KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

八重桜・・鬱金桜

2019年04月19日 | お散歩写真
天気 晴のち曇

今日のうちに行かないと・・と、洗濯を終えて公園へ八重桜を見に。
友人に「いつもの公園、ってどこ?」と訊かれたことを思い出して、今日は公園の正面の写真を撮った。普段はここから入らずに我が家から近い裏口から入る。もっとも、広いので、ここが正面という訳ではないらしいけれど。


元国鉄の施設のあった広大な土地を東京都が買いあげた。誰でも通れる公園、でも管理事務所もあり整備されていて有難い。道路を挟んで東西に分かれていて、架橋があってゆるやかにつながっている。南側はハケ(崖)を下りると湧水の道から武蔵国分寺の史跡につながっていて、「東京の散歩道」みたいな本にも載っている。
我が家からは10分足らずなのでとにかく散歩道には恵まれている。

ソメイヨシノが終わっても、八重桜もあり、数本の鬱金(うこん)桜が今は見ごろ。咲き始めは緑がかっていて、咲き終わりはピンクになっていく。御黄衣に似ている。




こちらは、普通の八重桜。




公園ボランティアの人たちが植えたチューリップが、見ごろだった。


ついでに、足元も。


小金井公園にはみごとな八重桜のたくさん咲く場所があって、以前はよく見に行った。
ふと、それを思い出した。桜は思い出ばかりを引き寄せる

日翳りぬ鬱金桜のあたりより  KUMI
コメント

八重桜の季節へ

2019年04月18日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

家の前の八重桜が、気温上昇してあっという間に咲き揃ってきた。
写真は去年のもの。去年は4月6日に撮っているので、今年は10日遅れになる。というよりも去年はソメイヨシノが3月末に満開だったから、今年が普通なのだろう。

お散歩日和の申し分のない陽気なのに夫の検査通院日で、今日は主治医から検査結果や今後の治療を聞く日。なので私も着いていった。最近、夫は少し耳が遠くなった兆しがあり、聴きもらすことがあっては、とも思って。
治療効果があり少しほっとした。日差しを浴びながら散歩代わりに夫婦して病院へ・・それでも歩けることに感謝しなくては、と思った。病院へ行けば歩行の難しい人がたくさん目に入る。

囀りを日がな零して大欅  KUMI
コメント (2)

ノートルダム寺院

2019年04月17日 | 暮らしのつぶやき
天気 曇

昨日のこと。ノートルダム寺院の火事の映像に驚かされた。一瞬、テロかと思ったらそうではないらしいということと亡くなった方は居ないということに少し救われた。

写真は、大昔、初めての海外旅行でスイスへ行き、最後にパリへ寄ったときのノートルダムの写真。あまりにも巨大な建物と塔で、近くからは全景を撮れなくて、塔の入った写真はこれだけだった。多分、市内観光のバスの中から撮ったらしくボケボケ。(アルバムからスマホで撮ったもの)
街のどこからでも尖塔は見えて、あれが崩れるとは・・と昔見た風景を思い出して鳥肌が立った。
東京都心は戦災ですべてが焼かれて何もかも新しい。
でも、パリの旧市街には驚くほど古い建物が残っていて、その景観はさすが芸術と文化の都、と思ったものだ。ただ一つ、当時ですら東京の方が綺麗・・と思ったことがある。セーヌ河畔を散歩していたら、足元には犬の落とし物がいっぱい。タバコの吸い殻など小さなゴミがいっぱい。セーヌ河の何と汚れた水。当時の隅田川だってあそこまで濁ってはいなかった。

と、今は昔の話だ。

花曇思ひ出すべてセピア色  KUMI
コメント (6)

はや新緑

2019年04月16日 | お散歩写真
天気 晴

用あって午後、隣駅の駅ビルへ。そのあとで久しぶりに駅前の日本庭園へ寄ってみた。楓ばかりの前庭、新緑が眩しい。あっという間に街の樹々も緑を増やしていると感じた。
何か咲いているはず・・と思ったものの庭で目立った花は、ハナモモだけだった。


早春の野の花があちこちに咲くのだが、そんなものはとうになく、楓が眩しいばかりで。




それに、体力復活しているつもりが、用足しだけで少し疲れて庭園はあまり歩かずに出てしまった。もう、元の体力には戻らないのかしらん?と不安になる。
ともあれ、暖かい日差しが嬉しかった。

花楓静かに鯉の寄る水辺  KUMI
コメント (2)

季節はすすむ

2019年04月15日 | 暮らしのつぶやき
天気 晴

ようやく春が定着してきたようだ。
ソメイヨシノは相変わらず散る散る飛ぶ飛ぶ。7階の我が家までひらりひらりとやってくる。でも、通りの反対側にある4本の八重桜が咲き始めて季節は先へ先へと変化していく。

天気も良いし、申し分ないお散歩日和・・と思いつつ、午前中は年金支給の日なので銀行へ。慌てて行かなくても生活費くらいは手元にある。でも早く行かなければ支給日にもらえる花の苗がなくなってしまう。10時半ごろに行ったら、案の定ペチュニアは残り少なくて同じ色を二鉢、とはいかなかった。色違いになってしまった。


12月のパンジーは花盛り、写真に写っているキンギョソウは去年のいつだった? そして、2月にもらった花の名の解らない黄色いデイジーみたいな花もまだ元気。
ということで、ベランダには他にも花があって、今が盛りとなった。プランターや鉢をふやす訳にはいかない狭いベランダ、天気の良い日に花盛りの写真を・・と思うと洗濯物が写ってしまうので、いつも部分写真しか撮れない。

さて、体調も大分良さそうなので、明日は予定もないし、カメラを持って散歩に行けるかしらん?

いのちあるやうに漂ふ飛花落花  KUMI
コメント (6)

落花しきり

2019年04月14日 | 暮らしのつぶやき
天気 曇

暖かくなるかと思ったらさほどでもなく、体調が今ひとつで、用足しにコンビニへ出たついでに少し遠回りしてみた。我が家の前は花吹雪、市の児童公園には1本の山桜があり、公園もその木や近所から飛んでくる花びらで埋もれていた。私のいちばん好きな桜の散る風景・・ではあるけれど、暖かい日差しの中で浴びたいのが花吹雪だ。
風が冷たいので。そこそこにコンビニだけで帰宅した。

昨夜遅く、TVを見ていたら詐欺電話の延長で「タンス貯金」のことが報道されていた。アポ電話なる詐欺では、子供や孫を装った男が「家に今幾らくらいあるの」と聞いてくるのだそうだ。そういう金持ちは日本中探せば居るだろう、と思っていたのだが・・昨日の報道でびっくり。
街頭で「タンス貯金はありますか」と聞いたら、高齢者の3人に1人が「ある」と答えたという。無論、100万とか、数百万円とか。顔は見せない画面で、当たり前よ、というように答える人にもびっくりした。
我が家には、銀行にもあまりないけれど札束なんか家にある訳がない。この近所の方たちも、家に札束を隠しているのかしらん?
と思ったら、急にビンボウなのだなあ、と感じてしまった。
友達に聞いても「もちろん、あるわよ」答える人はないだろうし。

と書いていたら、明日は年金支給日なのだと思い出した。2ヶ月の早いこと。

町のどの道を行きても花吹雪  KUMI
コメント

ようやく麗らかに

2019年04月13日 | お散歩写真
天気 晴

寒い空気がようやく去って、今日からは「春」が居座ってくれるらしい。明日は雨とはいえ、とにかく寒くなければ宜しい。

ちょっと歩いたら、桜もまだ咲き残っているものの、山吹がすっかり咲き揃っていてびっくりした。いつもの公園までは行かなかったので、少し山吹で遊んできた。




体調も、この陽気が続いてくれれば回復すると思えてきた。
色々せねばならないことも山積み、明日からは少しづつ片付けていかなくては。

飛花落花子とろ子とろの鬼の背に  KUMI
コメント (2)

百均デパート?

2019年04月12日 | 暮らしのつぶやき
天気 曇のち夕方晴

昨日の北風の残した空気は冷たいものの、ようやく春になる気配がしてきた。そのおかげか体調も少し回復傾向になり、酷い眩暈が抜けていくような・・
ということで、やっと緊急ではない買い物に出る気になった。

駅前のスーパー、今月になってようやく、地下の食品売り場以外の改修工事が済んだ。薬局がなくなって困っていたが、1階には大型ドラッグストアが入り、3階の半分のスペースに百均の店が拡大して移った。以前の店は小さくて狭くて人ひとりがすれ違えないような通路、ゆっくりと品選びも出来なかった。今日はようやく、欲しかったものを手に入れることが出来た。
今度の店は、ベビーカーでも買い物が出来る。以前は、ベビーカーを押した人が諦めていたのだ。


品数も無論増えて、品物も選びやすいレイアウト。あまり見ていると疲れるから、今日は必要なものを数点買っただけ。
こういう店に長く居ると、私は眼が痛痒くなる。化学薬品アレルギーがあるので、樹脂製品などから出る何かが、眼を刺激するのだ。点眼薬を持参していないので、そこそこに退散した。
今日は空いていたけれど、休日には女の子がいっぱい来そうな店の雰囲気だ。

一群の鳥来て花を散らしゆく  KUMI
コメント (2)

ほっと一息

2019年04月11日 | 病気のこと
天気 晴 

写真は、検診センターへ行く途中の公営住宅に咲くハナモモ。たしか一本の木に紅白の花が咲き、源平桃、と言うらしい。
さて、不安を募らせていたエコー検査の日。結果は「悪い腫瘍はない」と言われてほっとした。何しろ私も罹病したら夫婦共倒れ・・どうすりゃいいの、という日々になってしまう。
肝臓と胆嚢・腎臓が悪い、と血液検査の異常値。なぜ不安を募らせたかというと・・
私はちょうど13年前にステージ1bなのにタチの悪い乳がんになった。足掛け3年も抗がん剤点滴治療をし、何とか10年で「完治」の宣言をもらったものの、治りやすくて再発移転しやすいのが乳がん、当時、ネットで知り合った患者仲間で10年経過したのに肝臓・肺に転移した、という人が何人か居たのだ。それは覚悟していたものの、夫が要看護(介護ではありません)状態なので、私まで・・と思っただけでぞっとしていた。

一応、悪性とは見えないモノが写っているので、月末にCT検査はすることになった。それにしても、血液検査の異常値は何なのだろう? ま。当分は気にしないことにした。
という結果と、今の体調の悪さとは関係がない訳で。
それでも、帰路にはハナモモを見上げて写真を撮る余裕が出来た。紅白の隣にはピンクの木もあった。大風に揺れていたものの、何とか撮れた。


花屑を連れ病院の自動ドア  KUMI
コメント (8)

寒いっ

2019年04月10日 | 暮らしのつぶやき
天気 雨 気温 最低2℃最高8℃

箱根など、山の方は雪だという。いくら何でも・・という異常気象だ。TVで群馬の沼田の風景を実況していたのを見たら、咲き始めた桜並木が雪の花になっていた。それも見事ではあったけれど・・今日はもう4月の中旬に入っている。
一日、ベランダの花と外の雨を眺めて籠っていた。明日は大事な検査があるので、体力温存。落ち着かないうえに眠くて眠くて、何もする気分になれない。

天気予報士が「平成最後の寒さです、もうこの寒さは来ません」と。
今度こそ信じていいのかもしれない。

花の雨記憶たどれば母が居て   KUMI
コメント