じぶんバンザイ!アトリエ-K絵画教室 Copyright(c)アトリエ-K All Rights Reserved.

このブログはアトリエ-K絵画教室の親睦を深めるために開いています。入会のご案内は右のカテゴリーをクリックしてください。

2018/7/25 水曜日 「この猛暑の中で奈良を旅する理由」

2018年07月26日 | 旅の話

うっ!うぅっ!

肩が痛い!

五十肩になって3ヶ月

 

3月と5月にめまいも起きたので

脳のMRIも撮った

4ヶ月半治療中

とうとう

パソコンと絵の制作が禁止なった

集中が

疲れる体をつくるらしい

 

明日香村を走り回った旅は

大成功

 

優秀なボランティアガイドさんと

エアコン付電気自動車で村中を走り回った

飛鳥の歴史の深さを知って

日本をもっと知りたいと思う

築350年の旧家「民宿脇本邸」に泊まった

 

全てに恵まれ

超充実した1日

 

 

 

 

 家に帰って・・・

少し歴史を語れるようになってから

 

つづきは

パソコンで投稿します


2018/7/24 火曜日  「 夏休みを過ごしに 暑い奈良に来た」

2018年07月25日 | 旅の話

この旅の為に

昨日

ブログ応援グッズを買った

ブルートゥースを利用して

スマホの文字打ちをする

キーボード

  

たたむと半分になる

薄くて軽い

 

只今、夜8時

奈良の「ペンション飛鳥」に到着して

 これから初めて使う(笑)

 

 

 

 

今朝6時

我が家の前の

バス停の空はこんなに美しかった

 

朝一番のバスに乗ると超満員

こんなに早くから

動いている人たちがいるということを

私は知らなかった

 

7時の広島発のぞみに乗った

京都に8時43分に着いて

9時発 近鉄奈良線の特急に

 35分乗ると近鉄奈良駅に到着

駅のコインロッカーに

コロコロカバンを預けて正解

暑い

鹿が可愛い

&

1、2キロを歩くのに時間がかかった

奈良国立博物館に

着いたのは10時20分

五十肩が痛いなどと(私)

言い訳をしながら暮らす位なら

とりあえず

動いた方が

人生楽しいんだなぁ

2年前に全面改装された博物館で

明治時代の内装が残っているのは

ここだけ

仏像館の他に

中国古代の青銅器

刺繍による仏画展を観た

 

 

蓮が美しい

奈良国立博物館の正面

午後1時半

疲れてきた

博物館のクーラーで体が冷えてしまったらしい

外は猛暑だし

 

博物館の隣に興福寺があった

「国宝 阿修羅像 734年」

 

思いがけない出会いに感動

 

博物館もここも

人が少ない

半分は外国からのお客様のようだ

 

「先週まで修学旅行生が来ていた

来週から外国のお客様が増える」

と人力車夫(後で登場)が教えてくれる

五重の塔

興福寺は工事中

 

午後2時半

「最高に暑いこの時期に

奈良にようこそ

だけど なぜ今?」

と人力車の彼に尋ねられた

振り向いたら

姉が交渉していたんです(笑)

奈良の古い町を案内しながら

近鉄奈良駅まで2000円で

走ってもらえることになった

 

貸していただいた小さな扇風機が気に入ったよ(笑)

 正確には

人力ではないの

原動機付き自転車

 

全国で15年修行をして

ここで起業した彼の

鍛えられた体つき

笑顔 言葉使い 態度 会話力

すれ違う町の人への気配り

最高だった

この仕事が好きで

夢を持っていた

別れた後も

爽やかな心を残してくれた

楽しかったよ~ありがとう

エッフェル塔の下で

この車を買ってきたのですって!

 

 

この後で かき氷を食べて

 

4時に近鉄特急に乗り

飛鳥の駅に着いたのが

5時過ぎ

飛鳥駅前

明日香村

明日はこの風景の中を走り回る予定

 

 

前菜

駅から5分の

ペンション飛鳥にて

夕食タイムは18時

 

朝が来て

 朝食タイムは7時

ペンション飛鳥は

二人部屋使用の一人分

二食付き9500円 tax込み

 

一人旅の人は1000円プラス

桜のシーズンは

更に1000円プラス


2018年6月の特別カリキュラムの参考作品   過去の油絵の紹介

2018年06月07日 | アトリエ-Kからのお知らせ

2年前(2016年)に油絵の授業をしました

ほとんどの人が4号のボードに描いています

サイズは333×242㎜

少しづつ完成していく喜び

6才の時に描いた恐竜の絵と

8才の今、描く恐竜の絵を

ぼくがどんなに上手くなったか

比べてみたい

おじいちゃんが撮った

百合の花がモデル

お母さんと街の画材屋さんへ行って

自分で額縁を選んだ

自転車の背景がごちゃごちゃしていた

それで写真を撮りなす

コピー用紙に印刷したので色が悪かった

センセイに良い紙をもらい

印刷をやり直してきた

花見に行った時の写真も用意しました

初めての油絵

初めての自画像

油絵は毎回

力強く完成に近づく喜びがある

アトリエに来る画材屋さんに

額縁を注文

汚れた空気に触れないので

額縁に入れると何十年も色が美しい

汚れてもよい洋服で♡

(みんながこのように汚れる訳ではありません)

 

100号の油絵を3名が描きました

みんなで講評会をしています

100号のサイズは1621×1303㎜

 

 

2014年の作品より

 

この額縁が7000円くらいだったと思います

これは5000円くらい

 

 

2011年の作品

右下の機関車は

100号を描いた(下のまん中)そら君が

小さかったころの絵

 

 

私が高校3年生

美大受験前に描いた油絵も

額に入れていたので

現在でもこんなにきれい

 

え~と・・・47年前ですね

青春時代

二度と描けません


2018/5/29火~6/3日 庭にテントを張った「た・の・し・い・す・ご・く」5泊6日テント泊

2018年06月06日 | 私のこと

ずいぶん昔

 

姪と甥と私と三人で

このテントを買い

 庭で年越しをした

 

テントに

こたつと小型テレビを持ち込み

紅白歌合戦を観る

 

ラブラドールのモモが

こたつにもぐりこんだので

三人で大笑いした

 

昔の話

すっかり大人になった姪が

泊まりに来た

「久しぶりにテントを張ろうや」

ということに・・

 

ところが

テントがなかなか立体にならない

 

あまりに苦戦をしたので

組立時の写真は撮り忘れたけど

(笑)

やりましたよ!私たち

早速昼寝をする

顔に

ソヨッ ソヨ~ ソヨソヨ~

風が吹く

くつろぐ~~~~

 

家の玄関に直結のテント

夜はこんな感じ

しっとりとした静寂

朝はこんな感じ

 大地に寝ている感覚

夜明けの空気

鳥のさえずり

おはよう

 

寝起きのコーヒー

全体にはこんな感じ

姪は1泊で帰ったけど

私はその後も泊まり続け・・

 

昼間

友人が見に来て

テントにゴロンと寝て

お~

と言って帰りました(笑)

 

 

 金曜クラス

アトリエでは時々 

ヤラセ

の写真を撮って遊ぶ

土曜朝クラス

 

「まるでみんなで

どこかに行ったみたいな写真を撮ろうや」

土曜午後クラス

 

「雰囲気が出るから

麦わら帽子をかぶりんさい」

 

この写真を

みなさんの棚に入れました

またスケッチブックに貼ろうね

 

 

友人が遊びに来た

食事は茶の間で

お茶はテントで

今日は

それぞれが

夕方まで仕事だったので

お疲れ様のカンパイ

 

夜遅くまで

沢山話せて楽しかったです

 

 

6/3日曜日

片付け開始

朝から真夏のような陽ざしだった

 

テント泊の途中

豪雨があったので

しっかり乾かしたい

5年以上使っていなかったテントでしたが

清潔感があった

次回もそうしたい

正面灰色は

テントの「床裏」を乾かしている

やはり水が回っていた

次の課題!

 

一人で

片付けられるか

やってみたい

作業の段取りを考えるのが楽しい

つづけて明日も乾かそうかと思ったけど

すごく天気が良くて

とうとう

全てを片付けることが出来た

 寝袋やマットカバーも洗濯

 

達成感がある

 

「テント暮らし自立宣言」

 


2018年4月~5月のカリキュラム  土人形の作品発表

2018年06月06日 | アトリエ-Kからのお知らせ

こんな感じでしたが

全員が完成したのは

5月の終わりでした

土人形のような

特別カリキュラムは

別途材料費をいただいています

その方が

私が自由に

新しい授業を考えられるからです

やりたい人が手をあげて

申し込んで参加

今は

6月の最終週から始める

油絵の

参加申し込みを受け付けているところ

土粘土を扱う授業の

最大の学びは

自分の気持よりも

粘土の気持を優先させる

ということ

粘土が一番

自分が二番

土粘土には

「こんなふうに扱ってもらいたい」

という気持がある

それを無視すると

ひびが入ったり

割れたりする

自分の作りたいことしか

考えない人は力づくで扱う

粘土を手のひらで感じていない

土粘土が

はぶてて

反乱をおこす

作っている時に

粘土が乾燥してパサパサになるし

乾いたら

ヒビが入る

 

