Kyara's Style

日々のつれづれ
      
           思いのままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ソウルにお別れの日

2009-09-30 15:42:20 | 韓国
今回、10足で \270という
格安な靴下を地下商店街で購入したが
その靴下がこれ↓

     

母のディサービス用と
友人への配り物。


それと、ソウルなら街中で市場で何処ででも売っている
ナンチャッテ靴下。
こちらは11足 ¥750の高級品
「私は靴下屋のおばちゃんか」と思うほど、
スーツケースの中は靴下だらけだった今回、


          



どちらもほとんどを配った後で、
残り少ない商品を撮影してみた。



さてと、ソウルともいよいよお別れが近づいてきた。

最後は大好きなカフェをご紹介しよう。


明洞の騒がしい街中の、チョット小路に入ったところ、
何気なく通りすぎてしまいそうなところにあるカフェ。
道からだと見上げるような急な階段が伸びている。

     

しかし、実際に上がってみると
足に優しい木の階段は、思ったより登りやすい。
ドアを開けると又階段が続き、
2枚目のドアの向こうが店内になる。

    「オソオソプシオ~」
・・と非常に丁寧な出迎えを受け、ひとまず窓辺の席へ。

このカフェは、メゾネット形式になっており、
二階席はフカフカの応接セットで寛げるのだ。
私は窓辺の木の椅子に座ったが、
とてもゆっくりした雰囲気の大好きな場所。

     



この日も残者が厳しく、
オーダーは、ヨーグルトパッピンス。

カキ氷の上に小豆、その上にヨーグルトソフトがのり
フルーツのトッピングがされている。

        



もう一つはキャラメルマキアート。
こちらは葉っぱとハートがアートされてて可愛い~~

     
      


食べて、飲んで、歩いて
今回も時間一杯楽しんだ旅だった。 

今はまだ次回の予定はないけれど、
その内禁断症状が出始めるかもしれない・・・
でも・・でも・・しばらくは大人しくしていようと思っている。 
コメント (16)

昨日と今日

2009-09-28 15:21:32 | チョット 気になること
ソウルからチョット離れて・・・昨日と今日。

土曜日・日曜日は近くの神社の秋祭り。
毎年行われるお祭りではあるが、
今年我が家は「当番」なのだ。

          


連日夫は、朝から夜まで出ずっぱり!
記帳(寄付・各家割り当て金)やご祝儀の管理で、
ショルダーバックを大切に抱えての毎日。

狙われると危険だから??大きな声で言えないがここだけの話・・・。

中には、大枚¥100万円を超えるお金が入っている。(それも小銭で)


          


山車は路地路地を廻りご祝儀を頂き、先々でお菓子やビール、おつまみの接待を受ける。
それも半端な件数ではない。
そんな酔っ払いが¥100万円を持って、ウロウロしているのだ。

危ない お金は私が預かろうか~よこしなさい!(陰の声)

しかし、、、酔っ払いはカバンを大事に抱えながら、
右手にビールで盛り上がっている。


そんなお祭りも終わり、
今日は山陽道を山口まで。

小雨の降る生憎のお天気だけど、
関門橋は勇士を見せている。

           


山口で仕事を終え、
我が家に帰り着いたのは午後2時過ぎ。
山口滞在3時間だった。

      老体に堪えるわぁ あぁ~~疲れた~。
コメント (16)

ソウルで。。チムジルバン

2009-09-25 14:42:39 | 韓国
まったり~過ごしたい時は・・・

チムジルバン(低温サウナ)がお薦め。




今回5度目のチムジルバン。
こんなアジアンチックな入り口を入ると
受付カウンターがある。
午後8時までの入場ならW1000(¥750)

入場料と引き換えに、室内着とタオル2本、
入場も靴箱も、ロッカーも、館内での飲食・遊び・マッサージ
すべてこれがあればO・Kというバーコードキィーを渡され入館。



こんな妖しい入り口を通り
3階のロッカーで洋服から室内着に着替える。

様々な種類のサウナやお風呂、売店・食堂などがある。

コチラに詳しく

室内着に着替えたら、まずは1階に降り、
45度の低温サウナから・・・
その後、序々に温度を上げながらゴロゴロ~~
まるで私たち、オーブンの中のマグロのようだ。






程よくあぶられた後、
ヒーリングゾーンやヒノキ森林浴ルームで、寝転がりながら
友とおしゃべりをして過ごす。
時間がゆっくり~流れていく。
流れていた汗も収まった頃、

黄金の王座で、記念撮影。
頭も体もタラタラ・・汗まみれ、とてもお見せできる状況に無いけど、

じゃ~ん!! 本日の特別サービス
     チョットダケヨォ~

             
             



