雲上の楽園通信

デジカメお伴にウオーキング! 【雲海・野鳥・野の花など】撮影して掲載 !

朝焼けの後は僅かに【雲海】そして雨となりました!

2018年08月17日 | 風物詩 (7~9月) 

 昨日の朝は、東に僅かながら朝焼けが見られました。
空は黒い雲に覆われております、此の日は和気町では【和】文字焼と呼ばれる今期最後の花火大会が行われる日です。
 霧が少し晴れかけますと雨となりました。

 午後になって一時雨も上がりましたが、花火大会が行われるようなお天気ではありません。
これでは、花火大会が中止となるでしょう・・・山上に運んだ材料も使用をせずとなりそうでした、結果的には花火大会も中止となりましたので、お気の毒です。

 朝の朝焼けと【雲海】模様を少し・・・その時のタカサゴユリなどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

お盆も終了ですよね、相変わらずのタカサゴユリ!

2018年08月15日 | 風物詩 (7~9月) 

 此の頃には、シュウカイドウの花も見られると期待をしておりましたが未だ花は咲きません。
本日は朝7時から雨が降っております、気温は予想外で変化はありません、でも湿度が高いです。
 本日は姉の旦那さんの初盆になりますが、私の出席は結構だと聞きました、雨天での初盆も大変でしょうね。

 私はゆっくりと出来るかと思っておりましたが、そんな予想は無理なことでした。
余り体を動かすこともなくて、しかしながら、ホッとして居るところです。
 当地の【雲海】などの写真集を作成のために注文をしておりました、A4サイズの光沢紙が500枚届きました。検索をしておりますと此の枚数では、未だまだ用紙が足りません。そこで、画像枚数の削減とサイズを2L程度にして注釈を加えるかと、テスト版の作成をしてみました。
やはりこれでも、冊子の重さなども増えてて・・・明日には、公園の管理人さんと相談をするかと計画です。

 画像が、公園の建設から完成までと、桜などの成長などを考えますと枚数が増えるのは当然のこと・・・やはり雲海の風景を多くしようかとも・・・  皆さん待っててね  

 

 タカサゴユリの花本日は50本くらいが咲いておりましたが

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

タカサゴユリの花など

2018年08月09日 | 風物詩 (7~9月) 

 相変わらずの同じ花などです。
体調は、落ち着いて来たかなと思っても此の暑さのために体を動かす運動に抵抗を感じております。因って屋内で静かに音楽を聞くことが多いです。
 少し暑さが柔んだかなと戸外へ出ても、暑さに負けてしまいます。
そんな中で、身近なタカサゴユリの花などを撮影をしております。
昨日も私の同級生の同胞が死亡したと知らされると、次は私の番かなと・・・そこで、私名義の不動産の一部を子息へ遺産相続の手続きをと考えて、そのサンプルの作成を造り始めました。
 暑さのためと言うか、作業が前進は致しません、今朝のニュースでは沖縄の翁長知事が亡くなったとか・・・知りました。落ち着いた政治が出来る方が誕生することを祈っています! 野党たちが喜ぶだけでしょうか 

 

タカサゴユリの花から

 

 

 

 



次はアカバナユウゲショウ

 

次は目の前に飛んできたトンボと朝顔です

 

 

 

 

 

コメント

我が家のタカサゴユリと朝顔の開花

2018年08月03日 | 風物詩 (7~9月) 

 やはり此の暑さ、少しウオーキングをすると疲れてしまいますね。
朝一番は、我が家のタカサゴユリが咲き始めておりました。如何せん、私の手入れの悪さから雑草の中のユリです。その後昼前になって、朝顔が一輪開花していることが分かりました。
 何れにしても、雑草の中での開花です、午後になりまして雲が濃くなったと思うと雷鳴が・・・短時間雨が降りました。でも、湿度が上昇したのみでしたよ。
少し歩いては、我が家で横になっていましたら、夕方となりました。

 

タカサゴユリと朝顔

 

 

 

 

 

コメント

葉月となりました!

