あるがまま・・・

あるがままに日常をつぶやく・・・っつーか吐き出す?
でも気づけばドラマの感想ばっかつぶやいてます(笑)

とんび 第9話:突然の終わり…

2013-03-11 21:29:47 | 2013冬ドラマ
何だかなぁ・・・・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・
今回は全編に渡って原作にはないストーリー展開・・・

結婚を反対する理由が、美佐子に似てないからって、そげな・・・
毎回ヤスの大人げ無い振るまいに、クスっとしたり、呆れたりしてたけど、
今回はちょっとヤスらしくなかったような気がするわー。

まぁ、最後には照雲さんのウソに乗せられて、逆に坂本さんをかばうかのようにして
結婚を認めてたけど、あたしゃ照雲さんまでおかしくなったのかと思ったヨ

「どこか1つでもお母さんに似てるとこがあれば、お母さん喜ぶんじゃないか」とか言い出した
際には、やっぱ照雲さんじゃダメだ・・・海雲さんが生きててくれたらと
本気でそう思ったわー

だけど、ヤスを騙す為とは言え、坂本さんが言った「市川くんにはお母さんの思い出が
無いから無理」と言った事を責めるような言葉を投げかけてたのは、照雲さんの本音?

てか、坂本さんこそ、お疲れさまでしたと言ってあげたいわー。
まず、初めて訪れた彼の故郷。電車を降りるなり、親族でもないのに、町の人が
横断幕掲げてお出迎え・・・って、それだけでも引きそうなのに、オヤジはあんなだし、
婚姻届の証人のサイン拒んで食べちゃうし、町の飲み屋で茶番劇見せられるわと、
大変な思いをしたねぇとねぎらってあげたい!

結局、結婚式も無しで、二人は夫婦となったのかな?卒園式の写真はあったけど、
挙式の話題は一切無かったし、写真も無しか・・・

そして今回1番ショックだったのは、やはりラストのあのシーン・・・
今までも、ヤスの写真にカップ酒をお供えしたり、最期という文字を使ったりと、
まるでヤスを死んだ人のように扱って視聴者を翻弄させた前科があるので、今回も
きっとヤスは無事なんだと信じたいけど、こう何度も思わせぶりなシーンを
作るのはいい加減やめてほしいわー。

しかも、もしもヤスに何かあった際にはクズ嫁が悪者扱いになっちゃうじゃんかー!
今までもヤスとはいつも口喧嘩しつつも、何かと力になってくれてたクズ嫁なのに、
こんな嫌な役割をさせるなんてひど過ぎる・・・

と、描きたい事はわかるけど、イマイチしっくり来ない展開だったのは
原作にはないエピを無理矢理押し込んだからじゃないの~と思ってしまう
今回のお話でしたとさ

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
いつもは時間のズレにも賢く対応してくれてたうちのテレビの録画機能が、
夕べに限っては、開始何分かが録画されてなかったようで、
いきなりヤスとたえ子姉ちゃんが布団を抱えて歩いてるシーンから始まってた

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
人気ブログランキングバナー
***************************************************************************
出演:市川安男***内野聖陽 市川旭***佐藤健
坂本由美***吹石一恵 市川旭(3歳)***五十嵐陽向
市川旭(6歳)***荒川槙 市川旭(11歳)***福崎那由他
市川美佐子***常盤貴子 照雲***野村宏伸 幸恵***加藤貴子
葛原鉄矢***音尾琢真 尾藤社長***ベンガル
たえ子***麻生祐未 海雲***柄本明
公式HPはこちら
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月10日(日)のつぶやき | トップ | 3月11日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よしぼう)
2013-03-11 23:40:50
こんばんは。
由美さんも大変だったけれど、結局旭が全部悪い。
自分の父親が、いかに面倒臭い人間か知ってるだろうに、言いにくいから、肝心なことを言わないから、こじれるんですよね。そのことは「就職」のとき、「学習」したはずなのに、活かせてないのは、やはりヤスの子供なんでしょうね。

あと、岡山と東京がいかに離れているかを、前回散々やったのに、由美さんも旭も、ちょっと近所へいくような感じで移動している。確かに旭の到着は夜だけれど、健介を連れての岡山行きは、小旅行のように大変だったはずだよ。あれでいいのかなあ・・・

