goo

発送のお知らせ

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


【発送のお知らせ】(注文番号A-42.Kiita KO No.4-493)


あなた 様

いつもKamidanomi.co.jpをご利用いただきありがとうございます。

ご祈祷いただきました商品を本日、Kamidanomi.co.jpが発送し、ご注文の処理が完了いたしましたので、お知らせいたします。

お客様の商品はヤマト宅急便でお届けいたします。お問い合わせ伝票番号はA-42.Kiita KO No.4-493です。なお、伝票番号で配送状況を確認できるようになるまで、お時間がかかる場合があります。

また、お留守の場合でも不在届伝票を潜在意識に投函致しますが、有史以来、配達先ご住所(いまここ)に再配達を繰り返しても、ご自宅に意識がご不在のまま、受け取りになれないお客様が相次いでおります。
なにとぞ、ご在宅のほどよろしくお願いいたします。

ご祈祷誠に有難う御座いました。
またのご利用をお待ちしております。

Kamidanomi.co.jp



(画像はイメージです)




【トークライブ・インフォメーション】

平日のお話会「月イチ☆」、11月分の受付を開始しております。
「月イチ☆WEST」、今回は会場を神戸(三宮)に変更してお伺いいたします!


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

11月25日(火)19:30スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『月イチ☆WEST』(神戸開催)
※今回は会場を三宮に変更しております。ご注意ください。

11月27日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)
※今回は会場を名古屋駅前「ウインクあいち」に、また、開演を19:30からに変更しております。ご注意ください。

11月28日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←あ、すみません、ここに受領印おねがいします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

絶望は悟りのチャンス

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


前回ご紹介した匿名さんのコメントに、たくさんの共感コメントが届いております。

やっぱり、そうだよね(笑)

そして。

そんな共感コメントをお寄せくださった皆様、お喜びください。

さきほど、例の匿名さんから、さらなる書き込みを頂戴いたしました!

早速ご紹介します。


*****

昨日コメントした匿名です。

コメントの内容に触れた記事を取り上げて下さってありがとうございます。嬉しかったです。

恐縮ですが再度コメントさせて頂きます。

私は自我に人生の主導権を明け渡していて奪い返す気はないんです。

自分から進んで嫌な気分を選び続けているんです。

私はAを選んでもBを選んでも後悔して罪悪感と羞恥心に悶えます。どんな出来事や状況に対してでも自我が肥大するようにできています。

つまり出来事や状況なんて関係ない、私(自我)自身が不幸の原因なんです。

冗談抜きに歩くだけで自我が肥大して、ブクブクに肥え太って中毒をおこしています。中毒から抜け出せません。

抜け出したいともがく気持ちと、このまま破滅してやるという気持ちがせめぎあって苦しいです。

破滅したい(不幸になりたい)という気持ちが確かにあるんです。結局は不幸を自分から選択しているんです。

『あなたが選んだ選択は、誰にも邪魔することはできません。』ということで匙を投げられそうで辛いですが、その選択を放棄したい、もう苦しみたくないと願っているのも事実なんです。

このまま苦しみ続けるしかないんでしょうか?

まだ苦しみ足りないから苦しみ続けてくださいと言われている被害妄想に陥っています。

*****



僕が「中毒? それいいね!」って言ったら、やっぱりビックリされます?

でも、やっぱりそういう気持ちがあるんです。

まずは、僕が好きな雲さんの言葉を引用してお答えします。

(  ̄Д ̄)『どうぞ、安心して苦しみ続けてください』


もし、コメント頂いた内容が本当なのだとしたら、いまのあなたの状態は、大チャンスです。

いえ、別にホッとさせようとしてそう言っているわけではありません。

本当に、目覚めの一歩手前にあるという状態で、大大大チャンス到来中!

