フォト散歩

ブックマーク下の「後藤正治ホームページ」をクリックするとホームページにつながります。

フォト歳時記 ”初夏の河川”

2020年06月04日 | 日記

今日の♫わたしの城下町♫では最高気温は24度台で県内で一番低い気温だったらしい。

川面を吹く風も心なしか涼しく浅瀬で魚を狙っている鳥も気持ち良さそうに狩りをしていた。

 


フォト歳時記 ”ハマヒルガオの咲くころ”

2020年06月03日 | 日記

今日の山陰地方は今にも雨が降りそうな蒸し暑い天気だった。

近くの浜辺ではピンク色の”浜昼顔”が元気がなさそうに咲いていた。

また日本海も顔色が悪く?静かに横たわっているようだった???

おまけ

ハッピーも飼い主も元気が出なかった。

きっと電磁波の関係か太陽風の影響なのだろう・・・・???。


フォト歳時記 ”横浜港開港記念日”

2020年06月02日 | 日記

 

今日の♫わたしの城下町♫は気温は24度、湿度も低く過ごしやすい一日だった。

太陽が昇る角度の為か網戸に虹色の模様が現れた。

今日は私の好きな横浜の”横浜港開港記念日”なのでお祝いに・・・と思いながら一枚パチリ。

おまけ ”自写像”

久しぶりに”塀”の外に~・・・。


フォト歳時記 ”花壇万華鏡”

2020年06月01日 | 日記

今日は一日曇り空の天気だった。

我が小庭ではバラが最盛期を過ぎ、アジサイが庭のあちらこちらで咲き始めた。

花々から季節の移ろいを感じながらシャッターを何度もパチリ、パチリ、パチリ・・・・。

 


フォト歳時記 ”小さな訪問者”

2020年05月31日 | 日記

Mちゃんが花が終わったチューリップの球根堀りに来てくれました。

おまけ 

Kちゃんとハッピーの初めてのご対面~。


フォト歳時記 ”梅雨入り前”

2020年05月30日 | 日記

九州地方は今日”梅雨入り”したと天気予報で言っていた。

我が町♫わたしの城下町♫は明日か明後日に”梅雨入り宣言”が出るらしい。

庭の片隅の杉の木の下で”ユキノシタ”が楚々と咲き続けている。

葉は日に干してお茶に混ぜて民間療法薬として使われたり食用として天ぷらで食すと言われている。

花言葉は”切実な愛情”とか。

今日の”ユキノシタ”はパソコンの力を借りなくても漢字で書けるが”雪ノ下”が良いのか”雪の舌?”が良いのかわからないのでカタカナで書いた方が良いだろナ~・・・と思いながら一枚パチリ。

 

 


フォト歳時記 ”春名残り”

2020年05月29日 | 日記

自宅の垣根で今春最後の”ツツジ”が咲いている。

あるTV番組で昆虫や植物などは図鑑でないものはカタカナ表記ではなく漢字で書いた方が良いと言っていた。

その偉い先生の言うとおりだと私も思うが・・・。

しかし私を知っている人はもし私が”ツツジ”を”躑躅”と書いたら「ゴトウはこんな難しい漢字を知っている訳がない」と言うだろうナ~と思いながら一枚パチリ。

おまけ

夏に向けて外にあるキャット・タワーを涼しい場所に移動したところご機嫌になり小さなカメラで初めて?こちらを向いてくれました!


フォト歳時記 ”バラが咲くころ”

2020年05月28日 | 日記

今我が家の庭では数種類のバラが満開である。

”バラ”と言えば映画音楽・ヘンリー・マンシーニー作曲♫酒とバラの日々♫(通称”酒バラ”)を思い出す。

映画の内容は覚えていないがオリジナル曲の♫酒とバラの日々♫はメロディーが美しくまたちょっと難解?だが人生の”無常”(大袈裟?)を表現している歌詞が好きである。

私の日常生活は”とバラの日々”だナ~・・・・なんて思いながら一枚パチリ。

 

 


フォト歳時記 ”田植えの頃”

2020年05月27日 | 日記

今日は所用で近くの里山に出かけたがほとんどの田んぼでは”田植え”が終わっていた。

しかし私にとっては”苗ライン”が気になる季節と言っていいかも知れない???

