雲上の楽園通信

デジカメお伴にウオーキング! 【雲海・野鳥・野の花など】撮影して掲載 !

見ず知らずの場所にもミゾソバの花が見られました

2018年11月04日 | 野の花・果実

 撮影をしたかなり離れた場所には、僅かながらミゾソバ(2株程度)が見られていたのでしたが、気候の変動で今年は雨が多かったためか・・・15以上離れた場所の簡素ぅ地帯にもミゾソバが繁殖をしておりました。
  この地域までミゾソバの種子が飛んできていたのでしょうか? その株の多さにも驚きましたが、この場所は乾燥する場所でした。

 

新たにミゾソバの繁殖を確認です

 

 

 

 

 

 

  今朝は少し遅めに我が家を出発してウオーキングを楽しみました。
但し、その途中では元農家の方が竹を焼却しておりましたから、途中からウオーキング路を変更です。そのためにこのミゾソバのある場所を新たあhっ気ん出来ました。
 帰宅した頃には、気温もあまり高くなくて私が刈り取った庭の垣根の小枝などを処分をはじめました、とても疲れますね。
今までここまで、疲れたことはありませんでしたが、少し体調を崩すとこれまで疲れが出るとは・・・早く、体調を元に戻したいでです・・・昨日は、お魚などを大量に買い求めて帰宅をしておりますから、午後に頂こうと考えております。少しは、体力が元に戻るでしょう 

 

 

コメント

アキノキリンソウ【秋の麒麟草】など

2018年10月29日 | 野の花・果実

 秋の麒麟草【アキノキリンソウ】がメインとなります。
別の名前では、アワダチソウと呼ばれておりますよね、黄色の小さな花でdす。
 アキノキリンソウ【秋の麒麟草】は、キク科アキノキリンソウ属の多年草です、花言葉は【幸せな人生・用心・予防・奨励・警告・予防・安心・幸せな人】でした。また8月30日、8月19日、10月19日生れの方の誕生花でした。

 路傍脇でやっと野鳥の姿も見え始めました、更に生い茂る花をも撮影しましたから、そちらから先に掲載です。

 

 

 

次から秋の麒麟草です

 

 

 

 

 

コメント

アキノタムラソウも開花

2018年10月28日 | 野の花・果実

 この時期の名に相応しい花の名前です。
アキノタムラソウも咲いておりました、少し花の開花時期も異なるこの花ですが・・・アキノタムラソウ【秋の田村草】です。 アキノタムラソウ【秋の田村草】は、シソ科アキギリ属で1~2年草です、花言葉は【善良・協力・合意】です 。

 撮影の場所が急斜面でしたので、うまく花を撮影できませんでした。
また、他の場所でも開花しているので撮影に挑戦をしますね、先のコウヤボウキ(高野箒)の花を含めて・・・ 本日は、朝方は黒い雲で覆われておりましたが、秋らしいお天気になることを期待しております。

 

アキノタムラソウの花です

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タンキリマメも果実が熟しはじめ

2018年10月23日 | 野の花・果実

 今年は、私の体調の影響からタンキリマメ【痰切豆】の花の撮影はできませんでした。
そして今、その果実が実っております。痰を切るとのことが言われておりますが、それは間違いだと思われる解説が多くありましたので・・・薬用としては、使用をしないことが肝心でしょうね。
 タンキリマメ(痰切豆)マメ科タンキリ属だそうで、この豆を食べると痰が止まるということからこの名前が付けられたそうです、少しばかり信用ができません。幸いにもこの種子が残っておりましたので撮影を致しました【その花と種子を撮影をした過去の画像をリンクしました】興味の有る方は、クリックをしてご覧くださいね。タンキリマメは関東地方以西から沖縄にかけての山野に生育する多年生のつる植物です。

 

痰切豆の果実です

 

 

 

 

 

 

 

 
コメント

冬のハナワラビなど

2018年10月21日 | 野の花・果実

 我が家では何時もこの頃フユノハナワラビが見えてたのですが、今年はその姿が見えませんでした。
ところが元気を出してウオーキングをしておりますと、神社の境内には多くのフユノハナワラビが確認できました。未だに黄色さは欠けますがその姿を撮影しました。

