谷口かずふみ blog

  
神奈川県議会議員・谷口和史の活動日記

谷口メルマガVol.37[県営住宅の廃止は考えていない=神奈川県]

2012年10月29日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 公明党神奈川県議団では先週(10月24日)、古尾谷副知事に会い、「神奈川県緊急経済対策」に対する緊急要望書を提出しました。

 席上、県議団は、「県有施設の原則全廃」や「県単独補助金の一時凍結」などの報道が先行してきたことから、「県営住宅に入居しておられる高齢者の方々から『私たちが暮らす住宅がなくなるのではないか』といった不安の声が寄せられている」と指摘。
 そのうえで、「まずは県営住宅や県立公園などの県有施設の見直しについて、県民に正確かつ具体的な説明を行うべきだ」と強く求めました。

 これに対して、さっそく翌25日に黒岩知事から県議団に回答書が届きました。
 回答書は、県営住宅と県立公園について、「廃止することは考えていない」と明記。さらに、県有施設の見直しについて「県民、市町村、関係団体への丁寧な説明に努めていく」としています。

谷口かずふみ 県政報告サイト

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1)tkm@mhai.jpに空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.36[県立大和南と大和東、来年エアコン整備へ]

2012年10月22日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 県立大和南高校と大和東高校にエアコン(ガス式)が整備され、来年(平成25年)7月から稼働することになりました。
 県立高校のエアコン整備は当初、今年夏に予定されていましたが、東日本大震災後、電力不足が懸念されているため、凍結されていました。
 しかし、毎年猛暑が続いており、特に厚木基地周辺では騒音がひどいため、県に対して、知恵を絞り、エアコン整備を進めるよう要望してきました。
 その結果、県は平成24年度補正予算で、電力不足に配慮し、都市ガスを利用したエアコンの整備に踏み切ることを決めました。来年3~4月ごろから工事を始め、同7月には稼働する予定です。

 一方、大和高校と大和西高校では、保護者会により普通教室にエアコン(電気式)が整備されています。県では、保護者会が整備した機器について、来年7月から公費負担を行います。
 さらに、音楽室など一部特別教室についても、再来年(平成26年)7月からエアコン(電気式)が稼働する計画です。

谷口かずふみ 県政報告サイト

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1)tkm@mhai.jpに空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.35[性同一性障害に相談窓口]

2012年07月12日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 6月25日、神奈川県議会の本会議で一般質問に立ちました。昨年9月に続き、2回目の登壇となりました。今回は、性同一性障害の相談体制や学校の耐震化、「外国につながる子どもたち」の学習支援などについて、黒岩知事や教育長の見解を質しました。

 性同一性障害の方は、生物学的な性別と、心理的な性別が一致しないため、日常生活や社会制度において、さまざまな精神的苦痛を感じています。
 私のところにも、「日常生活の中での悩みなどについて、どこに相談していいか分からない。気軽に相談できる場所が欲しい」との声が届きました。

 県内では、川崎市と相模原市がホームページで、専門の相談機関でないと断ったうえで、悩みなどについて伺う窓口を案内していますが、神奈川県としてはそうした窓口があるのかすら分からない状態でした。
 そこで、一般質問において、県としても、分かりやすい相談窓口の案内をすべきと訴えました。

 黒岩知事からは、「今後は、県のホームページなどで正しい知識・情報を改めて発信するとともに、性同一性障害について相談を受けられる窓口を一覧にしてお知らせするなど、分かりやすく案内できるよう工夫をしていく」との答弁を引き出すことができました。

 この結果、今週に入り、神奈川県のホームページに相談窓口の案内が掲載されました。
 <相談窓口案内>
 http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/448830.pdf

 これからも皆さんの声をカタチにできるよう頑張ります!

谷口かずふみ 県政報告サイト

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1)tkm@mhai.jpに空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.34[25日に本会議で一般質問]

2012年06月22日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 来週25日(月)に神奈川県議会の本会議で一般質問に立ちます。
 質問時間は、午後3時10分から午後4時05分の予定(若干変更になる可能性もあります)になっています。

 傍聴もできますので、ご希望の方は、このメルマガにお名前とともに、「傍聴希望」と書いていただき、返信して下さい。こちらから連絡させていただきます。
 また、インターネットで中継を以下のサイトからご覧いただくことも可能です。
 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/gikai/p80286.html

 今回の質問では、県立高校の非構造部材(窓ガラスや照明など)の耐震化、性同一性障害の方々に対する相談体制、交通安全対策、高層住宅の避難対策――などについて質問する予定です。

谷口かずふみ 県政報告サイト

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1)tkm@mhai.jpに空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.33[事業再生セミナー]

2012年06月15日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 かながわ未来フォーラム実行委員会(公明党神奈川県議団内)では、第2弾の企画として、「事業再生セミナー」を開催することになりました。

 第2回は、債務に追い詰められ、死までも覚悟した経営者を、破滅ではなく、再生の道に導く活動を続けている NPO法人「再チャレンジ東京」に協力をいただいて開催します。

 「債務の重圧から逃れるのは、決して不名誉なことではない」
 「あなたやあなたの家族を守り、仕事を続ける道をひらく、さまざまな法律や制度が、この日本にもある」
 今回の「事業再生セミナー」のテーマです。

 日時場所は以下のとおりです。

 ■日時:2012年7月12日(木) 
 ■開場:12時
 ■開演:12時30分(14時30分終了予定)
 ■会場:かながわ県民センターホール

 申し込みは、http://www.miraiforum.jp/contact.htmlにアクセスしていただくか、このメルマガkazoo@rapid.ocn.ne.jpに「氏名」「連絡先」を明記のうえ、タイトルに「参加希望」と入れて返信して下さい。
 こちらから連絡をさせていただきます。

谷口かずふみ 県政報告サイト

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1)tkm@mhai.jpに空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.32[ブラッドパッチ、先進医療に]

2012年05月23日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 脳脊髄液減少症――この疾病は、交通事故やスポーツなどで頭部や全身を強打することで脳脊髄液が漏れ、頭痛や倦怠感など、さまざまな症状を引き起こします。

 この疾病の治療法に関して大きな前進がありました。

 厚生労働省は先週、脳脊髄液減少症の治療に効果的な「ブラッドパッチ療法」を、公的医療保険との併用を認める「先進医療」に指定しました。

 ブラッドパッチ療法は、自分の血液を採取して腰や脊髄の硬膜外側に注入し、髄液が漏れている穴をふさぐ治療法ですが、保険適用外のため1回につき約20万~30万円の費用が必要で、患者の大きな負担となっていました。

 ブラッドパッチ療法そのもの(約2万円)は全額患者負担のままですが、先進医療に指定されたことで、入院費などに保険が適用され、治療費が10万円程度まで抑えられます。

 厚労省は今後、利用人数、効果、安全性などを確認し、ブラッドパッチ療法の保険適用を検討していく予定です。

 公明党は2006年に、脳脊髄液減少症対策ワーキングチームを設置。保険適用に向けて取組を続けています。

 公明党神奈川県議団でも先日、黒岩知事に対して、患者団体の皆さんとともに要望を行いました(写真)。私自身も6月の本会議において、この問題を取り上げる予定です。

谷口かずふみ 県政報告サイト

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1)tkm@mhai.jpに空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.31[予算委員会が今晩tvkで放映]

2012年03月23日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 3月9日に質問に立った予算委員会が、今晩(23日)tvk(テレビ神奈川、3ch)で放映されます。

 私の放映時間は、午後8時(20:00)前後から15分間です。ぜひご覧下さい。

 9日の委員会では、県庁庁舎の耐震化・津波対策について質問しました。

 質問日の少し前に、震災がれきについて視察するため、岩手県宮古市と宮城県女川町を訪問。その際、宮古市から女川町まで5時間かけて三陸沿岸をバスで移動しましたが、役所が津波の被害を受けた様子を目の当たりにしました。

 被災した役所は、本来であれば応急活動拠点として、いち早く災害対応機能を発揮しなければなりませんでしたが、その被害は災害情報を収集・伝達するシステムなどにも及び、これまでに想定していなかった新たな課題も提起されることとなりました。

 質問では、県庁の本庁舎の耐震化や津波対策、情報をやり取りするシステムについて質問するとともに、改善を急ぐよう迫りました。

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1) tkm@mhai.jp に空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.30[全県立高校でAED実習へ]

2012年02月27日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 公明党の提案により、神奈川県内の全県立高校でAED(自動体外式除細動器)の実習を行うことが決まりました!

