静岡県立漁業学園は、漁師を育てて50年。 大自然を相手にする、壮大な仕事をしませんか。

漁師をめざして、がんばっている生徒たち。
30歳までの人が全国から漁業の街、焼津に集っています。

ミクロネシア研修生2

2018年11月13日 12時17分10秒 | 学園紹介

ミクロネシア連邦から来た研修生4人。
ビックリするくらいまじめに取り組んでいます。

昼食は、彼らが加わったため食堂はいっぱい。
学園の食事を気に入ってくれたみたいで、ご飯のおかわりもしてたくさん食べています。


生徒とは体育を通してすっかり仲良くなりました。
バスケットは上手でしたが、ソフトボールは初めてらしく「ぎこちなく」バットを振っていました。
でも楽しそうでしたよ。


釣り込み練習では、持ち前のパワーを発揮(はっき)!
生徒が苦労する重りを軽々あげていました。
カツオ一本釣り漁船では活躍しそうです。
生徒にも良い刺激になっています。


学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
詳しくはホームページをご覧ください。
11月下旬からは、遠洋航海実習で生徒が不在となります。
生徒の様子を見学したい方は、11月中旬までの平日にご来園ください。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp
ホームページ www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-940

 園長のつぶやき
私の自宅から学園まで23キロくらい。
これをオートバイ通勤しています。
就職してから、徒歩、自転車、オートバイ通勤のいずれかです。

ときどき、
「オートバイは気持ちいいでしょ?」
と言われます。
本当に快適なときは1年間でほんのわずか。
ほとんどの時期は「暑い」か「寒い」かです。
冬が寒いのは想像つくでしょうけど、夏も大変。
長袖(ながそで)だし、ヘルメットかぶっているし、むき出しのエンジンから熱も上がってきます。
走っている時はまだ良いですが、信号待ちなどは拷問(ごうもん)です。
クルマと違って、オートバイ用品(カッパ、くつ、グローブなど)の出費もあります。
大きな荷物を積むこともできません。雨が降れば濡れます!!!

ちょっとだけ、通勤時間が短縮されますが、デメリットが大きく上回ります。
だから、ほとんどの人はオートバイ通勤なんかしません。

じゃあ、なんでオートバイ通勤するかというと説明は難しいです。
たぶん、価値観や不自由の尺度が違うんでしょう。

漁師の仕事、生活も同じことが言えます。
海で働く以上、陸上の便利さとはありません。
コンビニはないし、テレビ放送も視聴(しちょう)出来ません。
遠洋漁業なら仕事は休みなく何日も続きます。
沿岸漁業なら天候により出漁できない日は多くなりますが、自分の都合で出漁を決められるわけではありません。

でも、今の漁師は自分の意志で漁師になることを選んでいます。
コンビニやテレビがないことより、大自然を相手に魚を捕ることに価値がある人です。
オートバイに乗ることと同じで、独特の魅力(みりょく)があるんです。

これは学園の見学者に、漁師になることを積極的にお勧めしない理由のひとつです。
まず、漁師と言う職業に魅力を感じること。
それがスタート。
漁師は決して楽な仕事ではありません。
しかし、あなたの求めるものが待っているかもしれません。

コメント

水産業普及指導員の話

2018年11月09日 09時28分50秒 | 授業・講演

水産業普及指導員【以下、普及員】と言うのは漁師の活動をサポートする仕事です。
今回は、その普及員の仕事について女性普及員が説明してくれました。


漁師の活動と言っても、仕事内容はいろいろ。
その多彩な仕事を説明してくれました。


生徒の印象に残ったのはサワラのブランド化。
今やブランド化は日本中で行われています。
まさにブランド化競争。
彼らの食べる機会の少ない魚なので、逆にいろいろ思ったようです。

さて講師の彼女、実は体育会系です。
大学時代はカッター部だったそうで、学園のカッター訓練に指導員として参加したいと言ってました。
来年はお願いするかな?

