小父さんから

ミーハー小父さんの落書き帳

ベネチア映画祭便り  オダギリジョーさん監督作品上映 観客の反応にほっと「拍手がうれしい」 / 毎日新聞

2019年09月06日 | 映画
映画「ある船頭の話」の上映後、立ち上がって観客の声援に応える主演の柄本明さん(手前)とオダギリジョー監督(右から2人目)ら=イタリア北部ベネチア・リド島で2019年9月5日午後7時12分、井上知大撮影    これ観たいんだがな~。明石や神戸では上映しないのかな?広告が遅れているのか?配給先が限られているのか?同年代の柄本明さんが実にいい!   映画『ある船頭の話』予告篇| 9月13日(金 . . . 本文を読む
コメント (6)

映画『風と共に去りぬ』(Gone with the Wind 1939年 アメリカ)/ BSプレミアムシネマ

2019年07月30日 | 映画
主演はヴィヴィアン・リー(53歳没)(スカーレット・オハラ)とクラーク・ゲーブル(59歳没)(レット・バトラー)。日本での初公開は戦後の1952年。    題名の由来 恋愛詩 ・・・・かつて在りし騎士道と綿畑の地 人はその地を古き良き南部と呼んだ その麗しい世界で最後に花を咲かせた  勇気ある騎士達と艶やかな淑女達  奴隷を従えた主人たち  今は歴史に記されるだけの儚い思い出となった 大いなる . . . 本文を読む
コメント (8)

映画 『小さいおうち』 2014年 松竹 / BSプレミアムシネマ

2019年07月21日 | 映画
『小さいおうち』平井家の妻(松たか子)と女中・タキ(黒木華) ストーリー(抜粋)  大学生の健史(妻夫木聡)の大叔母であったタキ(倍賞千恵子・晩年期)が亡くなる。遺品の中には赤い屋根の家の絵があったが、健史の父(小林稔侍)の一言で処分される。そのうち、健史宛ての品が見つかる。開けてみるとタキが健史にうながされて大学ノートに書き記していた自叙伝があった。健史はそんなに明るい時代じゃなかったんじゃな . . . 本文を読む
コメント (2)

映画『王様と私』(The King and I 1956年 アメリカ)/ BSプレミアムシネマ

2019年07月11日 | 映画
. . . 本文を読む
コメント (4)

ブラッド・ピットとジュリア・ロバーツの映画『ザ・メキシカン』(The Mexican 2001年 米)/ BSプレミアムシネマ

2019年06月28日 | 映画
   . . . 本文を読む
コメント (4)

映画『早春』(1956年 小津安二郎監督の第47作目)/ BSプレミアムシネマ

2019年06月15日 | 映画
杉山正二役 池部良92歳没(東宝)と杉山昌子役 淡島千景 87歳没      映画『ALWAYS 三丁目の夕日』は昭和33年(1958年)を舞台にして作られていたが、その2年前に公開された作品に、当時の東京を観た気になる。現在ではやや臭いストーリーかも知れないが、そんな小津安二郎作品が好きになってきたな。映画の歴史や日本が歩んできた道を見ているようだ。  池部良が、若い小娘・岸岸惠子と浮気し、奥 . . . 本文を読む
コメント (4)

『ジャンヌ・ダルク』( The Messenger: The Story of Joan of Arc  1999年 仏・米)/ BSプレミアムシネマ

2019年06月08日 | 映画
    ジャンヌ・ダルク(ユリウス暦1412年ごろ1月6日- 1431年5月30日)って英語の中高の教科書か何かに出てきたのかな?勇猛な戦士で火あぶりの刑くらいしか知らなかったが、史実を元にしたフィクションなのか強烈すぎてしばし目を背けた(笑)。フランスとイギリスの歴史的関係も少し分かる。いやはやジャンヌ・ダルク役のミラ・ジョボヴィッチにも圧倒されたが、他はナポリ王ルイ2世・ダンジューの妻ヨランド . . . 本文を読む
コメント (2)

映画『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』(Grace of Monaco 2014年 仏・米・ベルギー・伊 合作)/ BSプレミアムシネマ

2019年06月04日 | 映画
ハリウッド・スターからモナコ公妃となったグレース・ケリーが、存亡の危機に立たされた公国を救うために見せた「一世一代の大芝居」を描いている。2014年5月に行なわれた第67回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。 ストーリー 人気の絶頂でハリウッド・スターの座を捨て、モナコ公妃となったグレース・ケリーはモナコ宮殿のしきたりに馴染めず、公務に勤しむ夫レーニエ3世とのすれ違いも重なり孤 . . . 本文を読む
コメント (6)

