Compass of my heart

引越ししました。新アドレスはこちらです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不動産担当者は風水を勉強するのか?

2014年03月31日 | 家探し
なんだかねー、ずーっと家探しばかりしている気分です。
10年前に公営住宅を出て、
7年後に両親との同居のために一戸建てに移り、
3年後に九州へ移住することになり、
引越してから4ヶ月、
母をこちらに呼び寄せるために、
またもや不動産を何件まわったことか……

賃貸物件を紹介、案内してくれる担当者の、
営業トークはほぼ見抜けるかもしれません。

ここ2週間ほど、一緒に物件を探してくれている担当者は、
そんな見え透いた営業トークはあまりしない方で(まぁたまに出てきますけど…)
ちょっと信用できるかも、と思っていたのでいろいろ案内してもらっていました。

その中で、かなりお部屋が気に入った物件があったのですが、
すごく残念なことに、玄関が北東にあるんですね。
まぁ気にしない人はしないんでしょうが、
北東というのは「鬼門」と言われていて、風水では家相的によくないとされています。

まぁ、たまたま(というか必然なんでしょうけどね)
秋山眞人さんの本を読んでいて、
やっぱり玄関が鬼門っていうのは避けた方がいいだろうと学んだばかりだったので、
その部屋は候補から落ちてしまったのですが、
試しに、不動産の担当者に聞いてみたんですね、
「不動産関係の方は風水とか勉強するんですか?」って。

すると「いいえ、勉強なんかしませんよ。
だって風水なんか気にしたら、ただ選択肢が狭まるだけですからね。
私たちの仕事は、可能性を拡げる方が大事ですから。」
というお答え。
うん、ごもっとも。

そもそも、秋山眞人さんの話によれば、
もともと北東の方角が悪いなんていうことはなかったのだそうです。
ただ、昔むかし、ある時誰かが風水などの決まりを作って、
それを信じた人が多くなるにつれて、
集合無意識によって、実際にその方角がよくないことが起こるように変化していってしまった、
とおっしゃってました。

イメージ力おそるべし!
これは、美男美女の基準が時代によって変化するのと似ていて、
多くの人がなにかひとつの方向を向いた時に、
100匹目の猿のように、ものごとが大きく動いていくのかもしれないですね。

ってことは、100年後には、北東が玄関の家が一番いい!
なんて時代がくるのかもしれません。


さて、クリキンディ家の家探し、
現在は保証人のところでつまづいています。
これもなにか、自分にとってのクエストなのかな、と思いながら模索中です。
でも、正直に言えば、もうほんとに疲れたー!
もう営業トークで嘘をつかれるのはうんざりだーー!
ついでに言えば、保証人のお願いを、まわりくどく断られるのも傷つくわー。

はぁ、しばし休憩。


コメント

オーブがいる家

2010年06月25日 | 家探し
こんばんは、引っ越しをしてから、もう2ヶ月も経つのに、
カテゴリ<家探し>が、なかなか完結しないクリキンディです。

昨日、デジカメのいらない写真を削除して整理しようとしていた時のこと、
ちょっと待て…
ここに写っているものは、もしや?

今の家を初めて下見した時に、部屋を撮影した写真が数枚残っていたのですが、
拡大してよ~~く見てみると、
めちゃめちゃたくさんオーブさんがいるじゃないですか…
奥の和室がクリキンディが使っている部屋なのですが、
たぶん10個以上写ってます。
手前の部屋にも結構たくさんいますね~

いや、なんかいるってのはわかっていましたよ、
だって、肩~首が、マッサージでほぐしてもほぐしても、なかなかよくならないんですもん。
しかし、こんなにはっきり写っていたのに、
まったく最初に撮影した時に気付いてないって、どうなんでしょ?

ちょっと怖くて、
再度写真を撮る気になれないクリキンディです……



人気ブログランキングへ←もっとよく見たい人はクリックで拡大できます
コメント (4)

ジオパシックストレス~一応完結編

2010年05月30日 | 家探し
カテゴリ<家探し>にて、
何話か続けてきたジオパシックストレスについての記事ですが、
とりあえずの解決法が見えてきたので、一旦完結編です!