釣り込み練習の様子をYoutubeにアップしました!
実習船でカツオを釣るのが楽しみです。
http://www.youtube.com/channel/UCsItlPZhzc98RK7zhYqUOow

学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
詳しくはホームページをご覧ください。
11月下旬からは、遠洋航海実習で生徒が不在となります。
生徒の様子を見学したい方は、11月中旬までの平日にご来園ください。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp
ホームページ www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-940

 園長のつぶやき
他県では県の水産関係出先機関【県庁の外にある県の事務所】が2種類あります。
一つが水産技術研究所【他県では水産試験場と呼ばれます】です。
もう一つが水産事務所。
漁業現場の近くにあり、漁師の活動をサポートします。
その水産事務所の職員が水産業普及指導員です。
他県と言ったのは、静岡県では水産事務所がありません。
どこにいるかと言うと、普及員は研究所に駐在します。
そして我々水産技師は研究員になったり、普及員になったりします。

静岡県に普及員は10人しかいません。
その10人で伊豆から浜名湖までの全海域、加えてニジマスなどの内水面養殖まで管轄となります。
少人数ですが、各地を周り漁業者の応援をしています。
新しい水産技術研究所の展示室「うおしる」のご案内も普及員のお仕事です。

コメント

機関当直実習 機関専攻生徒が航海専攻生徒に説明

2018年11月08日 09時04分43秒 | 授業・講演

遠洋航海実習で行う機関当直実習。
学園生は機関専攻だけでなく、航海専攻の生徒も行います。
航海当直実習も、両専攻の生徒が行います。

今回は、先に練習した機関専攻の生徒たちが、航海専攻の生徒に教えていきます。
先生が教えるより、機関専攻の生徒も理解が深まります。
そしてマンツーマンでやるので、教わる側もわかりやすいはず。


どの計器をチェックするのか、注油箇所はどこか、などを説明し
稼働した機関で当直実習を練習しました。



学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
詳しくはホームページをご覧ください。
11月下旬からは、遠洋航海実習で生徒が不在となります。
生徒の様子を見学したい方は、11月中旬までの平日にご来園ください。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp
ホームページ www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-940

 園長のつぶやき
学校の授業ではムダ、あるいは必要ないと思ってしまう科目があります。
例えば音楽や美術。
別に芸術関連の知識がなくても、生活に困ることはほとんどありません。
歴史や古文も知らなくても生きていけます。

学校は生徒が大勢(おおぜい)います。
どんな生徒にでも対応出来るようにカリキュラムが組まれています。
だから多分野の授業があります。

ただし、そんな科目が自分にとってムダかどうかは別問題です。
芸術関連の知識がなくても生きてはいけます。
でも、その知識によって人生が豊かになるかもしれません。
そして大事なことは、世の中にはいろいろなことがあることを知ることできます。

船のエンジンは、機関員以外が目にすることがない場所にあります。
だから甲板員は機関員の仕事を見る機会がありません。
例えば遠洋まぐろ漁船は気温の低い、嵐のような海で操業します。
とても厳しい環境です。
操業中も機関の当直があります。
機関当直は暖かい船の中。
そうなると外で作業している甲板員は「機関員は楽をしている」と思ってしまいます。

機関当直は遊んでいるわけではありません。
しかも、機関員も当直以外の人は甲板で作業を行います。
機関員と言えど、甲板作業もできなくては、まぐろ船の機関員として一人前ではないのです。
すると機関員は「甲板員は覚えることが少なくて良いなぁ」と思います

同じ船に乗っている人が、こんなふうに思うのはチームワークを乱す原因となります。
ですから、学園で甲板員となる航海専攻の生徒が機関員の仕事を学ぶ。
とても大事なことなんです。
決して、ムダなことではありません。

コメント

ミクロネシア連邦からの研修生1

2018年11月07日 10時14分26秒 | 学園紹介

先週から来園しているミクロネシア連邦からの研修生の様子をご紹介します。
20歳代が3人、30歳代が1人。
学園の生徒より年上の人たちです。

学園に来た主な目的は、カツオ一本釣り漁船に乗るための技能研修。
釣り込みや、ロープワークです。
ただ、それだけじゃなくて午前中は日本語の授業があります。
体育の時間は生徒といっしょに行います。


4人とも、まじめな修学態度で、身体能力が高く、覚えも早いです。
これには生徒もビックリです。
生徒も英語や日本語で研修生に話しかけて交流を図っています。
もしかしたら、就職した船で再会するかもしれませんね!


