答えは現場にあり!技術屋日記

「三方良しの公共事業」をモットーに、辺境の高知のそのまた辺境から、土木技術者のオジさんが泣き笑いの日々を届けます。

たまには右を向いてみよう ~ モネの庭から(その355)

2019年06月11日 | 北川村モネの庭マルモッタン

坂道をあがって水の庭へと着くと

まず太鼓橋が迎えてくれる。

左を向く。

そこが水の庭だ。

と、

たいがいの人はそうなるが、

橋というからにはとうぜん、

右を向いても池はある。

 

 

楓(ふう)の木のあいだから

太平洋が見える風景に

思わず息を呑んだ。


池には白い睡蓮が3つ

並んで咲いている。

その横に目を移していくと

小ぶりの赤い睡蓮が・・・

 

 

 

小首をかしげながら

風にゆれていた。


緑萌え

空あくまでも青く

水は澄み

雨の季節の気配を微塵も感じさせない「水の庭」を歩く。


これだから

モネの庭通いはやめられんのだわ。


 

 

 

↑↑ 土木のしごと~(有)礒部組現場情報

 

↑↑ インスタグラム ーisobegumiー

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 純白 ~ モネの庭から(その3... | トップ | 人生はよろこばせごっこ(や... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。