CHICAGO

ブロードウェイミュージカル CHICAGO 大阪公演 を見に行ってきました with ほりかぅ母。

そう、 リチャードギア・レニーゼルウィガー・キャサリンゼタ=ジョーンズ主演で
03’年度アカデミー賞6冠をとった映画の元となるミュージカルです。

あの映画でハマってから、ずっと本場を見たい見たいと思ってて
やっと夢が叶いました。

今まで山ほどミュージカル見ましたけどね、これ、ナンバーワンの称号あげます。
やっぱ本場は違うねぇ・・・(只今、思い出し笑い中

最近、席運が良くてね、今回なんと1列目やったんです。

ダンサーの毛穴までは見えなくとも
黒の網タイツの隙間からチラホラ見えるキュッとあがったオシリや
割れたお腹をじっくり見てきました。
もちろん男子には、ほりかぅ特製ウィンク攻撃付きで。

本場モノなんで前編英語オンリーです。
字幕はあったけど、
「字幕見てるヒマなんかないわ。舞台に釘付けやわ♪」ほりかぅ母談

すっかり洗脳されました。

とりあえず、真っ黒な網タイツとガーターベルト買お。
ひとり、部屋でCHICAGOごっこしよ。

それか母と。(←ほりかぅ母55歳・意外とノリ気

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

ブラスト!

blast (ブラスト!) 大阪公演を見に行ってきました。
 
マーチングバンドのショーなんやけど
金管楽器やパーカッションがステージ上で名前の通り「爆裂!」します。

ワタシは去年に続き2回目やったんですけど
相変わらず、目も耳も楽しめる熱狂のステージでした。 

今回はなんと席が前から2列めド真ん中!
出演者と目が合うたびにウィンクしてきました。(←ただの外国人好き

なかでも去年以来すっかりファンになった
ドラムの石川直(イシカワナオキ)さん 
唯一の日本人で、見事なバチさばき! かっこイイです 


ステージ上のパフォーマンスもさることながら、
休憩中も休憩していられないのがこのショーの素敵なところ。

←パーカッション舞台がロビーに出てきて
こんな近くで楽しませてくれます。
このサプライズを知ってるブラスト経験アリのお客さんは
1幕が終わった途端、ロビーに駆け出します。場所確保!
トイレ行ってる場合じゃありません。

ショーが終わった後も出演者がロビーに出てきて
握手・サイン・写真に応じてくれます。親近感わきまくり 

来年の公演「ブラストⅡ」も決定してます。
えぇ。もちろん行きますとも。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

ビバ・8耐。


アイカタが車・バイク好き&ワタシもレース(F1等)を見るのは好き。
これが唯一共通の趣味といっても、大げさではありません。

てことで。
鈴鹿8時間耐久ロードレースを見に行ってきました。=3

鈴鹿でF1を見た事はあったけど、ナマ8耐はぉ初。
日曜日の決勝はアイカタの仕事の都合で見れなかったので29日の予選へ。

予選なので人も疎ら。
ヘアピンも、130R付近も、バックストレートも貸切状態
久々の大・爆・音。 気分爽快だわ~ 

炎天下の中、カキ氷・コーラ・カキ氷・爽健美茶のヘビローテを繰り返しながら
コース1周歩きました。 
(コカコーラ主催のレースなので、コーラ社製品につくしました。
 キリン生茶に浮気はしてません。)

あー、エンジン音って爽快。
日本庭園の「ししおどし」も涼やかでいいけれど
ギラギラ太陽の下で聞くエンジンの大爆音も、それはそれでいとおかし。

ビバ・紫外線シャワー。
ビバ・キャミ形日焼け。


誰か。
ワタシを後ろに乗せて、時速300㌔で爆走してください。(暑さで壊れ気味
コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )

STAR WARS エピソードⅢ シスの復讐

STAR WARS エピソードⅢ シスの復讐』を見ました!

言っちゃっていいですか? いいですか?




愛してます! STAR WARS !!! ビバビバビバ !!!


