理解不可能

みなさんのお家にダルマありますか? いきなり意味不明(笑)

うちにはあります。これ。
まったりあき君とこで話題になってその存在を久しぶりに確認しました。

名前は確か、「だるま師匠」…だったような…

親が受験に受かるように買ってくれた……ううん、違う 
選挙に当選するように、と友達がくれた………いやいや、それも違う 

じゃぁ、
元彼が誕生日プレゼントにくれた…………ピンポーン ………… 

当時まだまだウブだったワタシ、喜んだフリしたわよっ。
「どういう意味?」なんて聞けっこない!
そのムダな気遣いが2人の別れを早めた模様…

未だにこのプレゼントの意図がわからず早十数年。

あき君は「プロポーズやったんちゃう?」と言うけれど、
そんなプロポーズ、こっちから願い下げだ(笑)

まだ片目はいってないんですけど、これどうしたらいいですか???
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )

思い込み選手権

ワタシは小さい頃、思い込み・勘違いの女王でした

アニメ「巨人の星」主題歌♪思いこんだ~ら~⇒♪重いコンダ~ラ~
 (飛雄馬が重そうにひっぱってるアレが“コンダラ”だと思っていた。)

童謡「赤い靴」
 ♪赤い靴~履いてた~オンナノコ~“キリンさん”に連れられて行っちゃった~
  だと思っていた。ちなみに弟は、“ひぃじいさん”だと思っていた。

近所の“モータープール”という看板をみて小躍りし
 水着持参でホンキでプールを探した。

「手持ちぶさた」⇒「手持ちブタさん」ヒマだから手の上にブタをのせて遊ぶ事だと…。

「若干名」⇒「若い人、千名」だと思っていた。

「世界広しと言えど…」⇒「世界ヒロシ」さんという物知りな人がいて
   その人でも知らないほど…の意だと思っていた。

「にんにくって何の肉?」と親に聞いたことがある。

「熱帯夜」⇒「熱タイヤ」タイヤが熱くなるほど熱い日だと思っていた。

「波浪警報」⇒「ハロー警報」なんでハローって言ったらアカンの?って思ってた。

「たこやきの上のかつおぶしは生きていると思っていた」

「鎖骨」⇒「左骨」と信じていて右の方は「右骨(ウコツ)」だと言って笑われた。

「帝王切開」⇒「手ぇおせっかい」自力で頑張る赤ちゃんの邪魔をするから、だと思ってた。

「喉自慢」⇒ホンキで喉の長さを測ると思っていた。

キティちゃんの鼻⇒口だと思っていた。いっつもポケーっとお口開けてるな~って。

「冥土の土産」⇒「メイドの土産」みんなお金持ちなんだな~と思っていた。

などなど・・・。
幼少の頃のこんなはずかしい体験のおかげで、ワタシは
「なんでも疑問に思う人間=なんで?どうして?人間」になりました(笑)
さすがにオトナになってからは減ったけど、類は友を呼ぶみたいです。

友達①「加齢臭」⇒「カレー臭」
友達②「二コラスケイジ」⇒「二コラス刑事」
友達③「LORD OF THE RING(指輪の持ち主)」⇒「ROAD OF THE RING(指輪の道)」
母親 「こむら返り」⇒「コブラ返り」
父親 「ファインディング・ニモ」⇒「ファイティングニモ」
弟  「とぐろを巻く」⇒「ドクロを巻く」

などなど…

みんなもあるでしょ、こーゆーの??? 
ほらほら黙ってないで、どんどんカミングアウトしちゃって~
挑戦者求む(笑)
コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )

明日は…

明日は楽しいTOEIC公開テストの日。
(TOEICとは…英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストで
       10点~990点で評価されます/抜粋)

