自遊空間、 ぶらぶら歩き。

日々見たこと、聞いたこと、読んだこと、考えたこと

神戸6ホテル グランシェフ チャリティーランチ

2019-09-14 | 食べもの・飲みもの

恒例の神戸6ホテルグランシェフチャリティーランチが始まっています。
9月1日から10月31日まで「KOBEホテル6社会」を構成している6つのホテルのレストランで開催中です。

今年のテーマは「兵庫五国」で、兵庫県産の食材を使って、特別ランチが提供されます。
ホテルごとにメニューは違い、それぞれのホテルのシェフが工夫をこらした料理を創作しています。

魚料理、肉料理のどちらかを選べるコースと両方選べるフルコースとがあって、私たち夫婦はメイン1皿のコースにしました。

チャリティーと銘打っているとおり、収益の一部は病気や事故などで親を亡くした子どもを支援する「あしなが育英会」に寄付されています。
昨年は4000人が利用して、約137万円が寄付され、これまでの寄付総額は2000万円を超えたそうです。

チャリティー企画は2002年にディナーとして始まり、2012年以降はランチとして継続されているとのこと。
私たちは2013年から出かけているとブログに記録が残っていました。

 

さて、毎年最初は神戸ベイシェラトンホテル&タワーズの21階ダイニングKobe Grill に行くことにしています。
神戸の海と山を望むロケーションが素晴らしいからです。

 

スパークリングワイン(別料金)

 

前菜

 

スープ

 

パン

 

肉料理

 

デザート
さつま芋のジェラートの上にかかっているのは古式三年醤油の泡のソースなんですって。

 

 


 

コメント

デュオ神戸 金龍閣で早めの夕食

2019-09-13 | 食べもの・飲みもの

神戸文化ホールから神戸駅に下っていく道は、彫刻作品が何点か置かれ、花壇が舗道に設えられています。
この暑さで少しへばってましたが、ニチニチソウ、センニチコウ、ジニアなどが咲いていました。

 

 

文化ホールでの演奏会が午後4時過ぎに終わり、早めの夕食を食べて帰ることにしました。

お店は広東料理金龍閣
閉店が午後9時なので、この時間帯のほうが、利用しやすいです。

コース料理、セット料理を2人前だと食べきれない老夫婦ですから、お店の売り上げには貢献できません^^が、季節のセットメニューと焼き餃子2人前をシェアしていただくことにしました。


季節のセットメニューはコスモス―秋桜ー

白きくらげと湯葉のとろみスープ


海老のチリソースおこげ添え


ココナッツミルク入りクリーム揚げと鶏のから揚げ

 

豚フィレとさつま芋の甘酢ソース


五目焼きそば


デザート

 

 

コスパのいいメニューでした。

 

 

コメント (2)

神戸市民交響楽団 第79回定期演奏会

2019-09-12 | コンサート・音楽・宝塚

9月8日(日) 神戸文化ホール大ホールで神戸市民交響楽団第79回定期演奏会

曲目はー
グリーグ◆ペール・ギュント 第1組曲
ラフマニノフ◆ピアノ協奏曲 第2番
 ピアノソロ:岩城智由里さん
シベリウス◆交響曲 第5番

アンコールで―
久石譲◆もののけ姫より アシタカ𦻙(せっ)記

指揮:藤田謹也さん

 

ペール・ギュントとラフマニノフのピアノ交響曲第2番は時々演奏会で聴くことがありますが、シベリウスの5番はあまり演奏されることがないようです。
団員のかたの説明によると、この曲は表現するにあたっての考えがシベリウスの手紙や日記に残っているそうです。

演奏するための、いい足がかりとなりますね。
まあ、聴く方は解説書でも読まないと、同じことを感じるとは限りませんが・・・。

この日(9/8)も残暑が厳しい日でした。

 

 

コメント

9/10 阪神vsヤクルト21回戦@甲子園球場

2019-09-11 | プロ野球・スポーツ

9月10日、阪神甲子園球場で阪神対ヤクルト戦を観てきました。


スコアボード上の旗も垂れて、無風状態。
汗だくの観戦でした。


先発メンバー


先発投手は阪神は秋山ヤクルト高橋です。
秋山が不調で、2回表にピッチャーの高橋に走者一掃の2塁打を打たれ、バレンティンのホームランは仕方ないとしても、延長10回表、ドリスが打率1割そこそこの塩見にタイムリーを打たれて試合を落としました。


木浪、近本、福留、糸原、高山


お弁当は秋山拓巳のDX海苔弁当
うわっ、カロリー高そう。

高卒2年目にしてホームラン33本、近本と新人王を競うヤクルト村上山田


7回裏のお決まり事^^


藤川ドリス
阪神勝ちパターンの投手をつぎ込みましたが・・・。


延長10回、4対5で阪神、ヤクルトに負けました。

 

日付けかわって、今夜11日のゲームは阪神、ヤクルトに10対3で勝ちました。
代打鳥谷、今季初打点です。

 

 

 

コメント

多分、今季最後になりそうな甲子園観戦

2019-09-10 | プロ野球・スポーツ

8回表、同点だけれど、ジョンソン投入。

勝ってほしい❗️

コメント

ミーナの行進

2019-09-09 | 

さて、小川洋子さんの『ミーナの行進』ですが、2005年に読売新聞の土曜日の紙面に連載された新聞小説で、単行本は2006年に発行されています。

私は今回のイベントのために、図書館で借りましたが多くの人に読み込まれて、本の角が丸くなって^^いました。潔癖症の人だったら、触れない^^かもしれません。


父親を亡くし母1人娘1人で岡山に住んでいた朋子は、1972年から73年にかけて、母親が洋裁の技術を高めるため東京の専門学校に1年間、寮暮らしをしながら通うことになって、母の姉の家族に預けられます。

芦屋に住む伯母の家庭は裕福で、朋子より1歳年下のいとこの美奈子、愛称ミーナがいました。
伯母の夫の母親はドイツ人、ミーナには4分の1ドイツ人の血が混じっています。

ミーナには年の離れた兄がいて、スイスの学校に留学したばかり。
朋子はその兄の部屋を使うことになりました。

身体の弱いミーナは許可を得てコビトカバのポチ子に乗って小学校に通っています。

小川さんはこのシチュエーションを思いついてから、スイスイと筆が進んだそうです。
んな~、あり得な~いといった設定は小川さんの作品にしばしば出現します。

また重要な小道具に、マッチが登場します。
時代はバブル期の前夜、この頃は喫茶店、レストラン、バー、レジにはどこも、ラベルに工夫したマッチが置いてあったものです。

そして、いとこ同士の2人がはまった男子バレーボール、金メダルを取ったミュンヘンオリンピック
選手村でイスラエルのアスリートが殺された前代未聞の事件。

私はその事件を中途採用のための試験に向かうタクシーの中で聞きました。
かなりの数の質問が並んだペーパーテストの一問に、今一番関心のある出来事は?という項目がありました。
私はもちろん、そのことを書きました。

朝日新聞の日曜版には大手から中小まで、求人広告が山のように載っていた時代です。
高卒の転職女子でも、引く手あまたでした。

主人公の思い出に残る1972年は、私にとっても貴重な経験をした1972年になりました。

桜の写真は作品の中に出てくる芦屋川の開森橋周辺。2017年の撮影です。

 

 

 

コメント

第10回 芦屋文学サロン

2019-09-08 | イベント

第10回芦屋文学サロンに参加してきました。
会場は芦屋ルナ・ホール。暑い暑い昨7日、土曜日の午後です。


阪神芦屋駅から芦屋川の河川敷に下りて、小さな花でも見つけながらホールまで歩こうと思っていたのですが、とんでもありませんでした。
モーレツな蒸し暑さで、ホールを目指して一気に歩きました。


大ホールは客席数700、テーマが小川洋子さんの『ミーナの行進』で、舞台として登場するのが芦屋ですから関心も高く、満席でした。

第1部は『ミーナの行進』と芦屋の風景
講師は西宮芦屋研究所の蓮沼純一さん。
作品の中に出てくる場所やお店を紹介してくれました。
すでに読んでいる本なので、興味深く聞けました。


第2部は鼎談・小川洋子の世界
出演は作家の小川洋子さん、成人後のミーナのモデルにもなった、日本著作権輸出センター相談役の栗田明子さん、プロデュースとMCが文芸評論家・文化プロデューサーの河内厚郎さん。

