谷口かずふみ blog

  
神奈川県議会議員・谷口和史の活動日記

LINEで無料相談を試行

2019年01月31日 | 実績
LINEで無料相談を試行❗️
神奈川県が2月1日から始めます。

詳しくは、神奈川新聞の記事をご覧ください😊
神奈川新聞
コメント

タウンニュースに県政報告

2018年11月09日 | 実績
子どもたちの安全を守る❗️
きょうのタウンニュース大和版に県政報告を寄稿😊
朝は、よしざわ弘市議と南林間駅からスタートしました。
https://www.townnews.co.jp/0401/i/2018/11/09/456619.html
コメント

歩行者用信号機が設置❗️

2018年10月09日 | 実績

長年、通学の見守りをして下さっている方(写真右)から鳥渕優・大和市議を通じて、設置の要望をいただいてから3年1か月。2人で連携しながら実現に取り組んできました。
課題は多くありましたが、担当者のご努力で、ようやく本日、運用が始まりました😊
関係者の皆さま、大変ありがとうございました🙇🏻
コメント

盲ろう者支援センター設置へ

2018年09月28日 | 実績

「盲ろう者支援センター 設置へ」
きょうの公明新聞に掲載されました😊
↓ ↓
公明新聞記事
コメント

単純作業は自動化❗️

2018年09月21日 | 実績

神奈川県は、ソフトウェアロボットを活用して業務を自動化する実証事業をスタートします。
きょうは、「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の実証事業に関する連携協定締結式」に出席させていただきました。
RPAの導入については、代表質問で公明党の亀井議員が黒岩知事から答弁を引き出し、私も委員会で質問・要望をしていました✌️実証事業では、通勤手当の認定と災害時の職員の配備計画の作成を行う予定です。
コメント

SNSで「いじめ相談」

2018年09月15日 | 実績

SNSで「いじめ相談」
投稿が遅くなりましたが💦一昨日13日の公明新聞に視察の記事が掲載されました😄
詳細は以下のサイトをご覧ください。
↓ ↓
公明新聞記事
コメント

ラインでいじめ相談

2018年08月31日 | 実績

「ラインで いじめ相談」
昨年12月に県議会の代表質問で提案した事業がカタチになりました✌️
詳しくは、神奈川新聞の記事をご覧ください😄
↓ ↓
カナロコ
コメント

ブロック塀の徹底点検を!

2018年07月06日 | 実績


きょうのタウンニュースに「県政報告」を寄稿しました😄
詳しくは↓↓↓
タウンニュース
コメント

県立高校、発達障がいなどの「通級指導」拡充へ

2018年06月26日 | 実績

きのうの神奈川県議会本会議での質問が、きょうの神奈川新聞に掲載されました😊
記事の詳細は
↓↓↓
神奈川新聞
コメント

盲ろう者の支援窓口を設置へ

2018年03月15日 | 実績

きょうは県議会の予算委員会で、盲ろう者支援について質問。盲ろう者の方々は、視覚と聴覚の両方に障がいがあることで、日常の様々な場面で、困難に直面しています。
そこで、黒岩知事に対し、「盲ろう者の支援のための窓口を作るべき」と要請。知事から「盲ろう者専用の支援窓口の設置が少しでも早くできるよう、体制を整備していく」との答弁を引き出すことができました。
コメント

目久尻川に水位計

2018年02月22日 | 実績

きょう22日付の公明新聞に、綾瀬市の井上賢二市議の記事が掲載されました。
市内を流れる目久尻川(県管理の河川)に水位計を設置して欲しいとの住民相談を、井上市議から聞き連携して対応。時間がかかりましたが、実現しました✌️
コメント

私立高校の実質無償化を拡充へ

2018年02月09日 | 実績

公明党神奈川県議団の代表質問などによる主張が実り、年収約590万円未満の世帯まで私立高校の無償化(県内在住・県内在学)が拡充されます❗️2018年度の予算案に盛り込まれました。
神奈川新聞記事
けさは、かねはら忠博市議と相模大塚駅からスタート。きょうは黒岩知事から予算案などの提案説明が予定されています。
コメント

タウンニュースに寄稿

2018年01月01日 | 実績


新しい年が明けました🌅本年も全力投球で働く決意です。どうぞ宜しくお願い致します🙇🏻
タウンニュースに「県政報告」を寄稿しました。以下のサイトで是非ご覧ください😊
タウンニュース元旦号
コメント

「いじめ相談にLINEなど活用へ」リベルタに寄稿

2017年12月23日 | 実績

報告が遅くなりましたが😅
今週のリベルタに「いじめ相談にLINEなど活用へ、県教委が来年度導入めざす」との県政報告を寄稿しました✌️
ぜひお読みください❗️

県政報告は以下のとおりです。

いじめ相談、LINEなどを活用へ
県教委が来年度導入めざす

県教育委員会によると、県内の高校生の9割、中学生の7割がスマートフォンを持ち、そのうち約98%がLINE、約82%がツイッターを利用。一方、いわゆる「ネットいじめ」も多発しています。
 県教育委では、「24時間子どもSOSダイヤル」で悩みの相談を電話で受け付けていますが、電話相談は敷居が高いと感じる生徒もいるようです。
 こうしたなか、長野県では公明党の推進で今年9月、LINEによるいじめ相談を試験的に実施。2週間の試行期間中に、年間電話相談件数の2倍に相当する547件の相談が寄せられました。

本会議で提案

長野県での反響の大きさをみて、私は12月の県議会本会議の代表質問で、いじめ相談にLINEなどのSNSを活用するよう提案。桐谷次郎教育長は、「電話相談との役割分担、相談体制などについて早急に調査研究を進め、SNSを活用したいじめ相談を検討する」と答弁しました。
県教委では、文部科学省が来年度予算の概算要求に盛り込んだモデル事業の活用をめざす方針です。
コメント

SNSでいじめ相談

2017年12月05日 | 実績

きのうは神奈川県議会で代表質問に立ちました。
その中で、LINEなどのSNSを活用したいじめ相談を提案。教育長から導入する方針との答弁を引き出しました。
神奈川新聞にも大きく取り上げられました😊
神奈川新聞記事
コメント