ひびが入ったり

割れたりした時に

 

「なぜだろう?」

と考える人になってもらいたい

土粘土を扱う授業では

 繰り返し教えている

 

粘土の気持が一番

自分の気持は二番 


粘土の性質と扱いを学ぶ

「学ぶ」ということを学ぶ

「なぜだろう?」と考える 

 


2018年4月~5月 アトリエに長く通うということ

2018年05月25日 | アトリエ-Kからのお知らせ

2018年4月のカリキュラムのための準備

 

「原始の土人形」の授業に備えて

私が土粘土で作った試作

左が10年前

まん中が5年前

右が今年

 

 

アトリエに長く通っている人が

以前に作った人形を

持って来てくれました

 

 

左側が

11才のみうちゃんが作った人形

右側は6才の時

 

 左側が4才の時

今回作ったのが右側

今、わたる君は10才 5年生

 

 5月に

庭でホットケーキパーティーをした日

帰り際に

手を合わせてくれた

みうちゃんとわたる君

ここは

アトリエの猫のトム

猫のマリーン

犬のモモのお墓

 

誰も気付かないような

静かな行為ですが

これが

「長くアトリエに通う」

ということなのですね

 

 

ホットケーキパーティーの日には

絵も描きます

絵のテーマにお墓を選んでいる

14才のちはや君

 左を今回作りました

右は9才の時

 

 

 

金曜クラス

土曜午前クラス

今年のホットケーキはバナナに挑戦

カボチャはアトリエの定番

 

 

現在18才のそら君が左側を

右は8才の時

パーティーには

専門学校の講義が終わった

夕方から参加

  

 男の子が料理をしている姿は

いいですね~

 

みんなのために

作っています

「おつかれさま~ありがとう

土曜午後クラス

 

来年のパーティーでは

大きい生徒たちがホットケーキを作って

小さい生徒に振る舞いましょうかね~

 

人のために何かをする

場の中で役割を持つ

パーティーにも

経験のチャンスがいっぱいあります

 


2018年5月 「アトリエ-K絵画教室のメンバーをご紹介します」後編

2018年05月08日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

アトリエ-K絵画教室は

卒業生や

生徒のご家族も

<名前を書いた封筒に2500円をご用意いただくだけで>

いつでも授業に参加できます

 

 

 *

 

 

 このページでは

「年に数回アトリエに参加しているメンバー」を

ご紹介します

 

 

幸太朗くんの卒業制作

 

小学1年で入会

6年間アトリエで学びました

2015/4/16

中学に入学して

アトリエを卒業

現在中学3年生 

  

昨年秋の個展で再会

 

それがご縁で

この後2度

描きにきました

(会えて嬉しい私)

 

この時代の生徒たちが

アトリエの猫や犬と過ごしています

 

卒業制作は

ものすごい集中力でした

「良い卒業にしたい」

という想いが

この作品を描かせました

 この作品を超える人は

今もいません

 

 

 

ゆうなちゃんは

4才で入会 現在小学3年生

 

昨年のホットケーキパーティーにも参加

今年も楽しみにしてくれています

2016/6

「こんなのが作りたい」

と言って材料を持ってきます

  

2016/7

大きな自由画

右下のモデルのカニに注目

2017/8

昨年の夏休みには

お母さんと

プライベートレッスンを希望

 

 

現在高校2年生になった あづき君

中学時代に続いて現在も吹奏楽部

 

年に数回しか来ないけど

絵を描くと晴れ晴れとした顔になる

「やっぱり芸術はいいです」などと言う

(^o^)

分かりやすい

 

 小学2年生で入会した時の様子が

個性的だったので

昨日のことのように思い出す

 こんなに大人びた顔になったけど

私はいつでも

あの頃の姿を重ねて見ている

 

 

年に1回授業に来るか?来ないか?

なのに(笑)

「センセー顔が見たくなったと訪ねてくれる


そんな可愛いけい子さんは

元気をもらいに来る人

(^o^)

待ってるね

 

 

 

 

 

 

 

アトリエ-K絵画教室は

金曜日夕方

土曜日朝 土曜日夕方 

第4日曜日朝

に開いています

 

( 他のクラスの仲間達を)

♡ アトリエのメンバーを全員に紹介したい ♡

 

どうすれば叶うのか??

長い間 分からなかったのですが

 

やっぱり!!

思い続けていると

チャンスはやってきますね

 



* 

 

 

 

さあ~今週は

庭でホットケーキパーティーよ!