阿部さんと向さんの著書『みんながブッダ』の副題ではありませんが、マジで「絶望は『悟り』のチャンス」なんですよ。

以下、安心して苦しみ続けられるように少々解説させていただきます。


「私は自我に人生の主導権を明け渡していて奪い返す気はないんです。」

というお言葉があるのを拝見する限り、あなた自身もすでにどこかでお気付きだとは思いますが、いまその中毒を起こしてるのは、「本質としてのあなた」ではなく、「あなたの自我」の方なんです。

通常、自我は日々のストレスを糧として、様々な苦悩を食します。

で、ある程度お腹いっぱいになると、少しおとなしくなり、またお腹がすいたら活動を再開します。

なのですが、今のあなたの自我さんは、中毒を通じて、満腹中枢が故障してしまいました。

だから、どれだけ暴飲暴食をしても、おとなしくなることなく、もっともっとと食事を続けている状態なんですね。

これは本当に苦しい状況ですから、なかなかそこまで辿り着く人はいないでしょう。

でも、それがいまのあなたに起きています。

これが大チャンスなんです。


自我は「もう食べられないよ!」とお腹を抱えながらのたうち回っている反面、中毒のせいで苦しみを食べ続けることをやめることができません。

いまあなたが抱えている「抜け出したいともがく気持ちと、このまま破滅してやるという気持ちがせめぎあって苦しいです。」という自己矛盾は、まさにその状態です。


この先、もしあなたが中毒を改善しようとせず「苦しみ続ける」という選択をしたならば、まもなく自我は本格的にお腹を壊してしまいます。

そして、最終最後にはお腹がパンクして死んでしまいます。これが、以前ご紹介した「大悟ヒャッハー」です。

もちろん、ここで死を迎えるのはあなたではなく、自我の方ですからご安心ください。

この場合、中途半端な精神修行なんかより、ずっと本質をついた「目覚め」となることでしょう。

そういうわけで、このまま苦しみ続けたとしても、その先には必ず救いがあります。

しかも、苦しみが大きい分、救いも増量キャンペーン適用で訪れます。


ただね、そこに行き着くまでの間は、マジで苦しいよ(笑)

なので、ホントに辛くなっちゃったら、そこからすぐに「癒しの道」に乗り換えちゃっても構わないですから。

気が変わっちゃったら、変わっちゃったで、全然OKですから。


「絶望の道」と「癒しの道」、どちらを経由しても、結局あなたは救われちゃいます。

そういうわけで、どうぞ安心してお苦しみください。



【トークライブ・インフォメーション】

平日のお話会「月イチ☆」、11月分の受付を開始しております。
「月イチ☆WEST」、今回は会場を神戸(三宮)に変更してお伺いいたします!


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

11月25日(火)19:30スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『月イチ☆WEST』(神戸開催)
※今回は会場を三宮に変更しております。ご注意ください。

11月27日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)
※今回は会場を名古屋駅前「ウインクあいち」に、また、開演を19:30からに変更しております。ご注意ください。

11月28日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←苦しみ続けることも、苦しみを手放すことも自由選択です。ですが、この一文を読んでいるあなたには、押すことと、押さないことという選択肢はありません。押してください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウォーリーをさがせ!

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


僕の好きな般若心経の一節に、こんなものがあります。

『遠離一切顚倒夢想』


遠離=遠く離れている

一切=すべての

顚倒=逆さまである

夢想=マインド(妄想や空想)


平たくすると、「すべての逆さまに捉えられたマインドから、遠く離れてみよう」みたいな感じです。

で、この「顚倒夢想(逆さまに捉えられたマインド)」の一つが、ここ最近お話している「気分」の問題でして。


『幸せ』という言葉から連想する状況は、人それぞれ違ったディテールがありますが、その奥にある思いは、きっと同じだと思います。

それは、「いい気分でいたい」や「機嫌良くありたい」というものではないでしょうか。

みんながいい気分でいれられたら、こんなに幸せなことはないものね。

なのですが、実際は多くの人が「いい気分ではいられない」「機嫌良くなんてなれない」という意識で生きています。

「Don't Worry, Be Happy!(くよくよせずにハッピーでいこうぜ!)」と言われたって、「だから、それができないから苦しいんじゃないのさ」っていうのが、大半の意見だと思うんですよ。