小川さんは早稲田大学第一文学部のご出身ですが、ひたすら創作する学科で、卒業論文は小説を1本創作して提出することだったそうです。
その他、『ミーナの行進』誕生秘話や海外の多くの国で翻訳出版されている著作の話、映画化された作品の話などです。

映画と言えば、『博士の愛した数式』は名作でしたね。
もちろん、小川さん、プロ野球は阪神ファンです。

河内さんの話し方の滑舌が悪く、以前とは違うなぁと感じていたのですが、最後に河内さんが少し話させてくださいと・・・。

河内さん今年の春、脳内出血で倒れ、2週間意識不明だったそうです。
今回の仕事は倒れる直前に決まった仕事で、どうしてもやり遂げたいと、必死で快復に努めたそうです。

聞いてるほうの大半は高齢者でしたし、見につまされた方も多かったでしょう。
そういえば、時々、小川さんが両脇のお2人に気遣いされていました。

ますます、小川ファンになった私です。

 

 

 

コメント

マイナポイント

2019-09-07 | 社会・時事

マイナンバーカードを活用するポイント制度の概要が決まったそうだけれど、
「マイナポイント」っていうネーミングはどうなんだろう?

「マイナーポイント」とか「マイナスポイント」みたいでイメージよくないし。

だいたい、10月1日から消費税10%、軽減税率制度ありって言ったって、私は少しも理解できていません。
ズルズルと増税を引き延ばしてきたせいで、現実感が薄れてしまいましたね。

 

マイナンバーカードは2016年1月に交付が開始されたものの、現在の導入率は13.9%と低迷しているとのこと。それはそうでしょう、いままでこういった制度は多くの場合、管理のずさんさで、国民は政府を信用できないでいます。

マイナポイントの導入や、健康保険証としての運用などで、2023年3月末までに、ほとんどの住民がカードを保有することを目指しているそうですが、一斉に処理するためのマンパワーないですよね。

ITに弱い我が家では〇〇Payの恩恵を一切受けていないけれど、25%還元するくらいだったら、増税なんかしなければいいのに・・・。


だいたい2023年まで、ボケないでいられる自信はありません。

 

 

 

コメント

第8回 神戸クラシック音楽祭

2019-09-06 | コンサート・音楽・宝塚

9月4日(水) 神戸市産業振興センターハーバーホールで第8回神戸クラシック音楽祭

曲目は―
モーツァルト◆フルート協奏曲 第1番
 フルートソロ:橋本恵菜さん
モーツァルト◆ヴァイオリン協奏曲 第4番
 ヴァイオリンソロ:山田聖華さん
モーツァルト◆交響曲 第29番

アンコールで―
モーツァルト◆ディヴェルティメントK138より第2楽章

指揮:西村恵一さん
管弦楽:神戸モーツァルトアンサンブル

 

秋のコンサートシーズンです。
さい先良く、大好きなモーツァルトのフルート協奏曲が聴けました。
楽章ごとのカデンツァ、素晴らしかった。

フルートソロの橋本恵菜さんは第8回神戸クラシック音楽祭でサンテレビ賞を、ヴァイオリンソロとコンサートマスターを担当した山田聖華さんは神戸新聞社賞を受賞しました。

 

 

コメント (2)

なんだかんだでタイガース

2019-09-05 | プロ野球・スポーツ

きのう、9月4日の空です。
まるで、昭和の真夏^^のような入道雲、今は積乱雲といったほうがいいのかな?

前日3日の阪神・DeNA戦は落雷のおそれでノーゲームになりました。
こんな前例あったかしら?

 

4日は夕方から外出していて、帰宅してつけたTVは鉄壁ジョンソンがホームランを打たれて同点になった直後でした。
そして、10回裏筒香のサヨナラ2ランで、逆転負けです。

この残念な負け方をデイリースポーツはどう扱うのかと買ってきました。
1面は野球U18W杯、最終面は近本の新人安打記録の話題でした。



今夜の第3戦は9対2で阪神快勝です。
近本も球団新人新記録の137安打を記録しました。



巨人が失速しているので、明日からの広島との3連戦を勝ち越してCS参戦だっ!

 

 

 

 

コメント (4)