谷口かずふみ blog

  
神奈川県議会議員・谷口和史の活動日記

参院選勝利へ

2010年02月28日 | 日記
 夕方から神奈川県本部の全議員が横浜市内に集まり、懇談会を行いました。上田いさむ代表(写真)、仁田幹事長が挨拶。

 参院選勝利へ向けて、全力を挙げることを誓い合いました。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

綾瀬市へ

2010年02月24日 | 日記
 午後7時から、神奈川県綾瀬市で開かれた党の支部会に出席。鳩山政権の3K(景気、基地、政治とカネの問題)、参院選について話をさせていただきました。

 後半は質疑応答。公明党の発信力や他党との政策協議・選挙協力などについて質問をいただくなど、活発に意見交換を行うことができました。参加して下さった皆さん、ありがとうございました!!

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

川崎へ

2010年02月23日 | 日記
 午後7時から、川崎市内で党の支部会(岩崎市議)に出席。長崎県知事選、民主党の支持率急落などについて話をさせていただきました。

 さらに、夏の参院選にむけて、浜田まさよし参院議員(参院選予定候補=比例区)についてアピール。何としても勝利するとの決意を述べさせていただきました。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

”景気を良くして!”

2010年02月22日 | 日記
 夕方から地元・相模原市内で「田名飲食店組合定期総会」に出席。挨拶をさせていただきました。この地域は「水郷田名」として知られており、かつては大山道の宿場として栄えた地域です。

 懇談の中では、「今の政権では、景気は良くならない。何とかして欲しい」との声をたくさん伺いました。とにかく景気を良くする--このことに全力をあげなければとの思いを強くしました。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

防災訓練

2010年02月21日 | 日記
 午前9時から地元自治会の防災訓練に参加。①消火器の取り扱い、②煙体験、③心肺蘇生(AED)、④三角巾・応急担架--などについて体験訓練を行いました。

 災害にあっては、自助(自分で自分を守る)、共助(地域で守る)、公助(公共機関が守る)の中でも、共助の役割がますます大きくなると思います。きょうの訓練では、共助の重要性をあらためて認識しました。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

機関紙推進委員長会

2010年02月20日 | 日記
 午前11時から横浜市内で、神奈川県本部の機関紙購読推進委員長会に出席。開会挨拶をさせていただきました。

 きょうの会合には、県内各地から約100人の方々が集りました。浜田まさよし参院議員(参院選予定候補=比例区)も出席。参院選に向けて、断固勝利の決意を表明されました。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

軽度外傷性脳損傷

2010年02月17日 | 日記
 きょうは、午後1時から公明党本部で2つの会議。その後、久しぶりに国会に行き、夕方から厚生労働部会の会合に出席しました。

 きょうは、湖南病院の石橋徹院長(左端)を招いて、「軽度外傷性脳損傷患者の現状と課題について」とのテーマで講演を伺いました。
 軽度外傷性脳損傷(MTBI)は、交通事故やスポーツなどで、頭に衝撃を受けた時に起こります。家庭内暴力、戦争における爆風でも起きているそうです。
 MTBIにより、高次脳機能障害を起こすと、物忘れがひどくなったり、手足の動きや感覚が悪くなり、重症になると、車いす生活や寝たきりになります。

 私も昨年末、地元・相模原市で、交通事故で高次脳機能障害になった患者さんから相談を受けました。その方は、CTやMRIなどの画像で異常が見られないため、交通事故の補償を受けられないため、非常に困っておられました。

 きょうの講演会には患者の方も出席しておられ、「全国でもMTBIの治療を受けられる病院が本当に少ない。この病気への理解が進み、全国どこでも治療が受けられるようにして欲しい」と話されていました。

 こうした患者さんたちのために、私も微力ですが、力を尽くしたいと決意しています。

 関連記事が公明党のウェブサイトに掲載されていますので、是非ご覧下さい。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

eデモクラシーへの挑戦

2010年02月09日 | 日記
 『eデモクラシーへの挑戦』という本を読み始めました。発行は2004年と少々古いのですが、インターネットと民主主義の関係について興味深い内容となっています。

 中身は、神奈川県藤沢市の市民電子会議室の発足とその歩みに関するものです。

 藤沢市のホームページによると、この市民電子会議室は、インターネットを利用した「新しい市民参加システムの構築」と「コミュティ形成」を目指し、1997年2月から実験的にスタート。2001年4月に本格稼働しました。
 時間や場所にとらわれずに参加者同士で意見交換・情報交換ができることで、市政に関することから身近な生活の話題、地球環境に関わることまで、様々な意見や情報の交換が行われているといいます。
 
谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

海老名へ

2010年02月08日 | 日記
 午前中に海老名市役所を訪問(写真は市役所から海老名駅方面を撮影)。海老名市、座間市、綾瀬市の市議団と会議を行いました。

 夏の参院選勝利に向けて、一致団結して全力で頑張ります!!

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

環境保護にETC活用

2010年02月07日 | オピニオン
 東京大学の坂村健教授が興味深いコラムを書いています。坂村教授とは、トロン・プロジェクトなどで何度かお会いしたことがあります。

 コラム自体は少し古いのですが、高速道路を無料にすべきかどうか(実際は完全無料化というのはあり得ないと思いますが)という議論を超えて、ETCを使い環境を守ろうという考えは、検討に値するものだと思います。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ
コメント

”定”価格・高品質

2010年02月04日 | オピニオン
 先日、藤沢市内で有料老人ホームを運営する企業の「新春の集い」に出席しました(写真は社内表彰のもよう)。

 席上、社長はデフレについて言及。デフレは当分止まらないなかで、国内で共倒れを防ぐには、値引き競争から新しい価値創造の競い合いに切り替えることが必須となると強調され、「現状を見詰め、未来を視野に置いて、”もの作り”から”こと創り”への転換が中小企業の生きる選択の重要な1つと考えている」と述べられました。
 そうした考えのもと、今年の会社のテーマを「定価格・高品質」と設定。価格を維持しながら、顧客により高いサービスを提供することを目指すというものです。

 先日のTV東京の番組「カンブリア宮殿」で紹介されていた「リゾート運営の達人」でも、「顧客満足度」と「利益」の両立が指摘されていました。
 現場を回っていて、デフレのなかで中小企業の経営者の方々は大変な苦労をされていることを目の当たりにしています。何とかこの苦境を抜け出すために、政治ができることに取り組んでいきたいと決意しています。

谷口和史のTwitter

公明党青年局ブログ

コメント