確かに、美佐子さんに似てる似てないがヤスの拗ねてる理由に見えるけれど、ああいう気難しくて面倒くさい人にとって、理由は何でもいいんじゃないかな。しょせん屁理屈なんだし・・・

とにかく私は前半は気楽に大笑いして、照雲の芝居でヤスが本心を漏らしてからは、ヤスの弱り顔に苦笑しながら見てました。

ラストは賛否両論だけれど、荷物の下敷きになったからって、死ぬとは限らないし、ヤスがその前に「早期退職制度」の張り紙を見ていたことが重要だと思う。
旭も成人して嫁さんが来たわけなので、ヤスもこのまま肉体労働を続けるかどうかを考えざる得なくなる気がします。次回は、ヤスのそうした身の振り方が問題になりそうな気がします。
Unknown (くう)
2013-03-12 02:55:26
>まるでヤスを死んだ人のように扱って視聴者を翻弄させた前科があるので、今回も
きっとヤスは無事なんだと信じたいけど、こう何度も思わせぶりなシーンを
作るのはいい加減やめてほしいわー。

だよねぇ…^^;
あたしも昨日は、ヤスーー!!!(…そして綾野くんっっヽ(゜▽、゜)ノ)と思いながら
見てたけど、後々から冷静になって考えれば、きっと生きてるに違いないと…。
そーだよね。クズ嫁も可哀想だよね。

まこしゃんにしては、珍しくお怒りの回だったのねん。
私は、今回もそこそこ泣かされたよ。
最後だけが納得いかない~。
とんびの死骸も、思わせぶりすぎ。

まぁ、最終回を楽しみに見るさぁ。
Unknown (きこり)
2013-03-12 10:24:33
>今回は全編に渡って原作にはないストーリー展開
そうなんだ~
いくらなんでも、美佐子に似てないからって、子供すぎるよって思ったけど、原作にはないんだ~(笑
最終的にはヤスの良さが伝わったけどいいけどさ、嫁としては結構心の傷になるよね(笑
>やっぱ照雲さんじゃダメだ・・・海雲さんが生きててくれたらと
本気でそう思ったわー
そうそう、一瞬、オイオイ、アンタまで何言ってんの?って思ったけど、あんまりにも変すぎて嘘なのね・・ってわかったぞ。
>しかも、もしもヤスに何かあった際にはクズ嫁が悪者扱いになっちゃうじゃんかー!
そうだよね!
旭の事故があったんだから、クズ嫁、なりはあんなだけど、きちんとしている人だから、あんなとこで子どもをあそばせないと思うんだよな~
ちょっと無理やりだよね。
これで、ヤスが死んでたら美佐子も浮かばれないよ~

Unknown (ろーじー)
2013-03-12 15:52:27
照雲がとんびを見つけて云々って最後のシーンであったけど
ヤスは多分無事ですよね。
さすがに美佐子と同じ結末じゃちょっと・・。
もう釣られないぞ、、と^^;
でも、先週の次回予告でヤスが子どもを助けるってのが
あったけど、あれてっきり由美の連れ子が
事故に遭うのか?と思ってました。
子どもの靴のアップシーンとか散々思わせぶりながら
まさかのヤンキー母の子どもの方だったので、
そっちは見事釣られました。^^;
コメントあんがとです♪ (まこ)
2013-03-14 14:28:19
** よしぼうさん **
確かにっ!由美さんの情報を出し惜しみしなかったら
ヤスが勝手に妄想を膨らませる事もなかったのに~(笑)。
アキラって、賢いくせにこうゆうとこ抜けてる・・・
てか、原作は広島の福山が舞台のようですが、ドラマは
岡山?どこの地方なのか明確には示してないようなので
その辺の距離感は微妙ですが、由美さんはあっちゅーまに
アキラの故郷にとんぼ返りしてた割には、アキラの
到着は遅かった!そこは健介がいたせいで、準備等に
戸惑ったのだと脳内補充した方がいいのかな。
今回のヤスのごねようや、照雲さんの芝居は、原作には
ないエピだと意識するあまりか、何となく極端過ぎる
描き方に感じてしまいましたわー。
ラストの事故は、ヤスの今後の身の振り方に繋がって
いくのだろうけど、そのせいで会社やクズ嫁を悪く
描くような展開にはがっかりでしたわー。