前回のエントリにも、匿名さんからこんなコメントを頂戴しました。

*****

気分は自分に返ってくる。まさにそうだと思います。

でもだからと言って、今現に味わっている不機嫌な気分は紛れもなくそこにあり、それを否定しても意味はありません。

今回のような記事を読むと、嫌な気分はダメ、はやく良い気分にならなくちゃ、常に良い気分でいなくちゃ、という強迫観念に陥りそうになります。

しかし私には自分の気分を都合よくコントロールすることはできません。

もちろん今回の記事が、気分をコントロールしようと言っているわけではないと理解していますし、引き寄せの真を言い当てていると私は思います。

でも、気分なんて結局はその人が育んできた思考や感覚の癖によるものだと思うし、それって簡単には矯正できるものではないと実感しています…。

なんだか自分の限界を痛感して凹んでしまいました…。

*****



匿名さん、正直なご感想、ありがとうございました。

そして、書き込みいただいた内容は、僕もまさにその通りだと思います。

今現に味わっている不機嫌な気分は紛れもなくそこにあるでしょうし、僕も、それ自体を否定する気はありません。

気分はその人が育んできた思考や感覚の癖によるものだと、僕もそう思うし、それって簡単には矯正できるものではないのかもしれません。

もし、10年ほど前の僕が前回のエントリを読んだとしたら、きっとあなたと同じような気持ちになっていたと思います。


でも、ですね。じつはあなたが今まさに抱えている、このような思いこそが、自我にとっての栄養源だったりするんです。

今回あなたからいただいたこのコメントは、素晴らしく示唆に富んだ内容なんです。


まずは、『気分なんて結局はその人が育んできた思考や感覚の癖によるものだと思うし』の部分。

これが、まるっきり「自我」そのもののことで、ちょっと言葉を入れ替えると下記のようになるんです。

『その人が育んできた思考や感覚の癖が、その人(自我・アイデンティティ)を育んでいる』

つまりは、「その(不機嫌な)気分」こそが、その人(自我)のアイデンティテを保つ「餌」なわけで、これがあるから、自我はしっかりと肥えていくことができます。

だからこそ自我は、どんなに「Don't Worry, Be Happy!」なんて言われても、そう易々と不機嫌さを手放そうとは思えなくなるんですよね。


『しかし私には自分の気分を都合よくコントロールすることはできません。』

だとしたら、ですよ。あなた自身ではないのなら、あなた以外の誰が、あなたの気分をコントロールしているのでしょう?

そう、それが「自我」なんです。

そして日々自我はあなたにこう働きかけるんです。「ウォーリー(Worry)をさがせ!」と。

で、本家の「ウォーリー(Wally)をさがせ!」では、なかなかウォーリーが見つかりませんが、僕たちの生活の中でウォーリー(Worry)を探してみると、いとも簡単に見つかっちゃうんですよ。