これは去年の写真ですが

① 土に絵を描く人

② チョークで地面に描く人

③ マジックでスケッチする人

 

手ぶらで庭に来てください

①~③どれをやりますか?

(*^。^*)

あいさつで伝えてね~

 

 

センセイはゴールデンウィークに 

庭をきれいにしようと・・・

・・・こころざし半ばで

六十肩になり

通院中(笑)


2018年5月 「アトリエ-K絵画教室のメンバーをご紹介します」中編

2018年05月07日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

ひろとくんは

中学生になってまだ数日なのに

こんなに立派になりました

まぶしい(^o^)

入学おめでとうございます♡

 

 

人の形がかけるようになって嬉しくて

このテーマを4回もリクエストしています

2018年3月16日とうま8さい

「じぶんでかいた人間」

人の形をまなびたかった。

まなぶとつぎもがんばろうというきもちになる。

きょうの絵はかがみを見て上手にできてすごかった。

学校で

左下の人物を描いて

なにか思うことがあったらしい

 

「人のかたちのかきかたをおしえてください」

と言いました

(スケッチブックに貼ってある制作風景の写真より)

 

アトリエは

はじめに

「まなぶ」

ということを

教えます

 

次に

「心のことばで伝える」

ということを

教えます

 

 

 

電車とバスを乗り継いで

親子で通っている

 

 東区や安芸郡府中町から

通う人が多いですが

安佐南区

安佐北区

中区

南区

からも来ています

 

しゅうや君6年生

 

 千晴さん

 

悠登くん 中学3年生

きれいな線でペン画(自由画)を描いている

 

私にラインの使い方のアドバイスをしてくれる

(*^。^*)

 

 

  

毎月第4日曜日に通っている二人

 

2年間1度も休まず

バスを乗り継いで

中区吉島から来ています

洋平さんの スケッチブック№1が

もうすぐ完成

 

楽しみな気持ちで来て下さっている

のが分かります

「ありがとう」と伝えたい

 

前回までお母さんと一緒に

授業を受けていましたが

 

5才になった希美ちゃんは

センセイと会話ができるようになったので

今日から自立

(*^_^*)

 

 

 

3年生になって

お顔がキリリと変化したこうき君

 

おじいちゃんの

全面的協力のおかげさまで

通えることになりました

 安佐南区から

 月2回「アトリエに時々来るコース」

 

  

 

土ねんど工作「原始の土人形」

を選ばない生徒もいます

うちの教室は

「こういうところがおもしろいなあ」

と思うの(^o^)

鈴佳ちゃん中学3年のリクエストは

「絵の具を学びたい」

 

 

入会してまだ1年経っていませんが

個性的な絵が生まれ始めている

こうた君 中学2年生

「絵を描きたい 絵が上手くなりたい」

とよく言います

 

口に出して宣言する人は

必ずそうなりますよ♡

 

 

 無料体験にいらしたお父さんとあきなちゃん

  

 土曜日午前クラスの仲間になりました

アッキーと呼んでね

4年生です

よろしくお願いします

 

 


2018年4月 「アトリエ-K絵画教室のメンバーをご紹介します」前篇

2018年04月16日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

 43年間

アトリエカリキュラムを

作り続けているのに

トツゼン(笑)

写真を入れることに

気付いた私

最近

連絡網もラインになって

アトリエが進化している

 

 

 

 

じんせい君は

「学ばないで自由に色紙絵を描きたい」

と言いました

自分でやってみたい

という気持ち

アトリエは自立を応援します✨

高校入学おめでとう♡

 

 

工夫して振替を取りながら

アトリエと卓球部の

両立を成功させました

 

努力と情熱が

スケッチブックにつまっています

制服を着てきたので記念撮影

中学3年生のちはや君と中学2年生のめいちゃん

 

 

春の色紙の時だけ

「記念情報」を書き加えます

「あやみ10才」って書き忘れちゃったね~

今度 書こう!持って来てね

あやみちゃんは

アトリエに時々来るコース」です

 

バスで通い始めた鈴ちゃんに

自立心が育っている

自分で考えて行動することが

出来るようになった

鈴ちゃんは

そのことが不安だったのに

今は、誇らしい気持ち

 

「自分でも変わったと思う」

と言います(^o^)

中学3年生 

 

 

アトリエにきて1年半になるけど

挨拶が苦手なの 

だけど

片付けがバツグンに得意(^o^)

小学2年生になりました

 

おばあちゃんが作ったお雛様がモデル

この色紙絵をおばあちゃんにプレゼント

 

麻弥ちゃんが小学生の頃

アトリエ(毘沙門芸術村)の生徒でした 

(*^_^*)

大人になってからも

いただいたご縁

アトリエは親戚よりも親しいですね🎵

 