ちょこっと振り返ってみると、
まず、引っ越しが決まった頃から、
どうにも「引っ越したくないなぁ」という気持ちが出てきました。
今までのアパートから近かったこともあって、
引っ越す前に何度も下見をしているのですが、
その時点で、すでに「空気が重たい」という感じを持っていました。

クリキンディ、オーラとかその他の「目に見えないもの」は、基本見えませんが、
空気の重さとして感じることがよくあります。

じゃ、引っ越すのやめればよかったのに…
と言われそうですが、
なんでしょうね、流れに巻き込まれたというか、
もう自分ではどうしようもなく、止められなかった感じがしています。

とりあえず、
体調の悪さと戦いつつ、まず行ったこと、それは、
「五行水を家と敷地に撒く」でした。
(※五行水とは、様々な実験の結果生まれた水で、場の浄化に使えます。別枠でそのうち記事にしてみようと思います。)

少し軽くなったような気はするけど…ということで、
次に行ったのが、
様々な浄化系グッズを使用する、でした。
アロマオイル、クリスタル、セージの煙など使ってみましたが、
なかなかはっきりとした効果が出ません。

そしてもっとも顕著に効果が見えたのが、
「枕の位置を変える」でした。

かなり、劇的に体調がよくなってきたものの、
家の中に、重たい場所があることに変わりはないわけです。
やはり、ここまで来たら、全部スッキリしたくなるじゃないですか!

そこで、新たな認識法というのを試してみました。
これは、ちょっとひとことでは説明しにくいのですが、
風水やシュタイナーなどの考え方を参考にして、
「風の通り道」を作り、「汚れた水を浄化」して、「大地のパワー」を活性化する、
というような方法なんです。
(先の五行水も、新しい認識法も、私の尊敬するスピ友が考えたものです。)

これ、自分ちの間取り図に、いろいろな図形を書き込んでいくだけで、
割と簡単にできちゃうのですが、
面白いように、場の空気が変わります。

しかし、
それでも、まだ重たいところが残ってしまいました。
これは、別なところに原因があるのか…?とあきらめようとしていたところ、
考案者から、
「外壁見たことある?」と指摘が。
「いや、ないっすけど、それが何か?」と聞いてみると、
「認識法」という名前がついているだけあって、
見たことのない場所には効果がないんだそうです。

クリキンディ家は、ちょっと変わった構造をしていて、
家の裏側の敷地いっぱいいっぱいに、屋根をつけて倉庫にしてあり、
その壁の向こうは、お隣さんの庭になっているため、
倉庫の外壁を見たことがなく、認識できていなかったんです。

そこで、お隣さんに見られたら、相当怪しい人だと思われそうでしたが、
ブロック塀によじ上って、じっくり外壁を覗いてみました。

たったそれだけで、
本当に嘘みたいに、家の空気が変わっちゃいました。
だから「認識法」って名付けたのか…と納得。
空気の重さだけじゃなく、こんなおまけも付きました。

うちの父親は寝たきりで、おむつのため、
リビングにまで、それらの臭いがこもってしまっていたのですが、
外壁を覗いた日から、部屋が臭わない~!

なんか、今日の日記は、あやしい霊感商法の体験談みたいになっちゃってますね。
残念ですが、何も売れるものはありません~。


というわけで、
ジオパシックストレスとの壮絶な(?)闘いの一部始終を、現場からお伝えしました。
なんだか、この経験をするために、
ここに強制的に引っ越しさせられたような気分です。
「偶然はない。すべては必然なのだ。」ってことなんでしょうね。



あ、まだ解決していないことがあったのを思い出しちゃいました。
クリキンディの部屋の照明が、というか天井の照明用コンセントが、
壊れちゃって電気が点きません…orz

帯電体質で、よく電化製品を壊しちゃう人、いますよね。
これについても、そのうち書いてみようと思います。

今回も長いお話におつきあい頂きありがとうございました!



人気ブログランキングへ←もう二度と経験したくはないです
コメント

ダウジングやってみた!

2010年05月19日 | 家探し
ジオパシックストレスのつづきです。
どうやら家の地下を走る水脈が原因なのでは?という仮説のもと、
ダウジングってやつにチャレンジしてみました。

ダウジングには、大きくふたつの方法があるようです。
ひとつが、ペンデュラムに代表される、振り子方式のもの、
もうひとつが、L字型の金属の棒を両手に持つもの。

今回はL字タイプでチャレンジです。
金属でないといけないのかな、と思っていましたが、
昔はY字型の木の枝を使ってやっていたようで、材質はなんでもよさそうです。

家にあって、簡単に使えそうなものといえば、
クリーニング店でもらう「針金ハンガー」ですよ!奥さん。
(ってか最近のクリーニング店では、プラスチックのものが多いですが…)

ペンチでプチプチと、半分に切って、
ぐいっと曲げてL字型にします。ん~簡単。

両手に持って、あやしい井戸の近くに行ってみると、
あわわわ!
右手の針金が、ぐ~るぐる回っています!