もう、そこら中ウォーリーだらけ。





宗教的な教えや精神世界の中で、「思考(マインド)から離れること」「考えないこと」が、繰り返し薦められているのは、自我にこの餌を与えないためなんです。



出来事や状況に不幸があるわけではありません。

その出来事や状況を理由に不幸になろうとする自分がいるだけです。

その出来事や状況を餌に、存続しようとする自我があるだけです。

いまだ多くの人は、「出来事や状況に不幸(不機嫌)がある」という顚倒夢想の世界を抱えています。

「状況が気分を左右している」と思い、「気分が状況を左右している」とは思っていません。


たしかに、匿名さんが仰られるように、今現に味わっている不機嫌な気分は紛れもなくそこにあるでしょう。

しかし、その不機嫌さを「引きずるか否か」の選択権は、まぎれもなくあなた自身が握っているんです。

そして、あなたが選んだ選択は、誰にも邪魔することはできません。

僕たちには、「嫌な気持ちを引きずる自由」も「嫌な気持ちを手放す自由」もあります。

しかし、自我が人生の主導権を握っているとしたら、そう易々と餌を手放す選択はしないでしょう。

その場合は、匿名さんのご指摘通り、そう簡単には矯正できるものではないのかもしれません。


アセンションの時代と言われる今、ますます意識変容を経験した方々が増えています。

その方々は、ある日突然特別な能力が備わったのではありません。また、超人や聖人になったのでもありません。

ただシンプルに、「嫌な気持ちを引きずり続けるのが、嫌になっちゃった」だけなんです。

もちろん、嬉しいことも腹のたつこともあります。相変わらず気分の浮き沈みはあります。

でも、持て余すような不機嫌さは、以前のように長時間維持できないんです。

その結果、日々の生活の中でいい気分でいる時間が増え、それゆえに、状況がどんどん好転していくことを目の当たりにするようになり、その結果、いい気分が続き、それゆえに願わずとも叶うという生活が訪れ、その結果、感謝の気持ちがふくらみ……、と、そういう循環の中にいるという。


まずは、今すぐにでも「気持ちを切り替える工夫」をすることも可能ですし、僕や阿部敏郎さんみたいに、否が応でも「嫌な気持ちを引きずり続けるのが、嫌になっちゃう」ってぐらい徹底的に嫌な気持ちを引きずり続けることも可能なわけですが、いかがいたします?




【トークライブ・インフォメーション】

平日のお話会「月イチ☆」、11月分の受付を開始しております。
「月イチ☆WEST」、今回は会場を神戸(三宮)に変更してお伺いいたします!


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

11月25日(火)19:30スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『月イチ☆WEST』(神戸開催)
※今回は会場を三宮に変更しております。ご注意ください。

11月27日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)
※今回は会場を名古屋駅前「ウインクあいち」に、また、開演を19:30からに変更しております。ご注意ください。

11月28日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←ウォーリー(Worry)をさがす? ホーリー(Holy)をさがす?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Don't Worry, Be Happy!

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


いま、気分はいいですか?

いま、機嫌はいいですか?


この10年、意識の変容を迎えてから色々な体験をしてきて、その中で、いま一番伝えたいことは「何はともあれ、気分良く」ということです。

先日お話した『気分は現実化する』ということが、最近、本当に身に染みています。

いわゆる「引き寄せの法則」に関するメソッドには様々なものがありますが、どんな方法・やり方であれ、この「気分」という状態(あり方)が前提になければ、成就しづらいと思っています。

むしろ、この「気分」が整っていれさえすれば、どんなやり方でも、うまくいくんじゃないかと。


この『気分は現実化する』という仕組みについても、この先色々な角度からお話してみたいと思っていますが、まず結論をお話してしまえば、理屈どうこうよりも、気分さえよければそれだけでOK。

今の気分(機嫌)が、いいものになるのなら、どんな工夫も、その人オリジナルの「引き寄せの法則メソッド」となり得ます。


マザー・テレサの名言のひとつに、こんなフレーズがあります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。



この素敵な言葉に、僕が何かを付け足すのも気が引ける気がしますが、それでもなお、この一行を文頭に加えてみたいのです。

気分に気をつけなさい、それはすぐに思考になるから。

と。


あなたの気分の良さは、必ずあなたに返ってきます。だって、気分が良いんだから。

あなたの機嫌の悪さは、必ずあなたに返ってきます。だって、機嫌が悪いんだから。


誰であれ、想像を超えるアクシデントやハプニングは人生に付いて回るものですが、それでもなお、


Don't Worry, Be Happy!




【トークライブ・インフォメーション】

平日のお話会「月イチ☆」、11月分の受付を開始しております。
「月イチ☆WEST」、今回は会場を神戸(三宮)に変更してお伺いいたします!


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

11月25日(火)19:30スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『月イチ☆WEST』(神戸開催)
※今回は会場を三宮に変更しております。ご注意ください。

11月27日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)
※今回は会場を名古屋駅前「ウインクあいち」に、また、開演を19:30からに変更しております。ご注意ください。

11月28日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←気持ちよく、ポチッと。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

逆算

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************



私の命は、いつから私の命なのでしょう。

私の命、ではなく、私が命、なのだとしたら、わたしは、いつから私なのでしょう。







【トークライブ・インフォメーション】

平日のお話会「月イチ☆」、11月分の受付を開始しております。
「月イチ☆WEST」、今回は会場を神戸(三宮)に変更してお伺いいたします!


