こっそり更新・・・

もひとつのページに熱中しすぎて
すっかり忘れかけていたこのページ…

ここの初期からかなりお世話になっている茨城におすまいの殿方が思い出させてくれましたw

そうよそうよ、ここ、ここ!

久々に記事を投稿しようと思って編集メニュー開いてみたら・・・

①パスワード忘れかけでしばし撃沈
②エディターがすっかり変わっててちょっと意気消沈(概要文?ジャンル???
③挿絵の数は増えてないのね、いいのかそれで?

なんて複雑な気分になりました。

久々に過去の記事&コメントを読み返してみました。
たくさんのレディース&ジェントルメンにお越しいただいた懐かしき日々…
楽しかったわね~
そしてアホなこと書いてるなー、ワタシ。

今、なにげにこの記事を読んでいるそこのアナタ!
元気ですかー? (アントニオ風

コメント ( 26 ) | Trackback ( 0 )

生きてます・・・か?

はい。生きてます…よ?

みなさん相変わらず愛のこもったコメントどうもです。
そして通りすがりでも読んでくれたそこのアナタもどうもどうもです。

しかしあれやねー、月日が経つのは早いもんやねー
もう1週間も更新してなかった… 

仕事に追われてます… 非常に難しい仕事…

テーマが「がん患者への抗菌薬投与と▲#&%□○☆…」やってよー
英語読んでもちんぷんかんぷん。どやって訳す?(医薬系の知識ゼロで玉砕 

いやー、キモチはねー毎日更新してるんやけどねー
誰か、頭の中で考えた文章を自動的にブログにUPしてくれるシステム作ってくれへんかなー

そしたら、ワタシのアタマの中のアンナことやコンナこともみんなに……ねぇ?(非常に危険 

てことで、頂いたコメントへのレスは日を改めてさせてください…
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

あのー・・・

別荘(アイカタ家)での出来事。

夜も更け「さぁ、寝るぞ」と勢いよくベッドにもぐり込む…
電気を消して、「おやすみー」


ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ…ウィーン ウィーン ヴォヴォヴォヴォヴォヴォ…
(↑途中「ウィーン」で回転数があがる誰かの車のエンジン音)

(うるさいな… <←お互い心の中でイラツク、ワタシ&アイカタ>

ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ…

2分経過…

ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ…



「んごー!!! 眠られへんやんけっ!!!」 (布団から飛び出すアイカタ

窓から外を見ると
路駐してる車の中に人の影…
 
ワタシ 「なんか動いてるよね…
アイカタ「助手席オンナの人やな…

その道は空き地の前の道で、夜中は滅多に人も車も通りません。
が、街灯だけは無意味に明るくて、
その車は何故かその街灯の下にどんぴしゃで止まり、
まるでスポットライトを浴びてるかのような…

おまけに、ワタシらが覗いてた窓からその車までの距離
約30m 実況中継できる距離。

きっと、車中ではアンナことやコンナこと…とは思いましたが
最近ちょっと寝不足気味でお疲れ模様のアイカタのイラツキは治まらず

「ちょっと文句言ってくる!!!」
彼飛び出して行きました。時間にして夜の12時30分。

その間も窓から観察を続けるワタシ…
帰ってきたアイカタは申し訳なさげに言いました。

「やっぱり… オジャマしちゃいました… アハハ…」

真面目そうな銀行マンっぽい運転席の男性。
そしてその上に重なって抱きつく女性を発見。
(軽だったから狭かっただろーなー(事後考察


その後すぐにエンジンを止めてはくれましたが
イチャイチャは止まりません。
途中、後部座席に移動しちゃう始末。(この間ずっと観察中

しばらくして2人は車から降りてきて
抱き合ったり、チュウしたり、あんなことやこんなこと、イチャイチャ、イチャイチャ…



あのー! 全部見えてますよー!!!

てか、見てますよー …(-_-;)

今度はワタシが言いに行ったろかと思いましたが、
もぅオトナやし、ショーもクライマックスっぽかったので
そっとしといてあげました。

最後は近くに止めてあった別の車に女性が乗り込んで
お互いのお家へ帰っていきました。

そう、あそこが2人の密会の地だったよぅです。
あんな時間にあんな人気の無い寂しいところを選ぶなんて、
きっと明るいところは一緒に歩けない関係なのね…(事後考察②



普通、エンジン音がうるさいって言われたら
近くの住人やってわかるはず…
もしかしたら見られてるかも、って思うはず…

なのにあの2人… 

もう完璧2人の世界です。
スポットライトまで浴びて、まるでミュージカルでした。

いやーいいショーやった。アイカタなんか途中出演してるし。
やっぱショーはライブに限るねー(拍手喝采

コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

菌対策

6月に新しいパソコン買ってからずっと
3ヶ月間お試し用のウィルス対策ソフト使ってたんよねー

今もう9月も中旬でね、
思いっきりお試し期間過ぎてるわけ。

フリーソフトの継ぎ足し継ぎ足しで今まで頑張ってきたけど
もう面倒くさい。

でね、みんなどんなの使ってるの? 菌対策ソフト。

簡単で、安くて、安くて、 軽いやつ。ないかなぁ?
コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )

チャレンジイレブンの成果

チャレンジイレブンとは、宝くじを当てるべく水平線隊長のもと結成された精鋭部隊である・・・




ここで勝負の結果を。(投資はアイカタと合わせてバラ30枚)




 
ジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラ…(ドラムロール


ジャン!(スポットライト





5等ゲット!(3000イェン!) 

・・・ビミョーだ(笑)
はい。元取れてまへん。
買うべき日一番候補を逃してしまったからやなー
当たるように念を込めなかったからやなー
あー悔やまれる。


てことで、年末ジャンボもよろしくね、水へー隊長。ニッ。(ワタシは懲りないオンナ)
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

9.11

楽しみですね。選挙。
ワタシこう見えても選挙権を得てから一度もかかさず投票行ってます。
だってタダだし。・・・ニカッ

じゃなくて。
投票行ってもないのに「この国の政治はアカン!」なんて文句言う人見てると
「文句言うなら選挙行ってから言え!」
「アンタに、ンな事言う資格あらへん!」って思います。
ワタシは公に文句言うために必ず投票行きます。

学生時代に選挙事務所でボランティアと言う名の下でバイトしてた(爆
せいか、選挙速報とかもかじりついて見ます。
投票に行けば、各チャンネルでやる選挙特番も面白いっつーもんです。

9.11の衆議院選挙、なんだかワクワクします。
これだけ目的が明確で、国民の考えを伝えやすい選挙って
めずらしくなぁい? (はじめて?

基本的には郵政の民営化には賛成してます。
今すぐする必要があるかどうかは法案の内容からしてビミョーなとこですけど。

反対してる人達、なんで反対やの?そのへんがイマイチわかりません。
地方の人が困る、なんて言ってるけど
それってウワベな香りがバホバホ漂ってない?

ただ単に、郵便事業との関わりが昔から強すぎて
賛成できないからなんでしょ?>特に民○党のお方達。

まぁ、民間企業と同じで、税金を国に納付するシステムに変更するんやったら、
郵便局も街角のポストもそのままでいいし
莫大なお金の使い道がわかればそれでいいって思ってる人も大半やと思いますけども。

そんなに政治に詳しくないけど単純にそう思います。

てことで。

みなさん投票行きましょう。
税金700億も使われる総選挙。大バクチですよ。
どうせなら楽しんじゃいましょ。

コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

とうとう始まりました。

以前にお伝えして大好評だった(!?)ほりかぅ家近辺リフォーム工事間近! のニュース。
そう、職人にゾクゾクすると書いたら
「あんたおかしいで。」とわんさか好評だったアレの続き。

いよいよ始まりました。工事が。
久々に実家に帰ってきたら、足組みが出来上がってる…
アンド、網で覆われてるし…

日よけになってイーよーな、風がキモチ遮られてイヤーなよーな。

『この足組み伝っていったら泥棒入り放題やな。』
なんて、母親とアホトークを繰り広げながら、今日も五月蠅いです。
(ハエは5月じゃなくてもウルセーよ、なんて一文句。

ウチが始まったって事は、
ワタシに目をつけられた職人さんが働いてたお向かいの工事は終わったわけです。

出来上がりがハイ、これ。 



ちょっとーーっ、

なんで黄色なんーーーー!!

(わかるかなーベランダのとこが黄色にされてるお家アリ)

5階建てで、3列あるんやけど
両端は3階まで黄色、真ん中の列は4階まで黄ばんでる!
すなわち、黄ばみが山形! どーなん、このセンス!

ちきしょー、人の家やと思ってヤリたい放題にペインティングしよって!

うちも、黄ばむの? うへー!!! 
黄色はアンタの職人パンツだけで充分ですからー!!!

