江少剣ブログ

東京都江東区にある剣友会「江少剣」の活動内容や連絡事項などを掲載します。

50歳一刀貫の剣道挑戦記!~百二十三本目!

2019年06月30日 | 一刀貫の剣究室

おはようございまっす!梅雨まっただなか!の朝皆様どのようにお過ごしでしょうか!

さて昨夜も稽古でしたが、そろそろ夏モード。暑くなってきました。梅雨が明けて本格的な夏稽古になる前に、体を慣らしておく大事な季節ですね。しっかり水分もとって、体を慣らしていきましょう。

先日来「攻める」とはどういう事かと考えておりました。まだまだ良くは分からないのですが、昨夜の稽古では切り返しや基本打ちの際に、触刃の間合いで気合を入れてから一足一刀の間に入って、そこで「中心を取ってから打つ」事を意識しておりました。

先生というのはありがたいもので、そういう私に気が付いたのか自由稽古では「攻め」についていくつか教えて頂けました。大先生からは「先に攻めて自分の間合いを作る事、間合いが出来た瞬間に打つ事」と教えられ。改めて打ち合ってみると、おおなるほど。これまで何度となく大先生と稽古させて頂いてきましたが、全て先生の間合いで打ってたのだなと感じました。続けて何度か打たせて頂いたら、一度か二度「お、これは…」と思える打ちが出て。先生から「そうそれ。それが出来れば大丈夫だよ」とのお言葉を頂戴しました。ありがとうございます!うはw、こういう事を皆さん普通にやってるのかw剣道ww超難しいwwけど面白いなぁ。いやー困った参ったと思いながらも、顔はニヤニヤしてしまう。こういうの大好きw(M属性。

他の先生からは中心を攻めてから打つように、と指示を受けてやってみるのですが。これがまた難しい。相手の右手、鍔元あたりを捕らえてと言われると、剣先が下がってしまう。そうじゃあない。さらには中心を取ろうとし過ぎて相手の竹刀を押しすぎる。それじゃあ自分の竹刀も相手の中心から外れてしまう。竹刀一本分、半分でもいいくらいと言われ。竹刀一本て2センチ?くらい??うはw。

右足の出し方も注意を受けました。攻めたい気持ちはわかるけれど、一気に詰めすぎ。もっと集中してジリジリっと攻める感じでいいのではと。これもやはり、相手との間の1センチ2センチを削っていく。うーむむむ。

難しい、けど。またひとつ、剣道は面白いなぁと感じます。剣道はやはり相手があって相手を見て相手を考え、そして初めて自分の立ち位置や攻め方を考えるから、うまく行く。実社会の縮図みたいですね。

また一歩、剣道に近づけたような気がします。いやまだ近づいてないか。近づく次の一歩が見えただけ。さぁまた稽古、頑張りましょう!!

明かるく楽しく元気よく!

ぜひ私たちと一緒に、気持ち良い汗をかいてみませんか!
色々なご質問や、体験入会の御申し込みなど、お気軽にお問い合わせ下さい!
click! 江少剣HPトップへ!
*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*
江東区 で40周年の歴史ある 剣道・剣友会
江少剣 剣士募集!!
koshoken@yahoo.co.jp まで!


コメント   この記事についてブログを書く
« ●7月のお知らせ | トップ | 江少剣で剣道を始めましょう!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一刀貫の剣究室」カテゴリの最新記事