岐阜の音楽館(石井式リスニングルーム)

音楽関係の記事とリスニングルームの紹介

石井式リスニングルーム

2018年03月05日 | オーディオ

肝心の「石井式リスニングルーム」についてお話してなかったので、遅くなりましたが、紹介してみます。

細かい点は他のネットに出ていますので、ポイントのみに絞ります。

 石井 伸一郎 氏は、パナソニックにてオーディオ設計に従事されており、1994年に同社を退職されました。

現在は、オーディオルーム・コンサルタントをされているようです。1934年生まれ 84歳

詳しくは、石井さんのホームページがありますのでそちらを見てください。

私も上記の本「リスニングルームの音響学」を隅々読んで、見様見真似で建築士を指導し、何とか完成させました。

音は、部屋ができるまで全然予想できませんでした。(少し不安!)

この本に出合わなければ、壁や屋根を傾けたりしていたかもしれません。

石井さんによると傾けても「定常波」は変わらないということです。

天井を高くしないとダメです。

 

 石井式の特徴は「反射壁」と「吸音壁」の面積比率によって音の響きを設計していきます。

 また、部屋の容積率で石井式の黄金比率があります。

縦 : 横 : 高さ  1 : 0.845 : 0.725

「反射面積」と「吸音面積」で、吸音部面積比率が、

14% クラシック向き (響きが大きいということと私は、解釈しました)

19% JAZZ向き

24% ホームシアター向き

私もこの計算をエクセルで、かなりシュミレーションして%を決めました。

 

我が家では、12畳ですので、縦4610mm×横3901mm×高さ3360mm

割と四角い感じです。

低音を良く響かせよう(ブービーにならない)とするには、天井の高さが重要です。

一般の家は、高さが2400mmです。それより1m以上高いです。

リホームで天井を高くできない方で、その分地下にする方もいます。

 

 床の基礎コンクリートは、出来上がりの床高さまで持ち上げてあります。

写真で上の方(家では、他の部屋)を見ると普通に縁取りぐらいしかコンクリートが上がっていないことが分ります。

石井式は、フローリング「直張り」を推奨していますが、当社の設計士が「時下に貼ると、空気が流れず、家が腐りやすくなるからやりたくない」と言われ諦めました。私もそう思います。(そうだね!)

でも、床板のすぐ下に「コンパ」ネがあり、その下に少し「隙間」があり、その下が「コンクリート」になっています。

普通の家よりは断然振動に強いと思います。

 

 フローリングは、硬い「カリン」です。値段も高いです。(石井さん指定材料)

材木屋さんに聞いた時には、「カリン」はフランス料理屋なんかに使うしか見たことがないですね?ということでした。一般の家には高級で使わないということ。

 吸音部は、「グラスウール」密度が高い高級品を使っています。

この施工で厄介なことが一つあります。

それは、グラスウールを入れてあるポリエステルの袋があります。

石井さんは、この袋がかぶっているとダメという指示です。

大工さんに初め話した時には、かなりいやな顔をしていましたが、結果やってくれました。

グラスウールの密度が高く硬いので、思ったよりが出なかった感じでした。

 

 窓は、2重扉で防火仕様

音の漏れは、扉と扉の間に空気層があった方が、漏れにくいです。 

 

部屋を設計するときには、人間がそこに住むことが前提でしたら、必ず窓が必須条件です。

最低限許される窓面積にしてあります。

中には、設計をごまかし、「納谷」で申請してしまう設計士もいますが、私は嫌でしたので、正しく設計してもらいました。

 入り口も「防音扉」ですが、出来ればコンサート会場のようにもう一枚扉があるのが理想です。

しかし、我が家ではそんなことすると、どんどん他の部屋が小さくなるので、そこまでは止めました。

扉と壁の厚みは、約30㎝ほどあります。

それでも、少しは他の部屋へ音は漏れます。

しかし、外へはほとんど漏れていません!