あちこち歩いてみると、今度は左側が、面白いように回ります。
そして、私の部屋、
北東角にかざしてみると…
ん…
んん…

動かないし~~~~!


え~、
ここで、クリキンディ、あらためて調べてみることにしました。
パソコンを開いて「ダウジング」と検索。

ハンガー整形する前に調べろって感じなんですが…

すると、片手だけ動くのは、間違いなんだそうです。
両方が同じように、クロスするとか、開くとか、平行に動くとか、
そういうのが、正しい反応らしいです…

で、正しく水脈や電磁波などを感知するには、
やはり多少の訓練は必要なようです。

あははは…
今回は失敗しましたが、
近いうちに、また実験くん、やりますからね~!



人気ブログランキングへ←ペンデュラムもうまく使えていませんが、ナニカ?
コメント (2)

ジオパシックストレス~その5

2010年05月15日 | 家探し
どうも、今年は寒くて、5月も半ばだというのに、
コタツで居眠りがやめられないクリキンディです。

ジオパシックストレスについて、
現在進行形で書いています。
まぁ、つまりは未解決、ってことなんですが…


とにもかくにも、
あまりの体調の悪さをなんとかすべく、
まずはベッドの位置を変更することにしました。

北東の角を頭にして、南北方向に置いてあったベッドを、
部屋の中央にずらしてみました。
↓こんな風に。



するとどうでしょう~!
次の朝の目覚めの感覚がまるで違います!


水脈なんだか、地磁気なんだか、鬼門なんだか、
原因ははっきりわからないものの、
とにかく、場所が悪いということはわかりました。

前日と比較して、なんだかすっかり身体が軽くなったクリキンディ、
調子に乗って、
またもやベッドの位置を変更することにしました。

だって…
6畳の部屋の真ん中にベッドって、
あまりに使いにくいんですもん。

そこで、部屋を広く使えるように、
北側にベッドを寄せてみました。

するとどうでしょう~!
次の朝を待つまでもなく、
最悪の寝心地になってしまいました。
頭はぐあんぐあんするし、
寝ている間中、心臓が痛くてたまりません。

しかし、部屋の真ん中にベッドを戻すのは、いやなんです。
もう、ここまでくると、
完全に「実験くんモード」です。

枕の位置を反対側に変えてみました。




するとどうでしょう~!
夜を待つまでもなく、
枕の場所を変えただけなのに、
すでに身体が軽いんです。
空気の壁に囲まれていたような、身体の拒否反応がなくなります。


ということは、北東の角に、何かあるに違いない、
という予測が立ちます。


しかし、この位置だと、
頭の重さは回避できるものの、
足にだるさが残ります。

うーん、
まずは原因をさぐるべきなのか?
ダウジングしてみるか…?
どうやってやるんざんしょ?



人気ブログランキングへ←いつになったら安眠できるんでしょう…
コメント (2)

ジオパシックストレス~その4

2010年05月15日 | 家探し
さて、ようやく本題、
クリキンディの身体の不調についての覚え書きです。

まず、引っ越し荷物の梱包作業を始めると同時に、
腰痛(腰をかがめて長時間作業するため)と、
腕の疲れ、肩こり(重いものを持ったりするから)が、まずやってきました。
そこから首の疲れ、背中の痛みへと進んで行ったのですが、
それと同時に「引っ越すこと自体」が苦痛となっていることにも気づきました。

今思えば、ではありますが、
この家を借りて、両親と一緒に暮らす、と決めたと同時に、
ああ、あの家に引っ越したくないなぁ、
と感じていたのです。
しかし、その感覚を、「気のせい気のせい」と思い込んで、見ないふりをしていました。

この時は、とりあえず、引っ越し作業の疲れのため、気持ちが萎えているんだろう、
ぐらいにしか思っていなかったので、
いつも行っている揉み屋さんでほぐしてもらって続行したのですが、
ほぐしてもらったはずなのに、
どんどん症状がひどくなっていったんです。

腕、首、頭、目、
それらの凝りと、疲れがどんどんひどくなり、
朝起きると、両手のひらがむくんできました。
そのうち、指先がどんどん乾燥して、ひび割れはじめ、
いくら揉んでもほぐれません。
ついに、指先がしびれはじめ、
指先にまるで、ガムテープを巻いたような鈍い感覚になって、
本のページがめくれません。
常に指先がしびれている感じです。
両手の親指の付け根が痛くなり、コップを持つと激痛が走ります。
夕食後には、必ず毎日胃が痛くなり、
妙にお通じがよくなっていたり、
頭が重くてぐわんぐわんしていたり、
視力が落ちて、視界にひびが入ったような症状も…