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

11月25日(火)19:30スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『月イチ☆WEST』(神戸開催)
※今回は会場を三宮に変更しております。ご注意ください。

11月27日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)
※今回は会場を名古屋駅前「ウインクあいち」に、また、開演を19:30からに変更しております。ご注意ください。

11月28日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←私の命は、いつまで私の命なのでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

発信源と内容と

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


前回ご紹介した『運命よ、そこをどけ。俺が通る』の件。

お陰様で沢山のコメントをいただきました。

情報をご提供くださいましたみなさま、ありがとうございました!

で。

色々とお話を伺った結果、どうやらこの言葉は「マイケル・ジョーダンさんの名言」ってことではなさそうだぞ、って感じです。

なんでも、この言葉がこういうカタチで紹介されているのは日本国内だけらしく、アメリカなどでは、そういった発言の情報は見あたらないのだそうです。

英文に関しても様々なご指摘がありまして、おそらく、まず日本語ありきで、それを誤って英訳したのではないかと。


「your」には、「あなたの」といった意味以外に、高貴な方への敬称として使用される場合があり(陛下:Your Majesty など)、そういう感じで「運命様」として「your」を使ったのではないか、という意見もある一方、それでもやっぱり使い方に不自然さがあるのでは、とのことで。

実際のところ、「your」を入れずに、『Out of my way, fate. I'm going through.』でいいんでねぇの?

といったご意見が多かったです。


まぁ、いいよね、仮にマイケル・ジョーダンさんの言葉じゃなかったとしても。

これに限らず、「誰が言ったのか」よりも、「何が語られているのか」の方が、ずっと大切だもんね。


とにもかくにも。

今回も沢山の書き込み、ありがとうございました!



【トークライブ・インフォメーション】

前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

大阪・名古屋、両会場ともにまだ空席がございますので、この調子ですと、当日会場受付も可能かと思われます。
関心がおありでしたら是非ご参加ください。


平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←Out of my way, fate. I'm going through.
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

英語は苦手なのですが…

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


先日、ある質問を受けました。

それは「黒斎さんの好きな言葉を教えてください」というものだったのですが、正直、普段からこれといった座右の銘を持っているわけではないので、特に思い当たるフレーズがなかったんですね。

でも、「いえ、特にないです」って答えるのも面白くないので、何かなかったかなぁと、少し記憶を辿りまして、で、ある名言をお答えしました。

『運命よ、そこをどけ。俺が通る』

かっこいいですよね、これ。


僕たちの人生のシナリオは、この先も全て決まっているのか、いないのか、なんてことをこのブログでも何度かお話したことがありますが、そんなのどうでもよくなるもんね。

( `Д´)y━・~~ 「未来が100%決まっている? 関係ねーよ。ツベコベ言わずに道を空けな、運命さんよ」

(≧∇≦)ノ彡  クーッ! かっこいい!


このフレーズ、ご存じだった方はいらっしゃいますかね。

たしか以前ネットか何かで見つけたものなんですが、その時、この言葉がマイケル・ジョーダンさんの名言として紹介されていたような記憶があったんです。

でも、その記憶もちょっと曖昧だったんで、上記の質問を受けた後、改めて調べ直してみたんですね。

そしたら、ですよ。

たしかにマイケル・ジョーダンさんの言葉として広まっていたのですが、そこからさらに調べてみると、原語がこれだったんです。


『Out of my way. your fate. I'm going through.』


あれ? となりまして。

これ、ホントに日本語に訳したら「運命よ、そこをどけ。俺が通る」になるんだろうかと。

だって、「my fate(わたしの運命)」じゃなくて、「your fate(あなたの運命)」なんですもの。


もしかしたら、このセリフは、「自分の運命」に対してじゃなくて、「他者」に向けたものだったんじゃないの?と。

マイケル・ジョーダンといえば、言わずと知れたバスケットボール界のスーパースター。

その彼の言葉だとしたら、ですよ。ある試合中、彼のドリブルを妨害しようとしていた対戦相手に向けたもので…

「Out of my way. your fate. I'm going through.(道をあけな。それがお前の運命だ。俺が通るんだからな)」ってなことだったんじゃないかと。

いや、僕、英語が苦手なので全然自信はないんですけど。


英語の得意なみなさま、教えていただけませんでしょうか。

「運命よ、そこをどけ。俺が通る」を英語に訳したら、どんな風になるんでしょう?


