右往左往の乳がんの日々

2012年7月乳がん告知。怒涛の術前化学療法・手術・放射線のフルコース治療終了。それでも、小さなことで揺らぎます~

一年ぶりの投稿です

2020-02-27 16:58:35 | 通院

半年に一度の通院の記事アップを忘れてしまい、
一年ぶりの投稿になってしまったワ。
それも、一週間も過ぎてから。。。
自分の記録として、残しておきたいと思いつつも、
血液検査も触診も問題なく、
終えた安心感からか
次回の通院は、8月。マンモグラフィーと診察です。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
コメント (4)

経過観察がのんびりと続く

2019-02-08 10:07:04 | 通院

半年に一度の通院を忘れそうになるこの頃です。
二八(にっぱち)といわれる、
めちゃ寒いのとめちゃ暑いのの、
季節に恵まれない時期の通院。
朝一番で出かけるとき、二月はつらいわ~
・・・なんて、6年前の頃を考えたら、
脳天気な自分に苦笑いです。

今回も血液検査でも何もなく診察を終えました。
『次の診察は半年先の9月でいいですか?』なんて、
先生が言うのを、気づきもせず。
先生の切迫感のないのも心地よいものです。
『あれっ、8月では?』

ということで、
次回の診察は8月末のマンモグラフィーと診察です。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
コメント

半年に一度

2018-08-04 09:42:54 | 通院
すでに半年に一度の通院日。
必然的に半年に一度の更新。

術後補助療法つまりフェマーラも服用することも終わり、
検査だけに通院する状況になってます。

年に一回のマンモと心エコー。
マンモのほうも問題なく、触診も問題なし。
そして、
フェマーラ服用による心臓への懸念もなくなったようで、
これが最後と言われました。

フェマーラを飲まなくなってから、
同じ生活環境でも1-2KG体重減少。
薬のせいなのかははっきりしないけど、
きっとそうなんだと思い込んでます。

しかし、誕生月だからなのか、通院の8月と2月はつらい。
8月は暑いし、2月は寒いしね。
会社勤め時、健康診断が8月で、
水分が夜8時以降取れないのはつらかったなぁ~。

そんなたわいないことが気になるところだというのが、
ありがたいことだと、
つくづく、通院の帰りに思い起こされます。


このまま、年二度の通院が続きますように




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
人気ブログランキングへ

↑応援のクリックよろしくね
-->
コメント (2)

少しでも気晴らしが必要

2018-02-07 14:29:27 | お出かけ
治療中にこの雪まつりに出掛けたことを思い出します。
夜、気温が低くなっている中、
免疫力低下を気にしながらも
マスクをしてがっつり着こんで出かけましたね。
病気ばかりが気になっていたけど、
それだけじゃあ、長い期間気持ちをキープできないものです。


今年初めてピンクリボンが出している雪像に気が付きました。
拡販が必要ですね、
ピンクリボンが着いているともっと目に留まるかも。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑クリックよろしくね
コメント

ホルモン療法終えました

2018-02-01 18:19:43 | 術後補助療法
ホルモン療法を始めて、5年経過。
先回の診察時に言われていましたが、
ついにフェマーラ服用が終わりました。

進行がんだった私は、ステージ4のぎりぎり前で、
術前抗がん剤治療が功を奏し、
がん細胞が消え、無事手術を受けることができました。
私が治療を始めた時点で、初発でもHER2陽性の場合、
ハーセプチン使用ができるようになっていた。
HER2の数値も微妙なところを、
主治医の再度の検査でハーセプチン使用することが決まった。
そのおかげで、がん細胞が効果的に減り、
苦痛は比較的少なく、治療ができたのだろうと思っている。
もちろん、抗がん剤によって白血球が激減し、
なかなかスムーズに治療ができなかったこともあったし、
主治医の誤解でおこられたこともあったけど…

主治医曰く、
『進行がんだったけど、抗がん剤がよく効き、
がん細胞が消えたと思われる。(←断定じゃないんだわ)
骨粗しょう症などを考慮して、
ホルモン剤はこれで終了しましょう』

ということで、
半年に一度の経過診察になりました。
8月に、診察、マンモ検査、血液検査。
これで少しは薄毛解消になるのかもね。

ますます、乳がん罹患患者は増えて来ている傾向。
それでも、医療技術の向上で、
助けられる患者は増えてきているのかと信じている。
残念ながら。がんと診断されたとしても、
医療関係者を信じ、
治療を前向きに受け入れ、
希望を失うことなく、
過ごしてほしいと思う。





にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへにほんブログ村
人気ブログランキングへ
ランキングに参加しています。
↑クリックよろしくね
コメント