 フユノハナワラビは、薬用には全草を用います。初冬から翌春にかけて根ごと全草を採取し、よく水洗いして日干し乾燥させます。 民間では腹痛、下痢に利用します。乾燥したフユノハナワラビの全草を細かく刻んで、1日量10グラムを水500ミリリットルに入れて煎じ、約半量まで煮詰めます。煎液は布でこして3食間に服用します・・・色々な利用方法が有るのですよね。

 その近くでは、西洋ヤマゴボウとか今でもハハコグサなども見られましたから、追加です。

 

フユノハナワラビから

 

 

 

 

 

 

次は蛾

 

 

 

コメント

コウヤボウキの花も少し咲いて

2018年10月16日 | 野の花・果実

 この時期からコウヤボウキの花が咲き始めますが、心なしか殆ど雑草として刈り取れれてしまっていました。
此のあたりの路傍の雑草を刈り取られる方々は、花とか・・・そんなことはお構い無しですからね・・・でも、少し残ったコウヤボウキも花が咲いておりました。因って、その花も少なくて撮影が出来ただけ良かったかな!

 コウヤボウキ【高野箒】は、キク科コウヤボウキ属落葉小低木で花言葉は【清潔・働き者 】です。コウヤボウキ【高野箒】は高野山では、この枝で箒を作ったことからこの名前がつけラられたそうですよ。

 

コウヤボウキの花

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

ツワブキの咲き始めと四季桜の花

2018年10月13日 | 野の花・果実

 本日も秋空です、未だまだ青い空が一面に広がるとは表現できませんが秋の風景です。
昨日には、そろそろこの時期には、開花すると思われるツワブキ【石蕗】の花を撮影出来ればと出掛けました。未だ満開とは言えませんですが開花しておりました。
 ツワブキ【石蕗】の花の名前は艶葉蕗(つやばふき)が訛ってこの名前になったそうですが、定かでは有りません。キク科ツワブキ属の多年草で、花言葉は【よみがえる愛】です。

 

ツワブキの花から

 

 

 

 

 

 この花を撮影しての帰りに、路傍脇の四季桜が再度開花していることが分かり撮影をしました。
四季桜は、幾度も咲いて・・・不思議な気が致します、花が小さいために判りづらいかな・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ネコハギの花と茶の花

2018年10月09日 | 野の花・果実

 今年は私の体調関係から野の花など全ての撮影などが遅くなりました。
普段ならば、見られない花が我が家の敷地内でも花が見られるほどです、普段ならば草刈機で刈り取っている・・・それがネコハギの花です。

 ネコハギ【猫萩】は、マメ科ネコハギ属の多年草で弦に軟毛が多いです「ネコハギ」は北海道から九州にかけて分布しているようですね。茎の周りを御覧ください、猫毛のような毛が見えると思いますが、そのためにこの名前が付けられたと言うことです、花言葉は、ネコハギとしては有りませんでした。
 そして我が家の庭に植えておりますお茶の花です、とても可愛いですよ。

 

猫萩の花とお茶の花

 

 

 

 

 

 

 

次からお茶の花です

 

 

 

 

 

コメント

キンミズヒキなど

2018年10月08日 | 野の花・果実

 路傍脇の金ミズヒキ等が今も咲いております。
その近くには、ウラギンシジミの姿が見えました、それらの風景です。本日も朝一番から目眩が少し休んでおりました。当地では、神社の秋祭りなのですが、のぼり旗を立てる程度です、僅かな人が集会所へ集まって食事会をされます。

ミズヒキ二種とウラギンシジミです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ミゾソバの花の蝶

2018年10月06日 | 野の花・果実

 期待した花がうまく撮影できませんでした。
その花の名前は、ミゾソバです。ミゾソバ【溝蕎麦】は、別の名をウシノヒタイとも呼ばれ(葉が牛の額に似ているとか)、湿地帯に咲きます。タデ科タデ属の一年草です、花言葉は【風変わり・純情】です。11月15日生まれの方の誕生花です。このミゾソバの花が他の場所でも咲きますが色合いなどが少し異なります、若干ですが花も違って見えます、今年はこの地でも白っぽい花が見られました。花の大きさは径4mm~7mm程度でとても小さいです。