まぁ、何にせよ。

「運命よ、そこをどけ。俺が通る」

この言葉が大好きです。



【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。大阪・名古屋ともに開催間近です。
このところ、お問い合わせが増えておりますので、改めてご案内させていただきます。

『月イチ☆』は、各会場ともにお席数に限りがあるため、事前にチケットをご購入いただく、予約制とさせていただいています。
しかし、これはあくまで「席に限りがあるため」ですので、当日、お席が空いている場合には、当日受付いたします。(ちなみに、料金は前売り価格と同額です)
また、平日開催ということもあり、お仕事の状況等で、急に参加できなくなることもあるだろう、という想定のもと、後日、別な回へのチケット流用も受け付けております。(会場へお越し頂けるのであれば、以前ご購入された分の払戻しにも対応いたします)
ただ、このチケット流用も、お席に空きがある場合の対応となりますので、満席の際はご容赦ください。
※当日のお席の空き状況は、僕のツイッターおよびフェイスブックアカウントにてお知らせしています。

また、チケットのご購入に関しましては、電話受付は行っておりません。
「イープラス」でのご購入をお願いいたします。
パソコンや携帯電話での手続きが面倒、もしくは、手順がわからないという方には、お近くのファミリーマートさんでのご購入をおすすめしています。
店内の「ファミポート」という端末でご購入頂く場合には、会員登録等の面倒な手続きが必要ありません。
ファミポートでのご購入手順は、【コチラ】にご紹介しておりますので、ご参照ください。


さて、前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

両会場ともにまだ空席がございますので、関心がおありでしたら是非ご参加ください。

※11月は25日(火)東京・27日(木)神戸・28日(金)名古屋で開催予定です。
準備が整い次第、改めて告知いたします。



平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


*****


雲 黒斎×賢者テラ 大阪コラボトークライブ

久しぶりに、大阪で賢者テラさんとのコラボトークライブができることになりました。
最近はすっかりテラさんもお忙しくなちゃって、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく調整ができました!
主催は苺企画さん(ichigokikaku.info@gmail.com)です。

11月23日(日)14:00スタート [詳細・お申し込み]


←伊勢白山道よ、そこをどけ。俺が通る。(なんてな)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

気分という名のBGM

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


さて、『気分は現実化する』という前回のお話。

まずは、「現実」という言葉を「個人的に解釈された世界」という意味として、もう少しお話を続けてみます。


僕たちは皆、目の前にある出来事に対応しながら、常に自分の人生物語を書き続けています。

この「物語」とは、起こった出来事(事実)に様々な解釈・意味付け・価値付け(演出)を加えたものです。

同じ出来事(事実)に遭遇しても、人によって捉え方が異なるのは、この「演出」の違いとも言えます。


そのときの「気分」によって世界の見え方がまるで違ってしまう、という経験は、皆さん思い当たるものがあると思います。

ここでちょっと、一つの動画をご紹介したいと思います。





同じ動画でも、BGMが変わるだけで印象が随分違ってきますよね。

日常生活には、映画やドラマのようにいちいちBGMが付くわけではありませんが、常に「気分」がこれに変わるものとしてついてまわります。

深刻な気分の時には深刻さを煽るBGMが。楽しい気分の時には軽快なBGMが。

この「気分」という演出が、自身の人生をより味わい深いものにしてくれているのですが、反面、この「演出」が意識的にではなく、無自覚的に現れ暴走し出すと、顕在意識と乖離した現実が動き出してしまいます。


