KUMIの句日記

写真と一日一句で綴るブログ。俳句はその日の新作ですのですべての句について、転載を禁じます。

入院出来ない?

2022年08月12日 | 俳句
天気 曇

朝はまだ青空があって、でも台風が来そうという予報通り怪しい雲が南から。お盆休みを直撃の台風、何とも意地悪い。

何だかねえ、コロナ感染者がごくごく近く、というのも落ち着かない。又感染が拡がるかも、と思うと職員とも入所者とも話す気になれず。ラウンジに人の居ないのを確認し、そっと出ていって窓の外を眺めてストレッチ。幸いなことに、浴室も洗濯場も部屋から10歩とかからないので不自由はない。

昨日ネットで読んだニュース。街で転倒し骨折した70代の男性が救急車を呼んだ。運ばれた病院で検査したら陽性で、入院を拒否された。外科でコロナ病棟がない。対応してくれる病院を探し、待つこと35時間、救急車の中で。
これが世界に誇れる医療体制という国の話とは....
写真は、昨日、ここへ来た救急車。私の部屋から良く見えるので、救急車の音がすると又?、と心臓に良くない。

感染して持病悪化したじい様が酸素マスク装着して乗っている。私と同じ近くの病院の患者なので、同じ病院の隣に都が作ったコロナ専門病院へ行くのだとばかり思っていた。車で10分もあれば行ける所。
でもこの救急車、出発まで1時間もかかった。あとで看護師に聞いたら、都のコロナ病院は満杯なのだそうだ。うっそ~~

もう絶対に感染したくない、と思った。ここの施設は最期まで看てくれるが、酸素ボンベまでは使えても、病院のような酸素マスクでの処置は無理。
見知らぬ病院へ運ばれたくない。
などと考えていたら、今日はくしゃみが何度も出て、でも熱はなくて、でも頭痛がして。という体調。台風が近いせい、と思っておこう。
テレビで映す世間の様子は、医療機関やここの施設とは裏腹の、まるで夢のようなお祭り騒ぎ。ビニールのガウンに頭も顔も重装備で仕事する人たちのことも考えて。救急車呼んでも入院出来ない人の居ることも考えて‥‥夏を謳歌している皆さん。

朝涼やクロワッサンのバターの香  KUMI


コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空は秋めいて

2022年08月11日 | 俳句
天気 晴
猛暑続きながら、朝の空は青く澄んでいて、雲も少し秋めいて見えた。忙しく飛び交う燕の親子、子燕も大分育った。まだ、動体視力は無事なようだ。写真には撮れないけれど。富士山も朝はくっきり。

要介護の人ばかりの感染者、不思議に思っていたら結局、職員を全検査し、無症状の陽性者がいた。納得した。入所者の感染者は普段からノーマスの人ばかりだ。マスクを「させることの出来ない人」と、病状悪化してマスクが苦しい、と、しなかった人。
後者のじい様は結局、救急車で入院になった。最近、病状は末期で、気力で歩行器に掴まって食堂まで来ていたけれど。

とにかく、感染しないよう自己管理しかない。職員は完全防ぎょ装備で部屋へ食事を運んでくる。私は去年のクラスター以来、部屋の入口に腰丈の室内洗濯物干しを置き、その上にトレーごと食事を置いて貰う。室内へは一切入らずに済む。私がウィルス運ぶこともあるのだしお互いに安心だ。
これで感染したら、病院でうつったと思い諦めましょう。

炎昼や音なく発ちし救急車  KUMI



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私は公表します

2022年08月10日 | 俳句
天気 晴 猛暑

写真、ありません。ぬり絵のアプリ作品から持ってきた。最近、使い忘れていたアプリ。

猛暑続きで、隔離中の境遇も諦めがつくというもの。でも、何だかわからない状況の続くのは困る。この4階で一番介護度の高い人が感染する、って、感染源は介護する人しか考えられない。私は全く彼女には近づいていない。認知症も重いし最近は車椅子から下りたこともない。食事すら全介護だ。もう1人は病気悪化しいて、館内の移動がやっと。
感染者を教えてくれなくても、介護士の出入りなどで推測出来てしまう。