りりちゃん中学入学おめでとう♡

「やったら出来た」

力強いオーラを感じます

府中町から自転車で通うようになって

「私は出来る」という気付き

があったのですね

 

 

 宙くんは5才で入会

途中休会があって・・今18才

専門学校生になりました

入学おめでとうございます♡

 

背が高くなったので

教室の蛍光管を取り換えてくれます

 

 

文音ちゃん

中学入学おめでとう♡

「可愛い制服を着た私」を描いている


アトリエに時々来るコース」です

お母さんもアトリエのメンバー

(下の鉛筆画)

 

わたる君は5年生

3才で入会したので

アトリエでは2番目に古い生徒

 

モデルに「さより」を買ってきました

教室にお魚のにおい(笑)

 

み~ちゃんは6年生

心のことばで

話せるようになりました

 

挨拶はアトリエで一番成長した人

 「センセイ(イタリアから)お帰りなさい」

と自然に言ってくれる

 

入会したころは

極端に口数少なく

絵の感想も書かなかった(笑) 

 

 

 *

 

 

アトリエーKでは

「きょう~をします」と

やりたいメニューを

自分で決めて

センセイにあいさつをします

 

 

今週

「季節の色紙絵」

を選ばなかった人は

  

初めての鉛筆画が完成 

「思ったよりデッサンは苦しくなかった楽しかった」

 

純子さんは

仕事がお休みの土曜日午前に

バスで来ています

 

お母さん見て見て

ワニの木炭画ができたよ

1年生で入会したまなちゃんも

5年生になりました

 

 


アトリエ-K絵画教室のご案内

2018年04月14日 | アトリエ-K絵画教室のご案内

リクエストがありましたので

アトリエのご案内を載せますね


 


  アトリエ-Kへようこそ  

お気軽にお問い合わせください 

TEL082-289-3626
   

 〒732-0033広島市東区7-10-3 窪川原 啓子(くぼがわら けいこ)

http://jibunbanzai.jjt.jp/ 

 

 

スケッチブックを開くと素敵な自分に気付きます  

 絵の力で元気な人生が送れると信じています




 

無料体験レッスンのご案内

電話でご予約

メンバーによってクラスの雰囲気が違いますので

通われたいと思われる曜日に(下記参照)いらっしゃることをお勧めします




アトリエ-Kのメイン

心を育てる月4回コース

 

その他絵を楽しむコースには

曜日フリー

毎月第4日曜日クラス

プライベートレッスン

 

 

2才児から大人まで

2才児はお母さんと一緒に

幼稚園・保育園児は最初はお母さんと一緒にいて

少しずつアトリエに慣れていきましょう

仲間たちは優しいですよ~さびしい思いをしないように気遣ってくれますよ

 

大人と子供が一緒のクラスで学ぶ

大人は子供だった頃ののびやかな気持ちを思い出します

子供には大人になっても絵を描く幸せを見せてあげたい

 

アトリエ-Kの嬉しいことは5才~75才代まで各年代が揃っていること

おばあちゃんとお孫さんコンビがおられるのも自慢(*^。^*)

 

 

 

 

曜日と時間

下記時間内で自由に来て自由に帰ることが出来ます

ひとり1時間半を目安にしていますが

ほとんどの人が始めから終りまで描いています

 

金曜日4:00~6:30

土曜日9:45~12:15 と 3:30~6:00

欠席分の振替日として第4日曜日9:45~12:15 

欠席分の振替日として金土曜日の曜日変更もできます 

祝日は休み


月4回の方は通う曜日を決定 

その他 毎回授業料を払って(2500円)好きな曜日にくるクラスもあります

プライベートの方は日程と授業内容はご希望をお伺いします




入会金と月謝

① 月4回 

描いて心が自由になる経験をくりかえしながら 

絵が上達するアトリエ-Kのメインコース
 

入会金 5000円 

月謝 7000円(月謝は郵便局の自動払い込み)

スケッチブック 1900円(だいたい1年~1年半に1冊完成)

その他 特別カリキュラムを選ばれた場合は材料費の実費

 

1カ月お休みされた場合と長期欠席の復帰料は3000円

欠席された場合は毎月第4日曜日を振替日としてご用意しています

金土曜日の曜日変更もできます 

 

 