このあたりで、
どうやら、ただの肩こりや疲れじゃないのかも?
と、ようやく思い始めました。


まず最初に疑ったのが、「見えないナニカ」さん。
鈴をふりふりしたり、浄化作用のあるお水やアロマをまいたり、
セージの葉を燃やしてみたり、塩を使ってみたり、
いろいろやってみても、まるで状況変化ナシ。


とにかく、もうだるくて、眠くてしょうがない。
仕事をしている時に、同僚に、
「ああ、もう家へ帰って寝たい~」
と愚痴をこぼした瞬間に、
あ、違う!と気づきました。

私、(引っ越しした新しい)家に帰りたくないんだ…
しかも、自分のベッドに寝るのがイヤなんだ、
ということに突然気づいたんです。

気づいた、というより、身体が反応した、
という感じでした。
なんというか、
「家に帰る」と思った瞬間に、
大きな空気の壁に激突したような感覚があったんです。
身体が、拒絶反応してる!?という感じでした。

そこではじめて、
ああ、今、自分の安らげる場所がないんだ、ということに気づきました。

そして、以前にも同じような感覚を持ったことがあったことを思い出したんです。

そう、
それが、ふたつ前の記事に書いた、
高圧線が目の前に立っているアパートでの不快感でした。
あの時も、こんな感覚だったかも~?

だけど、また引っ越しをするというのは、あまりに非現実的です。


とりあえず、ベッドの位置を変えてみることにしました。
(つづく)



人気ブログランキングへ←ボタンを押すことを拒絶しないでね~
コメント

ジオパシックストレス~その3

2010年05月14日 | 家探し
さて、3話目に突入しているジオパシックストレスの話ですが、
今回、どのような症状が起きているのか、
ちょっと書いておこうと思います。
これは、自分にとっての覚え書きでもあります。

というのは、人の「体感」というのは、あまり長期的に記憶されないんですよね。
たとえば、今日の気温が15度だったとしましょう。
昨日が10度であったなら、
「今日は結構あたたかいね~」という感覚を持ちます。
でも、昨日が20度だったとしたら、
「急に寒くなったね~」と感じるんです。

つまり、人は前日との比較で、いろんなことを体感するため、
たとえば1年前の、体の不調を忘れることが多いんです。

クリキンディは、今とても信頼している揉みやさんがあるのですが、
そこに通い始めたばかりの頃の、
「いろんな歪みや痛み」が、
今は、なくなっていることを、すっかり忘れてしまっているんです。
ふと、「そういえば、私、首をまわした時に、必ず音がゴキッって鳴ってたんだった…」
みたいに思い出すんですね~。

そして、今回、ジオパシックストレスを回避するために、
いくつかの対処を試みているのですが、
毎日、体調が変化するため、
今日、自分が調子がいいのか悪いのか、わからなくなっちゃいそうなんです。


クリキンディ、どんだけ記憶力悪いんだよ!!

って思ったあなた!
確かにクリキンディは、頭悪いですが……orz


でもね、
3日前の「痛い度」を5としましょう。
で、昨日の「痛い度」が2だったとして、
今日の「痛い度」が3だった場合、
確実に3日前よりは、状態がいいはずなのに、
前日と比較すると、「痛い度」が上がっているために、
症状が悪化したように感じちゃうんですよ、人間って。

だから、書いておこうと思って…
ってどんだけ前置きが長くなっちゃってるんでしょ。
本題になかなかたどり着けてないじゃん。


思いのほか、このシリーズも長期化する悪寒…いや予感が…



人気ブログランキングへ←次は「頭は受け入れているのに、体が拒否する」話になる予定です。
コメント

ジオパシックストレス~その2

2010年05月13日 | 家探し
昨日のつづきです。

ジオパシックストレスから、あっという間に解放される、その方法とは!?

その答えを言う前に、
クリキンディが7年前に経験した話を聞いてください。
(わ、テレビのクイズ番組みたいで、やらしい~!)