でもでも。
最後とっておきで、ピンクとかになったらすごくなぁ~い? 
まさか、紫とか? あーん気が違ってしまぅわ。(これ以上に

衝撃の結末は近日公開。 カミングスーン。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

「涼」が欲しい?③

(続き物なのでとりあえず  あたりからどうぞ。)


そんなこんなで、
首にくっきりついたアザは短時間のうちに何故かすっかり消え
その夜の出来事もワタシの中では夢の中の出来事として処理されました。
こんなバカげたこと、人に言うのも恥ずかしかったので
家族にも友達にも一切話さず…

こーゆー体験をした本人はみなさんこんなもんです。
おまけに、ワタシはUFOを信じてはいるけれど
いっぽう「霊なんて全体存在しない論者」だから余計です。
ありえないんです。霊なんて。

で。
それからも時々珍現象に見舞われながら、
それでも「夢だ夢だ」と自分に催眠をかけつつ時は流れ…

弟の受験が近づき、部屋を替わる事にしました。
もちろん弟には何も話しませんでした。
日が経っても、その部屋を使い始めた弟は何も言わないので
「やっぱり夢やってんやなー」てちょっと安堵。

そしてまた数年…

弟が一人暮らしを始めるにあたり、その部屋を出ることになりました。

ちょっと気になったので聞きました、弟に。
「あんたさー、あの部屋大丈夫やった?」って。

弟の顔がびっくりしてます。

「え…。もしかして、お姉、も?」

どうやら弟にも同じような事があったみたい。

2人で「なんでもっと早く言わへんのよー」
なんて珍現象談義で大盛り上がりしてたところ、母親の様子がちょっとおかしい…

ほりかぅ :「どうしたんよ?」
ほりかぅ母:「うん…実はね、お母さんもあの部屋ダメなんよ…
       あんたらが怖がると思ったし
       気のせいかと思って黙ってたけど…」


どうやら、3人とも心に何かを秘めたまま不思議部屋で生活してたようです。
変な家族です。(笑)

ワタシ今もその部屋を使ってます。
珍現象、この年になっても時々あります。
でもね、霊なんていないんです。夢よ、夢。

家族で唯一、この部屋に何も感じてなかった父親は
その話を聞いて以来、
一切ワタシの部屋に近づかなくなったのは言うまでもありません。

                         ハッピーエンド。       
コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )

「涼」が欲しい?②

「涼」が欲しい?①から続いてます。)

ワタシの実家は団地です。
狭い家なので、部屋同士は襖一枚で隣同士つながってたりします。
その家の中で一部屋だけ独立部屋(他の部屋から離れている部屋)があります。

ワタシが生まれたての頃は、その独立部屋が両親の寝室。
受験が近づくと、ワタシの部屋になり、
弟がお年頃になると、弟の部屋になり、
弟が一人暮らしを始めてからは、またワタシが…
という風に入れ替わり立ち替わり使用人が変わってます。

あれはワタシが小学校3年生くらいの頃。
いつもは両親と一緒に寝ていたのですが、その日はたまたま一人でした。

一人の緊張のせいか、なぜか寝付けなくて何度も寝返り…

すると突然体が…  俗に言う「金縛り」ってヤツです。

それまでにも何度か金縛りには合っていたけれど
「頭は起きてたけど体は寝ちゃってたんやねー、今日もたくさん遊んだしねー」
って両親が言うのでさほど心配もしてませんでした。

でも、3年生くらいの年頃って学校でも「金縛り」=心霊現象、
みたいなウワサ話をし始めて盛り上がる絶頂期でしょ?

ワタシのクラスも同じ…
その日布団の中で思い出しました、学校でした怖い話…
そこで突然の金縛り。

「あ、今日もまた体が動かない…怖いよぅ…」

いつもは目を閉じてるんやけど、その日はなぜか目を開けてしまいました。
時間にして、夜の11時頃かなー

目を開けてるけれど、部屋は真っ暗。何も見えません。

体が動かないまましばらくすると
遠くのほうから、すーっと白い何かが近づいてきました。

だんだん大きくなって、寝ている私の上にずっしり乗っかったそれは、
ウエディングドレスを着た女性と、タキシード姿の男性。

顔はありません。のっぺらぼう。
2人の後ろで、ウチにはないはずの古い柱時計が
「ボーン、ボーン」と鳴ってます。時間は2時を指してます。

じっと見つめる私の首に2人の手がすーっとのびて…

首を絞められる苦しさでもがいているうちに、
ふっと楽になって金縛りが解けました。

「夢でも見たのかな…」

その夜は、何事もなかったよぅに眠りに落ちてそのまま朝。
朝になったら、すっかり忘れてました。

「お母さんおはよぅ!」
いつもの挨拶をする私に母親が言いました。

「あんたどうしたん? その首。」

鏡で見ると、ワタシの首にはくっきりとアザが残っていました・・・

                      つづく・・・(まだ続きます)                     
コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

「涼」が欲しい?

暑いね…クマゼミの鳴き声がもう夏真っ盛りって感じね…

涼しくなりたいね…こう、体の芯からくる涼しさが…

ちょうどあっくんとこで稲川淳二サンの話になったからね、
みんなでしない? 怖い話…
 
ネイビイエロは、怖い話ダメらしいけどね、強行突破。うひ、うひひひひ…

ワタシの実体験聞きたい? ・・・  聞きたくなってきた? ・・・

   


「実はね・・・ワタシの部屋ね・・・」



つづく…
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