谷口かずふみ blog

  
神奈川県議会議員・谷口和史の活動日記

年金の受給資格期間の短縮、手続き開始

2017年02月28日 | 実績


公明党が推進した「公的年金の受給資格期間の短縮」(25年→10年)。請求手続きが始まります。
詳しくは、以下の公明党のサイトをご覧ください😄
公明党
コメント

教育委員会表彰式

2017年02月26日 | 日記


こんばんは😊
大和市教育委員会表彰式に来賓として出席しました。
写真は「中林小おやじ達の会」。
コメント

鶴間駅で県政報告

2017年02月21日 | 日記


おはようございます☀
よしざわ弘市議と鶴間駅で県政報告と市政報告。花粉がひどく、辛い朝になりました😥
これから県庁に向かい、本会議。公明党からは赤井かずのり県議が一般質問に立ちます😄
コメント

寒川町議選、全員当選

2017年02月20日 | 日記


寒川町議選、全員当選おめでとうございます🙌
得票数も前回から伸ばすことができました🎉
コメント

防災訓練

2017年02月19日 | 日記


南林間自治会連合会の防災訓練。
きょうは、消防団🚒として参加。訓練のお手伝いをさせていただきました😄
コメント

相模大塚駅で県政報告

2017年02月17日 | 日記


おはようございます😃
かねはら忠博市議と相模大塚駅で県政・市政報告。けさは暖かいですが、風🍃が少し冷たいです。これから県庁に向かい、本会議です😊
コメント

大和駅で県政報告

2017年02月15日 | 日記


おはようございます☀
とりぶち優市議、かねはら忠博市議と大和駅で県政報告と市政報告。これから電車🚃で県庁に向かいます。
きょうから県議会本会議で代表質問がスタート。公明党はあす15日、小野寺団長が質問に立ちます✌️
きょうも寒さが身にしみます。皆さん、お気をつけて😄

コメント

大和市スポーツ人の集い

2017年02月11日 | 日記


表彰おめでとうございます🎉
「大和市スポーツ人の集い」に出席。お祝いを述べさせていただくとともに、来週から始まる県議会に提案予定の「神奈川県スポーツ推進条例」について話しました😄
コメント

高座渋谷駅からスタート

2017年02月10日 | 日記


おはようございます☀
かわばた恵美子・大和市議と高座渋谷駅からスタートです。きょうは夕方に雪❄️の可能性も。皆さん、お気をつけて😄
コメント

大和市身体障害者福祉協会の新春の集い

2017年02月05日 | 日記


「新春の集い」おめでとうございます🎉
大和市身体障害者福祉協会の「新春の集い」に出席。ホームドアの設置や神奈川県のヘルプマーク導入について話をさせていただきました😊
コメント

介護ロボット普及へ

2017年02月03日 | 実績


こんばんは😊
きょうの公明新聞で、公明党大和市議団の実績が紹介されました✌️
記事は以下の通りです。

介護ロボット普及へ/導入費、9割を補助/人材確保、職員の負担軽減に期待/神奈川・大和市

 神奈川県大和市はこのほど、介護の職場環境を改善し、人材確保につなげようと、介護ロボットを導入する事業者への支援事業を始めた。市によると、こうした取り組みは県内の市町村では初めて。公明党の谷口和史県議と大和市議団(吉澤弘団長)は、介護ロボットを展示している市の文化施設「シリウス」を訪れ、市の担当者から話を聞いた。

 介護ロボットには、介護をする人が装着し、高齢者を抱え上げる際の腰への負担を減らすロボットスーツや、ベッドに寝たまま自動で排せつ処理をするロボットのほか、高齢者と会話したり、ゲームを楽しむコミュニケーションロボットなどがある。
 高齢化の進展に伴い、介護を必要とする人は年々増加している一方で、介護サービスを提供するための人材不足が問題になっている。そのため市は、介護職員の身体的な負担の軽減や多忙な業務の効率化を図るため、このような介護ロボットの導入費用を一部補助することにした。
 対象は、施設または事業所が市内にある介護サービス事業者。対象となる機器は、神奈川県が実施している「介護ロボット導入支援事業」の交付対象となる、移乗支援や見守り、排せつ支援などの要件を満たすもの。補助額は1機器に付き、導入経費の9割(補助限度額200万円)。10万円を限度額として半額補助する県の支援事業と組み合わせれば、200万円のロボットが、わずか10万円で導入できる。
 担当者は「事業者にとって、介護ロボットは高額の上、どれだけ効果があるのか分からないため、導入に踏み切るのが難しかった」と指摘。今回、補助率を高く設定したことで、普及が進むことに期待を寄せていた。
 市によると、昨年12月28日までの募集期間に7事業者から申請があったという。この事業は2018年度まで行う予定。
 『公明が推進』
 公明党の河端恵美子市議は15年12月の定例会で、市として介護ロボット助成制度を導入するよう訴え、大木哲市長から前向きな答弁を引き出していた。県の支援事業についても、党神奈川県議団(小野寺慎一郎団長)が推進してきた。
 河端市議は「今後は、在宅介護の市民を対象にした助成制度にも取り組みたい」と語っていた。
コメント