なんかスイマセン、
ワタシの貧素なボキャブラリーでは適当な良い賞賛の言葉がみつかりません。

が、とにかく。
至る所で鳥肌が立つっつー事です。

なんてゆーの、なんて言ったらいいかしら、
(以下ネタバレです。読みたい方はドラッグ→反転させて読んでください。)

ずっとSTAR WARSを見てきた人なら、どんな話になるかは大体想像できるんやけど
「大切な人に対するアナキンの執着心」にぐいぐい引き寄せられ
「それが引き起こす歪んだ思考」に打ちのめされ
ダースベイダーが生まれた瞬間「身の毛がよだつ」感じでした。

もちろんそれだけではなく、
冒頭のR2-D2の活躍ぶりにはワクワクしたし
ヨーダとチューバッカはそんな風に出会ってたのかよぅ!なんて感動するし
「あーそっかー!だからC-3POはⅣでタトゥウィーンを忘れてるんやねー」なんて謎解きもてんこ盛り…

ま、長期に渡る作品なので未解決の疑問・矛盾もそれなりにあります。
例えば
オビ=ワンはいつからベンと名乗るようになったの?とか
アナキンはパドメを救う手段として皇帝のダークサイドの力に魅せられダークサイドに落ちたのに
手術後皇帝からパドメの死を告げられて、そのやるせない気持ちを皇帝にぶつけなかったの?とか
他にもいろいろ巷で言われてるよぅにね。

でもねでもね。
それは横に置いときましょ 楽しめたからいいです。
大満足です。

ひとつだけ言うとしたら…
このシリーズは見る順番によってストーリーの捉え方が違うと思うんやよね。
旧三部作を知らない若い人はⅠ→Ⅵの順で見てる人も多いと思うけど
やっぱり、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの順で見るべきやと思うんやけどな…ブツブツブツ


今日は一日アイカタと「フォースと共にあれ」を連発してました。
このまま眠ったらほんと夢見そうです。


以前は STAR WARS 自体にさほど興味もなかったワタシが
こんなにハマるなんて…

コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )

アレグリア2

アレグリア2大阪公演に行ってきました(以下ネタバレ)

ワタシにとっては、サルティンバンコ・キダムに続き3回目のシルク・ドゥ・ソレイユの公演! 
サーカスというより、ミュージカルのような感じです。
クマや象の玉乗りはありません 

が。

お客を盛り上げるクラウン達はますます愉快になってて
大人も子供も大笑い。

演目はコンナだったり コンナだったりコンナだったり…
かなりの大技繰り出してました!

ど真ん中の5列目の席だったので、すんごい迫力でした!

今回のお客さんはノリがかなりよくて、
「うわー」「きゃー」「うげー」等の悲鳴のような驚嘆のような声が
テント中にこだまする、こだまする! 

中でも、後ろに座ってた20代前半のカップル。
男の子は彼女に連れられてきたって感じで最初はあんまし乗り気じゃなさそーやったのに

ショーが始まると
「ヤバイって」「すげすげすげーーーー」「何これーーーーー
連発してました

カーテンコールで花束を渡す観客が数名いたのですが
その男の子、
「あー、ずるいずるい! 俺も渡したい! どーやったら渡せるんー!!!!!」やって(笑)
かなり満足されて帰途につかれた模様です。 

もちろんワタシも一緒に行った友達も大満足でしたヨ 

大阪公演はまだチケット発売してるし
東京も追加公演が決まったみたいです。

11,500円の価値アリです。
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

6月9日の部屋

ねぇ、てつこさん。

ちょっと胸元開けすぎじゃないかしら?
練りに練られた原稿をチラ見するたびに
貴女のお胸も見えちゃいそぅ。

それにしても、色白のキレイなお肌ね。
どうやってお手入れしてるのかしら。

あれだけ口が達者だと、体も勘違いするのかな。
「まだ若い」って。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

マンマ・ミーア!

大阪四季劇場の柿落し公演 「マンマ・ミーア!」 を見てきました 

劇団四季のミュージカルは数知れず見てきたワタシですが
今回の「マンマ・ミーア!」も笑えるし泣けるし素晴らしかった~ 

いい席(今回はど真中の5列目)で見るため、
初演から2ヶ月も(チケットとってからは半年も!)待った甲斐がありました

 このミュージカルに登場する全22曲は、すべてABBAのヒット曲です。

彼らが活躍した頃まだワタシは子供だったけれど
人生のどこかで一度は必ず聴いたことがある、耳馴染みのある曲ばかりでした。
(だんすぃんくいぃ~ん~♪ とか知ってるっしょ?)

主役のドナ役を演じる保坂知寿さん、劇団四季の看板女優さんなんですが
歌・演技・ダンス、どれをとってもパーフェクトです。
可愛さ&美しさの中に、とてつもないパワーを感じて圧倒されます。

まだまだスタンディングオゥベーションに恥じらいを感じる日本人さんが多いと思うけど
これは 総立ち です。最後はみんな ノリノリ で歌えや踊れ、大騒ぎ!
もうあれはちょっとしたライブです 

まだ見てないアナタ!

