漁業学園は、漁師になる専門校です! 水産都市、焼津で漁師の技術を身につけませんか?

漁師になるために、がんばっている生徒たち。
園長が漁業学園の毎日をご紹介します。

第一回わかたか実習

2018年04月24日 17時06分39秒 | 実習

平成30年度入学生が残り一枠。ぜひ学園に来てください。
4月中に入学できる人が対象です。

先週にはカッパや長靴も配布されたので、いよいよ「わかたか」実習がスタートです。
初日は晴天!べた凪!でした。
それでも、数名は気分が悪かったそうですが...

さっそく、操船もやってみました。
わかたかは6.7トンの船なので、19人の生徒が乗るとギチギチです。

でも、これから釣り実習を行う時は、場所が分散されるので、もう少し余裕ができます。

下船後に、私から
「右に旋回する時は、船体がどちらに傾いた?
 クルマのように曲がるのと反対側か、オートバイのように曲がる方向に内向きか?」
と聞きましたが、みんなわかっていなかったようです。

皆さんは、わかりますか?

これからの天候が良ければ、積極的にわかたかを出動させますよ!


【旋回する時の船の傾き】
実は船によって違います。
オートバイのように曲がる船もあれば、クルマのように曲がる船のあります。
ざっくり言うと、大型船と小型船では逆になります。
学園の授業でも、これから勉強しますよ。
船が滑走型が、排水型かで傾きが反対になります。


学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp


 園長のつぶやき
漁師になった若者がすぐ辞めてしまう原因。
細かく言えばたくさんありますが、生活する環境がガラッと変わることも大きな要素です。
24時間、コンビニで買い物ができる現在の生活。
船では、もちろん買い物ができません。仕事中も、仕事が終わっても同じ船の上での生活です。
このストレスに、他のストレスが上積みされるのだから大変です。

新しい学園生も4月は似たストレスがあります。
集団生活に慣れている人は良いですが、多くは初めての寮生活です。
漁船ほどではありませんが、ストレスがあるのあ事実です。
だから、4月は熱を出したり、風邪を引いたりで体調を崩す生徒が発生します。
ただでさえ4月は気候変動が大きくて、ストレスがたまりやすいですからね。

逆に言えば、学園生活を経験せずに漁船に乗ることが、どれほど大変なことか想像がつくと思います。
そんな中でも、最初の一年目にある程度の仕事は覚えなくてはいけません。
仕事を覚えないと、船の生活には慣れても怒られることが続いて、漁師が嫌になってしまいます。
本当に器用で、覚えが早い人ならいいんですけどね。
そんな人は、ごくわずかです。

49期生たちも、かずかずのストレスはあるはずですが、乗り越えようとがんばっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

48期生初出航の見送り2

2018年04月23日 14時53分01秒 | 卒業生の活躍

平成30年度入学生が残り一枠。ぜひ学園に来てください。
4月中に入学できる人が対象です!
入学希望者は、今すぐ!学園にお問い合わせくださいね。

今回は海外まき網漁船(海まき)の初出航です。
停泊場所が逆光なので、写真がきれいに映ってないです。
ごめんなさい。

彼は陸上自衛隊に8年勤務して学園に来ました。
48期生では最年長でしたが、いばることのない人でした。
周りの生徒から「軍曹」と呼ばれて愛されていました。
見てのとおり、立派な体格です。
腕が太くて、学園では「週番の腕章」に腕が通りませんでした。

学園としては、昨年に続いて海まきに就職者を出しました。
厳しい仕事ですが、持ち前の体力と明るさで活躍を期待します。

 【海まき】
遠洋カツオ一本釣りと同じ漁場で、おもにカツオや小型マグロなどを漁獲します。
効率の良い漁法で、給料が高いのも特徴です。
船の漁船では一番大きく、最新の船では魚群探索用のヘリコプターを搭載するものもあります。
海まきはアメリカ方式なので、近海のまき網とは巻く方向が逆になります。
焼津のカツオの水揚げも、海まきが一番多くなります。
海まきは漁法だけでなく、水揚げも効率が求められます。
船がカツオで満船になると、全速力で焼津漁港に戻ってきます。


