あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

とんび 第4話:本当のお母さん

2013-02-03 23:32:35 | 2013冬ドラマ
秘すれば花・・・(┯_┯)うるる

今回は、ヤスとアキラ、たえ子姉ちゃんと娘・泰子@徳永えり、そしてアキラの坂本さんへの
秘すれば花な物語。

勘のいいアキラなので、皆が美佐子の死の真相を話してくれないのは、
自分のせいで母が亡くなったせいなのではと勘付いていたんですね。
そんなアキラについたヤスの優しいウソ・・・

アキラが皆に聞き回ってるのを知って、内心焦りながらもきっとギリギリまで
本当の事を言うべきか迷ってたんだろうな。

ウソをつくのはいけない事だけど、アキラを傷付けるのも辛い・・・
風呂に潜りながら最終的に出した決断は・・・自分のせいで美佐子が死んだと
自分が悪者になる事でアキラを救った親心に泣けた・・・

そしてそんな親子にそれぞれ温かい言葉をかけて気持ちを楽にしてあげる海雲さん。
あぁ、つくづく海雲さんがいてくれて良かった・・・と思いきや、次週の予告で
病院のベッドに横たわる海雲さんの姿が・・・

雑談を装いながら、嫁ぐ娘に妻や母になる覚悟を言って聞かせるたえ子姉ちゃんの
言葉にもうるうる・・・
 
元夫・肇@小林隆さんも優しそうな人だったのに、時代のせいなのか何なのか、
姑さんのキツい仕打ちや、後継ぎを産めなかった事を責められた挙句、
別れるに至ったのですね。
子どもを捨てたひどい母親と自虐的な言い方してたたえ子姉ちゃんだけど、
見方を変えれば、子どもと引き離されたとも見えるし、あの時代に女手1つで
子育てをするにはむずかしかっただろうから、子どもの為を思って
嫁ぎ先に置いて出たというのが本音だったりするんだろうな。

だからこそ、産みの親よりも育ての親に感謝すべきだと、心を鬼にして会う事も
拒んでたんだと思うと、改めてたえ子姉ちゃんの強さと優しさがしみる・・・

ヤスの事をやっちゃんと呼んでたのも意味深だけど、そもそも娘にやすこと名付けたのは
ヤスさんとは関係ない事なのかな?元々姉と弟のような関係で恋愛感情は無し?
ヤスさんとたえ子姉ちゃんの年齢差ってどれくらいなんだろ?

そしてアキラは・・・せこい下心を抱いてたせいか、秘めたる思いが空回り。
1度は諦めかけたけど、意を決して走り出したのに、一足先に坂本さん宅に男の影が…

これって元ダンだったりするのかな?ヨリを戻そうとせまってる最中にアキラが
乱入して、どさくさ紛れに告白・・・という展開もあり?

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
連日、明日見る予定の番組を録画予約する際に必ず出てくる「HDDの残量が足りません」の
予告。その都度泣く泣く当分見れそうにない番組を削除するという作業を繰り返してる。
あぁ、ゆっくり録画消化する時間がほすぃ~~~!!!というより、見れもしないのに
ため過ぎ?(笑)

第1話 第2話 第3話
人気ブログランキングバナー
***************************************************************************
出演:市川安男***内野聖陽 市川旭***佐藤健
坂本由美***吹石一恵 市川旭(3歳)***五十嵐陽向
市川旭(6歳)***荒川槙 市川旭(11歳)***福崎那由他
市川美佐子***常盤貴子 照雲***野村宏伸 幸恵***加藤貴子
葛原鉄矢***音尾琢真 尾藤社長***ベンガル
たえ子***麻生祐未 海雲***柄本明
公式HPはこちら
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月2日(土)のつぶやき | トップ | 2月3日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回も (くう)
2013-02-04 00:39:35
優しくていいエピソードだったよね~…。
「秘すれば花」なことがいっぱいあるのに、ついズバズバと言っちゃいがちな
世の中…←それはわたしだよっ
秘めておくところは秘めて察することをさせる。
その心遣いが優しいよね。

旭も良い子に育ちました。親子の絆だね。

次回は和尚が?辛いぞ(;_:)

