自遊空間、 ぶらぶら歩き。

日々見たこと、聞いたこと、読んだこと、考えたこと

クリスタルの花瓶にカスミソウ 試験管にフリージア

2021-04-18 | 日常・身の回り

長い間闘病していて今年の1月に亡くなった友人。
ご家族が贈ってくださったカタログの中から食品でも選ぼうかなと思っていました。

収納の少ない住まいですし、私たちもそろそろ物を整理しなければならない頃合いです。

カタログを繰っている時にクリスタルの花瓶が目に入りました。
花好きの友人でしたから、そうか花瓶もいいなと考えを変えました。
収納できる場所をまず確保してから、注文しました。

実は玄関にも部屋にも大きい花瓶を置ける場所はありません。
でも、時々花を飾りたい時もあります。この選択、当たりでした。

狭いベランダに今年も咲かせたフリージア。
短い花期を試験管の花瓶にとどめました。クリスタルの花瓶は置けない、小さな飾り棚です。

 

 

コメント (1)

イペの花

2021-04-17 | 花・木・実・いきもの・自然

今年も元気な黄色のイペの花が元町駅周辺や海外移住と文化の交流センターの庭で咲き始めました。
英語ではイエロートランペットツリーと言われるように、おもちゃのラッパほどの大きさがあります。

イペはノウゼンカズラ科の花で、いろいろあるノウゼンカズラの花のなかでも黄色はブラジルの国花になっているそうです。

今年はサクラをはじめ、木々の花が咲き始めるのが早く、このイペもブログにあげるのがだんだん早くなっています。

 

前半の写真が元町駅周辺、後半は海外移住と文化の交流センターの庭のイペです。

 

 

(4/15と4/16に撮影)

 

阪神タイガース、今日17日は雨天中止でしたが、昨夜のナイトゲームはヤクルトに勝ちました。
ただ、打線はふるわずピッチャー藤浪の2ランホームランの2点のみでした。
着ているのはここにも黄色、ウル虎イエローユニフォームです。

 

 

コメント

喜歌劇「メリー・ウィドウ」ハイライトコンサート

2021-04-16 | コンサート・音楽・宝塚

4月15日(木) 兵庫県立芸術文化センター中ホールで 
喜歌劇「メリー・ウィドウ」ハイライトコンサート~ええとこどり

毎夏兵庫県立芸術文化センターで上演されている佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ
今年はレハールのメリー・ウィドウが、7月に8日間にわたって上演されます。

そのレクチャーをかねてのコンサートでした。


曲目はー
ハンナとダニロの二重唱「唇は黙しても」
ハンナのアリア「ヴィリアの歌」
ヴァランシエンヌとカミーユの二重唱「私は貞淑な人妻」
ダニロ登場の歌「おお、わが祖国よ」
ハンナとダニロの二重唱「まぬけな兵隊さん」
ヴァランシエンヌとカミーユの二重唱「ふたりきりで」
ハンナとダニロの二重唱「ダンスの二重唱」
ヴァランシエンヌカミーユの二重唱「さぁ、東屋へ行こう」
「女・女・女のマーチ」
ハンナとダニロの二重唱「唇は黙しても」

出演者はー
ハンナ・グラヴァリ:北野智子(ソプラノ)
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:迎肇聡(バリトン)
ヴァランシエンヌ:端山梨奈(ソプラノ)
カミーユ・ド・ロシヨン:中川正崇(テノール)
ミルコ・ツェータ男爵:橋本恵史

ピアノ/お話:伊原敏行

 


本番は7月、ワクチン接種は進んでいるでしょうか。
オペラは予定通り上演されるのでしょうか。
7月24日、オリンピックの開会式はできるのでしょうか。

ほんの少し先のことも分からない不安な日々ですが、粛々と毎日を大切に暮らしていこうと思っています。

 

 

コメント (2)

阪神快進撃

2021-04-15 | プロ野球・スポーツ

阪神、広島との3連戦は、1日目が雨天中止。
2・3戦目は完封勝ちでした。

昨日の始球式は引退した藤川さん。

 

今夜も勝ちました。

 

かんぷうの漢字変換で、まず寒風と出ちゃいましたが、まさしく風の強い寒い2日間でした。
私の住む兵庫県は新型コロナ感染者が昨日は507人、今日は498人と高波にほんろうされています。

そんな気が晴れない日々でも、野球ファンにとっては試合が行われて、真剣に戦う姿を見られるのは嬉しいことです。
阪神ルーキー佐藤の豪快なホームラン、スカッとします。

そんな時、知事のうちわ会食提案にはあきれました。
うちわが飲食店に配布される前に中止されてよかったです。
提案した方はうちわを使った食事のシミュレーションをしなかったのかしら。
そんな予算があったら、飲食店に消毒シートでも配布したほうが余程いいのにねえ。

 

 

コメント (4)

宝塚歌劇花組公演~アウグストゥス―尊厳ある者ー、Cool Beast!!