学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
詳しくはホームページをご覧ください。
11月下旬からは、遠洋航海実習で生徒が不在となります。
生徒の様子を見学したい方は、11月中旬までの平日にご来園ください。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp
ホームページ www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-940

 園長のつぶやき
学園では漁師になるための教育、訓練を行います。
中でも大事なのは漁船での適応力。
これはメンタル面が大きいです。
漁船に就職した直後は肉体的にも、精神的にも大きなストレスがかかります。
肉体的な苦労は慣れます。時間の問題です。
でも、メンタル面はそうは行きません。
メンタルで本当に頑丈な人なんてめったにいません。
どんな人でも、状況によっては簡単にメンタルがやられます。

ミクロネシアの研修生も、研修後は一人ひとりが別の船に就職となります。
おそらく、同国人はいません。
それが、大きなストレスとなるはず。
しかし、たくさんいるインドネシア人とは宗教が違うものの仲良くできるみたいです。
苦労はたくさんあると思いますが、ぜひ乗り越えてほしいと思います。

ところで、私のメンタル面での弱点は怒りやすいこと。
このところ、起こることで自分のメンタルを潰していることを感じます。
なるべく怒らないようにすることが、当面の課題です。
怒らなくて済むように、生徒も協力してくれるとうれしいなぁ。
おっと、生徒のせいにしてはダメですね。

コメント

水産技術研究所浜名湖分場の見学

2018年11月06日 10時09分24秒 | 授業・講演

静岡県の水産技術研究所は県内に4カ所あります。
焼津の本所、下田の伊豆分場、富士宮の富士養鱒場、浜松の浜名湖分場です。
9月に富士養鱒場を見学しました。
そして今回が浜名湖分場です。

浜名湖分場の管轄(かんかつ)は遠州灘と浜名湖。
扱う水産物で言えば、
 トラフグ、アサリ、ウナギ、ノコギリガザミ(どーまんがに)、クルマエビ
などです。
遠州灘ではシラスの水揚げが圧倒的(あっとうてき)に多いんですが、シラスは焼津の本所が担当です。

浜名湖分場では浜名湖の成り立ちや、この地区の漁業、アサリなどの説明を受けました。
生徒はウナギやアサリの生産量が減っていることに関心が高かったようです。。


続いて、併設されているミニ水族館ウオットを見学。
ウオットは運営を民間委託しています。
それというのも、生物を飼育するのは、すごく労力とノウハウが必要で、研究員が片手間でできるものではないんです。
ましてや、水族館はサービス業でもありますからね。


生徒の中には、浜松でシラス漁に就職する生徒もいます。
浜松のシラス漁師は、アサリ漁と兼業できるのが特徴です。

学園見学のお申し込み、入学のお問い合わせは電話、Eメールで。
詳しくはホームページをご覧ください。
11月下旬からは、遠洋航海実習で生徒が不在となります。
生徒の様子を見学したい方は、11月中旬までの平日にご来園ください。
電話 054-626-0219
Eメール gyogaku@pref.shizuoka.lg.jp
ホームページ www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-940

 園長のつぶやき
静岡県の水産技術研究所。
他県では水産試験場という名称です。
静岡県も約10年前に水産試験場から水産技術研究所に名称が変わりました。
そのときに、工業試験場、農業試験場なども研究所になりました。

そして、水産技術研究所として最初にできたのは浜名湖。1904年です。
1905年に清水。1913年に焼津。1929年に伊東。1933年に富士宮。1957年に浜名湖...
伊東分場は1999年に廃止となりました。

ところで私ですが、県に水産技師として就職して最初に富士養鱒場。
その後、伊東分場、本所、伊豆分場、その合間に県庁の水産関係課3カ所を廻りました。
浜名湖分場は行っていませんが、たぶん現役水産技師では最多赴任箇所です!

水産技師でも、私のように転勤が多い人と、同じ職場に長い人がいます。
同じ職場に長いのは、特定の分野での能力を買われている場合です。
私なんかは、「これと言った秀(ひい)でたものがない」職員の典型かも....?

さて、静岡県の水産技師は、県庁に配置されている人を含めて約60人。
他県と比べても少人数です。
研究所の職員も、一人で多くの仕事を抱えてがんばっています。
そして、静岡県の多彩な水産業を支えています。

コメント