世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 森繁久弥96歳没老衰の「元寇」

2021-05-13 16:38:40 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
森繁久弥の「元寇」

 
森繁 久彌(もりしげ ひさや、1913年(大正2年)5月4日 - 2009年(平成21年)11月10日[3]96歳没老衰)は、日本の俳優、声優、歌手、コメディアン(喜劇俳優)[4]、元NHKアナウンサー。最晩年はアクターズセブン所属。別表記に森繁久弥。身長168cm[5]。血液型はB型。
2000年に胆管結石のために緊急入院[6]。2002年12月、静養先の沖縄県で心筋梗塞で倒れ[6]、一時危険な状態に陥ったが無事に回復し、映画『死に花』で復帰、これが最後の映画出演となった。 
2009年8月、同年7月に風邪を引き、そのまま8月3日に至るまで入院中である事が発表された。発熱などの重い症状は7月中に回復したが、痰が出る等の症状が治まらない為に大事をとって退院せずに病院で経過を診る措置がとられた。その後、9月15日に自身が在住する東京都世田谷区内のイベント「第11回世田谷フィルムフェスティバル」において開かれた『名優・森繁久彌展』へメッセージを寄せ、その中で入院の件にも「皆さんに多大なご心配をおかけしましたが、私自身はおだやかに秋をむかえております」と触れた。


同年11月10日午前8時15分、老衰のため東京都内の病院で死去[3]。満96歳だった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 【鈴木哲夫】2021年5月13日 ... | トップ | 介護予防 元気アップ歌声エ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事