引っ越ししたばかりのアパートに、少しずつ荷物を運び入れていたクリキンディ、
最初に気になったのは、台所の排水溝の臭いでした。
排水溝専用の洗剤を使っても、臭いが消えません。
仕方なく、使わない時に、ゴム製のふたを使うことにしました。

そして次に気になったのが、
ぶーん、とうなるような低い音。
場所によって、音量に違いはあるものの、
壁際や、クローゼットの中が、かなり大きく響いている感じでした。

まだベッドを運び入れていなかったこともあり、
なるべく音が気にならない場所を選んで寝てみましたが、
なんだか、よく眠れず浅い眠りで何度も目が覚める。
ふと夜中に気づくと、腕のうぶ毛が、下敷きでこすったように、静電気で立っています。

そして、3日目のお天気は雨でした。
アパートの目の前に立っている高圧線から、
「パチパチパチ」と、火花がはじけるような音がしています。
静電気が「バチッ!」と放電する時の、あの音が、
雨が降っている間中、ずっと鳴っているんです。

クリキンディ、さすがにリタイア!
不動産に連絡し、
滞在3日で、契約を解除しました。

この頃、
「ジオパシックストレス」という言葉も概念も知りませんでしたが、
高圧線の近くの住むのはやめた方がよさそうだ、とこの時思いました。



そうなんです、
ジオパシックストレスを回避するもっとも簡単な方法、
それは、「引っ越す」ことなんです。

え~~~~~~~?

というブーイングはちょっと待って~~!

7年前、クリキンディは、引っ越すことで事態を回避しましたが、
そうそう簡単に引っ越すことができるわけじゃありません。
では、どうすればいいか、

「寝る場所を変える」

これで、ほとんどの場合回避できます!

ね、簡単でしょ?

ですが…
クリキンディの場合、
今回は、これで解決しなかったんです…

そこで、次の対処方法をいろいろ実験してみました。
その話は、また明日。




人気ブログランキングへ←引っ張り過ぎ?でも、知ってて損はないですよね?
コメント

ジオパシックストレス

2010年05月12日 | 家探し
「ジオパシックストレス」ってご存知でしょうか?
クリキンディも、人に説明できるほど詳しくはありませんので、
詳細を知りたい方は、ググって頂くとして…

たとえば、
家の近くに高圧線がある
家の地下に水脈がある
家の近くに風力発電の風車がある

というような場合に、よく起こりえる症状で、
眠れない、
頭が重い、
いくら寝ても疲れがとれない、
だるい、
などの辛さが続きます。

病院へ行っても、なかなか原因が特定できず、
「不定愁訴」と言われることも多いようですが、
よくよく調べてみると、
低周波や電磁波など、
いわゆる、目にも見えず、耳にも聞こえないものが原因になっています。


クリキンディ、
先月引っ越したのですが、
どうも調子が悪い。
引っ越しの疲れにしては、いつまでも回復しないし、
霊的な影響かと思って対処してみたものの、状況がちっとも変わらない。
(対処についてもっと聞きたい方は、このあたりの記事でどうぞ…)

しかし、あっという間に解決できる方法があったんです。
知りたいですか~?
ちょっと引っ張ってみようかなぁ。

つづきは明日!



人気ブログランキングへ←つづきも読みにきてくださいね
コメント

おうちデトックス

2010年04月23日 | 家探し
とりあえず、2軒分の引っ越しが終了しました。
が、
とても片付く気配がありません……orz

私が住んでいたアパートが2DK
実家が借りていた家が、古い4K
そして、今回借りた家が、3DK

あはは~!そりゃ荷物が入るわけないっしょ~~!

しかし、今回の家探しのタイミングや、白龍さんとの出会いなど、
どう考えても、この家に住むことになったのは、やはり必然なんですよね。

母と、つくづく語り合いました。
「本当にいらない荷物に囲まれて生きていたんだね」って。
単純にスペースが減ることはわかっていたので、
私も、実家でも、ものすごく大量のモノたちを、捨てたりあげたりしてきたんですが、
それでも、入りきれない荷物が山盛りになっています。

ではそのうち、どこまでが必要なものなのか、と言われれば、
ほとんどが必要ないんですよね。
母の口癖は「もったいない」「いつか使える」だったので、
「それをとっておく場所がもったいない」
「いつか使える、はいつまでも使わない」
と説得しまくっているところです。

だって、掃除機2台もいらないし、
便座カバーは3つもいらないし、
洗面器は6個もいらないし、
扇風機も4つもいらないし、
お客さんなんか泊まりにきたこともないのに、客用布団があるし、
ご馳走してもてなしたこともないのに、客用の食器があるし、
カラーボックスは…もう何個あるのかわからないし。

母も、このスペースの足りなさに、
捨てざるを得ないと、覚悟を決めたようです。

おうちデトックス、
一体誰の差し金だかわかりませんが、
やらされてる感いっぱいで~す。


人気ブログランキングへ←デトックス中のあなたも、そうでないあなたもポチッと!
コメント (2)