2018年08月01日 | 風物詩 (7~9月) 

 アッと言う間に葉月となりましたね。
文月は、私の誕生日の月だったのですが、体調が悪くてとても長い月だった気がいたしました。月末になってからヒグラシの声が聞こえるよになって、秋がそこまでと少し嬉しくなりました。

 ウオーキングをも開始をしましたが、戸外の気温は相変わらず高いために近回りを歩く程度です。
空を見ると頭上には、未だ若いツバメの姿が多く見られます。顔を見ない限り幼鳥か否かは区別がつかないようになっておりました。そのツバメの横顔から紹介です。
 次は、桜の木に多く止まっているアブラゼミです、20匹位は見えましたが一見してメスばかりのようでした。
そのお家に庭には、我が家では見られなくなった桔梗の花が咲いておりました、撮影の時期が少し遅かったようでした。

 

ツバメの幼鳥から

 

 

 

 

 

 

 買い物にも、体調の関係で出かけておりませんでしたから、出かける予定です。
未だにこれが食べたいという気力はないのですが・・・  !

 

コメント

未だ暫く投稿が出来そうにありません!

2018年07月26日 | 風物詩 (7~9月) 

 この暑さの影響から(台風の後の高温に負けて)一挙に体調を崩しました。
そこで我が身を守ることが先決であると考えております。
 時折投稿をと考えてましたも、私が撮影した画像も少ないです・・・今朝になって我が家の花をチェックしましたら、昨年度の種子が成長をs手花が咲いておりました。流石に新鮮だなーと思えました。此の花などを撮影のきっかけは、朝一番まどの網戸へアブラゼミのメスが飛んできたために、花はどうかなと少し移動をしました。

 何と遅ればせながら、紫陽花が一輪咲いているのですよね。その隣の花も掲載です。

 

 

 

 

 

 

 今朝体重測定をしましたら、更に体重は減少しておりました。
この調子ならば、7kgは減少するでしょうね。高熱とかにも配意しながらの毎日です、8月の初め頃までには、元気になるぞ  

 

 

コメント (8)

シロバナのキキョウ

2018年07月23日 | 風物詩 (7~9月) 

 いつの間にか、紫の花のキキョウが消滅です。
そのかわりに、庭の敷地内へ多くのシロバナのキキョウが増えました。余り多くの白バナのキキョウは、不要と抜き去りました。
 でも相変わらず、生えてきます。
郷里に帰れば、紫の花のキキョウが多くあります。でも此の暑さです、何時の日になるとキキョウを持ち帰ることができるのでしょうか? 花をアップしてたのですが、一枚も見当たりません。

 紹介のみです! 過去の画像を一枚を追加

 

 

 

 

コメント (2)

我が家のオニユリの花100輪を越えました

2018年07月22日 | 風物詩 (7~9月) 

 手入れも全くせずでしたオニユリですが、今年は最高の開花です。
他の場所のは茎の根元から倒れてて撮影をしませんでした、此のオニユリは、郷里の山林に有ったものを一部我が家の敷地へ移植咲いたものです。
 多くの花が咲いてもこれだけ大量に咲いたのは、18年経過した今が最高の量の花です。
お花の説明は先にしておりますから、割愛です。種子が飛び散って他の場所へも咲いておりました。

 この花の勢いを借りて元気になろうと思います、本日もまだ体調が不安定です。この体調の影響からか、体重が5kgも減少しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

我が家のタマスダレと近くのキヌガサタケなど

2018年07月15日 | 風物詩 (7~9月) 

 今年も我家の庭では、タマスダレが咲き始めました。
まだ一輪のみでした、この近くへほぼ毎日程度イタチ?などがやって来て小さな穴を堀ります。その影響で小さな穴は、5カ所程度となりました。余り荒らされないようにと小石を入れていたのですが、他の場所を彫り尽くすために諦めました。
 そのためか、タマスダレの生育場所が減少したようです。此の度は、此のタマスダレがメインとなりますから、此方が重点です。

 タマスダレは、(ゼフィランサス)ヒガンバナ科ゼフィランサス属です、花言葉は【清純な愛・純白の愛】でした、又10月25日生まれの方の誕生花です。この花はタマスダレともレインリリーとも呼ばれておりますよね。此の周囲の花をも撮影掲載!

