フォト散歩

ブックマーク下の「後藤正治ホームページ」をクリックするとホームページにつながります。

フォト歳時記 ”渡り鳥”

2018年09月19日 | 日記

”渡り鳥”?が見たくて短い足と短い歩幅でヨチヨチ・トボトボ一時間かけて港まで歩いた。
道中の”他力本願”の元祖浄土宗のお寺の山門の掲示板に次のように書かれていた:
”人は 出あい”
”人間は ふれあい”
”世間は 助けあい”
”み仏は めぐりあい”
これまでの私の人生を振り返ってみると”助けあい”ではなく皆さんに”助けてもらうワい”であった。
今日の”渡り鳥”との”出あい”も残念ながら他力本願によるもので自分の力量でないのが残念でもある!?!!




フォト歳時記 ”秋の日本海”

2018年09月18日 | 日記

山口県阿武町付近にて


フォト歳時記 ”敬老の日”

2018年09月17日 | シルクロード

今日は全国的?に”(敬)老の日”とか。
いつものように塀の中で写材を探してウロウロしていると私の皮膚と同じシミ、ヒビ割れをしているケヤキの幹を見つけた。
ケヤキは幹の表面だけが年を取っているように見えるが私の場合頭の中にもシミもヒビ割れがあるのが問題だナ〜とひとり言をいいながらパチリ!!!

フォト歳時記 ”秋の連休”

2018年09月16日 | 日記

今日は日曜日。
現役を引退してからすでに十数年経つが今でも日曜日は嬉しい。
また明日は何の日か知らないが月曜日なのにお休みの日と聞いてとても嬉しい。
”ハッピー”も明日も休日と知ってか今日は一日ダラダラ過ごしていた???!!!
やはり連休がうれしいのだろ〜!!?

フォト歳時記 ”秋の庭”

2018年09月15日 | 日記

今日のタイトル ”秋の庭”は正式な季語ではない。
ただ”秋”を付ければ良いと言うものではないが・・・つけちゃいました〜〜。

今日も塀の中で写材を求めてウロウロしていると禅語の”看脚下(かんきゃっか)”(『足元を見よ』の意)の言葉を思い出して足元を見たらプランターに今年挿したアジサイの枝の大群があった。
禅語の言葉だからもっと深い意味があるのだろうが単純な私はただ自分の足元を見ただけだった!!!
残念!!!

フォト歳時記 ”虫の音”

2018年09月14日 | 日記

日中秋雨が降り続いたが夕方になって雨が上がった。
夕食時には庭から”虫の音”が聞こえてきて”虫の音”を聞きながら好物のあの細長い”秋の魚”を一本食した。
”虫の音”と言えば聞こえて来るのは「コロコロコロ・・・」と鳴く”コオロギ”、「リーリー」の”マツムシ”、「リーン リーン」と鳴くのは”スズムシ”か。
小鳥や虫の鳴き声を文字に表す事を「聞き做し(ききなし)」と言うが鳴き声を文字に直すのは難し〜い!!!

塀の中で撮った上記の虫は”ウマオイ”に似ているが・・・なんて鳴くのだろ〜か???

フォト歳時記 ”秋詣で”

2018年09月13日 | 日記

写真とカメラに興味がある人の”聖地” ”Yカメラ”の京都の分院?を参拝?した。
この歳(もうすぐ72歳)になると信仰する対象物が無くすぐに分院を後にした。
お隣には真宗大谷派の本山(聖地?)である”東本願寺”が。
その塀には日本語と英語で上記の写真のように書かれていた。
日本語の文章を読んで????。
英語の文章を読んで??? あの livingのlive は”他動詞”かナ?また life とliveをかけているんだろうナ〜・・・なんて半世紀以上前に習った英語を思い出しながら・・・。
他力本願の”浄土宗”、”浄土真宗”では”他動詞” もありかナ・・・???
そんな事を考えながら歩いていて気がついたら京都駅だった。

上の写真の英語の字が小さくて読めない方に: Now, life is living you. と書いてあります。


フォト歳時記 "銀座の柳"

2018年09月12日 | 日記

1ヶ月ぶりの銀座。
銀座本通りを避けていつものように裏通りの並木通り、みゆき通りを歩きアイビー時代を懐かしく思い出した‼︎
本通りに出ると外国人バッカリそして名物の銀座の"柳"は無く"カツラの木"バッカリでガッカリした。

♬銀座はくれない 柳は緑
染める都の 春模様
銀座うれしや 柳は招く
招く昭和の 人通り♬
作詞 西條八十

(スマホでアップしたら写真が横倒し?になってしまいました〜!!!・・・残念!!!)

フォト歳時記 "秋の旅"

2018年09月11日 | 日記

木曽八景の一つ 浦島太郎伝説で有名な? "寝覚の床(ねざめのとこ)"を中央本線から眺め....スマホでパチリ!
"昼顔に 昼寝しょうもの 床の山" 松尾芭蕉

フォト歳時記 ”秋の蝶”

2018年09月10日 | 日記

今年の”塀”の中の生物は小さくなってきたようだ。
先月登場した黒羽トンボ、先日の赤トンボ、蜘蛛、バラや蘭の花、今日のシジミ蝶など今年は皆小さくなってきた??!。
さらに私自身も身長が低くなり存在そのものも小さくなってきた!!!

”物好きや 匂わぬ草に とまる蝶” 松尾芭蕉
「(花の蜜の)匂いも無い葉に とまっている蝶、 なんて物好きなものよ」意訳
((この句にはもっと深い意味があるのだろ〜な〜???))

フォト歳時記 ”秋祭り”

2018年09月09日 | 日記

雨が上がった小さな♪わたしの城下町♪に秋祭りがきた。
歴史的に由緒ある八幡神社だが残念ながら神輿の担ぎ手がいないため軽トラックに乗った神輿が町内を練り歩いた(走った)。
私の子供ころはM区の大鳥神社の氏子であったので祭りには大人の神輿を担ぎ丁内在住の有名人からの差し入れをもらった事をつい最近の事のように思い出す。
そのような祭りを通して先輩・後輩の上下関係と礼儀など”社会のオキテ”?みたいなものを学んだような気がする。

フォト歳時記 ”赤トンボ”

2018年09月08日 | 日記

今年は我が家の庭にいろいろな種類の小さなトンボがたくさん飛んできた。
今日の赤トンボも今まで見たことも無いほど小さな”赤トンボ”だった。
なんというトンボか知らないがこの年になると名前よりもそのトンボの生涯が無事であれと祈ることである。

”唐辛子 羽をつければ 赤トンボ” 松尾芭蕉の弟子 其角(きかく)作

フォト歳時記 ”秋の長雨”2018

2018年09月07日 | 日記

今日は ”秋の長雨” の初日になった。
スダレに付いた水滴は”うれし涙”かそれとも・・・?

秋の虫の音を聞きながらこのブログを書いています。
皆さん体調管理にお気をつけください。

フォト歳時記 ”秋休み”

2018年09月06日 | 日記

今日はネコもアライグマも人間たちもお休みの日でした〜!!!

フォト歳時記 ”渡りつばめ”

2018年09月05日 | シルクロード

自宅近くの一級河川の水面スレスレに一羽の若ツバメが飛び回っていた。
9月下旬から台湾、フィリッピンへの渡りの時期が始まるがその飛行には危険が伴い外敵から逃れるには海面スレスレに飛ぶ必要があるのでそのための練習か。
平和な日本で生まれ育ったツバメが人間と同じ平和ボケしていなければいいナ〜なんて思いながら・・・。