Compass of my heart

引越ししました。新アドレスはこちらです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Logic Pro9を使ったトランスポーズ

2013年01月26日 | 仕事をするということ
本日は、ちょっと普段のネタから離れますが、
自分用の覚え書きでもあるので、興味のある方だけご覧ください。

クリキンディはミュージシャンでもありますので、
PCで音楽系のアプリを使うことがあります。
Macintoshには「Garage Band」というお手軽かつ、わりと本格的なアプリがありますが、
この上位モデルとして「Logic Pro」というものがあります。

クリキンディ、仕事で使うと言っても、たま~にしか開かないので、
なかなか使い方を覚えられません。
今日も「トランスポーズ」ができなくて、悶々と悩んでいました。
(※転調する機能。カラオケでキーを下げて~!とかいうやつです)

トランスポーズのやり方はひとつだけではなく、
いくつかあるので、そこにこだわる必要もなかったのですが、
解説本やネット情報を見ると、すごく簡単にできるようなことが書いてあったので、
どうしてもその機能を使ってみたくなりました。

左上のインスペクタに「トランスポーズ」とあり、
そのパラメータを変更するための、三角マークがあったので、
それをクリックすると…



え…?
±12とか24って、オクターブ単位でしかトランスポーズできないじゃん。
これを半音単位で変えられるようにするための設定が、
きっとどこかにあるはずだ!と思い、
あちこちクリックしまくって、ネットぐぐって約2時間。
まったく不明です。

仕方なく、Apple Storeに助けを求めることにしました。
ただ、One to One(個別にレッスンしてくれるシステム)の期限はとっくに終わっていたので、
One to Oneの購入からやり直しだろうなぁ~と思ったら、
あらま、なんということでしょう、
「Macintoshを購入した方しか、One to One加入できないシステムになったんです」
と言うではないですか!
そりゃあんまりだ…と泣きついたら、
親切なお兄さんが「ちょっとだけ」時間をとって教えてくれました。
(店内にお客様がほとんどいない時間だったので特別に教えてくれたみたいです)

まぁ、実際にはこのお兄さんもトランスポーズのことをご存知なかったのですが、
いろいろぐぐってくれて、解決しました!

それがこれ!


つまり、三角の部分をクリックするのではなく、
何もないところ(文字のすぐ横)を上下にドラッグするだけでよかったんです。
半音ずつ転調できました!

あああああ!スッキリ!!
Apple Storeのお兄さんありがとうございました!

最後におまけ、皆さんご存知だとは思いますが、
リズムトラックをトランスポーズしてはいけません。
ついつい忘れてやってしまった時のために、
ここにチェックを入れておきましょう。



このアプリを使っている人にしかわからないネタですみません。
しかもトランスポーズなんて、あまり普通の人が使わない項目だし。
でも、使用人口が少ないからと言って、
情報が不要なわけではありません。
これで助かる人がひとりでもいれば本望です。

<追記>
これも念のために書いておきますが、トランスポーズできるのは、MIDIデータのみです。
オーディオデータをいくらいじっても、キーは変えられませんのでご注意ください。


←クリキンディのブログおよびツイートがまとめて見られます。

←トランスポーズってパラレルワールドと似てるかも~
コメント (7)

やったことないことをしよう

2010年09月30日 | 仕事をするということ
こんばんは、久々にブログを書く元気が出てきたクリキンディです。
まぁ、状況はあまり変化せず、
泥の中でもがくような日々が続いています。

泥から出ても、その後自分がどうしたいのか、
それもなんだかよくわからなくなっています。

ただね、今日ひとつだけ感じたことを、覚え書きとして書いておきます。


もし、どうしても別な仕事をしなくてはならないのであれば、
喫茶店とかレストランとかのウエイトレスならできるかなぁ…
なんて考えながら商店街を歩いていたのですが、
それはつまり、
「やったことがあって、自分ができることを知っている」
ってことなんだな、と思ったんです。

それならやらなくていいか…って。

つまり、3次元に肉体を持って生きる、ということは、
様々な経験をするためであって、
「食べるために生きている」わけじゃない、ということ。

だったら、やったことがないこと、
やってみたいと思っていることを優先すべきだなぁ、
そう思ったのでした。


やったことがない(前世でやってるかもしれないけど忘れちゃってる、とかね)
というものならいくらでも思いつきます。
例えば、強盗、殺人、麻薬、スパイ、大スター、警察官、セレブ、モデル…etc...