まこしゃん、明日は(もう今日か)長い一日だろうけど頑張ってね!
こんばんわ~ (きこり)
2013-02-04 17:00:16
まこしゃん、本日はご主人様の付き添いなのね。
お疲れ様です。手術の成功と経過良好で退院されますよう祈ってますよ~
今回も泣けた泣けた・・・
旭を思って、自分を悪者にするヤス、でも、旭に嫌われたって嘆く気持ちも、ホントよくわかるよ。
そして、娘を思うたえ子姉ちゃんの潔さ。
>乱入して、どさくさ紛れに告白・・・という展開もあり?
そうなればいいよね~
でも、ホント、押し弱そうだからな~思い切ってドーンといってほしいよ。
って、予告を見ただけで泣けてきたのは私だけ~?(涙
コメントあんがとです♪ (まこ)
2013-02-06 16:00:51
** くうしゃん **
今回もええ話だったよぉ~!
あたしも、なかなか秘す事が出来ない性格なので
美佐子さんの死の真相はともかく、たえ子姉ちゃんが
嫁ぎ先を追い出された事情は娘に話さずにはいられないっ!
捨てたわけじゃないんだよと言いわけしたいっ!!!
だけど、時には言わない奥ゆかしさも必要なんだね・・・
アキラもほんとヤスさんの子だよねー。
そしてお心遣いありがとデス!!!

** きこりしゃん **
ありがとうデス!あとは数日後の検診を待つのみ。
ほんと毎回このドラマには泣かされるわ~!
いい人ばっかり出るドラマっていいやねぇ~♪
昭和パートの人物や風景のレトロ感を見てるだけで
癒される~。
平成のアキラは、もちと頑張らねばねっ!
そういえばヤスさんと美佐子さんも、どこでどんな風に
であったんだろ・・・その辺のエピも知りたいぞ!
わずかな予告でも泣けるとんび・・・恐るべし(笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【とんび】第4話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
強い親になりなさい。 強い親っていうのはね… 自分がボロボロになっても決して子供の手を離さない親のことよ。 とんび 第4話    昭和60年。 12歳になったアキラは、母が亡くなった事故に...
とんび 第4話「本当のお母さん」 (Happy☆Lucky)
第4話「本当のお母さん」 JUGEMテーマ:エンターテイメント
とんび 第4話 (ぷち丸くんの日常日記)
旭(佐藤健)は、由美(吹石一恵)からゲイ疑惑を問われます。 言葉を濁して去って行く旭は「秘すれば花」だと言っていました。 会社で由美の姿を目で追う旭は、同僚の六川(内野謙太)と京(本田翼)に...
とんび #04 (ぐ~たらにっき)
『本当のお母さん』
秘すれば花 ~ とんび (ゆったりと・・)
ドラマ「とんび」 もう見るのやめようかなぁ~。なんて思いながら見た今回。 不覚にも泣けた(笑) 母としてのたえ子(麻生祐未)さんの心情。 旭に優しい嘘をつくヤス(内野聖陽)。 じじぃ・・柄本明さんが優しいぃ。
日曜劇場 「とんび」 第4話 (トリ猫家族)
 今回は、子供の頃の旭とヤス、そして大人になった旭の『秘すれば花』・・・の物語。  由美(吹石一恵)からゲイ疑惑の真偽を尋ねられた旭(佐藤健)でしたが・・・ ゲイのま ...
ドラマ「とんび」 第4話 あらすじ感想「... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
秘すれば花----------!!「ゲイって嘘だよね?」「それは-------そんな風に見えてました?」じゃぁ嘘でいいのかと思いきや、なんと旭はそれを否定しないで、それでいいと言い出したのだ...
ドラマ「とんび」 第4話 あらすじ感想「本当のお母さん」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
秘すれば花----------!! 「ゲイって嘘だよね?」 「それは-------そんな風に見えてました?」 じゃぁ嘘でいいのかと思いきや、なんと旭はそれを否定しないで、それでいいと言い出したのだ!! 女友達のようでいてくれってどういう事? 由美の事好きじゃ...
「とんび」父と子の愛情4アキラは母の死の真相を聞くもヤスが上手く説明できず2人の関係を難しくしたえ子の娘との再会では母親の心... (オールマイティにコメンテート)
「とんび」第4話はアキラがどうして母美佐子が亡くなったのか?と照雲や社長らに聞きまわっていた。それを知ったヤスはいよいよ真相を話さなければならないと決意を固める。そし ...
とんび(4) (ドラ☆カフェ)
視聴率は 12.0%・・・前回(16.0)より 本当のお母さん
《とんび》☆04 (まぁ、お茶でも)
旭は、坂本由美の子健介の面倒見てくれるのは、旭がゲイだという噂を流されていた。 聞かれても、ヘラヘラと、坂本さんは女友達、なぞと逃げるので、すっかり本命に気を悪くされていた。 女編集長はとても仕事ができる人だ。そうなると、なにがなんでも自分一人の力で解決...