 風があり更に木陰となっておりましたから、ミゾソバの素敵な絵とはなりませんでした。
多くを撮影したのですが、チョウが飛んできた頃の写真が中心です。

 

ミゾソバの花とチョウです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 気分の悪いこと

 この度も、韓国の自衛隊は旗を上げるなと言う、馬鹿げたこのニュースを見て・・・韓国って、相変わらず馬鹿だな~と気分が悪いです。でも、日本は参加しないという決定で少し安堵しました。更にこの国の大統領がご存知のお馬鹿さんだから、やむを得ないでしょうかね~~~   

 

 

コメント

マルバルコウソウの花と路傍の風景

2018年09月29日 | 野の花・果実

 又もや大型の台風が日本列島へ上陸をしそうですね。
被害のないことを祈るしか方法が私にはありません、僅かながら被害を防ぐための準備をするのみです。
 昨夜からその影響でしょうか雨が降り続いております。ただ今急に降雨が強くなりました。そんなことを予期してて、昨日午後から買い物へと出掛けました、少しながら安心です。

 路傍脇で目立ちます花は、小さいけれども一際賑やかに感じますマルバルウコウそうです、その花が中心です。
マルバルコウ【丸葉縷紅】は、小さな花ですがとても存在感があり綺麗です。葉が波状が丸いマルバルコウソウでヒルガオ科ルコウソウ属の一年草です。弦は左巻きに絡みつきます花の経は1.5cm位です。花言葉は【紙一重・私は忙しい・常に新しい】です。10月21日生まれの方の誕生花です。

 

マルバルコウソウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次は、ムクゲの花です。当地には、一箇所しか花が咲く場所はありませんでした・・・その花の根本から切って仕舞われたために一輪のみが開花です。ムクゲは、オイ科ムクゲ属で花言葉は【新しい美・繊細美・デリケートな美】です、8月10日、5月21日、3月22日、2月22日生まれの方の誕生花です。

 

ムクゲの花

 

 

 

 

 

コメント

クズの花ミツバアケビの果実など

2018年09月14日 | 野の花・果実

 相変わらずの雨ばかりが降っていて、頑張ろうと考えているウオーキングも出来ずです。
止むを得ず我が家周辺の野の花などを撮影をしました。

 撮影の後昼食の食材を買いに出かけました。久しぶりにと刺し身などを買い求めました・・・昼食の際に食べ始めたのですが、途中で美味しさが不味さとなって仕舞いました。止むを得ず、ごみ箱へ・・・処分することとしました。他の食材も美味しくなくて全てがごみ箱へと移動です。
戸外には、捨て猫がおりましたが食材を与えると我が家を住処とすることが嫌ですから・・・可愛そうだけれども、食材は食べさせておりません。この捨て猫、又もや虐待をされてて左目が潰れて仕舞いました。これで何匹目でしょう・・・余りにも虐待をする回数が多すぎます。
 警告する人も注意をする方は皆無です・・・仕返しなどが怖いからです、勿論私も注意などは出来そうにありません。

 さて本題です、我が家の敷地脇にクズの花が咲き始めておりました。
そのクズの花からです。クズ【葛】は、マメ科クズ属の多年草で花言葉は【芯の強さ・治療・恋の溜息】です、また9月13日,9月23日生まれの方の誕生花です。

 

 

  

次は先に紹介をしましたシロバナニンジンノハナですが、やはり少し色が変化しておりましたので、紹介です。

 

 

 

更にカワラケツメイの花も少なくなって果実が熟し始めました。その様子です

 

 

 

 

お終いは、我が家のミツバアケビも熟し始めましたから紹介です。この果実は、10個あまり有りますよ。

 

 

 

 

コメント

マルバハギの花も見頃を迎え!

