ごっ機嫌。



やってきました37型プラズマテレビ!

アイカタが取引先からもらってきました。
タダ、無料、フリーです!(これ大事)

夜12時に帰ってきてご飯食べて、それからセッティング開始…
照明落としてるから画像が暗い…

いやー、さくさく配線しちゃう男子ってかっこいーわー 

早速ホームシアターにもつないでもらって真夜中に映画なんか見たりしました。 
音デカくしすぎで、窓ガラスが振動で割れそうだ。(近所迷惑

ソファに座ってワイン片手のバスローブ姿。
あー、セレブ。(あくまで想像上の話し

次は、2、3年後に50型のテレビがもらえるらしいけど
ワタシ的にはホットプレート欲しいわ。(基本的なもの持ってない)
たこ焼きできるやつね。
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

真ん中から…②

好評につき(?)真ん中から… 第2弾。



ンの大人食い

「この写真、オレの手がデカすぎてごっつちっこいメロンみたいやんか!
 ちゃんと『でっかいメロン買ってもらった♪』って書いといてや!」

と、アイカタが見栄を張りたがるので、一応書いておきます。





はい。ごちそうさま。 →


あのー、アイカタさん。
ティッシュ使ったらちゃんとゴミ箱に捨ててくれません?

「食べたら食べっぱなし、使ったら使いっぱなし。アンタはほんまに…」
(小さい頃母に散々言われ続けた事を今彼にウルサく言ってます。
 オカンの気持ちがよくわかってきました…

コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

真ん中から・・・

スイカの大人食い。

気っ持ちイイー。 これぞ大人のロマン。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

アニソン限定カラオケ大会

先日のワタシの投稿のコメント欄で盛り上がったので記事たてちゃいます。

その内容は以下。抜粋。



朱雅:あたいもキューティーハニーもアタックNO1もベルバラもキャプつばも
   その年代のアニソンはうたえるわよぉ

ほりかぅ:アニソンなら、やっぱりガッチャマンだな。ウン。いざ勝負?

朱雅:ほうき雲ーの向こうにみーつーけたーひとーつぶの星わぁ^
   焼きたてジャパンテーマソング
   最新アニソンも歌えるぞっふふふふっ
   負けず嫌いほりかぅは何でくるか!? 

ほりかぅ:闇にか~くれて生きる~俺たちゃよ~か~い人間なのさ~
        早く人間になりた~~~~い
             ベムベラベロー 妖怪人間♪  

ネイビ: ♪ちゃーらー へっちゃらー なーにーがおーきてもーきぶんはー 
            へーのへのかぁーっぱぁー(ヘノヘノカッパ)

      合いの手まで歌うで ほんまに~

ほりかぅ: ギャー オー
          ゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴンゴン ゴンゴンーゴーン
          はじめ人間 ゴンゴンゴン(ウニャハニャハニャハ)
              石斧かついだ ゴンゴンゴン(ウニャハニャハニャハ)
          地平線だよ ゴンゴンゴン(ウニャハニャハニャハ)
               雲が流れる ゴンゴンゴン
          風が渡るよ ゴンゴンゴン
                 マンモスだァ~~~~ 
 
                        「はじめ人間ギャートルズ」



ってな具合で。ほら、歌いたくなったでしょ?
アナタのご自慢のアニメソング披露してみない?

YOU達、はりきって歌っちゃいなよ。(ジャニーさん風に。)

盛り上がっていこーぜ、兄ちゃん姉ちゃん。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

ホームレスのオジサマ②

3日前に書いたホームレスのオジサマ①に続く第2弾。
ワタシが今までに出会った思い出に残る2人のホームレスのオジサマ。

2人目。青い空を見ると思い出すあのお方。

10年ほど前大切な人を失い、毎日毎日何もする気がおきないし
誰にも会いたくなくて部屋に閉じこもってばかりいました。

「これではダメだ。いつまでもこうしているワケにいかない」
そう思って、気が紛れそうなほど天気のいい春の日に外出してみました。

楽しそうにしている人をみるのがツラい…
歩けば歩くほど、人とすれ違えばすれ違うほど涙が出てくる…
公園で人目をはばからず泣きました。

そこへ現れた、泥で汚れた真っ黒な服に顔、長い髪、
それなのに、ちゃんと手入れをされている2匹の犬を連れたホームレスのおじさん。
ワタシと少し距離を置いたところに立って、落ち着いたトーンでしみじみ言いました。

「ねぇちゃん、空見てみ。真っ青やで。いい天気やな~」 

なんだかすくわれたような気がしました。

下ばっかり向いてても何も落ちてない。
それなら限りの無い空を見て新しい何かを見つけよう、そう思えました。

キレイなものを見て感動したり、美味しそうなものを見てお腹がなったり、
そういう感覚が残っている限りまだまだ生きていける、そう思えました。

ツライ立場にいても人を気遣える、そんなキレイな心の持ち主でありたいです。
コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )

ちいさなシアワセ。その2。

「忙しそうにしてる子供達」  
3年生か4年生くらいの小学生の、下校中の会話がすっごいかわいかったので
ちょっとここに記してみよぅ。


オンナノコ①「今日、忙しいねん、塾の宿題いっぱいあんね~ん」
オンナノコ②「ワタシも今日休んでた○○んトコに
     宿題のプリント持っていかなあかん 忙しいわぁ」
オンナノコ③「最近みんな忙しいなぁ、ワタシも犬の散歩行かんとあかんねん


なんかすっごい微笑ましい

子供の『忙しい』って、たいしたことない。
それに気づくのはオトナになってから。

でも子供は子供で、それなりに忙しかったり悩んだり
小さな世界を背伸びしながら精一杯生きている。

その背伸びが「忙しい、忙しい」の一言に表れてると思うのです。
その姿を見てると、なんだかシアワセな気分になります。

『キミ達のほんとの「忙しい」はこれからだよ。』 



追記:水平線さんより「HNが、holy-cow ⇒ほりかぅ。になっている」との
    指摘を受けましたが、変えるかもしれないし、変えないかもしれません(笑) 
    その日の気分次第で・・・ いいっすか? 
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

ちいさなシアワセ。その1。

 
「ふと車のメーターを見たら数字がそろってる」

助手席に座っているとメーターを見ることなんて滅多にないのに信号待ちでふと見たら・・・

おまけに、気温も零℃。

運転のジャマにならないようにそっと手を伸ばして記念撮影

時間、惜しかったナ、13分オーバー。

コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )