静岡県立漁業高等学園は、創立50年。一流の漁師になる近道です。

漁師をめざして、がんばっている生徒たち。
30歳までの若者が全国から漁業の街、焼津に集っています。

カツオ釣込み練習の準備

2021年10月19日 12時50分49秒 | 練習

本年も、11月中旬から約1か月間の遠洋航海実習が予定されています。

この航海では、カツオの一本釣体験を実施していますが、その時のため、事前にカツオの模型を使った釣込み練習を行ないます。

今回、その練習のための準備をしました。

先日、カツオの一本釣漁具の作製実習で、生徒達が仕上げた一本釣のハネ(竿)の先端のカンザシにヤマ(仕掛け)を結びつけ、さらにその先にカツオの模型を取付けるところまで行いました。


実際に釣り上げる釣込み練習は、改めて行ないます。

今回の準備で分かったことがありました。
これまで、基本的な結び方を練習するロープワークをかなりの回数行なってきましたが、カンザシにヤマを、ヤマに模型を取付けること(結び方)がうまくいきません。

ロープワークでは、塩ビのパイプにロープを結びつけることは繰り返しやってきましたが、結ぶ素材やロープの太さが違っただけでうまくいきません。
漁業の現場では、様々な素材、太さの異なるロープなどを結びつけることが当たり前のようにあります。

まだまだ基本実習が足りないことが分かりました。

 

※ 学園の見学説明会の申し込みを随時受け付けております。
  漁師になることを考えている方、学園に興味のある方の来園をお待ちしています。
  オンライン(「Zoom」)による説明も可能です。
  詳しくはホームページ https://gyogaku.com/setsumei/
  をご覧ください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学園校門付近の雑木剪定・清掃

2021年10月18日 22時18分28秒 | その他

日頃、学園内の樹木や園庭の状況については、常に美観を意識して管理しています。

今回、地元自治会の方の声を聞いたことをきっかけに、奉仕活動の一つとして学園の校門周辺にある雑木等について、職員及び生徒全員で剪定と清掃を行いました。

少し薄暗かった校門周辺は明るくなり、美観も向上することができました。

 

※ 学園の見学説明会の申し込みを随時受け付けております。
  漁師になることを考えている方、学園に興味のある方の来園をお待ちしています。
  オンライン(「Zoom」)による説明も可能です。
  詳しくはホームページ https://gyogaku.com/setsumei/
  をご覧ください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

機関専攻の授業

2021年10月15日 12時30分48秒 | 授業・講演

2学期から、航海と機関、それぞれより専門的な専攻別の授業が続いています。

今回は、機関専攻の生徒の授業の一部の紹介です。

機関実習棟には、大型エンジンを中心に、発電機や給水ポンプなど、補機と呼ばれる機械類があります。

これらを実際に稼働させ、仕組みや保守・点検の方法を学びました。

機械類が起動すると、その音により先生の声が聞き取れません。
そのため、生徒は個別にレシーバーを耳に付け、先生の説明を聞いています。

エンジンを中心とした、一連の機械類の役割、動きなどへの理解が深まったと思います。
これも、学園の実習設備が充実しているからこそ、できることです。


※ 学園の見学説明会の申し込みを随時受け付けております。
  漁師になることを考えている方、学園に興味のある方の来園をお待ちしています。
  オンライン(「Zoom」)による説明も可能です。
  詳しくはホームページ https://gyogaku.com/setsumei/
  をご覧ください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

クロスロープの刺し継ぎ その2

2021年10月14日 17時25分11秒 | 実習

先週から、クロスロープの刺し継ぎ実習が続いています。

かなり苦戦している生徒もおり、先生方がつきっきりで指導する姿もみられます。

学園で覚えるクロスロープの技術は、基本的な技術になります。
実際の漁船に乗ると、先輩方から別の方法を教えられたりします。

しかし、基本技術を知っていると知らないとでは、大きな差が出ます。

クロスロープにも、いろいろな種類があり、アイスプライス、カットスプライス、ショートスプライス、バックスプライスの4種類の技術を覚えます。
1つの種類で先生のOKを5回もらわないと、次の種類に進めません。

失敗作を含め、生徒の実習の成果品が連日積み重なっていきます。

※ 学園の見学説明会の申し込みを随時受け付けております。
  漁師になることを考えている方、学園に興味のある方の来園をお待ちしています。
  オンライン(「Zoom」)による説明も可能です。
  詳しくはホームページ https://gyogaku.com/setsumei/
  をご覧ください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海技士試験期間中の授業

2021年10月13日 17時25分16秒 | 授業・講演

今週、海技士国家試験(筆記)が行なわれており、受験する生徒は名古屋の受験会場に向かいます。

11~12日は航海、13~14日は機関の試験です。

いずれの試験も受験しない生徒は、残って通常の授業やロープワークや刺継ぎなどの基本実習になります。

授業については、受験に入っている多くの生徒が不在の中で、先に進むわけには生きません。
このため、入手した今年の試験問題を実際に解いたり、復習の授業を行います。

今回、航海を受験しない航海専攻の生徒は、気分転換も兼ねて実習船の整備も行いました。

一方、機関専攻の生徒は、試験直前の集中講義が行なわれました。

 

※ 学園の見学説明会の申し込みを随時受け付けております。
  漁師になることを考えている方、学園に興味のある方の来園をお待ちしています。
  オンライン(「Zoom」)による説明も可能です。
  詳しくはホームページ https://gyogaku.com/setsumei/
  をご覧ください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする