小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

春秋  突然だが、ここでクイズ / 日本経済新聞

2019年09月22日 | コラム
映画「アルプスの若大将」予告編から  
    
  
 
  
日本経済新聞 2019/9/22付   突然だが、ここでクイズ。  伊東四朗さん(82)、  杉良太郎さん(75)、  加山雄三さん(82)。この3人の共通点は何か。最近、ドラマで共演した?同じ旅番組のリポーター?答えは、いずれも運転免許を返納した方々。伊東さんは3年前、残る2人は今年、踏み切った。

▼「事故は取り返しがつかない」「ある意味、ホッとした」など動機や感想はさまざまだが、自らの衰えを自覚し、まわりに迷惑をかける前に、との決断に敬意を表したい。折しも21日から始まった「秋の全国交通安全運動」は重点の2番目に「高齢運転者の交通事故防止」を掲げた。社会問題化しているといってよかろう。

▼統計でも、免許保有人口10万人当たりの死亡事故の件数は70歳以降で増え始め、85歳以上が16.3。どの世代より突出する。車両の単独事故が多いのも特徴だ。免許の返納者は昨年42万1千人あまり。一方で、運転をやめた高齢者は要介護となる可能性が2倍になる、との研究もあり、扱いの難しさを物語っているようだ。

▼歳月は容赦ない。お笑い出身の名脇役も、目元涼しい美声の主も、海に山に躍動した若大将も老いに誠実に向き合っている。「自分は大丈夫」との過信を捨て、新たな舞台に進む勇気が人生百年時代には必要なのだろう。交通と福祉が入り組むこのテーマは、私たちの社会の課題解決への決意を試しているようにも思える。   
  
  そうか~、小父さんが熱を上げていた若大将も車のハンドル握るのを止めたのか~。でもエレキギターは時々担いでいるよね(笑)。正直、日本の巨大迷路みたいな道路を車で走っていると本当に怖い。怖いという意識がある間は事故は未然に防げるんだろうか?いや、小父さんは鈍いから早めに引退すべきなんだろうが、車がないとお気に入りの歯医者さんにも行けなくなるし、雨の降る日も不便だよね!次の更新が75歳。う~ん悩ましいところだ。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 高丘コミセン ぶらり歩こう... | トップ | 里の秋 鮫島有美子 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はちきんイジー)
2019-09-23 12:18:30
免許証返納
いつか私もしなくてはいけないでしょうが
来るかなしでどこにも行けない街に住んでいると難しいですね

それなりにシニア向けのサービスはあるでしょうが

小さな事故を起こした事から駐車場でのバックはストレスです

知人の知り合いは運転中左折を避けて運転されるようです

左折に事故が多い事もあり、、、

はちきんイジーさんへ (小父さん)
2019-09-23 16:12:16
>来るかなしでどこにも行けない街に住んでいると難しいですね

想像できますよ!

日本でも山村に住む高齢者の方が車がないと大変だと思います。
そんな場所にこそITが動かす無人自動運転車が必要なんでしょう。

上に「巨大迷路みたいな道路」と書いたのはイジーさんの走っている広い道が頭にあってのことです。

>小さな事故を起こした事から駐車場でのバックはストレスです

分かります。

>左折に事故が多い事もあり、、、

???と思い巡らして気がつきました。
アメリカは車が右側を走るんですね!
私は交差点の右折が嫌いです、ノロノロしていると後からクラクション鳴らされるし、飛び出すと直進車とぶつかるし・・・(笑)

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事