** くうしゃん **
綾野くん>>>>>ヤス
そりゃ、そうなるよねぇ(笑)。
てか、元々このドラマは美佐子の死という悲しい出来事から
始まってるお話なのに、ここでヤスをあげな目に
あわせるだなんて悲し過ぎるぅ~!
と、引っ掛りのあるシーンや描写がことごとく
原作にはない部分だったりするので、あまりにも原作や
NHK版を崇拝し過ぎてるせいかもしんない(笑)。
クズ嫁も原作にはいないキャラ。今まではクズ嫁も
いい感じのキャラクターだと感心してたのに、こんな扱い
気の毒や~!
まぁ、どんな最終回になるのやら・・・
つか、やはり気持ちはもう綾野くんに飛んでる!
空自がテーマなだけにね(笑)。

** きこりしゃん **
原作のヤスは確かびっくりしつつも、すんなり受け入れてたよ~。
嫁もほとんど原作では出番無いし・・・
照雲さんのあのシーンも、ヤスの本音を引き出すウソとは
わかっても、由美を傷付けるような発言してたのには
ちょっと引っ掛ってもうた。あたしが由美なら、一生
執念深く覚えてるぞ!がるるぅ~~~(笑)。
クズ嫁も、孫がいくら行きたがってもむしろあそこは
男の戦場だからとか言って、行くのを阻止するタイプだと
思うのに何で・・・このクズ嫁も原作ではいないキャラ・・・
まさかヤスが死ぬような事はないだろうけど、
この場でこのような事が起きたのは、美佐子も視聴者も
残念に思ってるよね。

** ろーじーさん **
そそ!いくら美佐子ラブでも美佐子と同じような
死に方をするのは悲し過ぎるわっ!
つか、もしもそんな事になったらクズもクズ嫁も
気の毒過ぎる・・・
そそ!予告にはすっかり騙された~~~!
なので、今回も一切ヤスの元気な姿を映さなかったり
アキラの涙目のアップがあったけど騙されないぞ~~~!!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
とんび 第9話 (ぷち丸くんの日常日記)
ヤス(内野聖陽)のところに、旭(佐藤健)から「結婚したい人がいるから会ってほしい」と電話が掛かって来ます。 相手の女性が旭より少し年上で、慶応大学を卒業したと聞いたヤスは、たえ子(麻生祐未)や...
とんび #09 (ぐ~たらにっき)
『突然の終わり…』
【とんび】第9話 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
俺みてえな学もねえこ汚え親父をよ、「好きだ」って言ってくれる、 そんな女が どこにいんだよ! 旭と、俺と、まとめて好きだって言ってくれる。 もし、そんな女が他にいるとしたら、美佐子だけだろうが! ...
「とんび」父と子の愛情9ヤスはアキラと由美の結婚を認めないと頑固になるも照雲の芝居で本音を話しヤスはアキラと由美の結婚を認め... (オールマイティにコメンテート)
「とんび」第9話は由美を連れて故郷に戻ったアキラだったが、ヤスが美佐子に似ていない事を気に食わず、さらに7歳年上、さらに子持ちという事でさらにヤスの態度をこじらせてし ...
日曜劇場 「とんび」 第9話 (トリ猫家族)
『これは、とんびとタカが旅をした物語。 旅なのだから、いつかは終る。だけど・・・そのことを俺は、すっかり忘れていたんだ』  。゜ヽ(゜`Д´゜)ノ゜。 うわーーーーん!ヤ ...
《とんび》☆09 (まぁ、お茶でも)
平成10年(1998年) 冬 旭から、改まって会ってほしい人がいると電話がヤスにかかってきた。 結婚しようと思う人がいると聞いてびっくりしたヤスは受話器を置いた。 年上で、慶応大学出で、少し年上とは聞いたがと、照雲、タコ社長、同僚のクズたちに話して聞かせ...
とんび(9) (ドラ☆カフェ)
視聴率は 18.3%・・・前回(12.6)より 突然の終わりに・・・
とんび 第9話 (ドラマハンティングP2G)
第9話 2013年3月10日 平成10年。 ヤス(内野聖陽)はアキラ(佐藤健)から「結婚したい人がいるから会って欲しい」と相談される。 その女性が年上で慶応大卒の美人と聞き、たえ子(麻生祐未)や照雲(野村宏伸)ら町中の人に自慢して回るヤスは、きっと美佐子(常盤貴...