ホ・ホントウは、ヘヤースタイルももう少しましなんだけど、
サウナの汗と、ゴロゴロ寝転び寛ぎすぎて、
ドロドロ状態なんです・・・←必死の言い訳


それより、こんなお見苦しい画像をお見せして
犯罪にならないか・・・・不安。


本日(26日)正気に戻った私。
だから、本日(26日)削除しました。
ホッ



時間は少しづつ過ぎ、小腹がすく時間に。
館内のシクタン(食堂)で軽く食事をしよう。



夜も遅いせいか、空いててラッキー~

床にペッタリ座って、こんなのを食べました↓



この後、お風呂に入り、
黒いブラとショーツのアジュンマから
あかすりをしてもらい、
ツルン ツルンになってホテルに帰ったのは・・・深夜であった。

コメント (12)

やぁ~!お前来たのか

2009-09-23 19:44:22 | 韓国
仁寺洞に出来た面白い喫茶店。
昔懐かしい「汽車内」の再現。

まずは入り口から信号がつき、線路が引かれている。




店内も線路がひかれ、頭の上には電線にツバメが二羽止まっている。




椅子には、昔の列車の座席がそのまま使われ、
網棚には皮のトランクまで・・・心憎い演出に
昔?を思い出し、「うん!いい!


壁にはたくさんの落書きが・・・
私もペンを出し、参加した。
次回いつ来れるか判らないけど、
私のサイン、残っていますように。

この中に、私が書いたサインがあるよ~。



さて、歩いて暑かったので冷たい飲み物をオーダー。


フィンガーボールほどもある器で運ばれてきた。
顔が洗えるほどでっかい
あまりの迫力に、二人とも・・・可笑しくて笑ったわ。




名前は、 オー・チャネワンヌンガ(やぁ~お前きたのか)

ハイ!来たけど。。。なにか
コメント (16)

クォン・サンウシーと、ペ・ヨンジュンシーと

2009-09-22 11:00:03 | 韓国
1年前、明洞にオープンしたクォン・サンウシーのお店 TEA.US。
AM8時からモーニングを食べに行った。

2階にあるお店に行くには、
サンウシーの特大写真のある階段を上がってゆくことになる。
踊り場にはカップを手に巨大なサンウシー。
サンウシーファンにはたまらないわねぇ~(私は違う)

 

清潔で広い店内




日本人が2組ほど。
サンドイッチとタルトを選んで~



友人と半分っこしながら食べたけど
どちらも美味しい!!

洗面所もチェック!

新しいだけあって、清潔で広い~!





変わって
お馴染み、ペ・ヨンジュンシーのプロデュース「Tea Loft」

12階のフロアから、こんなガラス張りの専用エレベーターで14階に上がると、
空が近くなったような気分

 

ジモティー達で満席だった。
今回オーダーしたのは、手作り柚子シャーベット。




ほら! 美味しそう~
本当に美味しかった!!


洗面所は、こんな風




新しいクォン・サンウシーのお店と違って
出来てから数年たつので、少々狭いかな?

雰囲気もお味も満足のTEAタイムでした。

コメント (10)

秋のソウル 1

2009-09-19 14:46:19 | 韓国
快晴の秋の空を見上げながら福岡空港へ向かう。
荷物は重いが、心は快晴!!

     

空港で手続きを済ませ、
すでに心はソウルに・・・。

今回も定宿に荷物を放り込み、
向かうは狎鸚亭。
地下鉄を出ると、バスで清潭へ。
ずぅーーと続く、街路樹のマロニエの緑が濃くなっている。
やがて葉を落とし、歩道を黄金色に染める日も近いことだろう。


 


この通りは、俗に「ブランド通り」と呼ばれている。
ヴィトンを始め、アルマーニ・グッチ・ディオール・プラダ・ジルサンダー
等、たくさんのブランド店が軒を並べている。
日本で言うと、青山のようかしら?

走ってる車は高級車。
ハイソな街である。
今回、フェラーリの四駆を見かけた。
さり気なくついた、フェラーリのマークがカッコイイ~~!!

夕飯、
こんな階段を下りたところにある、チョットおしゃれな「麦ご飯専門店」

 


久しぶりの麦たっぷり~の麦ご飯、美味しかった!
たくさんのバンチャ(副菜)が並べられても 7500ウォン(530円)

看板左上の「ポリパ」がそう。
写真のセットでこのお値段。

 

帰り際、
隣のテーブルのおじさんから名刺を頂いた。
どうも国際ロータリーの方らしい。

これって・・・・ナンパか?? 

ナイ ナイ ナイ・・・?