絵を描いて楽しむコース + いろんな画材の体験

②会員になって 好きな曜日に来るクラス 絵を楽しむコース

入会金 5000円 

毎回2500円

スケッチブック 1900円

特別カリキュラムを選ばれた場合は実費


③会員にならずに好きな曜日に来るクラス  第4日曜日クラス 絵を楽しむコース

入会金不要

毎回3500円

スケッチブックの購入は選択

特別カリキュラムを選ばれた場合は実費


④家族クラス(入会者の家族がご利用) 絵を楽しむコース

ご家族は入会金なしで興味のあるカリキュラムに2500円で参加できます

ご家族の方にもアトリエを楽しんでいただきたい気持

 

⑤プライベートレッスン 絵を楽しむコース

入会金不要

受講日に6000円(材料費込)

授業内容と授業日はご相談

 

例えば大きな絵を2~3時間かけて描きます

制作風景の写真も撮りますから

USBをお持ちになるとデータを持って帰ることができます

 

 

 

画材と道具はアトリエで用意

てぶらで来て宿題はありません(^_^)

あらゆる画材を用意したいという気持ちでいます


例えば、水彩絵の具(3種類)・油絵の具・アクリル絵の具・ペンキ・ラメのり・クレパス・水に溶けるクレパス

色鉛筆・水に溶ける色鉛筆・鉛筆(6B~6Hの14種)・インク・墨汁・木炭・パステル

スケッチブックの他に色画用紙・水彩専用紙・木炭紙・ケント紙・色紙・和紙・色紙


その他、特別カリキュラムには

油絵・デッサン・工作・陶芸・ロウソク作り・個人指導など

材料費(実費)が必要なメニューもあります

 

 

 

カリキュラム(授業計画書)

毎月お渡しするカリキュラムは「月4回クラス」をイメージして作ります

授業日程・内容・アトリエの様子・新メニューのお知らせなどが書いてあります

 

 

毎週カリキュラムを読んでくるお約束

カリキュラムを読むことで授業をイメージしながら

落ち着いた気持ちで来るからチャレンジ精神旺盛になれます

ご家庭でアトリエの話題をしていただくとイメージも楽しくふくらみますが

心の準備のない人は自信がないスタートになるので残念


 



アトリエは自立心を育てています

①学びカード(上手くなりたい。新しい世界に挑戦したい。センセイ教えてください)

②ふたりカード(センセイと話し合ってテーマと画材を決める。納得して始める)

③自立カード(自由画 自分らしさを楽しむ。最後まで自分の力で完成。自立のカリキュラム)

④相談カード(何をやれば良いかわからないから相談にのってください)

「今日は何をやりたい?」心で感じて自分で決めるから人生を自分で作っているという実感



 


心が解放できる空間

絵のテーマを自分で決めるのですから

やらされることはありません

やりたくないことはしない約束ですから

嫌だと思うことは我慢せず気持ちを伝えます(気持ちを伝えるトレーニングをしています)

 

コミュニケーションを大切にしています

アトリエにきたらあいさつをします

「こんにちは 先週~~が完成しました 今日はカリキュラムの~をやります」

 

例えば子供の生徒が、知っていることを大人の生徒に教えることもあります

生徒同士で、知らない人の不安な気持ちを思いやりながら その人が出来るように見守ります

人の心を大切にしたりされたりする体験

 

 

 

 

スケッチブックは 

月4回コースで1年~1年半に1冊のペースで仕上がります

入会したらスケッチブックを入れる自分専用の棚をもらいます

 

自分の心を感じることが大切

「今、どんな気持ち?」

絵が完成したら

絵の題名をつけたり 絵をほめたり 絵の物語を書きます

言葉にしながら気付きの深い人を育てます

 

 

スケッチブックが完成 すると

愛されながら一生懸命に生きた時代を思い出せるように

制作風景の写真や新聞記事、カリキュラムをスケッチブックに貼ってお渡しします

(スケッチブックが完成したらこれらの材料費の実費をお願いします)

 

 


2017年現在アトリエに動物はおりません


犬のモモは2016年1月に14才7ヶ月で亡くなりました
 
茶色の猫のトムは2012年12月に
 白猫のマリーンは2015年5月に
共に16才2ヶ月で亡くなりました

  
       


2018/3/30金 あさって出発「アトリエのみんなと一緒にイタリアへ行く気分」を企画中

2018年04月12日 | 2018年4月おまかせイタリア大周遊10日間

ただいま準備中

 あさって出発だよ

私は4/1日~4/10火の予定で

イタリアツアーに参加します

みんなを一緒に連れて行ってあげたい

イタリアから

リアルタイムでブログを投稿して

「アトリエのみんなと一緒にイタリアへ行く気分」

を企画中

 

世界はこんなに広いよ

だけどね

手の届かない距離でもないの

広島⇔大阪の距離と

日本の大きさを覚えておいてね

これがイタリア

日本の5分の4の大きさ

人口は6080万人

直線距離で9870㎞

アラブ首長国連邦の飛行機で行くから

途中

ドバイで乗り継ぎます

ドバイの「ド」の下に

ピンクで塗ってある国よ

小さいですね

 

