あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

白蓮れんれん/林真理子

2014-05-30 15:23:39 | 

「筑紫の女王」と呼ばれた美しき歌人・柳原白蓮が、
年下の恋人、宮崎龍介と駆け落ちした、世に名高い「白蓮事件」。
華族と平民という階級を超え、愛を貫いたふたりの、いのちを懸けた恋―。
門外不出とされてきた七百余通の恋文を史料に得て、愛に翻弄され、
時代に抗いながら、真実に生きようとする、
大正の女たちを描き出す伝記小説の傑作。
第八回柴田錬三郎賞受賞作。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2014 5/29 読了
朝ドラ【花子とアン】にてこの柳原白蓮なる人物を初めて知り、
興味を抱いてこの本を手に取りました。

宮澤さんとの駆け落ちは、純愛といえば純愛・・・白蓮さんにとっては
初めての恋だったかもしれないけれど、その後の苦労が描かれてないせいか
むしろ二人を許した伊藤伝右衛門さんの男気を感じて、むしろこっちに
好感を抱いてしまったのは、ドラマの中でも吉田鋼太郎さんが無骨ながらも
彼なりに白蓮を愛してるという雰囲気を好演されてるせい?

とは言え、史実は朝ドラで描かれてる以上にこの伊藤氏の女性関係や
家族関係が複雑で、白蓮さんの満たされない気持ちも理解出来なくもないけど
だからと言って、好き勝手に振舞えたのも身分違いの結婚ゆえ、
この時代でありながら、夫も妻に強く言えなかったのは無理も無く…

なので読後の印象としては、お写真で見る限りははかない印象の白蓮さんだけど
やはり身分の高い方特有のワガママを通したという感じに思えたのが
残念でした。宮澤さんには普通に献身的に尽くし尽くされた生活を
されたようなので、それでは当たり前過ぎて小説には向かなかったのかな?

人気ブログランキングバナー
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 続・最後から二番目の恋 第7... | トップ | 5月30日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思わずTB (mana)
2014-05-30 15:34:18
こげなとこにおかしかね~m(__)m
ばってん、止めれんかったとよ(笑)
** manaさん ** (まこ)
2014-06-01 14:10:54
おら、BORDER見てないから、どげんしたと?と
思ったら・・・

うんうん、白蓮とか村岡さんとか、今まで何の関心も
なかったのに、すっかり興味津々ずら~(笑)
それを演じる俳優さん達にもネ!

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

『BORDER』 第8話 (美容師は見た…)
蓮子のお兄様がこっちで撃たれたか~と思っちょったら、奥さんが同じ村岡希美さんでびっくらこいただよ~!そして今更ですが、村岡花子が大叔母なんですってよ~(ノ゜ο゜)ノ オクサマー毎度キャスティングが小ネタになる(笑)昨日は店のお客様から「白蓮事件」のことを聞...