2021-04-14 | コンサート・音楽・宝塚

4月13日、宝塚大劇場で花組公演「アウグストゥスー尊厳ある者ー」「Cool Beast!!」を観てきました。
今年に入ってからの2公演はチケットを手に入れられなかったので、約5ヶ月ぶりの観劇です。
観劇できて感激^^です。

お芝居の方は少し暗めの舞台装置で、殺し合いが多い展開でした。
物語にかかわる重要な登場人物が多く、スポットはオクタヴィウス役の柚香光(ゆずかれい)さんだけではなくたくさんの人物に当たっていました。
そんなこともあってか、娘役トップの華優希(はなゆうき)さんとの絡みが少なかったように思います。

この公演で華さん、アントニウス役の瀬戸かずやさんの退団が決まっています。

ショーはラテン・レビュー。Beast は野性的な柚香さんに重なります。

ほぼ1年、オケピにオーケストラメンバーは入らず、音楽は事前録音だったのが、今公演はライブになっていました。
昨年は使うことが少なかった銀橋でもたくさんのパフォーマンスがありました。

白燕尾での群舞もすてきでした。
そうそう柚香さんの女役でのダンスもあるんです。
まあなんて細い。でも、力強い。妖しい魅力のあるシーンでした。


毎年、宝塚観劇に合わせて、花のみちのサクラを見られることが多かったのですが、今年はすっかり葉桜のトンネルになっていました。

 

ヤマブキ

 

ヤマブキツバキ

 

ハナミズキ

 

コデマリ

 

モクレン

 

シラン

 

シラー

 

フイリナルコユリ

 

ヤエザクラ

 

スミレ

 

残っていたソメイヨシノ

 

 

(4/13撮影)

 

 

コメント (2)

緑、いきいき。

2021-04-13 | 花・木・実・いきもの・自然

ソメイヨシノが散って、若葉が出てきましたね。
このころになると、山がほんの少し赤っぽくなります。
広葉樹の若葉が萌え出す色です。

 


街路樹も若葉もりもりです。

 

メタセコイアスモークツリーの若葉

 

ハナミズキ

 

フジ

 

おまけで散髪仕立ての木(コニファーかな?)勢ぞろい。

 

(4/3~4/11に撮影)

 

 

 

コメント (4)

「動かない」と人は病む:生活不活発病とは何か(講談社現代新書)~大川弥生さん

2021-04-12 | 

筆者の小川さんは「廃用症候群」という、聞いたら落ち込みそうな病名を「健康で活力ある長寿社会」へのコンセプトにできるよう、「生活不活発病」という名称を思いつき提案した医師です。

 

この新書は2013年の発行です。
コロナ禍など想像もできないころの著作ですが、生活不活発病やフレイルという言葉が今では大きな意味を持って私たちの身近にあります。
フレイルという言葉はこの本の中には出てこなかったと思うのですが、症状としては重なっていますね。

「ステイホーム」が特に高齢者に推奨^^いや命令されている(に近いかな?)けれど、何にもしないでステイホームじゃいけないんです。

下記はコロナ禍のもとでの生活不活発病防止策としてこの本に載っていた文章ではありませんが、家に居てもじっとしていないで、積極的に身体を動かすということですね。

〇社会参加を活発にし、
 (社会の中で何らかの役割を果たすこと、楽しむこと、権利を享受すること)
〇多くの生活動作を回数多く行い、
 (生活の中で具体的な目的を持って行うあらゆる動作、行為)
〇自然に体や頭を使う機会を増やす。
 (見る、聞く、声を出す、判断するなど)

