きもの屋日記

きもの屋2代目の日々。大好きなきもの屋の日常をご紹介します。

2021 上野 為二 付下げ

2021年02月14日 15時57分59秒 | 日記
昨年の京都出張で出会った

上野為二さんの付け下げ♬

上野家といえば伝統的な茶屋辻文様が得意なお家柄ですが

今回仕入れた付下げは少し趣が違い

遊び心があり愛くるしいのです

金彩や刺繍を施さずに友禅のみで仕上げる技法は

ともすれば雅に欠け軽くなりがちですが

そこは流石、上野為二さん!!



漁を終えた漁師さんたちでしょうか

笠を被り蓑をまとって連なっております♪

何とも言えない素敵な図です



柄としての流れもありとても細かく丁寧に

描かれております

仕立て上がるとさらに見栄えがすると思います

仕上がりを創造するのも醍醐味です!(^^)!







コメント

2021 成人式

2021年01月30日 19時17分48秒 | 日記
横浜市の成人式!!

紆余曲折ありながら

なんとか当日を迎えることができました♬

今回は少しだけ自分も撮りましたが

結果は惨敗・・・

やっぱり写真は難しいですね💦



写真撮影の時だけはマスクを外し素顔で(^^♪

でも昨年から今年を象徴するマスク姿も

長い年月が過ぎた時には良い思い出になってくれるといいなぁ~

マスク姿の写真は目力がすごくアップしてるように思えこれはこれで



12月30日にご注文頂いたお振袖も

パールトーン加工まで施して着て頂くことができました!!

超特急仕上げも仕立て屋さんや加工屋さんが

協力してくれてこその早業で感謝しかありません♪



今年もお店で着付をさせて頂いたり写真を撮らせて頂いたりと

いつもと変わらない一部の光景を

嬉しく思っております



ただこの光景のいつも・・・

も特別なことで

当たり前ではない事を実感した一年でした


祖父母様も交えてご家族で

ホームページに掲載させていただく振袖アルバムは

写真整理のためもう少しお待ちください♬


妹さんの成人式にご兄弟も駆けつけて




美容を学んでいるお嬢さんのネイルはアート(^^♪














コメント (2)

2020 ロケ撮影 @貞昌院

2020年12月14日 15時07分34秒 | 日記
何度も書き止めているうちにとうとう大晦日になってしまいました

今もこのブログを下書きしている途中に

刻々と状況が変化しています

数日前も横須賀市と千葉で成人式の中止が発表されました

今年の七月、横浜市長の発表により一時的に成人式が中止に・・・

10日程経ってから開催にと変更されたが

その10日間ほどの間に凄く考えさせられました

当店ではレンタルをしていない為お買い上げいただいたお客様に

何か新しいことを提供してあげられないかと

お店の近くにあるお寺が菩提寺でもありとても素敵なところで

ご住職にコロナの中で何かのアイデアとして

成人のお嬢さん撮影の相談をしたところ

そういうことならと快くロケ撮影の協力をしてくださることに

中庭や境内どこをとってもすごく素敵で・・・

成人式が開催されることや準備が間に合あわなかった為

令和3年成人のお嬢様にはご案内が間に合いませんでしたが

今後新たなサービスとしてご案内できるめどが立ちました

高三の長女にお母さんの振袖でモデルをしてもらい

試し撮りして立ち位置や角度なども確認でき

絵になるポジションなどのたくさんありました(^^♪

今後ご期待頂けたらと思います!!





コメント (2)

2020 秋 振袖

2020年11月16日 17時37分49秒 | 日記
来年の成人式も近づき

毎週のように前撮りのお嬢さんが来店してくれて

忙しいけどお店の中が活気づき華やぎます(^^♪

そんな来年の向けて動き出してる中

来年成人式を迎えるお嬢さんがお母さんとご来店

以前、お母さんからご相談を受けており

本人が中々その気にならないので

何とかして連れてきますと言っていたことを思い出しました

お母さんの説明では機嫌がいいときを狙って連れてきましたと・・・

自分も子供がおりますが要らないというならいいかなぁ

という気持ちになるのもよくわかります

実際子供の学費などかなりのウェイトを占めている事を

身をもって体感しているところです(汗)

しかしそのお母さんは何んとか着てもらいたいと

お金がとかだけでなく気持ちが・・・

やはり母親の想いは特別なんですね

本人も何枚か着ているうちに

少し興味を持ってくれ好みを口にしてくれました

スラっとした容姿やメイクなどの個性から似合いそうな一枚を出して

本人に着てもらう

多分この一枚は彼女じゃないと着こなせない



本人ありきなので幾らこちらが似合っていると思っても

本人が気に入らなければ意味のない話

でもとても気に入ってくれ呉服屋冥利に尽きる感じ!!

この先、お母さんの思いとともに大事にたくさん着てもらいたい♪

きもの好きになってくれるとなお嬉しい

欲張りかなぁ(笑)







コメント

2020 川村 成 さん

2020年10月06日 19時16分16秒 | 日記
少し時間が経ってしまいましたが

9月の頭に京都出張に行ってきました♬

問屋さんの千切屋さんが社屋を新しくされお伺いに

先日の夕方に京都入りし

どうしてもお会いしたかった

国展作家の川村成さんを訪ねてバス移動

京都市内から京都大の学部と学部の間をバスで通り抜け

車窓から市内観光を満喫し気分を味わう(笑)

バスを降り迷子・・・

迎えに来ていただいて自宅兼工房へ

昨年の国展で偶然にもお会いし

思い切ってお声掛けさせていただいた縁で

こうして膝を突合せお話を伺わせていただくことができる


昨年の国展で発表され出会いもきっかけになった作品

出身地のことから作り手になるまでのお話など

多岐に渡り話にくぎ付け

確か同じ年だったかと(^^♪

部屋には凄い量の白糸が・・・

これかますます不透明になっていく産業の未来

事細かく記され分けられた糸は

そんな時代への警鐘のようにも思える

お話を伺い糸への強いこだわりを感じずにはいられない

太さや撚り、回転数、産地

それぞれの違いにとって織りあがるものが無数に異なる

一番最初に出会った作品で色の使い方と絣の雰囲気に

一気に引き込まれたが

糸へのこだわりを感じた後

無地の作品を一つとっても見え方が変わってくる


合わせやすそうな無地だが味わいが深い

夢中になって話し、聞き気が付けば三時間も(笑)

充実した時間を過ごさせてもらう

バスで駅前のホテルに戻る道中

窓から夕方とは違う景色を眺める

夕食は余韻に浸りながら部屋で缶ビールとおにぎり

川村さんとの話とイイモノにであった興奮とで

眠れない(;'∀')


すっきりとした吉野織










コメント