいちゃいました♪
ホントに面白かったですね。
脚本はもちろん、出演者の皆さんも素晴らしかった!

個人的には、黒木と理沙の今後が気になったりして・・・ ^^v
Unknown (夕来)
2008-09-12 00:17:49
昨晩興奮しながらコメント書き込みにきたのですが、
エラーになってたみたいでぐやじいですっ!
テンション上がり過ぎてたんで、何書いたか忘れちゃった(笑
とにかく見続けて正解だった!と思える素晴らしい最終回でした。
マーくんが白マーくんで終わってくれて良かったわ~(笑
結局、マーくんの奥さんは逃げたままってことでいいのかしら?
母とも和解できたようでひと安心だわ。
レス遅くてごめんなさいですm(_ _)m (まこ)
2008-09-14 22:52:18
** つっぺさん **
うんうん、あの回想シーンで見てるこっちも
今までのエピが走馬灯のように甦り、めっちゃ懐かしい気分に…
無駄の無い脚本・演出に鳥肌モンでしたわ~
最終回では、すっかり予告に騙されました!
不幸な展開を覚悟してたのに、あらら~うれしいじゃないのっ!
てないい意味での裏切られ感でいっぱいに
ブラック佐久間も、実は白でした・・・にもヤラれた~(笑)
予想の裏の裏をついてくる、面白い作品でしたよねー

** みんとさん **
ほんと、この脚本には驚かされっぱなし
最後は想像以上の希望ある展開になりましたわー
でも、殺されたもなみに何の落ち度も無かった事がわかり
殺され損だったというのには、激しい怒りを感じますが
黒木が再生出来て何より
死んだら続編の望みも消え失せますもんねぇ
続編が無理なら、せめてSPでも・・・

** ikasama4さん **
最終回も驚きの連続で楽しませてくれましたわ~
乙部と黒木、共に愛に恵まれない境遇ながらも
この事件に関わった事で、愛の存在を信じられるように
なったとは皮肉というか、良かったというか…
ロダンさんの事も、事件とはあまり関係無かったけど
心に残るいいエピでしたもんね~
全てが懐かしくいとおしい・・・
マーくんの黒木への思いも、母絡みのつまんない理由じゃなくて良かった~
最後は笑顔になってた杏子にうるうる
そして理沙先生との事は「マジ」って感じでしたわー
結果的にマーくんがキューピット役になっちゃった(笑)。
鶴ちゃん…てか、ユイカ嬢もこの役はめっちゃ良かったですぅ~
いや~、今クールはどれもこれも主題歌が良かった
これ聞くと色んなシーンが思い出されてワクワクソワソワ

** せるふぉんさん **
続々とドラマも最終回を迎えつつありますが、
やっぱこのドラマの幸せな余韻に勝るものは今んとこ無いですわ~
内野さんて、陰気な役のイメージが強かったので
正直最初は筒井くんや高橋くん目当てだったのですが
初回でいきなりハイテンションな内野さんにびっくり~
そうは言っても、ふとした時に見せる、何やら心に闇を
抱えてるような表情に惹き付けられたりして!
上手いな~とすっかり虜ですわ(笑)。
刑事モノ=1話完結 と思い込んでたのに、最後まで
1つの事件を追いつづけたという展開にも、驚きつつも
感心でしたわ~

** エリぴょん **
メイド服姿、可愛かった~1話ではセーラー服姿を
披露でしたっけ?まさか願いが叶うとは~(笑)
もっともっと鶴ちゃんの色んなコスプレ見たかったな~
撃たれた際の、あの血の噴出にはたまげた~
撃たれた場所も場所だし、出血多量で死んじゃうのかと
心配したけど、そこはドラマ!
止血をした様子も無かったのに、死ななかったのが不思議デス
最後は昔の熱血刑事に戻るのかと思ったけど、
備品係で惰眠をむさぼってる姿が微笑ましかったですわ~

** きこりさん **
うんうん!あたしも~てか、マーくんと高橋くんが
出てなかったら見なかったかもしんない(笑)。
そして、マーくんを守る会会員で無かったらパスしてるとこでした
キャストも脚本も全て意外性があって楽しませてくれましたわ~
再生した暁には、熱血刑事として復活かと思ったのに備品係・・・
最後の最後まで、いい意味で裏切ってくれましたわ~
今後も、ちょっぴり頼りないとこが母性をくすぐるマーくんを
追っかけますわよ~
そして内野さんもネ

** meguさん **
「ブラボー!」スタンディングオベーションしたいくらいの
見事な作品でしたわ~
地球に生まれて良かった~~~
黒木と理沙、黒木と佐久間との関係も気になるし…
やっぱ続編をやるしかないですよねー

** 夕来さん **
いや~ん、あたしもぐやじいですっ
興奮してテンション上がりまくりのコメント、見たかった~
くそぉ~!gooったらパスワードを読み取れなかったのかしらん
もぉね、全てが綺麗に繋がって、思わずおっさんみたいに
唸りそうに(笑)。
このドラマに出会えて良かった~
前作とは全然違うキャラで、時には疑ったりしたけど
最終的には白だったマーくん
見守り続けた甲斐がありましたよねー
美人妻は結局登場しなかった・・・正式に離婚してんのかな~?
お母さんも少しは物分かりが良くなったっぽいけど
今後もマーくんの介護生活は続く
Unknown (やしき)
2019-12-11 01:21:15
BSで見直しましたか
ただただ凄い

コメントを投稿

2008夏&秋ドラマ」カテゴリの最新記事