いい女(あくまでも自称ですから・・)二人のソウルの夜
初日はまぁ~こんなもん?かな。
コメント (8)

今年3度目のソウル

2009-09-13 13:54:32 | 韓国



秋の風がふいて
街がコスモス色に変わろうとしている時
私・・明日から4~5日ソウルに行ってきます。


今度の旅のテーマは、これと言って無いけれど、
5年前一緒に行った友人は、「行きたい!行きたい!」と言いながら
それ以降1度も行っていないようだし、
彼女のナビをしながら、目で・舌で・喉で?秋を楽しんできます。

これからスーツケースに荷物をまとめて

   タニョ オルケヨ~ (行ってきます


コメント (12)

風立ちぬ 思いいろいろ

2009-09-08 15:46:48 | 花と 木々達
           

                     白いジュランタ

      
       風立ちぬ いざ生きめやも     堀辰雄



今日は涼やかな風がそよぐ日になった
昨日までの残暑が嘘のように
季節が秋へとシフトしている。


そんな時に、ふと頭をかすめたのが・・・風立ちぬ
生きることと、死ぬことと・・・。
こんな小説を読みながら、過ごした少女期が懐かしくなる季節。



庭の隅で、桜が咲いている
    「十月桜」 まだ一輪だけ。(左下)

          



暑さが去ったら、咲き出した秋海棠。
可憐で乙女のような花姿。

           



車を車検に出した。
いつもはディーラーに出すのだが、
次女の知り合いが居るというオートバックスへ。

見積もりをお願いしに車を持ち込んだとき、
その丁寧さに驚いた。
自分の車の点検を、カウンターでお茶を飲みながら、
ガラス越しに見ていた。

単なる見積もりだったが、
「点検」と間違えるほど丁寧だった。

「そろそろバッテリーも交換を・・」という私の申し出を、
「稼働率がいいですから、その必要は無いですよ」・・・と。

儲けに徹していないところが気に入った。
丁重な車扱いも気に入った。
その上ディーラーより安いところが、特に気に入った。
コメント (16)

餃子はいいねぇ~!

2009-09-05 09:43:36 | 食いしん坊
朝夕はすっかり秋の気配だけど、
まだまだ日中は暑い!!

暑い!とくれば・・・ビールでしょ!

ビールとくれば・・・餃子でしょ!(かなり無理がある



急に餃子が食べたくなった。
外側パリパリ  中がモッチリ~
想像しただけで冷たいビールが浮かんでくる。


作ろう!!
冷蔵庫の中には、餃子の材料があるし
買うのは「皮」だけ。
早速、ニラを収穫しにプランターへ。

包んで・・・包んで・・
今回は66個(22×3袋)

       

近くに寄ると・・・

       


戴き物のカボスでポン酢を作ろう。
はしりのカボスは、皮が薄くて香りが「パア~~」と広がる。

       


この後焼いて、冷たいビールと一緒に戴いたけど
画像を取る余裕なんて「もちろん」ありません。

餃子は熱いうちに、「フゥワ・フゥワ~おいひいねー」と言いながら食べなくちゃ。

後はご想像にお任せします。
コメント (16)

博多まで

2009-09-02 14:32:45 | 食いしん坊
        あなたは夏を降りてゆく
        私は秋に登ってく
        陰が私たちを隔てるので
        すばやい風は こうして二人を寒くさせる・・・

               「歌ってよ夕日の歌を」森山良子より


博多に出張が入った。

いつもは車を走らせるのだが、
今日は何だか気分がのらない。

それでは・・・久しぶりにJRで行くことにした。

こんな白いツバメに乗って

                        

博多駅に到着!
雲ひとつ無い、秋の空が高い。
            
            


駅前には、いつもの母子像が。


            


すでに数年前から取り掛かっている駅の大規模改修。
いまだネットに覆われ、クレーンがうなっている。

            


仕事は博多駅の側、
夕方、博多駅を筑紫口から見ると・・。
緑の木陰にホットする。
日射しは強いけど、電車を待つホームは爽やかな風が心地いい。
もう~秋なのね。

            


行きの電車の中で読もうと思ってた単行本も、
目が疲れて中止。
帰りに覚えようと思い、バッグに入れた
ハングルの単語帳も開かずじまい。



今のJRってとてもおしゃれ。
間接照明を多用してるせいか
目に柔らかくて、明るいし
行きは黒い皮のフカフカ椅子だし
帰りはコブラン織の椅子になっている。
床はどちらもフローリング。


眠って帰ろうとするけど、疲れすぎてて眠れない。
ぼんやり~窓の外を眺めながら岐路につく。



帰り着いた我が家の周りでは、
秋に登っていった
秋の虫たちの競演が始まっていた。 






コメント (14)