 2月22日の県議会本会議で、亀井たかつぐ県議(横須賀市選出)が提案。これに対し、藤井良一教育長が、県内143校の全県立高校で2012年度から、AEDの取り扱い方法について保健体育の授業で実習を行うと答弁しました。
 また、県教育委員会では、市立高校や公立中学校でも実習を行うよう各市町村の教育委員会に働きかけていく方針です。

 なお、本日2月27日付の公明新聞7面に「神奈川県、精神障がい者1級の通院費全額助成へ」との記事が掲載されていますので、ぜひご覧下さい。

谷口かずふみ 県政報告サイト

谷口かずふみ Facebook

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1)tkm@mhai.jpに空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.29[精神障がい者1級、通院費無料化へ]

2012年02月20日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 神奈川県が平成24年度予算案で、精神障がい者1級の方の通院医療費について、窓口負担の無料化を盛り込みました。

 具体的には、「重度障がい害者医療費助成制度」の対象範囲を拡大します。ただ、助成を受けるには市町村も県同様の枠を設けることが条件となります。

 この助成制度は1972年、知的と身体の両障がい者を対象に設立されましたが、精神が対象となっていないため、公明党神奈川県議団は、長年にわたって、適用範囲を拡大するよう強く求めてきました。

 昨年12月の本会議においては、高橋稔県議(横浜市港南区)が公明党を代表して質問に立ち、適用範囲を、精神障がい者に拡大する要求。黒岩知事は、「精神障がい者に拡大する方向で、市町村と協議を進める」と明言していました。

 先週には、公明党神奈川県議団と神奈川県精神障害者家族会連合会の方々で意見交換。今後についての要望などを伺い、県議団として全力で取り組んでいくことを表明させていただきました。

━━━━━━━━━━
▽発責=谷口かずふみ
バックナンバーはこちら
コメント

谷口メルマガVol.27[高齢者の見守り]

2012年01月16日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 先日、高齢者見守りセンサーシステムの実証実験の現場(横浜市泉区の県営いちょう上飯田団地)を公明党・神奈川県議団で視察しました。

 神奈川県と桐蔭横浜大の共同研究で実施されているこの実証実験にも、公明党の亀井たかつぐ県議(横須賀市)が理解を示していることで、高齢者の孤独死への取り組みや高齢社会への対応などが県内で活発に実施されるようになりました。

 現在実験を行っているセンサーシステムは、流し台の下などに振動センサーを取り付け、一定時間(例:12時間)振動がない状態が続くと、「注意を知らせるメール」を自動発信します。
 さらに、連続して24時間以上振動がない状態が続くと、「警告メール」を自動発信するとともに、玄関の横に取り付けられた「非常灯」(写真)を点滅させます。

 2011年6月の国勢調査速報結果によると、65歳以上の高齢者は、約4人に1人。また、総人口の10人に1人が、高齢者の一人暮らしです。さらに、高齢者の3人に1人が地域社会の活動に「参加したくない」と考えており、社会的孤立への対応が課題になっています。

 その一方で、高齢者の方々の8割が「困っている世帯に手助けしたい」、5割近くが「安否の声かけをしたい」と考えており、元気な高齢者の方々の活躍の場の提供が今後の福祉社会のカギとなっています。

 この実証実験を行っている桐蔭横浜大学の森下武志准教授は、きょうの説明のなかで、「豊かで安心して暮らせる社会を築くには、ロボットなどの機械や新技術も大事だが、そうしたものに頼り過ぎることなく、”技術や機械をうまく活用”した新しい社会づくりが重要」と話されていました。

 公明党県議団では、今後も実証実験の進ちょくを見守りながら、「人と人をつなぐ地域社会づくり」に取り組んでいきます!

━━━━━━━━━━
▽発責=谷口かずふみ
▽Blog=http://blog.goo.ne.jp/kazufumi-taniguchi/
▽メルマガ解除=http://sv1.mgzn.jp/sys/unreg.php?cid=M012240
▽バックナンバーはこちら=http://sv1.mgzn.jp/pub/mailList.php?cid=M012240
コメント

谷口メルマガVol.26[黒岩知事、震災がれき受け入れを表明]

2011年12月20日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 先ほど終了した神奈川県議会の本会議で、黒岩祐治知事が災害廃棄物(震災がれき)の受け入れを表明しました!

 東日本大震災で発生した震災がれきの処理は、復興の大前提ですが、なかなか進んでいません。行き場を失った大量のがれきは、仮置き場に山積みになったまま異臭や自然発火の実害をもたらし、被災地の状況を一層深刻化させています。

 私は12月5日、東京都において被災地から運び込まれた廃棄物を選別・破砕している東京臨海エコ・プラントを視察。こうした現場視察などを踏まえ、所属する震災対策調査特別委員会で、震災がれきの受け入れについて、神奈川県が単なる調整役ではなく、積極的にリード役を果たすよう、繰り返し強く求めてきました。

 また、12月15日には、公明党・神奈川県議団で、県民の理解を得ながら、早急に震災がれきを受け入れる態勢を整えるよう、県に要望しました。

 黒岩知事は今後、受け入れを検討している3市(横浜、川崎、相模原)と協議を進めるほか、県民の理解を得るため、対話集会などを開催する方針です。

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1) tkm@mhai.jp に空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.025[かながわ未来フォーラムがメディアに掲載]