感染源は無症状の若い職員か出入りのマッサージ師とか、医療関係者とか?未だ不明で検査中のようだ。増えていきそうな。

毎日、看護師が検温と心臓悪いので酸素飽和度を測りにくる。体温と血圧は毎朝、自分でも測っている。血圧は投薬で安定しているので看護師はパス。マスクしただけで血圧はね上がるので、パスはありがたい。感染騒動からは、部屋へ人が来ると必ずマスク装着する。
さて、その看護師に今日はこう告げておいた。
「私が感染したら、公表してくださいね。病院しか行かないけど、それも含めて」
彼女、最初は笑っていたので付け加えた。
「今は感染なんて珍しくもないし、秘密にされると周囲はとっても不安ですから」
もし、感染者と前日に親しく話していたら検査してもらいたい。介護士がそんな入所者の行動まで見ている訳でもないのだし。幸い、私は感染の二人とは先月の感染騒ぎ以後、全く交流がない。

どうして公表しないのかしらん?
感染拡大よりプライバシー重視だったらおかしい。家族の合意が、とか言われそうなので、あーちゃんにも私の万一の時は公表するよう言っておいた。感染は周りの人に迷惑かけるのだから、せめて不安にはさせたくない。今の感染拡大‥第7波?が始まって以来、ノーマスクの人と話すことも避けている。それでも感染することがあるらしい。

追い越して無言の男藪茗荷  KUMI






コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猛暑戻る

2022年08月08日 | 俳句
天気 晴
昨日の話です。

今日は35℃まで行ったかも。朝9時半前に眼科へ。眼科の前の百日紅は紫系ピンクで洒落ている。テニスクラブのコートが百日紅の横にあるが、今日は休みなのか無人だった。

午前眼科、午後はシャワー浴びたり洗濯したりで明日の病院での検査の準備して...
と夕方になったら前の部屋の、先日救急入院して昨日帰ってきた人の部屋へドクターが来ている。防ぎょのビニールコート、看護師も。PCR検査だろう。
そんなことを考えていたら、私まで熱っぽくなってきた、困る。明日は早朝から午後までかかる心臓検査、7時半前に出発予定。
~~~~~~~~~~~~~~~~
以下は今日の話。
と昨日の夕方書いてから、私が熱っぽくなって慌てた。36℃台からギリギリ上がらなかった。喉も痛まず鼻水も出ず、それでも不安、意味ないかも、と思いつつカロナールを飲んで寝た。
無論、今朝は何でもなく、7時半に出て8時からの検査に病院ヘ。8時始業前に行ったのは初めて。


苦痛な検査という訳ではないが時間のかかる心臓の検査。結果は10日後なので詳しくは書かないが‥‥
やっと終わってほっとして、帰ってすぐの夕刻、入所者の感染者3名出ました、と。しかも2名は同じ階。私のように通院や買い物に出て、と言うことではないみたいな?

近くの部屋人ではないよう。詳しいことは不明なので後日。またまた隔離暮らし、しかも同一階となると今までより厳しいかも。もっと増えないことを祈るのみ。

欅一幹みんみんに占拠され  KUMI






コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すっきりしないこと

2022年08月07日 | 俳句
天気 曇りがち

最高気温30℃くらいらしい。昨日今日と涼しく感じる。ちょっと外へ出たら百日紅の花がもう、実になっていた。昼食のあと、ラウンジで窓の外を眺めていると、蜻蛉が行き交っている。
「あら、トンボだわ、やっぱり立秋ですね」
と、近くに座っているジイサンに言ってみたが、ちょっと私の方を見たきり。耳は遠くないし頭もしっかりしてるのに・・
ここ4階の人たち、窓の外の景色も鳥もあまり見ない。館内の話より、目の前の燕やカラス、雲や山の話の方が私は楽しいのに。


ウサギのフィギュアがかわいいと思い撮った、カフェの前の花、でもウサギが旨く写らなかった。

なんかスッキリしないのは、マスクのこと。昨日から食事が正常に戻り、事情ある人意外は食堂になった。隔離に懲りみんなマスクするようになったかな、と思ったら、ノーマスクの人がむしろ増えていた。個別指導に限界があるのだ。全館放送では「マスク着用して」集まるよう言うけど、世間と同じく自己責任。職員が悪い訳ではない、入所者はお客様、ホテルの宿泊者にマスク強要出来ないのと同じこと。宿泊費前払い済みの客に、法律違反でもないことを強要出来ない。
仕方ないのだろう、と思う。認知症ではない人でも、ノーマスクがこうも多かったら自分だけしても、と思ってしまうのか。
完全ノーマスクで感染した2人のため、同じ2階の居住者は2週間も完全隔離されたのに、懲りなかった?2階の人たちに相変わらずノーマスクの人が多い。マスクの効果はたいしてない、と言うけれど、ワクチン何回打っても感染する人がいるのと同じこと。少しの効果でもあるなら出来る事はやる。

また、同じことが起きそうだ。今度は、通院の多い私が病院で貰ってきて感染源になるかもしれない。だから皆さん、マスクして欲しいのよ。高齢者施設の入所者は原則、入院は出来ないのだから。ワクチン4回目はここでは殆どの人が10日後。

暁を雀さざめく秋立つ日  KUMI





コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

独裁者達よ、見て欲しい

2022年08月06日 | 俳句
天気 晴れたり曇ったり

写真は2018年5月に行った時のもの。上の石碑の中には亡くなられた被曝者の名簿が納められているのは、毎年放映されるので知られている。今日も加えられた。

下の写真、もう1枚、ダメかな、と試したら載ってしまった。

式典は毎年見ているが、今年はとくに戦争の破壊を楽しむ独裁者と核を見せびらかす貧乏国の独裁者に、ここの原爆資料館を見せたいと思った。
そして今の広島の平和で美しいみどりの街も。


2018年、広島ヘ行ったのは、使い忘れていた旅行会社の積立金が出てきたのがきっかけ。この前年まで私の心臓手術やら独身の姉の病気~家の片付けなどなどで、旅行どころではなかった。
8月6日にテレビ見るたびに夫が、広島は行ったことがない、と言う。日本全国、出張やら旅行で私よりくまなく制覇しているはずなのに。
で、私は三度目になるが、宮島の弥山(みせん)という所へは行き損なっているので夫の望みをかなえることに。
結構残金が多かったので、旅行会社で、広島市内で一番高級なホテルを、と二泊予約。スイートルームは無理だったが、ちょっと豪華な部屋に泊まれた。結局、それが新幹線で旅した夫との最後の旅になった。
今朝の式典を見ていてそんなことを思い出した。いつもは画面から凄まじいくらいの蝉時雨が聞こえたのに、今朝は蝉の声の少ない曇天の広島だった。

曇天の広島七十七回忌  KUMI



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高望みはしませんが

2022年08月05日 | 俳句
天気 曇

今日も気温は低めだし外出には絶好の陽気。でも午前中は出張美容院の日、午後は訪問医の診察日。時間余ったらたらシャワーかな‥という予定が。
