世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

気圧予想精度向上を図る「モノのインターネットとセンサーネットワーク」に必要なヒト・モノ・カネ整備=公助・新興施策加速か

2021-09-20 09:37:10 | 連絡
:::::
気圧予測誤差(注1)の最小化は、ユーザー参加気象要素実測値提供=共助・共生による、予想精度向上を図る最新高度化モデルアンドシミュレーションシステムにより実現か>
★弧状列島陸域、排他的経済水域、空域、宇宙域に拡張か>
★現在の都内広域2~5地点の粗い気象要素実測値を用いた、区市町村自治体における予想精度が低い過去簡易モデルアンドシミュレーション運用は今年度内に終了できるか。東京都区市町村内外ユーザー参加方式実測値地点2~4桁増IoT:Internet of Things[モノのインターネット(注2)]気象要素実測値が適用可能で予想精度向上を図る最新高度化モデルアンドシミュレーションシステムプロタイプ開発商用化・現場導入移行に必要なヒト・モノ・カネ整備=公助・新興施策加速か>
(注2)「環太平洋弧状列島陸域、排他的経済水域、空域、宇宙域・・・における」モノのインターネットとセンサーネットワーク
https://ieeexplore.ieee.org/document/9475173

発行: IEEE通信マガジン ( ボリューム: 59、問題:6、2021年6月)
シリーズ社説:モノのインターネットとセンサーネットワーク
要約:私たちは、世界が複数のCOVID-19感染波を目撃している時期に立っていますが、不均一で局所的な方法で到着し、他の地域でスパイクしながら世界中の一部の地域で症例が減少しています。企業や地域社会が通常の業務を再開するよう慎重な努力をしていますが、感染の定期的な復活は、そのような試みを妨げる可能性があります。
ISSN 情報:DOI: 10.1109/MCOM.2021.9475173発行元: IEEE

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 潜水艦契約、仏に対して数か... | トップ | (>_<) 天気痛(少し痛い~か... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事