ごろっと寝っ転がって本を読んだり、ひじ掛けのある椅子に座ってテレビ観たりするのが好きな私にできるかなぁ。


厚生労働省のHPで生活不活発病のあれこれを読むことができます。
大川さんの署名のある文書にもアクセスできます。

 

 

コメント

チューリップのある風景

2021-04-11 | 花・木・実・いきもの・自然

街歩きの間に撮った写真の中に、チューリップが増えました。
チューリップの球根は長い冬の間、じっくり土の中で力をためてから咲き出します。
でも、咲いている期間はそう長くはありません。

道路沿いで、門が開かれていた教会のプランターで、いつも花々を楽しませていただく花と緑のまち推進センターの庭で、いろいろな種類のチューリップを見られました。

 

花びらゴージャス^^

 

 

花びらのベッドは居心地いいかな?

 

 

原種系もよく見るようになりました。

 

 

(3/31~4/11の間に撮影)

 

今日、横浜でのデーゲーム、阪神、DeNAに辛勝して3連勝です。
3試合とも、先発投手に勝ちがつきました。
ただ、入国が遅れていた外国人選手が合流し出しますから、ウカウカとはしていられません。

今日もわらし姉妹が大きく抜かれてました。それをチェックできたヒマ人な私です。

 

 

コメント (4)

花は次々咲いて・・・。

2021-04-10 | 花・木・実・いきもの・自然

昨日は街に出た流れで夫と外ご飯でした。
消毒も徹底しているし、テーブル間が広いので時々行くデパート内の飲食店は、夕飯どきだというのに、客はまばらでした。
飲食店はほんとうに大変な状況に置かれています。

新型コロナウイルス変異株感染が急速に拡大している地域に住む身としては、心穏やかではありませんが、やっておきたいことはやり、行っておきたいところへは行っておこうという気持ちでいます。
もちろん、注意しながらです。

私の住む地域ではソメイヨシノはすっかり散って、八重桜が満開、早くも散り始めです。
うす緑色の八重桜にはスマウラフゲンゾウという名札がついていました。

 

スマウラフゲンゾウ
別のところで咲いていたうす緑色の八重桜も同種と思われます。
咲き始めはうす緑色なのですが、だんだん花芯がピンク色になってきます。

 

(4/7と4/10に撮影)

 


昨日、今日と阪神DeNAに連勝です。先発投手に勝ちがつきました。
カメラマンがよくわらし姉妹を抜き^^ます。
それをデジカメにとらえる私もよくよくヒマ人ですね。

4月9日の試合

 

4月10日の試合

 

 

コメント (4)

マイナンバーカード交付申請してきました。

2021-04-09 | 社会・時事

今日、ほぼ1年ぶりにお化粧しました。
ファンデーションは固まって^^いましたが、肌の暖かさで一応融けて延びました。よかった~。
頬紅もつけましたよ。
眉毛はいつものとおり、描きました。

化粧をしたのは、マイナンバーカードに貼付される写真撮りのためです。
愚図の私はマイナポイントが付与される3月末までの申請に間に合わなかったのですが、4月いっぱい延長されたと知って、予約して出向きました。
写真撮りも含めて夫と2人分、スムーズに申請作業は済みました。
口紅は写真撮影の直前につけました。

 

ところでマイナンバーカード日本経済新聞のサイトによると、

武田良太総務相は2日の記者会見で、マイナンバーカードの申請件数が3月末時点で4549万件に上ったと発表した。2020年9月の菅内閣発足以降1500万件以上増え、申請件数は1.5倍になった。消費喚起策「マイナポイント」事業など政府の取得を促す政策の効果が出ている。

政府は22年度末までにすべての国民がカードを保有する目標を掲げる。武田氏は「ほぼ全国民に行き渡るのを目指し、関係府省と連携してさらなる申請促進に取り組む」と述べた。

総務省によると、3月末時点で実際に交付されたカードの枚数は3590万枚だった。国民の28.2%がカードを持っている計算になる。

のだそうです。


お国のやることに、大きな反抗もしないかわり、従順でもない国民性のためか、今、問題噴出じゃないですか?
オリンピック直前になってもワクチン接種は進まないし、聖火リレーはムダな密を作りながら、ありがたみは薄そうだし、セレモニーの責任者は辞めたままです。

オリンピック開催国じゃなかったら、もっと新型コロナウイルスに向き合う姿勢は単純だったのにと、思わざるを得ません。

 

コメント (2)