「ついている」や「ありがとう」などといった言葉や、ポジティブなアファメーションが人生を好転させるというフレーズは、精神世界でよく出会うものですが、これは、「ついている」や「ありがとう」などといった『言葉』が大切なのではなく、その言葉の背景にある「ついている」や「ありがとう」などといった『気分』が人生を好転させているんだと、僕は思っています。

だから、浮かない気分のまま、ただ「ついてる、ついてる」と呟いても、「ありがとう、ありがとう」と連呼しても、虚しさが募るばかり。

逆に気分が良いときは、それを言葉にしなくても、様々な出来事のなかに「ついてるなぁ」という思いや、「ありがとう」という気持ちが発露されやすくなっています。


掃除や断捨離、片付けなども、それをすることで「気分がよくなる」、また、「気持ちのよい空間に身を置く」ということを通して、人生にトキメキを与えていると言えるかもしれません。


さて、「気分」が僕たちの現実の見え方を変えているのであれば、辛いとき、悲しいときに、この「演出」を逆手に取ってやることも可能になっていきます。

出来事に張り付いていた、もの悲しい、重々しいBGMを取り去ってしまえば、そこにはニュートラルな事実が姿を現してくれます。

このニュートラルな状態が、味気ない、と感じられるなら、別なBGMに入れ替えてしまうことだって可能です。

たとえば、こんな感じでね。





とにもかくにも、この「気分」という演出をコントロールしている、人生劇場の監督は自分自身。


【外界に、自分の気分をコントロールされている】という感覚から、【気分は、自分自身がコントロールしていた】という理解に辿り着くことも、『意識のシフト』の一面です。




【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。東京・大阪・名古屋ともに開催間近です。
このところ、お問い合わせが増えておりますので、改めてご案内させていただきます。

『月イチ☆』は、各会場ともにお席数に限りがあるため、事前にチケットをご購入いただく、予約制とさせていただいています。
しかし、これはあくまで「席に限りがあるため」ですので、当日、お席が空いている場合には、当日受付いたします。(ちなみに、料金は前売り価格と同額です)
また、平日開催ということもあり、お仕事の状況等で、急に参加できなくなることもあるだろう、という想定のもと、後日、別な回へのチケット流用も受け付けております。(会場へお越し頂けるのであれば、以前ご購入された分の払戻しにも対応いたします)
ただ、このチケット流用も、お席に空きがある場合の対応となりますので、満席の際はご容赦ください。
※当日のお席の空き状況は、僕のツイッターおよびフェイスブックアカウントにてお知らせしています。

また、チケットのご購入に関しましては、電話受付は行っておりません。
「イープラス」でのご購入をお願いいたします。
パソコンや携帯電話での手続きが面倒、もしくは、手順がわからないという方には、お近くのファミリーマートさんでのご購入をおすすめしています。
店内の「ファミポート」という端末でご購入頂く場合には、会員登録等の面倒な手続きが必要ありません。
ファミポートでのご購入手順は、【コチラ】にご紹介しておりますので、ご参照ください。


さて、前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

各会場ともにまだ空席がございますので、関心がおありでしたら是非ご参加ください。

※11月は25日(火)東京・27日(木)神戸・28日(金)名古屋で開催予定です。
準備が整い次第、改めて告知いたします。


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

10月24日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


←軽快なBGMとともに。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

思考は現実化する

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************



『思考は現実化する』って言葉にあるニュアンスは、「人生は思い通りになっていく」であって、「人生は願い通りになっていく」ってことではないんだよね。


で、この「思い通り」ってのも、「何を考えているか」という、その思いのディテール・具体性よりも、「気分」や「機嫌」の比重が大きいんだ。


『気分は現実化する』


なんとなく、こっちの方がしっくりくるように思うのは、僕だけかな?