2018年09月12日 | 野の花・果実

 我家の庭に野鳥が運んできたのか、萩の花が咲くようになりました。
ただし市道脇ですからあまり大きくならないようにと気を配りながら切り取って小さめにしております。

 このハギは、マルバハギと呼ばれているようです。この萩はマルバハギ【丸葉萩】と呼ばれる種類で、マメ科ハギ属で花は両性花だそうです。又花言葉は、【思案・前向きな恋想い・物思い】で9月10日、10月1日、10月18日生まれの方の誕生花です。

 

 雨がとても多くて撮影が難しかったです、そこで花に雫が付着して輝く様子を撮影しました。
花も少なめでしたが、多くを撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日午前中の早い時間に診察に伺いました。
幸せなことに待ち時間も短くて、精密検査などの結果も速く分かりました。但し、私の体重が気になられたようで又もや投薬は、1ヶ月となりました。更に食欲が増すようにと、漢方薬まで投薬が追加でした。
 出会う方々が、今までとは異なり細くなられましたね・・・! と、少し気にされておられました。先日倒れた際に肋骨を痛めたことも有り動きが鈍かったためのようでした。日々少しずつ回復をして来ております、体調を気にしてくださった方々ご安心くださいね。 頑張ります  

 

 

コメント

ヤブランとシロバナツリガネニンジンの花が咲いて

2018年09月10日 | 野の花・果実

 ヤブランは、かなり前から我が家の敷地にて花が咲き・・・知っておりました。
ところが珍しい花がカワラケツメイの花の近くで咲いておりました・・・私は、何の花かもわからずかなりの本数があったのですが少し残しておりました。ところが4,5日前から花が咲き始めました。
 雨も多くて撮影もできずでしたが、何とか撮影をして調べましたところシロバナツリガネニンジンの花ではないかと思えました。シロバナツリガネニンジン【白花釣り鐘人参】もしそのとおりならば、普通のツリガネニンジンと同様だけども花が白いだけで山に錯綜でキキョウ科ツリガネニンジン属であると判りました。花言葉も有り【感謝・誠実・奥ゆかしい美】でした。

 先のヤブラン【藪蘭】ユリ科やブラン属多年草です、花言葉は【妥協点】です。

 

ヤブランの花から

 

 

 

 

次がシロバナツリガネニンジン・・・だと?

 

 

 

 

 

近 況

 明日朝一番には、医院へ診察に出掛けます。
従来から頂いている投薬が間もなく切れることと合わせて検診があるからです。更に、先日転倒をした場所の周りが痛みがあって寝起きさえも苦痛です、近所の方が貼り薬など提供してくださって朝から痛みのある部位周辺に貼りました、お医者さんよりも詳しくて驚きました。
 流石に、その貼り薬の効き目があり助かっております。 有難うございました感謝致します。

 

 

コメント (2)

キンミズヒキの花もやっと開花

2018年08月21日 | 野の花・果実

 ほぼ例年通りの開花となりました、キンミズヒキの花ですが、とても花も小さいです。
そしてこの頃開花のシュウカイドウは先の台風の影響で花は咲きそうにありません、葉が殆ど無くなりましたよ。

 キンミズヒキ【金水引】は、バラ科キンミズヒキ属の多年草で、又8月21日生まれの方の誕生花です。花言葉は【しがみつく・感謝の気持】です。

ということから、キンミズヒキの小さな花のみです。
近くで開花の花をすべて撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 補足です !

 昨日も公園へ訪問の方々のためにと、当地の雲海とか野鳥を印刷しておりました。
でも、用紙が足りません・・・更にプリンターのインクもあと残りわずかとなりましたので、ネットで注文を致しました。でもその注文品が我が家への到着するのは、明日以降となります。
 来訪者の方々に竹トンボなどの作り方をご指導の方がいないと知り・・・急遽私がその説明書を、パソコンで作成しました。
A4サイズですが、何とか解りやすくと・・・画像をも貼り付けです、時間があれば私も少しの間顔を出そうかなと思います、参加の方の年齢のことなどを考慮にと文字などを大きくしますと、説明書も5枚にもなりました。
 併せて、想い出にと思いハガキサイズの画像をも印刷して、注釈をも貼り付けました・・・想い出にしてくださいね。

 明日には多分、プリンターのインクとか用紙が届くと思いますので、印刷をします。
冊子へ、画像を取り込んでも説明などがすべては出来そうにありませんが、ご了承くださいね。  

 

 

コメント