パソコンを使えないという贅沢な愚痴は言うまい、と決意しているのだが、何とも寂しい。7年前、昭和記念公園へサギソウを見に行った時の写真、結構好きなアルバムになっている。でももう見られない。
古いブログから何枚か写真を運ぶことは成功したけれど、ここへ複数枚の写真を掲載する方法が、私の思っているやり方ではどうしても成功しない。というか、旨く出来ない。なので毎日、写真も「一日一枚」状態が続く。

実は去年の今頃は、一年後も今ほど元気な自分を想定はしていなかった。これ、ホントです。いつまで、がんと共に生きられるかドクターに聞いたのです。手術の可能性もあったし。でも器械で心臓動かす心不全患者患者の手術は不可、抗がん剤は使ったら副作用がキツ過ぎ、ダメ元の免疫療法試したら、あら効いちゃった‥‥副作用をガマンしたからねえ。
という状況。ドクターが一番驚いているかも。だからパソコン云々の贅沢言える元気さだけでも有難いと思わなくては。とはいえ、人間は、というか私はワガママなので、パソコンを又使いたい思いがふつふつと。
コロナさえ消えてくれれば‥‥って、いつになったら?

もっと贅沢言えば、スマホは年寄には疲れます。よく解らぬ。

茄子の灰汁ほどの心の濁りとも KUMI


コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

思い出せない

2022年08月04日 | 俳句
天気 曇のち雨

涼しい日にほっとしていたら豪雨警報が。
東北北陸の被害を見ていても他人事だが、多摩川だっていつ溢れるか。それでも私は関係ないのが有難い。

昨日のこと。買い物に行ったスーパーでレジに並んだら向こう側のレジに、太極拳仲間だった○さんの姿が。私が支払いを終わる頃、彼女はもうエコバッグヘ買ったものを入れ終っていた。3ケ月ぶりくらいなので、ちょっと話でも、と思い彼女の名を呼ぼうと思ったら、名前が出てこない。そんなバカな!
結局、彼女の方で気付いてくれず。会えば立ち話する程度のジム友達、家は知っているけれど電話番号も知らない。ま、そのうち又会えるだろうし、とスーパーを出たら○さん、と名前を思い出した。もう、彼女の姿はなかった。

最近、人の名前が覚えられない。覚えた筈が次に会った時は忘れている。最近は介護士もよく代わるので新しい人の名前はスマホのメモに入れておく。スマホは館内でも持ち歩いている時が多いから、思い出せないとスマホを覗いて。情けないこと。名前を呼ぶ入所者は何人も居ないから覚えなくても良いのだが、食堂でスイマセン、と居酒屋みたいに手をあげるのもみっともない。

以前聞いたことで「人間は病気で分けると、がんになるか、血管系の病気になるか。がん系の人には認知症が少ない」
我が同胞や肉親には「がん」が圧倒的に多い。認知症になった、という話はあまり聞かない。脳梗塞で倒れ認知症になった者は居るけれど。でも私の場合、心臓も患っているのでがんプラス血管系。どちらなの?

雷鳴のドカン頭上で弾けけり  KUM



コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猛暑の上は酷暑?

2022年08月03日 | 俳句

天気 晴のち曇36℃

外へ出たのは通院以来だから2週間ぶりくらいかも。外部の人の入館は制限はあるが、ひとまず感染者は居ない状況なので今月から近所へ外出は自由になった。しかし朝から30℃越えの毎日、「不用不急の外出は控えよ」と熱中症アラートが鳴り言われたら、素直に控えますですよ。
でも指の包帯がなくなったし、綿棒も残り少ないし、何より和菓子がなくなった‥なぜかチョコレートばかり残っている。

ということで外へ出てみたものの、午前10時でこの暑さ、昼過ぎたら私の体力では10分持たないかも、という暑さ。

昨夜の天気予報で、猛暑越えの40℃になったら「酷暑」という表現になるのでしょうか、と。あれ?猛暑よりも前から、酷暑は季語として使っていた。いつからなのかわからないが、猛暑、が歳時記に載ったのは最近のこと。極暑「ごくしょ」の項に入っている。
天気予報士さん、猛暑、は天気用語から出た新語だけど、酷暑、は俳句の世界では使い慣れた季語ですよ、勉強してくださいね。

朝風の重さよ極暑くる気配 KUMI
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もう間に合わぬ

2022年08月02日 | 俳句
天気 晴 37℃
写真は昨日の夕方の不思議な雲の峰。昨日掲載しようとしたけど旨く行かず、スマホは難しいです。
この後、埼玉北部にはゲリラ豪雨があったらしい。

さて、句の二重投稿をしてしまい、落ち込んでいる。といっても、結社誌8月号と、今日届いた、結社の俳句先輩だが若い仲間の季刊誌と、なので親戚関係のような句誌。新聞や一般の雑誌ではないからほっておくほかないです、活字になったらもう間に合わない。結社の主宰、季刊誌の先輩、ごめんなさい。
きちんと投句管理していても、人生に一度くらいは‥‥失敗もする。ハイ、二重投句はこれが初めて。気付いた人が居たらごめんなさい。ひと様のことは一般句誌上に発見し、私は大丈夫、なんて思っていて。冷や汗です。

猛暑に怖じ気付いて部屋に籠りっきり、せめて近くの眼科へは今週中になったら行かないと点眼薬がない。でも歩けるのかな?と思ってしまう。整体治療に行っていないので、頚椎からの目眩が酷いし、尋常でなく痩せて、体力不足?すぐに眠くなる。
一昨日の明け方、久しぶりにこむら返りをおこし、あらまだふくらはぎに筋肉があった、と妙に感激した。飲んでいたつもりでも水分不足だったのかも。昨日今日は気をつけている。冷房の部屋に居ては喉もあまり乾かない。

熱帯夜こむら返りの襲来す  KUMI


コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする