あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

とんび 最終話:終幕~父が息子へ…30年の愛と命の物語が起こす奇跡の贈り物

2013-03-25 21:43:35 | 2013冬ドラマ
遅っ!(; ̄ー ̄A アセアセ

見るのはリアルタイムで見たんですけど、出先でPCの無い環境だったし、
それ以降も何かと忙しくて、終わってから1週間以上経つ今になって感想アップ

とは言え、もう記憶の方が曖昧になってるので多くは語れないけど・・・
とりあえずはヤスは無事だったし、一時はアキラとの同居を考えたようだけど、
再び皆のいる馴染みの場所にとんぼ返り!
正式に引越しして上京したようだったので、会社も辞め、たえ子姉ちゃんの店で
働き出したヤスがどこで寝泊りしてるのかは、よぉわからんかったけど、
とにかく最後までヤスは明るく元気でいつものヤスだった

てか、ヤスが会社でケガをしたり、上京したりのくだりや、ケンちゃんが家出したりと
何かとバタバタな最終回だったので、今までみたいに涙ぐむような場面はなかったけど、
歴代のアキラの皆さんが登場した回想シーンではじ~ん・・・

あんな事やこんな事、色々あったなぁといいおさらいになりましたわー

父と子を中心に、毎回心温まるお話だったこのドラマ。
だけど、アキラのデスクの上にヤスの写真を飾ったり、今回の事故もそうだけど
何かとヤスの生死を疑ってしまうような演出や展開が多用されてたのが私的には嫌だった

極めつけはとんびの死骸・・・そんな思わせぶりいらないよぉ~
美佐子さんが亡くなったという悲しいところからスタートしてるのに、人の生死を
そんな風に扱うのが不快だったなぁ。

そして、全10話ともなると、原作にはないストーリーやキャラで補っていかなければ
いけないのもわかるけど、「ん?」と引っ掛かりをおぼえるのは大抵ドラマオリジナルの
部分だったのは、先に原作やNHK版を見てしまったから仕方ないと思われ・・・

今回もケンちゃんが寂しい気持ちで家出しただけでも可愛そうなのに、ヤスの血を引く
子どもを産みたかったの、溺れたらアキラはコウちゃん(だっけ?)を助け、ヤスが
ケンちゃんを助けるてな話も余計だったわー。
ますますケンちゃんがかわいそうに感じてしまった

NHK版では、子どもが産まれるところまでは描いてなかったし、妊娠した事を告げた際に
アキラが「お父さんの初孫だよ」って言ったら、ヤスは「ワシの初孫はケンちゃんじゃ!」と…
これこそヤスだと思う

とまぁ、最後は愚痴だらけになっちゃったけど、TBS版とんびも毎回うるうるさせてもらったし
笑って泣けて、本当にいいお話でしたわ~

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いつもは時間のズレにも賢く対応してくれてたうちのテレビの録画機能が、
夕べに限っては、開始何分かが録画されてなかったようで、
いきなりヤスとたえ子姉ちゃんが布団を抱えて歩いてるシーンから始まってた

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話
人気ブログランキングバナー
***************************************************************************
出演:市川安男***内野聖陽 市川旭***佐藤健
坂本由美***吹石一恵 市川旭(3歳)***五十嵐陽向
市川旭(6歳)***荒川槙 市川旭(11歳)***福崎那由他
市川美佐子***常盤貴子 照雲***野村宏伸 幸恵***加藤貴子
葛原鉄矢***音尾琢真 尾藤社長***ベンガル
たえ子***麻生祐未 海雲***柄本明
公式HPはこちら
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 3月24日(日)のつぶやき | トップ | 3月25日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした。 (mana)
2013-03-30 18:44:09
まこさん、今期は根気でおめでとう(ノ∇≦*)キャハッッッ♪

『とんび』は毎週どっかで泣かされてましたね~。
そして内野さんのほとんど龍馬キャラに笑わせて貰って。
この親子ものでの泣きと笑いのバランスが好物だったで賞(笑)

デスクの写真も思わせぶりでしたよね~。
なので最終回はヤスが生きててくれただけで、
ホッとしたで賞。そうでしょう。今でしょう(ノ*´▽)ノアハハハハヾ(゜∇゜*)ナニガ?

NHK版は良かったらしいですもんね。
見てなくて良かったかも~。
読書が苦手も功を奏し?σ(^_^;

まこさん解説のNHK版こそ、ヤスですね~。
やっぱり見たかった~!ヾ(゜∇゜*)ドッチヤネン

布団を抱えて照雲のところへ行ったんじゃなかったかしらん?

来期も根気でよろしくです~(^o^)丿ナンノコッチャ
** manaさん ** (まこ)
2013-04-04 23:49:56
今期は根気で乗りきったど~!婚期ははるか昔・・・
ほんまとんびには毎回毎回泣かされた!
原作は舞台も広島で、バリバリの方言じゃったんじゃが
今回内野さんに方言をしゃべらせなかったのは、
何をしゃべっても土佐弁のイメージになるがじゃばってん
あえてそうしたんじゃないじゃろかと思ったりして!
まぁ、色々文句言うたけんども、とんびは原作も
NHK版、TBS版、それぞれ素晴らしいゆう事で!
>布団を抱えて照雲のところへ行ったんじゃなかったかしらん?
そっか・・・てか前回WBCで放送時間がズレた際に
書いたのがそのままコピペされとった…
来期もライラライでよろしくデス!同じく何のこっちゃ(笑)

コメントを投稿

2013冬ドラマ」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

沖の鴎ととんびと鷹はどこで散るやら果てるやら(常盤貴子) (キッドのブログinココログ)
「書店員ミチル」が終了して2013年彼岸の谷間である。 久しぶりだなー。 冬ドラマはカレンダー的には成人式ドラマだったり、節分ドラマだったり、バレンタインデー・ドラマだったり、ひな祭りドラマだったりするわけだが、なんといっても春のお彼岸ドラマなのである。 そ...
とんび 最終回  (のほほん便り)
いかにも、日曜の夜にむく、ぽかぽかと温かい人情物語であり、不器用・親父、ヤス(内野聖陽)の子育てを通した成長物語。 常盤貴子、ここのところ、健気な良妻役が続いてますね。若くして亡くなった分、思い出の中で、美しさが際立ちました。 内野聖陽も、息子のア...