 外は、壁材がジョリパット(塗り壁)やタイル石の関係で、音漏れに影響しているのかもしれません。

これは、結果オーライという事です。

 どうしても、密閉度が大きいので、換気扇が必要です。

写真は、24時間換気システム(防火、防音ダンパー付き仕様)

熱交換機型換気扇で、給気と排気を同時にします。

屋内配線は、工事の今しかできないので、少し奮発しました。

オヤイデ電気の「FF-20V2]という「アクセサリー雑誌」の推薦品(評論家 福田 雅光さん)を使いました。

リスニングルームには、この配線がすべて使ってあります。

コンセントには、あえてアースはしていません。他の部屋とループする恐れがあるからです。

小さい照明が、4個あります。天井の照明を消して、ほんのり暖かい照明で音楽を鑑賞することができます。

ガラス窓も木の扉で隠すことができます。

天井に吸音部があるので、照明の形、数が決まってきます。

明かりの色は、白色から、下記の写真

暖色系に変化できます。

まだまだ、工事の細かいことは山とありますが、あまり長いブログも良くないのでほどほどにしていきます。

 

実際の音ですが、初め鳴らしたときに、なんか右の方へ低音が回りどうしよう!と1か月ぐらい悩んでいました。

ある時、右スピーカーの+-が逆になっているのを偶然発見しました。逆相になっていたのです。

正しく繋いだら、なんと中央に音が定位してくれました。低音の変な回りもなくなってて、一件落着です。

ステレオの装置を一切変えていませんので、「断然音が違う」ことが確認できます。

音量を爆音で聴くとまた、楽器の音質が判りますし、音楽が身体にかぶってきます。

(ビートルズですとリンゴ・スターのドラムが強烈に身体に感じ、目の前がアビロード・スタジオか?と思うことがあります)

ほとんどの音楽をすばらしい音で聴けるようになりました。音が良くない時は、ソフトの録音が良くない時です。

石井さんも「アクセサリーに何百万も使う方がいますが、その費用で石井式リスニングルームにリホームをすることを検討してもらいたい」と言っておられます。

こんな部屋で大きな音を出して聴くことなんか、普通の家庭ではなかなかできません。

ましてや、アパートなんかぜんぜん音が出せません。(私も引っ越ししてアパート暮らしの時は小さい音で聴いていましたから、判ります)

 

自分の家の近くにこんなリスニングルームのお友達がいたら毎週行きたいですけどね!

では、みなさんとお会いできることを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 映画「THE SHAPE OF WATER」 | トップ | 長淵 剛「乾杯」のEPレコード »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maron1milk1)
2019-10-02 19:37:59
こんにちわ。興味深く読ませて頂きました。
私も同じ位の大きさのリスニングルームを計画中です。
そこで是非教えてもらいたいことがあります。
壁の仕上げ材で悩んでいます。
本には塗装はしないか、してもできるだけ1回塗りが良いと書かれていますが、この部屋の仕上げはどうされているのでしょうか。
かなり白っぽく上品な感じなので木地仕上げではないように見えます。
木地仕上げは出来たときは綺麗ですが、経年劣化の変色や手垢や灰汁などの酸化によるシミなどの発生が気になっています。
クロス張りなどで良い素材は無いものかと思っています。
宜しくお願い致します。
壁の塗装について (岐阜の音楽館)
2019-10-03 13:03:51
ブログを見ていただいて、ありがとうございます。リスニングルームの壁に塗装してあるか?という質問ですが、家では塗装はしてありません。工務店もしない方が良いという意見でしたし、私も1回でも塗ると壁面が硬くなる気がしました。私のリスニングルームはまだ3年も経っていませんし、タバコも吸わないので当然綺麗です。何十年も先のことは考えませんでした。それに音については正直誰も良い結果になるかとんでもない音になるかは分らず設計しました。石井先生を信用して進めるしかありませんでした。結果は、非常に再生音は良かったです。遠くから家に聴きに来られる方もおられます。お近くでしたら、いつでも来てください。

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事