今日知りました(笑)

 

イタリアとの時差は7時間(冬だと8時間になる)

日本⇔ドバイが5時間

ドバイ⇔イタリアが2時間

 

 例えば

私がイタリアのホテルで

夜10時にブログをアップしたら

日本は翌朝の5時

 

日本は東にあるから

先に朝を迎えるのよ

直行便だと13時間で行けるのだけど

 

このツアーは

往復とも

ドバイで4時間の

乗り継ぎ待ちがある

 

行きは21時間5分

日本→10時間30分+ドバイ4時間+6時間35分→イタリア着

帰りは早いの

19時間10分

イタリア→6時間+ドバイ4時間+9時間10分→日本

 

 

体調が万全ではないので

用心深く

暮らしています

 

 

荷造りも進まない

 

 

明日につづく


2018/3/31土 あした出発「アトリエのみんなと一緒にイタリアへ行く気分」を企画中

2018年04月11日 | 2018年4月おまかせイタリア大周遊10日間

私は大きなツアーに参加するのは初めてです

 

旅行会社の添乗員さんが

挨拶の電話をくださる

38名のグループ

大阪が主体だけど

広島から4名

四国から2も名

このツアーには

10日間全ての食事がついている

 ・・・ということは

「自由はない」

ということなのだろう

 

案内&資料が届く

 広島⇔関西空港往復のチケットも

同封されていた 

 

この説明力には感心

さすがに

イタリアに何千人も

送り込んでいる旅行会社だ

 

おんぶにだっこ

の気分になってきた

(笑)

これがツアーというものか

55の世界遺産を持つ

イタリアは観光国

このうちの10ヶ所を回る

イタリアでは

美術館に入るのにも

長時間並ばなければならない

と知り

 1週間で

イタリア全土を駆け巡る

このツアーに興味を持った

 

ひとりで

「地球の歩き方」を読んでいたら

深刻な気分に

なってしまったけど

届いたこの薄っぺらい本で

「大丈夫だ♡」

と思える手軽さがツアーなんですね

 

以前から思っていた

「いつかひとつの国だけを

1週間くらい旅するツアーを経験したい」と・・・

 

チャンスがやってきました

 

費用は10日間

28万円+1万円の保険代

やはり

若いころには

行けませんよね!!

 私は6月から

国民年金をもらうので

先に使います

(笑)

70才までに

どのくらい行けるでしょうか

準備万端

「 みなさんと一緒にイタリアに行きたい♡」

このアイデアを成功させるために

 パソコンに

日程表と地図を

打ち込んでおいた

 

あとは

イタリアのホテルで

毎夜

写真を差し込むだけ

 

薬局で

私が使える薬と

使えない薬のリストを

英語にしてもらった

 

 カンボジアに行ったときに

抗生物質の点滴を受けたことを

思い出したから

 

 

私には

「方向音痴」と「荷造り下手」

という2つの代表的な特性がある

  

夕べ

本気で荷造りをして

軽量パソコンも入れました

何とかなりそう

  

 

 この旅に合わせてスマホを買った

「旅の始まりブログ」は 関西空港で

練習したスマホでアップする予定 

 

いよいよ明日出発

23時45分発ドバイ行に乗るために

広島を

17時の新幹線に乗ります

 

仕事や家のことも忙しかった

相当疲れているよ

大丈夫か?私?


1日目2018/4/1(日) 日本時間 23時投稿 広島駅⇒関西国際空港⇒エミレーツ航空23:45発(機内泊)

2018年04月10日 | 2018年4月おまかせイタリア大周遊10日間

✈ ✈ ✈ ミレーツ航空で行く✈ ✈ ✈

おまかせイタリア大周遊

10日間

4 /1 日~4/10 火

 

広島駅発のぞみ

17時03分発

 新大阪駅から

はるかに乗って1時間

 

 

集合時間 21時15分

関西国際空港

第1ターミナル 4階出発ロビー

南団体受付カウンター

 

両替もしなくっちゃ

 

1週間くらい前に調べたときは

広島銀行で1ユーロ129円+手数料7.5円

1ユーロ137円43銭だった

 

考えて・・・

200ユーロ(28000円)両替することにした

1ユーロ140円と仮定して

5ユーロ札(700円)×20枚=14000円

10ユーロ札(1400円)×10枚=14000円

 

もし

音信不通になっても

ツアーだから心配しないでね

 

私がホテルのWi-Fiを

使えこなせなかったと

想像して

笑ってください

 