 その後いつもの撮影の場所へ移動をしました。
此の日は、キヌガサタケが敷地内には、二箇所顔を見せておりましたから、お終いに掲載です。

 

タマスダレ【ゼフィランサス】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これらを撮影後に一度帰宅をしてウオーキングへと出発の予定でした。
しかしながら、湿度と気温が高くてウオーキングを諦めました・・・大雨による被災地を初め、熱中症が多くありますよね。この症状の防止が先決でした。我が家の息子宅の水没などが気になり問い合わせましたら、全く被害はないとのことで安堵しました。
 先般から電話が通じなくて少し心配をしてたのです、地方公務員なので被害者方の対策に追われていると気配りをしておりました・・・   

 

 

コメント

ムラサキツユクサとその近くの風景

2018年07月14日 | 風物詩 (7~9月) 

 やっと綺麗なムラサキツユクサが見られました。
その近くには、アブラゼミの抜け殻が見られたために撮影に興味を引きました。その近くに花も咲き始めておりましたが。本日はムラサキツユクサの花がメインです。もう夏ですよね  

 ツユクサの花へ昆虫がやって来ておりました。ツユクサ【露草】は、ご存知すよね! 別名アオバナ【青花】・ボウシバナ【帽子花】ツキクサ【着草】トンボソウなどと呼び方が多いですね。梅雨の付いた草と言うことからこの名前が付けられたとか。ツユクサ科ツユクサ属の一年草です。花言葉は、【恋の心変わり】だそうです。誕生花は、8月5日生まれの方ですよ!

 

アブラセミの抜け殻から

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日も湿度が高くて 先ほどエアコンを入れました、室内温度が30度cは、とても私には我慢が出来ませんでした。
戸外は曇り空です、晴れる様子なのですが・・・熱中症にも気を配らねばね 

 

 

コメント

今朝の朝焼けとキヌガサタケ

2018年07月13日 | 風物詩 (7~9月) 

 空が少し明るくなった頃の朝焼けを撮影しました。
アッと言う間に朝焼けは、薄くなって仕舞いました。その後は、南部から霧が押し寄せてきて我が家の窓まで霧で真っ白となりました。湿度もとても高くて70%を超えております、乾燥の衣類がベトベトという感じとなりました。
 そこで、一昨日朝に撮影をしました、キヌガサタケをアップすることとしましたよ!
何時も記載をしておりますが、此のキヌガサタケは、孟宗竹の藪の入り口に顔を出しております、藪の中での姿は見たことがありません!

 

朝焼けとキヌガサタケ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ヒメオオギスイセンなどから

2018年07月11日 | 風物詩 (7~9月) 

 お天気も回復したとは言え、我が家の周囲の路傍の清掃などに追われました。
暑くて、一時間ほどでその作業は中止としました・・・お隣さん方は、雨漏りが有ったのか作業員が屋根の上で作業を(テントでお覆うのみ)されていました。

 お天気のことと、今時期しか見られないキヌガサタケをチェックに移動をしました。
幸いにも、キヌガサタケを発見でき撮影をしました。陽司続きとなるかと諦めて、その付近のヒメオオギスイセンとか、トンボ・カエルなどの掲載が中心ですよ。
 ヒメオウギスイセン【檜扇水仙】は、アヤメ科モントプレアチア属で別名モントプレチアとも呼ばれております。6月20日の誕生花で ヒメヒオウギスイセンの花言葉は、【青春の喜び・楽しい思い出】でした。この花の開花は未だ僅かでした。

 

ヒメオオギスイセンから

 

 

 

溜池のトンボなど

 

 

ウシガエルは撮影できなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

大雨の後その時の風景は! 青空も見えて

2018年07月09日 | 風物詩 (7~9月) 

 我が家周辺での豪雨被害は、比較的少なかったです。
しかし市道へ大きな木が倒れており通行止めも有りましたが、これは撤去できました。他の場所は、少しの山崩れが有って市道の一部へ土砂が・・・その近くでは、路肩の基礎が雨で流されるなど(工事には時間が!)でした。

 これよりも町並みのほうが被害が多くて、屋内浸水などが多くありマイカーも浸水とか・・・スーパーマケットなどでは、野菜なども通行止めなどがあり、お店には品物が届かずとか・・・晴れの国岡山では、考えられない被害が多かった様ですが、その詳細は把握出来ておりません。