2011年12月13日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 11月29日に開催した「かながわ未来フォーラム」が、様々なメディアで取り上げられています。

 本日(12月13日)付の聖教新聞7面には、「介護・福祉ロボットが『元気に老いる』を応援!」との題で、大きく取り上げられています。

 また、ウェブサイトになりますが、日経BP社の「デジタルヘルスOnline」(http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20111129/202003/)でも詳しく紹介されています。

 さらに、YouTube(http://www.youtube.com/watch?v=-XlSO6RfL48)にも、会場に展示されたロボットの動画がアップされていますので、ぜひご覧下さい。

谷口かずふみ Blog&Website

谷口かずふみ Twitter

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1) tkm@mhai.jp に空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.024[精神障がい者への医療費助成]

2011年12月05日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 公明党・神奈川県議団が長い間取り組んできた、精神障がい者の方々に対する医療費助成について、大きな前進を勝ち取ることができました。

 12月1日の本会議において、高橋稔県議(横浜市港南区)が公明党を代表して質問に立ち、県の「重度障害者医療費助成」制度の適用範囲を、精神障がい者に拡大するよう求めました。

 この助成制度は1972年、知的と身体の両障がい者を対象に設立されましたが、精神が対象となっておらず、適用範囲を拡大するよう関係の方々から強く要望を頂いていました。

 高橋議員の質問に対し、黒岩知事は、「精神障がい者に拡大する方向で、市町村と協議を進める」と明言。公明党・県議団が求め続けてきた適用範囲の拡大に向けて、道を開くことができました。

 県では今後、新たに対象とする精神障がい者の等級などについて検討をしていく方針です。

 「政治とは、情熱と判断力の二つを駆使しながら、堅い板に力をこめてじわっじわっと穴をくり貫いていく作業である」(社会学者のマックス・ヴェーバー)であり、これからも忍耐強く、政策実現に取り組んでいく決意です!

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1) tkm@mhai.jp に空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.023[東名高速の遮音壁]

2011年11月14日 | メルマガ
 「谷口さん、東名高速の遮音壁のおかげで助かりました!」
 先月、東名高速道路のすぐそばに立つマンションの住民の方から電話をいただきました。

 この前日の夜、大和市深見西の柏木学園近くの東名高速下り線(名古屋方面)で事故が発生。車両が炎上し、その炎はマンションからも見え、強烈な焦げくさい臭いがしたそうです。
 「炎が上がるのを見ていて、とても怖かった。遮音壁がなかったら、炎がマンションにも及んでいたかもしれない。本当に良かった」とおっしゃっていました。

 この遮音壁は、このマンションの方々から「暑い日も、騒音で窓も開けられない」との声を受けて、地域の深見中原自治会の方々とともに設置を要望してきたものです。その努力が実り、遮音壁は昨年末に完成したばかりでした。

 これからも皆さんの声をカタチにするため、全力で頑張ります!

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1) tkm@mhai.jp に空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント

谷口メルマガVol.022[かながわ未来フォーラム]

2011年10月31日 | メルマガ
☆☆━━━━━━━━
  未来のミカタ
━━━━━━━━☆☆

 日本は、世界一のスピードで高齢化が進んでいますが、なかでも神奈川県は2035年までに高齢人口が82.9%も増加すると予測されており、これは47都道府県中トップの数値です。
 そのような新しい時代を迎え撃つために、福祉、医療・介護はもちろん、環境、教育、エネルギーなど、さまざまな分野において革新的な試みが続けられています。
 公明党・神奈川県議団では、たゆみなき挑戦が生み出す先進事例を紹介し、それらを神奈川で展開する方途を探るために、「かながわ未来フォーラム」を順次開催していくことといたしました。

 第1回は、超高齢社会の中で人とロボットの新しい関係を探る「介護・福祉ロボットシンポジウム」です。
 「介護・福祉ロボット産業のこれから」と題した基調講演のほか、神奈川県が取り組む介護ロボット普及推進事業の紹介や、介護・福祉ロボットのデモンストレーション等を行います。

日時:2011年11月29日(火)
開場:12時 開演:13時
会場:かながわ県民センターホール
(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2/電話045-312-1121)

 参加は先着100名となっています。申し込みは、パソコンからホームページhttp://www.miraiforum.jpにアクセスをお願いします。

◆メルマガの登録をお願いします。
 (1) tkm@mhai.jp に空メールを送って下さい。
 (2) 仮登録の受信メールが届きます。
 (3) メールに記載のURLにアクセスして、本登録を行って下さい。
コメント (1)