学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp


 園長のつぶやき
今日はスクールカウンセラーの先生が来る日でした。
まずは、全員と面談することになり、数名の生徒が話しをしました。
カウンセリングの様子は写真で紹介できません。ごめんなさい。
一人でも辞める生徒が減ることを祈るばかりです。

さて、ある職員へのアンケートで、今までの学園の生徒で印象に残る人を聞かれました。
その結果、ほとんどの職員が答えたのが軍曹でした
「エンジンを3基積んだ、小笠原諸島まで数時間で行けるカツオ船がある」
と漁師から聞いてきて、それを信じていたりなど、憎めないキャラでした。
加えて、卒業間際に、海技士試験の4級機関に合格したのは、本人も、職員もビックリでした。

49生には、これほど際だった生徒はいないようです。
軍曹は学園の伝説になりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

校外研修 地震防災センターの見学

2018年04月20日 10時07分13秒 | 研修・見学

平成30年度入学生が残り一枠。ぜひ学園に来てください。
4月中に入学できる人が対象です。残り期間わずか!
入学希望者は、なるべく早く学園にお問い合わせくださいね。

今年も地震防災センターに行ってきました。
49期生は初めてマイクロバスでお出かけです。
http://www.pref.shizuoka.jp/bousai/e-quakes/index.html
東南海地震に関係することを説明してくれました。

地震ざぶとんに座って、家庭内での揺れを再現。

今年は県外生が多いので、参考になったのでは?

昨年は、地震防災センターのあと静岡市駿河区にある地球環境史ミュージアムに行きました。
でも今年は、とんぼ帰り。
すぐに学園に戻って実習をしました。
以上、昨日のお話。

今日は午前中に「初わかたか」です。最初の船での実習になります。
海はべた凪(なぎ)。でも、それでも酔う人はいますよ。
この様子は、また来週。


学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp


 園長のつぶやき
今日で49期生の2週目が終わります。
ここまで、順調です。

昨年は、いきなり退学する生徒がいました。
そうでなくても、4月は熱を出したり、体調不良者が発生します。
今年はそれもなし。順調すぎて怖いです...

ところで、今年はツツジがきれいに咲いています。
毎年咲くんですけど、今年は特にたくさん花が咲いて鮮やかです。
園内の管理をしてくれている職員に聞いたら、昨年のうちにたくさん咲くように手入れをしてくれたそうです。

他にも黄色い花のイペ(ブラジルの国花だそうです)とか、園長室前のミニ花壇とか。
芝生の手入れもそうですけど、この職員が学園をキレイにしてくれています。
マイクロバスの安全運転してくれますよ。

漁師の学校というと、がさつなイメージがあるかもしれませんが、
実際の学園はキレイですよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現場を見すえた実習

2018年04月19日 13時25分23秒 | 学園紹介

平成30年度入学生が残り一枠。ぜひ学園に来てください。
4月中に入学できる人が対象です。残り期間わずか!
入学希望者は、なるべく早く学園にお問い合わせくださいね。

ロープワーク実習が始まっていることを、昨日のブログでご紹介しました。
学園のロープワークは、現場目線です。
実際に使う技術を教えるのが大きな特徴。

例えば係船に使う「もやい結び」です。
練習用のロープは太さ1センチほどのやわらかいもの。

でも、こんな細いロープで係船しません。
ですから、実際に使うロープで素早くできることも練習です。

実習の先生が、足を使ったり、ほどき易くするために「返し」を入れたりを教えます。
単に技術を覚えるのではなく、現場で使えること!
学園の実習方針です。


【もやい】
漢字で書くと「舫い」で、動詞で「舫う」になります。
舫うとは、意味は船と船をつないだり、船を岸壁の杭(くい)などに結んで停泊させること。
船の固定に使うから「もやい結び」と呼ばれます。
さて、もやい結びは覚えると便利ですよ。
 簡単に固定できて、自然にほどけることはない。
 でも、意図的にほどくのは簡単。
なので、ロープワークの王様と呼ばれます。
簡単な結び方ですが、やり方はいろいろあります。
学園では、どんな状況でもできるように練習します。
興味がある方はYouTubeにたくさん紹介されていますの見てください。