待ちに待ってたからな~楽しみだなぁ~ ルン
 


……

………なワケない。 んなワケな~~~~~ぃっ   


英語の能力が維持できてるかを確認する為に、定期的に受験しているんです。

申し込む時点では、「やったるで」と気合入ってるんやけど
毎回試験日が近づくたびに、後悔の嵐。大雨・洪水・波浪警報 
 
だってTOEICの日に限って、普段会えない友達が
「会おう!」って連絡してきたり、天気が悪かったり…今回もそうだ…グスン 
TOEICのイケズぅ~…ウン、モウッ

おまけに受験した事ある人ならわかると思うんやけど
あのテスト、途中で飽きる・疲れる・お腹へる
2時間で200問、休憩なしで行われます。リスニング&リーディング。

高い受験料払ってるから、やるからには結果残したいとは思うけど
いやいやながら2時間やり終えた後のグツタリ感を想像するだけで………疲れる… 

で。毎回おきまりのセリフが、「申し込むんじゃなかった……ハァ…」

一度でいいから達成感・充実感を味わってみたいもんだ。

こんなグチ言いつつ、きっと次も申し込んじゃうワタシ。中毒症状でてます。
 
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

リレー第3走者 ふたたび。

バンダナーズのネイビっちょ企画のマンホールリレー。

第3走者のワタシが密かに撮りためた奈良のマンホールをご紹介~ 

まずはコレ、奈良市の南側の大和郡山市です。

ここは日本一の金魚の産地!
そう、金魚すくい大会が開催されている市です!

マンホールもやっぱり金魚です! 
ビミョーに赤い! (笑)




続いて奈良市の西側に位置する、生駒市。

大阪府との境にある生駒山のふもとの市です。
IKOMA CITYの横文字と高層ビルのデザインで
近代的な町かと思いきや・・・

残念ながら・・・

こんな高層ビルは存在しません。
生駒市の希望(野望!?)でしょうか。


これは奈良市の三条通りで。

こーゆーの、お初じゃない? 
まわりと同化してます。カムフラージュマンホール!

「見つからないつもりだろうが
 見つけてやったぜ。」

変な達成感を味わえます(謎) 



「マンホールリレーってなぁに?」って思ったそこのアナタ!
時代に乗り遅れてますよ!

とりあえず、ネイビ隊長のもとへ!

業務連絡:既走者のみなさんへ
ランナーが増えてきたため、隊長のとこのみにトラバ貼ってます。
第3走者は手抜きランナーです 

追記:昨日はたくさんのアドバイス・ご意見ありがとうございました。
    おかげで、心温まってホカホカです
コメント ( 27 ) | Trackback ( 0 )

Mission 1 for 三十路~ズ

ぉ嬢隊長のもと結成された三十路~ズ 3月22日、第一回指令が下されました。

テーマは、ジャジャーン、「結婚について考えよ」 いきなり重いぜ、ぉ嬢隊長・・・

で。ご指名頂いたので、ほりかぅも考えた。以下。

お年頃になれば一度は考える結婚。
好きな人の苗字になった自分を想像して、ひとりでムフっ
それはもう、恰好の妄想ネタなワケで・・・いや、「だった」ワケで。

今はもう30歳を超えているワタシ、20歳の時に結婚を決めた相手がいました。
式や生活のプランなど、いろいろ2人で考えていた時期に起こりました。阪神大震災です。
救助活動のボランティアで出向いていた彼は、建物の下敷きになって亡くなりました。

それ以来、あんまし結婚について考える事が無くなった、というか避けてたのかも。
好きになる人や、それなりに付き合う人は出来ても
「結婚」の話が出るとなんかイヤになった。怖かったのかな。

今の彼は、その話を知っていて、ゆっくりゆっくり時間をかけてくれている感じ。
徐々に結婚について考えられるようになってる。
世間的に見ればお互いいい歳やし、ワタシはともかく彼の世間体みたいなものもあるだろし
考えなくちゃ。結婚するにせよ、しないにせよ。

今の安定した生活(気持ち的に)が続くなら、
あえて結婚というカタチにこだわりたくない、というのがワタシの本音。
好きな人と一緒にいたいとは思うよ。でも相手の苗字を名乗ることへの興味はない。

同じ姓になる事で波風(家同士の問題など)が立って、それに巻き込まれるくらいなら
今のままでいい。 今のシアワセな状態が続くなら、今のままがいい。
余計なこと考えたくない。

「変化が怖い?だから今のままでいいって思うの?きっと楽しいことも今以上にいっぱいあるよ」
って言われるけど、違うねん。
だって今、十分シアワセやもん。それ以上を望んでないんやもん。
あえて変化させる必要がある?

反面、子供は欲しい。ここでいつも矛盾が生じる。
「だったら苗字にこだわるべき?」 
まわりに内縁関係で生活している友人がいるわけでもないし、
そういう環境で育ったわけでもないから
なにが良くてなにが悪いのかなんて、さっぱりわからない。

ワタシ自身は、世間一般の常識にとらわれずに生きたいと思うけど
子供が生きていく上で、まわりと違う事の風当たりはやっぱりまだまだ厳しいよね。
親の気持ちだけで押し通せる問題じゃなくなってくる。

親を安心させたい、という気持ち。これも大きな問題。
まわりがどんどん、おじいちゃん・おばあちゃんになってく中
三十路を過ぎた娘の心配をしなくちゃいけない父・母。
このままじゃ、心配で死んでも死にきれないんだって。そりゃそうよね・・・


周りに流されるって生き方、絶対自分向きじゃないって思ってきた。
(ココでいうなら、周りが結婚するからワタシも、的な。)
でも、ワタシを取り巻く環境を考えると、妥協して流された方がみんなの為かな、とも。

一度経験してみて、どうしてもムリだったら今の名前に戻ればいいや、ぐらいの気持ちで。



結婚って、する前もした後も、「自己犠牲」が大事なの?

好きな人と一緒に暮らしたい、子供も欲しい、親も安心させたい、
だけど自分の生き方も大事で、今の生活も壊したくなくて、結婚にこだわりたくもない。
これってただのワガママ?欲張り?


自問自答の日々です。もうちょっと時間をください(笑)
コメント ( 28 ) | Trackback ( 0 )

いずこへ!?

hinacoh姉の記事を呼んでから、ワタシのお口は「いちご大福」の為に在ったようなもの。

この前置きを頭の隅っこに置いたまま、以下どうぞ。


サクラがそろそろ咲こうかというこの時期に
奈良市東部の月ヶ瀬村に梅を見に行ってきました。
(市町村合併のため、村のHPは3月末までだそうな。急げっ) 

月ヶ瀬梅峡と名うったこのエリア、何回行ってもいいわ~
美しさにうっとり。ため息でちゃいます。

もう枯れてるかな~と期待薄で行ったのだけど、まだまだ見頃でございました。

(・・・このあたりから、さっきの前置きをジワジワと頭の真中に寄せつつお読みください。)

帰り道、どうやらそのあたりは、「いちご」が名産らしく
「いちご狩」やら「朝摘みいちご即売所」などの看板が
通り過ぎては近づき、通り過ぎては近づき・・・の繰り返し。

はい。気がつけば「道の駅」(名阪国道の「針T.R.S」)にいました。
ほら。やっぱり売ってるでしょ、「いちご大福」 即買い~ 

はやる気持ちを抑えつつ、車に戻って勢いよく、パクリ・・・・・・ん!? ・・・ナイ、ナイ・・・

・・・
イチゴはいってないや~~~ん!!!

やられました。いつもなら疑ってかかるところなのに
看板の美味しそうなイチゴの絵と、イチゴの名産地という事と、
hinacoh姉の手作りイチゴ大福の写真が、ワタシに完璧な催眠をかけていた様です

食い意地は、人を盲目にさせます

お店のお方、それはただの「イチゴの大福」です。  
コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )

これ何て呼ぶ?

今日のお昼の番組(関西ローカル)でやってました 

「これ何て呼ぶ?」

そう、お好み焼きを食べる時に使うヤツです 
ワタシは何の疑いも無く「コテ」と呼んでました。

関西人に対するアンケート結果は・・・
コテ」・・・8割
ヘラ」・・・1割
テコ」・・・1割、 という感じ。

面白いのが、西成区・浪速区・堺市・松原市・富田林市など大阪府の真中あたりの地域では
テコ」と呼ぶ人が多いんだそうです。

同じアンケートを広島で行うと「ヘラ」がだんとつトップ
東京では「はがし」が多くて、「ヘラ」「コテ」「テコ」、「返し」なんてのもありました。

はがし」ってのは、もんじゃ焼きをイメージすると、うん。納得 

鳥取や、沖縄出身の人で「一文字」って答える人もいました。これは初耳! 

みなさんの地域ではなんて呼びますか?

ちなみにコレは新潟県で作られていて、正式名称は 「おこし金」 だそうです。 

コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )

ちいさなシアワセ。その2。

「忙しそうにしてる子供達」  
3年生か4年生くらいの小学生の、下校中の会話がすっごいかわいかったので
ちょっとここに記してみよぅ。


オンナノコ①「今日、忙しいねん、塾の宿題いっぱいあんね~ん」
オンナノコ②「ワタシも今日休んでた○○んトコに
     宿題のプリント持っていかなあかん 忙しいわぁ」
オンナノコ③「最近みんな忙しいなぁ、ワタシも犬の散歩行かんとあかんねん


なんかすっごい微笑ましい

子供の『忙しい』って、たいしたことない。
それに気づくのはオトナになってから。

でも子供は子供で、それなりに忙しかったり悩んだり
小さな世界を背伸びしながら精一杯生きている。

その背伸びが「忙しい、忙しい」の一言に表れてると思うのです。
その姿を見てると、なんだかシアワセな気分になります。

『キミ達のほんとの「忙しい」はこれからだよ。』 



追記:水平線さんより「HNが、holy-cow ⇒ほりかぅ。になっている」との
    指摘を受けましたが、変えるかもしれないし、変えないかもしれません(笑) 
    その日の気分次第で・・・ いいっすか? 
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

流行にのってCSS

CSS編集に果敢に挑戦するお友達が増えてきたので
ワタシもその波に乗ってみる。

まったくのサーファーのワタシは全く練習もせずに海へドボーン
 
・・・
 
大波警報発令中でした
海上は思った以上に荒れていて、あやうく溺れかけました  

誰?こんな大波を沖で起こしたのは? 
いっちょかみのワタシを陥れるための罠?
・・・ちっ。まんまとひっかかってるし・・・

責任とってワタシにワザを伝授しなさーーいっっ。

・・・

今日のところは、とりあえずコレで許して 
「見にくい」「ココがヘン」等の批判・アドバイス、おおいにワタシに投げつけてください・・・
それがワタシのエサとなり、血となり、肉となるのです・・・
コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )

記念日

記念日フリークの女のコって結構多いよね?

告白した日、初めてデートした日、初めてチュウした日、などには
プレゼントが欲しいとか、豪華にディナーに行きたいとか。

以前はワタシもその類に属してたんです。
まめに色々してくれる彼氏が多かったから、なんの不満も疑問もなく生きてきたワケです。

が。 ある人と付き合い始めた事がきっかけで、めでたくその属を卒業しました。オメデトウ

彼はまったくそーゆーことに無頓着。プラス記憶力が悪い人間を装う、悪質ぶり。

付き合い始めて2年目からは、いろいろと記念日の波がくるでしょ?
彼に何気に言ってみても、返ってくるのは「ふ~ん、そうやったっけ~」の素っ気無い言葉だけ。 

「もうっ」ってひとりで勝手にプリプリしてたワタシ相手に、彼は逆襲にでた。 

・・・題して「毎日が記念日」の幕開けである。
「一緒にテレビ買った記念日」「一緒にスターウォーズ見た記念日」「一緒に庭掃除した記念日」・・・etc.

(なんかめんどくさい・・・)ワタシは2週間と持ちませんでした。

「イベントや記念日を忘れてるワケじゃない。ちゃんと覚えてる。
でもな。じゃぁ、それ以外の日はどうでもいいん? 俺らにとっては毎日が記念日やろ?」
彼のとどめの一言です。

・・・(やられた・・・)玉砕です でもなんかすっごいウレシかった。

考えてくれてないようで、ちゃんといろいろ考えてくれてたことが。
ワタシを傷つけないように、作戦を練ってくれたことが(笑)
冷めてるかと思ったら、ワタシなんかよりもずーっとロマンティストだったことが(笑笑)
・・・・・・いいっ!そのギャップがいいっ! そそられるっ

(「いままでも、こーやって君は彼女の記念日攻撃をかわしてきたんだね」、と勘ぐった事はどっか隅っこに置いといて・・・)


こうして、その彼とワタシはホワイトデーの昨日、
めでたく「3周年記念日」を迎えたのですが、それはいつもと何ら変わりの無い月曜日でした。

もうあえて覚えてるかどうかを確認したりしません。
お互い心の中で分かっていればそれでいい、そう思えるようになりました。

なのに、キミときたら。昨日ワタシの大好きないちごを大量に買ってきて放った一言が
オ・レ・が 食べたかったから買ってきてんで! holy-cowも食べたい?」

ほんっとに照れ屋さんね
そう言いながら、ひとくち目は必ずワタシにくれる君のさりげなさ、キュンとなります。

「食べてほしい? じゃぁ、食べたるわ。」


・・・あまのじゃく男&あまのじゃく女の4年目、本日幕開けです。

コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