【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。
東京・大阪・名古屋ともに10月開催分のチケット販売中です。

前回の「でら☆月イチ」にて、「うつ」についてのお話のリクエストがありました。
いつもは、ほとんど質疑応答のカタチで進めていますが、今回は一部このリクエストにお応えするカタチで、以前東京で開催されたセミナー『うつにまつわるエトセトラ』の内容を織り交ぜてお話する予定です。

各会場ともにまだ空席がございますので、関心がおありでしたら是非ご参加ください。

※11月は25日(火)東京・27日(木)神戸・28日(金)名古屋で開催予定です。
準備が整い次第、改めて告知いたします。


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

10月24日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


←「願い」と「思い」って、違ったりするんだよね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モフモフさん

※初めての方はこちら「プロローグ」「このblogの趣旨」からお読みください。
※「極楽飯店」の第一話はこちらから。

********************************************


ひと月ほど前から、モフモフさんを飼い出しました。

2匹のネコさんが他界してから、「しばらくペットは飼わないでおこうね。家族旅行なんかで家を空けるのも大変になるし」なんて感じでいたのですが、モフモフさんと出会った途端に一目惚れしてしまいまして、妻子の帰省中にお迎えしてしまったのです。

で、これがモフモフさん。


↑モフモフさん1号。


↑モフモフさん2号。


モフモフさん1号は生後4ヶ月ちょっとの男の子。

でもって、モフモフさん2号は、その妹です。


2匹ともとにかく人懐っこく、我が家に来てすぐにリラックスしてくれました。

まだ家に来てから日が浅いですが、その懐きっぷりのお陰で、もうすっかり家族の一員です。



↑アンパンマンのぬいぐるみを抱きしめながら人形用ベッドで眠るモフモフさん1号。


↑ソファーの縁で溶けるモフモフさん2号。

もう、可愛いのなんのって。すっかりメロメロです。

ただいま、もうすぐ3歳になる智秀君とともにトイレトレーニング中。

まさか自分の人生の中で「あっ!こらーー!ウンコ食べるなーーー!」なんていうセリフが出るとは思いもしておりませんでした(笑)

2匹のお口から香る臭いが、時折わたくしのペンネーム状態です。


はてさて。

そんなモフモフさんを迎えてから、またひとつ、世界の見え方が変わりました。

「あれ?家の近所って、こんなに犬がいたっけ?」って。

思い返すと家の奥様が懐妊した時も同じようなことがありました。

「あれ?家の近所って、こんなに子供がいたっけ?」、と。

それまで全然子供というものに目が向いていなかった僕。

それが、自分の子がやってくるぞ、となった途端に、「今って、ほんとに少子化なの?」って思えるぐらい沢山の子供達が目に入るようになりました。

そう。

自分の意識が向いているものが「現実」として「僕の世界」に現れだしたんです。

もちろん、子供達にしたって、わんこさんにしたって、以前から近くにいたんですよ。

でも、全然意識が向いていなかったから、ほとんど知覚されることがなかったんです。

こういうことって、僕に限らず経験のある方も多いと思うんですよね。

例えば、「車を買おう」となってから、急にお目当ての車種が目に入ってくるようになる、とか。

ある仕事を始めてから、急にその職種に関連したものがやたら目に付くようになった、とか。


そこにあっても、意識が向いていないものは、ないも同然。

逆に言えば、僕たちはみな、意識が向いている範囲のみを「現実」として知覚しているわけで。

だからこそ、同じ場所に生きていても、「世界」や「現実」と言えるものは、人の数だけ存在しているんですよね。


暗いものに意識が向いていれば、暗い現実を生きる事になり、明るいものに意識が向いていれば、明るい現実を生きる事になる。

『思考は現実化する』という言葉は、幾通りもの解釈が可能ですが、こういった身近な現象もまた、そのうちのひとつだよなぁ、なんてことを改めて感じた昨今でありました。



【トークライブ・インフォメーション】


平日のお話会「月イチ☆」。
東京・大阪・名古屋ともに10月開催分のチケット販売中です。


平日のお話会『月イチ☆』(東京開催)

10月24日(金)19:30スタート [詳細・お申し込み]

平日のお話会『月イチ☆WEST』(大阪開催)

10月29日(水)19:00スタート [詳細・お申し込み]


平日のお話会『でら☆月イチ』(名古屋開催)

10月30日(木)19:00スタート [詳細・お申し込み]


←これだって、あなたが意識を向けていなければ、ないも同然。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