西村ヒロのハーモニカ・ダイアリー

ハーモニカ、音楽のことなどを綴ります
http://www.geocities.jp/herosharp/

樋口一葉、120年目の命日

2016-11-23 17:40:45 | Weblog
昨日は樋口一葉の作品を一筋に「ひとり芝居」を続けておられる女優さんの朗読「たけくらべ」を観に行った。
赤坂クロウフィッシュのライブ後だったので時間ギリギリだったがなんとか16時の開演に間に合った。
場所は高円寺の唐変木という40年くらいやってるバーで、狭〜い路地の突き当たりの階段を下りて小ぶりなドアを開けると板張りのフロアに元は白かったがヤニですっかりベージュ色と変化した壁という年期の入り方がハンパではないイ〜雰囲気だ。
奥山真佐子さんと知り合ったのは20年以上前、その頃から樋口一葉を続けてられて数年前に朝日新聞に紹介記事が載っているのを見たし、最近ではNHK朝の連ドラで山梨県の方言指導として名前をちょくちょく見かける。
今回は共演者mizu:パーカッション とあったがリコーダー演奏がほとんどでノスタルジックな雰囲気が出ていたし効果音も挟み題材ととてもマッチしていた。
一時期は西村ヒロがブルースハープで音楽を付けていたが、まあ今考えるとテキトーな事してたなぁと赤面ものだ。
朗読は昔の文体である原文を易しく、かつ登場人物も整理されたそうだが、それでも人物が入れ替わっていくと「えーと、この人は誰だったっけ?」となってしまった。
ともあれ樋口一葉の実家があった地域で売られている羊羹がお茶うけとして出されたし、奥山さんの粋な召し物や店の雰囲気も相まってノスタルジックな空気はタップリと吸えた。









コメント

明日は昼間のライブです

2016-11-23 00:47:22 | Weblog
1/23 Wed. 勤労感謝の日
ランチタイム・ミュージック ショー
Rhythm Resonator!
西村ヒロ:ハーモニカ、ボーカル
加藤MAA:ドブロ・ギター、ボーカル
GOBOH鈴木:ドラム
ブルース、カントリー、ジャズといったアメリカン・ミュージックをルーツに旅するRockin’トリオ
ブルース・ハープ界の異端児と呼ばれて早30年、いまや威風堂々の第一人者である西村ヒロを中心に、これまたリゾネーター・ギターの名手加藤Maa、ベース・レス編成を逆手に取っての多彩なアプローチが光るGoboh鈴木という顔触れ。伝道師ヒロの軽快なトークを呼び水に、重なり合うリズムの奔流が豊かなグルーヴを生み出していく。我こそはという御仁による三人との「飛び入り?」「道場破り?」のセッションも大いに歓迎している。
「ライブは行きたいんだけど平日はちょっと…」とか、「夜遅くなると翌日がねえ…」という方にもピッタリの休日のお昼間にゆるりと開催!
最近、「西村ヒロ/ブルースハープスタンダードメソード ≪奏法の基本からタングブロッキング奏法まで≫」(サーベル社)を改めて出版したばかりの西村によるミニ講座「ブルース・ハープ・ワークショップ」も開講予定。
keyCのブルース・ハープをご持参頂ければ、わかりやすい手ほどきで一緒にブカブカと合奏できます!
(CRAWFISHの紹介文より)
場所 CRAW FISH / クローフィッシュ赤坂
東京都港区赤坂3-11-7 ソシアル赤坂B1
時間 オープン12:00 スタート13:00
チャージ 3000円(税抜)
TEL 03-3584-2496
コメント