 午後になって、空も少し明るくなり始めましたら。
電線へは、多量のスズメが・・・初めてみましたよ、その後っ空も明るくなり青空が見え始めました。その時のお空などをも撮影できましたから紹介を致します。
お米が少なくなり買い物へと出かけましたら、県道などでは、方方が通行止めとなり前には進めませんでした。

 雨上がりの後、一番気になっておりました茸の女王様【キヌガサタケ】を確認に出かけました。
やっと茸二輪確認できましたが、雨の影響で姿は惨め! その中の一輪のみ姿は見られます撮影です。我が家の花などをチェックしておりましたら花は殆どが倒れてて、ヘメロカリスには、今季はじめてのキリギリスがお休みでした、体は雨滴が多く付着しておりました。

 

ヘメロカリスなど

 

 

 

 

 

 

次は八重咲きの大きめのクチナシの花など

 

 

 

オニユリの蕾も膨らんで

 

次が茸の女王様【キヌガサタケ】

 

 

青空が見え始めた際のスズメ

 

 

 

 本日はもしや、雲海となるかと思いましたが相変わらず雲で覆われております、・・・雨はなしとかこの予想が的中することを願っております  

 

 

コメント

路傍脇の蝶などと我が家の花の一部

2018年07月06日 | 風物詩 (7~9月) 

 お天気も毎日が雨ですから、雨の落ちない時間に少し運動を兼ねて散歩をしております。
因って、目の前に見える野の花などが主流です。
 本日も深夜から雷鳴が有り時折強い雨もありました、今では雨の降雨量は少なくなりましたが・・・各地では、川の水も多くて氾濫危険推移を超えたところが多いようですね。被害がありませんことを願うばかりです。本日少雨となりました際には、我が家の前の市道を少し清掃を考えております。竹の葉などが多く雨の影響で一箇所へ集まって来ておりますからね!

 本日の最初の画像はシジミチョウからです、その次はクロアゲハ?ですが動きなどが悪くて・・・その次は、今季初めて確認しました、ナナフシモドキです。お終いは我が家のミニバラの画像です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少雨となりましたら、近くの竹藪へと出掛けます、キヌガサタケが顔を見せてくれないかと期待をしておりますが。無理でしょうね!

 

コメント (2)

眼の前のメジロの表情(ガラス越しで撮影)

2018年07月04日 | 風物詩 (7~9月) 

 此のところの気候は湿度が高く、台風の影響で物音が聞こえるのは雨の強弱程度ですね。
皆さんの地域では、台風などの被害はありませんか? 被害のないことを祈っております。 我が家は、被害はないものの多くの雨の影響で庭には、草がボウボウと成長しております。一番の悩みは、お隣さん方のトイレの匂いです。
 月末になりますと、清掃車が汚染の汲み取りに参ります・・・汲み取った後は、水分が無くなって乾燥をするために悪臭が漂います。
とは言え、その苦情を伝える元気もなくて・・・ガラスを清掃して眼の前に飛んでくる野鳥などを撮影して楽しんでいます。悪臭は、10日位は継続をしますよね!

 ガラスの清掃をしたとは言え、野鳥達が訪問する時間は短くてアッと言う間に飛び立ちます。
パソコンの前で、ガラスが3枚有ります、ガラスに写ったバックなどが映らないよぅにと撮影をしても上手くは期待通りには参りませんね。
 パソコンの前から手持ち撮影をした、メジロの表情です。(何故って雨ばかりで戸外の撮影もできません)何とか撮影のメジロの動きです。此の日は、2羽のみでした。

 

屋内からのメジロの動きを撮影

 

 

 

 

 

 

 

 撮影を終えると、雨でしたよ。
昨日は台風の影響でしたが、週一度のお休みのベトナムのお嬢さんをマイカーで近くの駅までお送りをしました(岡山まで移動をして衣類などを一日掛けてチェック買い求めご馳走を食べて帰宅をされると聞きました)。その後は、食材を私は野菜などを買い求めて帰宅です。
 気候の影響からか野菜も値段が下がりましたね!

 本日は、強い雨のために屋内で音楽を聞きながら・・・ウトウト・・・ゆっくりと自宅で過ごします。
我が家からの南部方面は、濃い霧のために全く風景などは見えません!

 

コメント