映画『終電車』(原題:Le Dernier Metro 1980年 仏)/ BSプレミアムシネマ

2019年05月17日 | 映画
支配人兼演出家の夫・ルカ(ハインツ・ベンネント)と女優マリオン(カトリーヌ・ドヌーヴ)     カトリーヌ・ドヌーヴが出てるというので見始めたが、フランス語と何か慣れないテンポでなんとか最後まで観終わった。正直、導入部分はさっぱり分からない(笑)。 下記のストーリーと背景を読んでいたらもっとすーっと入って行けたと思う。  ドキュメンタリーでドイツ軍占領下のパリのテレビはよく観ていたが、物語の中で . . . 本文を読む
コメント (2)

映画 『ラ・ラ・ランド』(La La Land 2016年 アメリカ)/ 日本テレビ系

2019年04月24日 | 映画
     上って車の屋根やボンネットがへこむよね~(笑)。このタイトルはアカデミー賞と関係なかったかな?と思って録っていた。久しぶりに肩の凝らないミュージカルだった。小父さんはダンスの知識も超音痴だが、『サタデー・ナイト・フィーバー』(古る! 笑)とは踊りも変わったね、なんて思った。ミュージカルは好きだな。  あ~、二人で映画館に入ってジェームズ・ディーンの『理由なき反抗』(英語: Rebel . . . 本文を読む
コメント (4)

アラン・ドロンとイヴ・モンタンの映画 『仁義』(原題:Le Cercle Rouge 1970年 仏・伊)/ BSプレミアムシネマ

2019年04月14日 | 映画
左から元警官のジャンセン(イヴ・モンタン)、列車で護送中に脱走したヴォーゲル(ジャン・マリア・ヴォロンテ)刑務所を出所したコレー(アラン・ドロン)       フランスでは433万人以上の大ヒットを記録した。一方、日本では上映時間を20分も削除され、興行もヒットしなかった。 あらすじ マルセイユ近郊の刑務所を出所したコレーは、かつての仲間リコを訪ね、“貸し”を求めるが、断られる。コレーは彼 . . . 本文を読む
コメント (2)

映画『ヴェニスに死す』(イタリア: Morte a Venezia 、フランス: Mort à Venise 1971年 )/ BSプレミアムシネマ

2019年03月20日 | 映画
映画のストーリー 1911年のヴェニス(ヴェネチア)。ドイツ有数の作曲家・指揮者であるグスタフ・アシェンバッハ(ダーク・ボガード)は休暇をとって、ひとりこの水の都へやってきた。蒸気船やゴンドラの上で、さんざん不愉快な思いをしたアシェンバッハは、避暑地リドに着くと、すぐさまホテルに部屋をとった。サロンには世界各国からの観光客があつまっていた。アシェンバッハは、ポーランド人の家族にふと目をやった。母 . . . 本文を読む
コメント (4)

映画『死刑台のエレベーター』( Ascenseur pour L'echafaud 1958年 フランス)/ BSプレミアムシネマ-Miles Davis

2019年03月14日 | 映画
名前だけよーく知っていたフロランス役の ジャンヌ・モロー       ちょっとだけ観ようと思って点けたら、どんどん引き込まれていってしまった(笑)。スリラー小説も日本のテレビも同じようなものばかりだと(失礼)ほとんど観ないのだが、小父さんが11歳の時フランスで製作されたこの作品、モノクロ以外は新しいく思えた。フランスの映画って観る機会が少ないと思うけどジュ・テーム (Je t'aime 愛してる) . . . 本文を読む
コメント (4)

映画 『ALWAYS 三丁目の夕日』 2005年 東宝 / BSプレミアムシネマ

2019年03月09日 | 映画
     2005年に、最寄りのJRのプラットホームで上の大きなポスターにつられて駅横のワーナーマイカルシネマズにフラフラと入って行ったら、もうこの映画のとりこになってしまったね。12月31日までに繰り返し計3回観たんだな。それまでは映画館に長いこと行ってなかったのに(笑)。  その後、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』も 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』も劇場に駆けつけたので少々食傷気味に . . . 本文を読む
コメント (4)

泥棒の映画二つ / To Catch a Thief & How to Steal a Million / BSプレミアムシネマ

2019年02月07日 | 映画
『泥棒成金』で警察の追跡からケーリー・グラントがバスで逃げる。右はヒッチコック監督のカメオ出演   今、日本のテレビドラマで観ることが出来るようなストーリーをハリウッドは1955年と1966年に豪華に製作していたんだね。実にぼーっと見とれていられる。そうだgoogle翻訳によると原題:To Catch a Thief は「泥棒を捕まえるために」『泥棒成金』、How to Steal a Mil . . . 本文を読む
コメント (4)