上記の田んぼは不等辺七角形?で田植え機をどのように動かしたのか気になりながら一枚パチリ。

おまけ

今日もハッピーに小さなカメラを向けると大あくびをして相手にしてもらえなかった???

そう言えば昔プロのカメラマンが外国製(スエーデン)の”ハッセルブラッド・カメラ”でないとモデルに馬鹿にされると言っていたのを思い出した。

やはりハッピーも小さいカメラで写されるのはプライドが許さないのかナ~・・・なんて思いながらまた一枚パチリ。


フォト歳時記 ”五月霧雨”

2020年05月26日 | 日記

午前中ときおり霧雨が降る天気だった。

静岡に住んでいた時に実生から育てた”エゴノキ”が今年も庭の”真ん中”で花を付けた。

おまけ

今日も”おもちゃカメラ”が気に入らないようで不機嫌なハッピーでした!!!

 


フォト歳時記 ”エビネラン”

2020年05月25日 | 日記

 

今日は薄日が射したり小雨が降ったりの一日だった。

新月の大潮から数日たったので月の引力やその引力の関係で地球内部のマントルの動きの変化から体調が良くなる人や悪くなる人がいるのでは~・・・???

上記のエビネランはこの数日で元気が出たかナ~・・・なんて呟きながら二枚パチリ。


フォト歳時記 ”初紫陽花”

2020年05月24日 | 松尾芭蕉

今日は暑い一日だった。

最近全く手入れをしていない雑草だらけの”藪”のような庭で5年前長野県諏訪市で手に入れた山アジサイが咲き始めた。

”紫陽草や 藪を小庭の 別座敷”  松尾芭蕉

「(座敷ではなく)”ベランダ”から眺めると藪のような小庭に紫陽花が咲いている」

(マー爺の家のことで~ㇲ)

おまけ

”そんなおもちゃのようなカメラで写真が撮れるの?”と疑いの目つきのハッピーでした~!!!

 

 


フォト歳時記 ”早 夏”

2020年05月23日 | 日記

自粛解除になって初めての土曜日だったが日本海の浜辺にはまだ人影は少なかった。

おまけ

庭にある野イチゴを見つけて大喜びのMちゃんでした。

 


フォト歳時記 ”かきつ池”

2020年05月22日 | 松尾芭蕉

今日は久しぶりに大晴れの一日だった。

コウホネ、アオガエル、黒メダカ、ヤゴなどが住んでいる池にカキツバタが咲き続けている。

”杜若 似たりや似たり 水の影” 松尾芭蕉

「水に映る杜若の影はまったく杜若にそっくり似ていることだ」 (訳 角川文庫 芭蕉全句集より)

もう1つの解釈は(「水に映るカキツバタの姿はまったくアヤメに似ていることだ」) 

”ミニカメラ 似たりや似たり 水の影”  マサハル

(水に映るミニカメラの姿はまったく恩師 植田正治氏が晩年使っておられたミニカメラと似ていることだ)

恩師 植田正治先生は80代になって表現手段として小さなカメラで作品を作っておられたが小生は最近の体力の衰えから早くも70代にしてわずか300グラムの軽いカメラになってしまった。!!!

”残念”!!!

お知らせ

写友のK氏が今月のアサヒカメラ6月号の月例に”入賞”し今年に入ってアサヒカメラは3回、フォトコンは2回入賞しました!

図書館、本屋さんでご覧いただければうれしいです。

 

 

 

 


フォト歳時記 ”アザミ寒”

2020年05月21日 | 日記

昨日よりも気温が下がり寒い一日だった。

近くの里山では田んぼの土手にアザミなど様々な花が寒そうに咲いていた。

棘があるアザミは好きな花の一つだが”棘のある人間”はヤダな~・・・なんて思いながら有名な”あざみの歌”を口笛で吹きながら一枚パチリ。

おまけ

庭のアジサイの葉でお休み?している”アオガエル”クンに出会った。

彼らは毎晩大合唱をしていたが新月が近づいたせいか最近では静かになって来た。