学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp


 園長のつぶやき
高校生が、学園に進学することをについて、ちょっと書きますね。

現在の学園入学者はほとんど漁師の家に生まれたのではなく、自分の意志で漁師になろうと思った人たちです。


高校生ですから、
「大学や専門学校に行くべきか。それとも、就職するか?あるいは学園に行くか?」
と選択することになります。

これが中学生だと今の時代に高校に進学しない道を選ぶ人はごく少数です。
すごく大きな決断です。いろんな思いがあるでしょう。
でも、本人も親も選びやすいとも言えます。二択ですから。どちらかです。

これが、高校生になると話しが違ってきます。
まず、選択肢がたくさんあります。
進学先も大学、短大、専門学校など多くの種類があります。
さらに、就職の道もあって、就職は実業高校では珍しくありません。
親としても「高校は行って欲しい」とは思うでしょうが、高校以上をそれほど望まないでしょう。

ところで、高校や大学では入学した生徒、学生をどう扱うでしょうか?
最低限する必要があるのは
「通過させる」
ことです。
問題を起こさずに、卒業させることです。
だから勉強をしなくても、問題をおこさなければ卒業できます。
その生徒がどうなるかは、つぎのステップ(大学など)に任せるのです。

これが学園の場合、違ってきます。
「通過させる」
ことは意味がありません。
なにもせずに卒業まで学園にいることなど、無意味です。
学園には必ず、漁師として送り出す責務(せきむ)があります。
卒業後も漁師として、しっかりやっているかを見て、フォローをします。

学園進学を考えている皆さん。
学園は単に一年を過ごすところではありません。
在学中も、卒業後も応援して一人前の漁師に育てる学校です。

もしかしたら、通過することを考えて高校に行った人もいるかもしれません。
学園は違いますよ。
学園に進学を考えている方は、この点を理解してくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実習スタート

2018年04月18日 14時14分17秒 | 学園紹介

平成30年度入学生が残り一枠。ぜひ学園に来てください。
4月中に入学できる人が対象、今週で締切ます。
入学希望者は、なるべく早く学園にお問い合わせくださいね。

48期生の学園生活も順調にスタート。
今週はスクールカウンセラーさんとの顔合わせもありました。

さて、学園生と一目でわかる黄色いカッパと白い長靴が配布されました。
これ、けっこう丈夫な代物(しろもの)ですよ。これで「わかたか」の実習も始めらます!

そして、ロープワークの実習もスタートです。
毎日、数種類の結び方を覚えていきます。
船では毎日行うロープワーク。
『素早く、キレイに』
をめざして、やっていきます。


【漁師とカッパ】
カッパはピンキリです。
登山用などで高級なものは数万円しますよね。
 軽くて蒸(む)れない。
 着心地は最高です。
でも、そんな高級カッパをする漁師はいません。
それは、耐久性です。
毎日使うものだから、しっかりした生地で乱暴に扱っても破れないことが大事。
だから、漁師は厚手のカッパを使います。けっこう重いですよ。
趣味で釣りをする人の方が、漁師よりも高額な資材を使っています。

学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp


 園長のつぶやき
午前中に東京の方から電話です。
入学のご相談でした。
息子さんが高校3年生で漁師志望とのこと。
「息子は漁師のことは何も知らないから心配だ」
と言う内容でした。
そりゃ、そうです。

ところで、お話しを聞いていると、学園についての誤解(ごかい)が二つありました

一つは生徒の多くが漁師の家であると思っていらっしゃったこと。
 昔はそうでした。
 今は年に一人か二人。
 多くが都市部の普通の家です。

もう一つは、20歳以上の生徒が多数と思っていらっしゃったこと。
 年によっては30歳もいますが、半分以上は18歳です。

他にも、漁師が一生できる仕事か?など親としては当然なご相談もありました。
本人も、保護者の方も漁師の仕事はご存じないことがほとんどです。
電話にお答えしますが、学園にいらっしゃれば、すべてご説明しますよ
まずは見学に来てください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加