だけど、やってみたいこと、となるとなかなか思いつかない。
「できない理由探し」に走っちゃうんですよね。
ああ、後ろ向きだなぁ…

とりあえず、そんなことを思ったってことで。



人気ブログランキングへ←押した事がない人はチャレンジしましょう
コメント (2)

Calling

2010年05月31日 | 仕事をするということ
今日は友人がプロデュース&出演するコンサートを見てきました。
ジャンルで言えば、Gospel、Soul、Funkって感じかな。

いやぁ、すばらしかった!
友人の歌声は心に響くし、
Gospelクワイヤの皆さんのレベルも高いし、
なんと言っても、構成がすごくよかった~!

友人のライブの動画(今日のライブとは別のもの)がYoutubeにあったので、ご紹介しておきます。

TA-Factor with 続木徹・小松崎政夫・菅波ひろみ"Gotta Serve~"@Bar QUEEN


菅波ひろみさんが、
今日のMCで「Calling」の話をしていました。
この言葉は、「天職」とか「神のお召し」というような意味もあるそうで、
彼女は、自分が歌うことはもちろん、
音楽をもっと広めたい、それが自分に与えられた天職である、だからまだまだがんばる、と言っていました。


クリキンディは、そんな風に、自分の仕事について自信を持っていないなぁ、
今やっていることは、私が本当にやりたいことなのかなぁ、
なんて、ちょっと考えこんでしまいました。

うーん、もやもや。
どっちかというと、
今日のクリキンディは、こんな気分です。

「Calling you」 Jevetta Steele 『BAGDAD CAFE』





人気ブログランキングへ←やっと、Youtube動画の貼り方を覚えたぞ~
コメント

まわってきた愚痴

2009年12月18日 | 仕事をするということ
仕事上、私が責任を負わなくてはならない人のひとりから、
夜中にメールが届きました。
その内容は、仲間についての愚痴でした。
その状況について、私になんとか対処して欲しい、
こんなことやあんなことをするので、大変困っている、
というものでした。

クリキンディ、すっかり困ってしまいました。
メールで槍玉に上がっていた人は、
本当に一生懸命やってくれる人であり、
クリキンディに対しても精一杯愛情を示してくれる人なんです。

つまり、悪意がまったくない。
クリキンディのためにも、まわりのみんなのためにも、
こうするのが一番いい!と信じて行動しているわけです。

愚痴メールをくれた彼女も、
それは理解していました。
だからこそ、本人に文句を言えず、
私に助けを求めてきたわけです。

どちらも空気を読めないわけではなく、
単に「価値観の違い」からくる、お互いの居心地の悪さなんです。

ああ、私はいったいどうしたらいいんでしょう…
なんでこんな難しい問題がやってくるのかなぁ、

と思い悩んでいた時に、
はた!と思い当たることが。

えーと…
あの~
その~

この日の午後、つまり愚痴メールが届く数時間前のことなんですが、
クリキンディは、
自分の仕事仲間についての愚痴メールを、
本社の上司に送っていたのです。
タイトルは「助けて~!」でした。

なんということでしょう~~~

本社の上司だって、こんなメールをもらって困っていたに違いないのです。
世の中は、自分の心の反映であると言われますが、
こんなに早く反映されちゃうなんて…

ほんっとすみません!!
反省します。
自分でなんとかしなくちゃね。



人気ブログランキングへ←あなたが押してくれた1票は、まわりまわってあなたの幸せになる~
コメント

人生の曲り角

2009年12月05日 | 仕事をするということ
こんばんは、お肌の曲り角をとうに過ぎて、階段を転げ落ちているクリキンディです。
最近知り合った、つるつるお肌のお嬢さんの、人生の曲り角の話をしようと思います。

息子の高校の先輩に、とても歌の上手な女の子がいます。
その子(Nちゃん)が、プロのライブのオープニングアクトに出演するというので、
応援しに出かけました。

その日オープニングアクトに出演したアマチュアは3組。
その最後に出演した女の子(Jちゃん)が、これまたとても上手な子でした。

この日、楽屋で初めて顔を合わせた、かわいいシンガーのNちゃんとJちゃんは、
すっかり意気投合したようで、
ライブ終了後には、クリキンディ家と、
りゅーいちゃん一家(りゅーいちゃんについては、コチラをご参照下さい)と一緒に、
打ち上げ~カラオケと夜中まで楽しく交流させてもらいました。

聞けば、Jちゃんは、プロミュージシャンの親のもとに生まれ、
人並みはずれた音楽の才能を受け継いでいるにも関わらず、
今まで、バンドやライブなどの音楽活動をほとんどしてこなかったのだそうです。

「趣味としてカラオケなんかには行きますけど…自分が歌がうまいなんて思ったことなくて…」

まわりの友人に勧められて、ようやく最近、ライブ活動などはじめたばかりだということでした。

数日後に、ちょっと用事があって電話したところ、
「実は、あの次の日に、仕事をクビになっちゃったんです」
と言われてビックリ!!

Jちゃんは、音楽とはまったく関係ない仕事をしていたのですが、
そこの経営者から、様々な難癖をつけられて、いきなり無職になっちゃっていました。

Jちゃんは、まじめに働いており、仕事も好きだったのに、と
えらくショックを受けていました。

ふーむ…
それって、どう考えても、
「そろそろ本腰を入れて音楽やりなさい」ってことだよね~?
というと、
「私もそんな気がしていました」とにっこり。

まだまだ、その経営者のことを許せる気持ちにはなっていないようでしたが、
きっと、いつか「あの経営者が、本来の道に戻すためにイヤな役回りを引き受けてくれた」と
思える日が来るのだろうと思います。

そして、もうひとつ、
Jちゃんが人生の方向を変えたと知った、彼女のお母さんが、
Jちゃんに新しい名前をくれたのだそうです。

彼女が生まれた時に、音楽に関する名前にするか、普通の名前にするか、とても迷って、
結局普通の名前を選んでしまった、
だから、あの時つけられなかった音楽に関する名前を、これから名乗って、
ぜひ音楽活動を続けなさい、と言って応援してくれたのだそうです。

人生の岐路を、こんなにハッキリと見せてもらったのは初めてです。
Jちゃんがんばってね~~!


人気ブログランキングへ←クリキンディもがんばるよ~!
コメント

趣味は仕事にしない方がいい?

2009年10月21日 | 仕事をするということ
昨日の記事で「アウトドアショップで働きたい」と思いついたら、
なんだか、アルバイトしたくてしょうがなくなっちゃってるクリキンディです。
でも、趣味を仕事にするのは、きっとやめておいた方がいいんでしょうね。
現在の仕事も、趣味が高じて仕事にしちゃったんですが、
かなり楽しくなくなっちゃってますから…。

知り合いのCDショップ店員さんに、
クリスマスにおススメのCDありますか?
と聞いたことがあるんですが、その時にこんな話が出ました。

「売れ筋」はもちろん知っています、だからお勧めすることはできるけど、
「あなたはクリスマスにどんな音楽を聴きたいですか?」というように、
質問の仕方が変わると、答えに困る、とおっしゃってました。
彼は、クリスマス時期には、毎日毎日職場で8時間以上、
クリスマスソングを聴き続けているわけです。
「家に帰って、音楽なんか聴きたくなくなりますよ」と言うのです。
納得~!

知り合いのヒーラーさんと話した時には、こんな話が出ました。
「ヒーリングとかスピリチュアルとか、
そういうことが楽しくて、いろいろ勉強して、この職業についたけど、
いざお金をもらうと、責任も出て来るし、やっぱり楽しいだけじゃなくなっちゃうよ」
ああ、これも納得!

クリキンディも、こうして無責任に自分の「思い」をブログでぶちまけているのはとても楽しいですが、
もし、これが職業だったら、と考えると楽しくなくなるんでしょうね。

以前、「オーラの泉」で、江原さんが、
「天職」と「適職」があるんですよ、とお話されていました。
クリキンディにとっての「適職」は、今やっている仕事だなぁと思います。
でも「天職」なのかなぁ。
これが一致する人もいれば一致しない人もいるんでしょうね。

ああ…
やっぱりアウトドアショップで働いてみたいなぁ。
やってみた上で、
「やっぱり趣味を仕事にするもんじゃないね…フッ」
とか言ってみたい。

ん、なんか似たようなセリフを前にも言ったことがあるような…
この記事<オープンカーに乗りたい>ですね。

せっかく3次元に「たくさんの経験をして、いろんなことを感じるために」生まれてきたんだから、
いろいろやってみなくちゃ!という内容でした。

しかし…
もっと若い時に、このことに気付いていれば、
もっともっといろんなことできたのになぁ……
そっか、いろんなことの「最高齢記録」を打ち立てればいいのか!
あはは、なんか楽しくなってきた~!


人気ブログランキングへ←すみません…こんなクリキンディで。応援のポチを頂けるとうれしいです。
コメント (2)