余裕があれば

 

1度くらい

グループラインに

イタリアから写真を送ってみたい

 

ただし

 

イタリアのホテルで23時にラインを送ったら

日本では翌朝の6時ですから

 

「目覚まし」

ということで

許してね(笑)

 

 

  関西空港

23時45分発

空路、エミレーツ航空にて

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイへ向かいます

 飛行時間は10時間30分

 

それでは出発です!(^^♪

一緒にイタリアを楽しみましょう


2日目 2018/4/2(月) 伊時間4/3午前2時投稿  ドバイ⇒ミラノ⇒パドヴァ(泊)

2018年04月09日 | 2018年4月おまかせイタリア大周遊10日間

関西国際空港23時45分発

空路、エミレーツ航空にて

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイへ

 

飛行時間10時間30分

 時差(日本/アラブ首長国連邦)ー5時間

 

 アラブ首長国連邦ドバイ着

05:15

(日本時間だと10:15分だから目は覚めています)

 宇宙都市のような設計の空港

ドバイの朝日

外の気温は28度

朝の時間なので好奇心いっぱい

お店を見て歩く

乗り継ぎ待ち4時間半!

ドバイ発09:45

空路ミラノへ

 

 ドバイの街

 

 

 

  

上の矢印 ミラノに向かう

アルプス?雪山

6時間35分乗って

イタリアミラノ着

14時20分

ミラノ上空


日本時間は21:20

この辺りから時間と体力の関係が

どうなっていくのかわからない

 

 

 

時差は(日本/イタリア)7時間

(日本が先に進んでいます)

 

以降ずっとこのバスで移動

 

着後専用バスで30分走り

ミラノ市内へ

 

約1時間ミラノ市内観光

 

 ミラノ市内

 

早い!ガイドさんの歩行スピードが早い!

足に障がいを持つ私はあせる!

 

観光開始

 

スフォルツェスコ城

 

 

 

ドゥオーモ

 

 

 

ヴィットリオエマニュエーレ二世ガレリア

 

わかりやすく言うと

広島の本通りのように

屋根のある

商店街

この絵も床も

モザイクタイル

 おしゃれな帽子屋発見

 

 

スカラ座

外観は地味だけど

中は豪華らしい 

 


1回しか見なかったけど

走っていました

フェラーリが!

 

 

 

パドヴァはヴェネツィアの左下 

 

 

そのままバスで

パドヴァへ向かう

6時間で245㎞移動

  

21時30分着

夕食は街中のレストラン

 

 

フォーポインツバイシェラトンホテル 

到着22時半

イタリア1泊目パドヴァ

 

どうなの?

身体はどうなってるの? 

 すごいスケジュールでしたよね

 


3日目 2018/4/3(火) 伊時間4/4朝7時投稿  パドヴァ⇒ベネチア本島⇒フィレンツェ(泊)

2018年04月08日 | 2018年4月おまかせイタリア大周遊10日間

 

朝食はアメリカン又はビュッフェスタイル

08:00

パドヴァのホテル出発

テレビの天気予報

泊まったホテル

 

専用バスで35㎞

 

 

 

 

ベネチア本島トロンケットへ

 船に乗り換えベネチア本島中心部へ

  

徒歩

世界遺産ベネチア観光1時間30分

 

「ここまで水が上がった」

自分の考えを持った

素敵な解説のガイドさん

ベネチアに

年間2000人の日本人が来る

 

一番多いのが中国人

二番目に多いのがロシア人

 

 

 

 サンマルコ寺院

 

絵のように見えるが

一辺1センチのモザイクタイル

 

 

ベネチアンガラス工房

 

 

ベネチアの紋章は

ライオンに羽が生えています

 

ドゥカーレ宮殿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースのお店

 

今夜は満月

満潮になると20センチ海水が上がる

この台はその準備

 

ゴンドラ遊覧30分

ため息橋

カンツォーネを歌っている

音楽隊をリクエストすることも出来ます

ここは響きが良いの

     

昼食 イカ墨パスタ

 

白身魚

6ユーロ(×140円)もするコーラ

北は物価が高かった

南では3ユーロ

もっとも日本人用メニューだからね

スーパーでは1ユーロしません

 

 

船でトロンケットへ戻る

 

専用バスで一路

フィレンツェへ

 

途中

ショッピング45分間

 夕食 アマトリチャーナ

 

こんな町のレストラン

 

 

250㎞走る

フィレンツェのホテル到着

20:00


 

カンファレンス フロレンティア ホテル

 

イタリアでの2泊目は

フィレンツェ

ここに連泊だから

今夜は洗濯をする(笑)