そしてミュージカル嫌いだと豪語するするそこのアナタも!

まぁ~いいからholy-cowに騙されたと思って見てみ。新しい世界が拓けることウケアイ


追記:"Mamma Mia!" ってイタリア語で「おや、まぁ!」って意味なんやって!
   ちなみに英語の「おや、まぁ!」は "Holy cow!"
   ワタシそろそろ、HN改名しますか・・・!?(笑)

 

コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )

はれ ときどき ぶた

寒波到来。ひゅるるるる。朝から干した洗濯モノが凍りそう・・・
天気つながりで、今日は「はれ ときどき ぶた」のお話。 ブゥブゥ。

ワタシが小学校一年生の時に運命の出会いをした一冊の本
「はれ ときどき ぶた」 略して「はれぶた」

以下、ネタバレ。

日記をつけるのが習慣の男の子が主人公。
ある日、お母さんに日記を見られてることを知ってショック
それなら・・・と
なんとかお母さんを驚かせるために「あしたの日記」をつけることに・・・

「おかあさんが鉛筆をてんぷらにしたら、お父さんがおいしそうに食べた」
とか
「金魚があかんべぇをして部屋中を飛び回った」
って書いたら、書いた事が次から次へと現実に起こってしまう

お母さんがまだ日記をこっそり読んでて、みんなでグルになって
僕を驚かせようとしてるんだと思った男の子は
絶対にできないことを書いてみた・・・

「朝は晴れてたけど、午後からブタが降ってきました・・・」















   はい。降りました(笑)



さすがに反省した男の子は、いそいで日記を消しゴムでゴシゴシゴシ。
だけど、急いでたからキレイに消しきれてなかったみたい。

消しわすれた文字が文章になってて・・・

「じゃがいも・に・けが・はえ・た。」


・・・と、まぁ、こんな感じのお話。

矢玉四郎さん作で、オモシロさについつい引き込まれることウケアイ。
特に、すっとんきょうな家族の描写がタマラナイ 

「ブタが降ってくるなら、今夜は豚カツね♪」って喜ぶお母さん。
「鉛筆は3Bがやわらかくてウマイ」
「雨傘じゃなくて、ブタ傘だ。ブタコートに、ブタガッパ・・・」とお父さん。

ほら、小学生くらいの子ってこういうのゲラゲラ喜ぶでしょ?
ワタシも大好きで、一生懸命あしたの日記書いてました(笑)


あの頃はワタシも可愛かったなぁ・・・
いつからこんなに現実的になったんだ・・・


いつかワタシにも子供が生まれたら、絶対読んで欲しい一冊です。
それまで大事にとっておこう。・・・もうだいぶボロボロだけどね・・・
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

Rie fu



Rie fu(りえふぅ) って知ってますか?
19日にファーストアルバムが発売になった20歳のアーティストです。

彼女はfavorite artist として、
キャロルキング、カーペンターズ、スティービーワンダー、etc.を挙げてるんやけど
これを知っただけで、私はCD屋に一直線~ =333

「間違いなくいいウタ歌うハズ。」

父の影響で、ワタシの子守唄はカーペンターズでした。
小4の時にスティービーワンダーの歌に初めて出会い、衝撃を受け
歌詞の意味がどうしても知りたくて英語の勉強を初め、今でも頑張って続けてます。

Rie fuの声には、カレンカーペンターを思い出させるような癒しがあります。
キャロルキングに似た強さ&物憂いな感じがあります。

アメリカ育ち&ロンドン芸術大学在学中なだけあって、発音ばっちりです。
ありがちなナンチャッテ英語ぢゃないので聴きやすいっ

たてノリの激しいのが好きな人には物足りないかもしれないけど
自分の好きな時間のアクセントとして音楽が必要な人には、オススメします。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )

トム・ハンクス

アメリカ人が一番好きな俳優ランキングで見事、トム・ハンクスが1位に

これはウレシイっ!

彼の何が好きって。

どんな映画に出て、どんな役を演じても、ちゃんと全く違う人に見えること。
コメディーから戦争ものまで、いろんな役をこなせる才能。スバラシイ。

なかでも「FOREST GUMP」はマイ・ベスト。
最初の、羽がふわふわ舞い降りてくる時の音楽聞いただけで条件反射なみに泣けるねん

トムー好きなのはアメリカ人だけじゃなくってよ~~~

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