世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

ザ人物伝 フェルッチオ・ランボルギーニ76歳=喜寿 七十七歳ー1年没、心臓発作 スポーツカー・メーカー トラクターメーカー

2021-07-24 10:42:44 | 連絡
★76歳=喜寿 七十七歳ー1年
::::::
●ルーツ
「Lamborghini Automobili」の歴史は、公式には1963年に始まりますが、実際、そのルーツはその創立者、
フェルッチオ・ランボルギーニに由来します。1916年生まれでおうし座の彼は、有能で激しく、意欲的な人で、この会社の創立とその初期の歴史の本当の主人公でした。
ラグジュアリーなスポーツカー・メーカーを造ろうと思ったとき、フェッルッチォは既に裕福な人でした。
終戦直後、自らのトラクターメーカーを開き、それに全力を尽くしたために、その業界ではすでに有名でした。
従って、60年代の初めにはランボルギーニ氏は、既に成功を収めた、力強い、ハッキリとした考えを持っている人でした。しかし、史上最高のスーパースポーツカーを造ったと宣言したとき、周りの人々は、頭がおかしくなったのか、この風変わりな事業が全く何ももたらさないだろう、と思ったのです。
●初めの一 歩
彼は、1962年の終わりにこのプロジェクトに取り掛かりはじめ、1963年5月には、会社「Automobili Ferruccio Lamborghini」を設立し、大きくモダンな工場を建設するために、ボローニャとモデナの中間地点のサンタガタ・ボロニェーゼに広大な土地を購入しました。自らの会社で積んできた経験を基に、類のないモダンな設備を建設しました。光が降り注ぐ中心部分の大きなウェアハウスは、オフィスが集中する建物のすぐ横にあり、よって、経営管理職の人たちは、常に生産の状況を把握することができました。これは特にランボルギーニ氏が気に入っていたものであり、もし何か腑に落ちないことがあるならば、自ら自動車を直接いじることに躊躇しませんでした。 
●一人の男、 一つの夢
Automobili Ferruccio Lamborghiniの公式なデビューの場所として、フェッルッチォは、トリノ・モータショーを選び、その際、12シリンダーの傑作品と見られるようになった驚異的な自動車、350 GTVを発表することを決めました。
その次の年の1964年、このプロトタイプのスタンダード・バージョン、350 GTが公開され、その直後120台生産された400 GTが続きました。
ランボルギーニ氏のその人を引きずり込みそうな意気込みによって、整備士やエンジニア達は徐々に、Miura、Islero、EspadaやJaramaのように驚異的でアバンギャルドな自動車を生み出すようになりました。
次第に生産量や社員が増えていきましたが、この会社の歴史に於いて、フェッルッチォ・ランボルギーニは常に重要な役割を果たしてきました。
実際、勇敢で力強く、恐ろしい闘牛の名前にちなんで製品に名前を与える伝統も彼によるものです。
フェッルッチォ・ランボルギーニは、1993年、76歳で自らの所有地にて亡くなりました。
彼の誕生100周年を記念に、そして彼に敬意を表するためにLamborghini Centenarioがデビューしました。この自動車によって、夢想家で勇気があり、また2人といないこの人物を称えることが目的でした。
1993年2月20日、心臓発作で死去。76歳。 
〇長 寿 の 心 得
還暦 六十歳で お迎えが来た時は、ただいま留守と云え。 古希 七十歳で お迎えが来た時は、まだまだ早いと云え。 喜寿 七十七歳でお迎えが来た時は、せくな老楽これからよと云え。 傘寿 八十歳で お迎えが来た時は、なんのまだまだ役に立つと云え。 米寿 八十八歳でお迎えが来た時は、もう少しお米を食べてからと云え。 卒寿 九十歳で お迎えが来た時は、そう急がずともよいと云え。 白寿 九十九歳でお迎えが来た時は、頃を見てこちらからボチボチ行くと云え。
http://irumagakuen9ki.sakura.ne.jp/file/hiroba/hiroba-170622-choujyunokokoroe.pdf
〇厚生労働省は2019年11月、2018年の死亡数の死因順位と年次推移を公表した(2018年人口動態統計より)。2018年の日本の3大死因と、それに続く死因別死亡率の順位は以下。3大死因のトップ3に初めて「老衰」が加わった。1位悪性新生物(27.4%)2位心疾患(15.3%)3位老衰(8.0%)4位脳血管疾患(7.9%)5位肺炎(6.9%)6位不慮の事故(3.0%)7位誤嚥性肺炎(2.8%)8位腎不全(1.9%)9位血管性等の認知症(1.5%)10位自殺(1.5%):鉄道の人身事故に自殺が占める割合はおよそ60~70%となっている。【相談窓口】「日本いのちの電話」ナビダイヤル 0570(783)556午前10時~午後10時、フリーダイヤル 0120(783)556毎日:午後4時~同9時毎月10日:午前8時~翌日午前8時11位。その他(23.6%)
https://womanslabo.com/news-20170405-1

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小林克也 7月24日(土)Music... | トップ | ザ人物伝 フェルッチオ・ラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事