横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

村井俊治・東大名誉教授は、2016年熊本地震(最大震度7)を、全く予測できませんでした

2016年04月15日 | 地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)
 
電子基準点のデータを使い、有料メルマガ『週刊MEGA地震予測』で地震予測サービスを行っている、東京大学名誉教授の村井俊治氏(JESEA・地震科学探査機構)という方がいます。 2016/3/6放送のフジテレビ『Mr.サンデー』において紹介され、通信大手のNTTドコモが本格的に協力を開始するなど、最も注目されている地震予測研究と言えるかも知れません。

それでは、この村井俊治氏らのメルマガ『週刊MEGA地震予測』は、2016/4/14に熊本で発生した熊本地震(M6.5・最大震度7)(※4/16に本震と思われるM7.3)を、予測できていたのでしょうか。直前に発行されたメルマガの内容を、以下に検証してみましょう。


 ■

熊本地震の発生直前に発行されたメルマガ『週刊MEGA地震予測』(4/13発行)に記載された地震予測は、以下のとおりです。

レベル4(震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い)
・南関東地方(相模湾、駿河湾・東京湾に面する地域、伊豆諸島、小笠原諸島)


レベル3(震度5以上の地震が発生する可能性が高い)
・北信越地方、岐阜県
・南海、東南海地方
・東北、関東の太平洋岸
・奥羽山脈周辺
・釧路、根室、えりも周辺


レベル2(震度5以上の地震が発生する可能性がある)
・鳥取県、島根県周辺
・南西諸島


レベル1・何らかの異常変動があり今後の推移を監視する
・山形、福島、茨城のL字型エリア
・北海道道南、青森県



…それでは、これらのエリアを、以下に地図に書き込んでみましょう(国土地理院地図より作成)。





…いかがでしょうか。あわせて10か所、日本の半分以上をカバーする広大なエリアに地震予測を発していますが、震度7が発生した熊本は、完全なノーマークです。これ以上ないというくらい、見事なまでの予測失敗と言えます。


 ■

今回の地震は、彼らが有料メルマガ『週刊MEGA地震予測』を始めて以来、初めて震度7を観測し死者など多大の被害が出る地震でした。それをこのように予測し損なったわけで、さすがに言い訳はできないでしょう。

彼らが予測を失敗したのは、今回だけではありません。これまでの予測もほとんど出鱈目レベルであり、そもそも電子基準点データの扱い方が完全に間違っていることも、本ブログでは繰り返し説明しています。よろしければご参照ください。


村井俊治氏(JESEA)の地震予測を検証します(2015年1月~5月)
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/b51f1ea8bcc23fc4109748dd16474e1b

村井俊治氏の地震予測を信じてはいけません(3)
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/51b8dd178cae1a58be6cb9a3bf70c304


「週刊MEGA地震予測」の内容は、全く信頼できません
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/98691b7b417e3670144d0d61fe544e41

村井俊治氏の地震予測を信じてはいけません(2)
http://blog.goo.ne.jp/geophysics_lab/e/47e78b9471e8cbc740b0c0efa0ef710a



村井俊治氏を信じる人は、「地震が起きない場所にも予測を出しているくらいなのだから、予測が出ていない地域は安全だろう」と思ってしまうかもしれません。今回のように予測が出ていない場所に地震が起き、油断して被害に遭ってしまうことも考えられます。出鱈目な地震予測は、詐欺的な行為であるというだけでなく、明らかに有害なものであると言えます。

自身の地震予測が出鱈目の精度しかないことを率直に認め、研究を直ちにやめるか、少なくとも真摯な態度でいちからやり直して頂きたいと、彼らには強く希望します。

 

コメント (126)   この記事についてブログを書く
« 2016年4月14日 21時26分頃 熊... | トップ | 「熊本地震の場所は言い当て... »
最新の画像もっと見る

126 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
氏のTwitterでの言い訳 (BD3)
2016-04-16 06:13:12
氏のTwitter
https://twitter.com/sh1939murai
にはいろいろ言い訳が書いてあります。

この言い訳から読み取れるのは、村井氏は、自分が「警戒を呼び掛ける」という言葉を乱発しすぎたことで、防災対策の発動の観点からは何ら意味を持たない「デフレ状態」に陥ってしまった現実に気づけていないことです。

彼が反省すべきは、自分が呼び掛けた「警戒」という言葉の空虚さでしょう。彼が警戒を呼び掛けた地域の方々が、

「どんなレベルの非常時防災/減災対策」

「いつまで発動し続けるべきか」

など、その中身について、ほんの少しでも具体的な想像をしてみれば簡単に分かるはずですが、、、
どうやら (うどん)
2016-04-16 11:02:30
まさかとは思いますが、地震予知の人達って、地震が起きるのを「期待」してるってことはないですよね。
まぐれ当たりを「やった~!(これで契約増えるぞ)」て喜んでいる気がして、腹が立ちますね。
不思議です。 (シャープ)
2016-04-16 11:16:49
一昨日まではどちらかと言えば村井さんを応援していました。ツイートに趣味のボートの事しか書かない事に不満を持ちつつも。ところがツイートでの熊本地震にまつわるメルマガ記載日付の詐称、更にはどうにも苦しい保身的な言い訳を見るに至りうんざり。佐村河内さんや小保方さんのようなある種の人格異常かとすら疑うに至っています。なんか疲れました(笑)
村井教の信者について(続) (似非宗教評論家)
2016-04-16 12:54:16
前の記事にも書いたけど

予測してない地震が起きた(2)→許容する、なぐさめる、はげます、代わりに言い訳をする
教祖様への批判者に対しては、攻撃的になる

商品の欠陥と商品説明の間違いを指摘しているだけなのに、「じゃあお前に作れるのか」はないよね
そもそも話が違うし

マルチ商法とかの被害者と微妙に重なる点もある気がする
地震予知 (こんた)
2016-04-16 14:39:23
やっぱり地震予知って、難しいんですね。
それでも地震予知研究の方々には、頑張って地震予知精度を高めていって、貰いたいものですね。
Unknown (Unknown)
2016-04-16 15:46:57
村井は4月6日に鹿児島・熊本・宮崎周辺は危険が無くなったとして、警戒レべル2を取り下げて削除したばかりでしたよね。村井、早川をはじめとする似非研究家の言うことを信じてたら命がいくつあっても足りません。
Unknown (ばーど)
2016-04-16 16:17:17
今ネットでニュースを見ていたらこんなものがありました。

http://news.infoseek.co.jp/article/sunday_5036590/

「言い訳マップ」という表現に笑ってしまいました。
池上さんが (うどん)
2016-04-16 19:53:50
池上彰のニュース解説で、はっきり「予知できない!」と、、、あ~あ言っちゃった。
さて、信者さんたちはどういう逃げ道で信仰を続けるのでしょうか。
「池上彰とか地震の専門家じゃないだろ!」って怒っても、あんたの信じている御方も、専門家じゃないよね。
Unknown (通りすがり)
2016-04-16 21:48:47
村井氏の予測がまだつたないものであることは賛同しますが、このブログの管理者のなんか人の足を必死に引っ張るのに一生懸命な姿がなんともいえません(笑)
地震予測評論家はいいから、その知識をいかしてほしいものです
まだまだ、100%の予測は誰も出来ていないと思いますが? (齊藤)
2016-04-16 21:49:26
これかに、期待しましょう!
ここで、潰して喜んでも仕方ないと思います、改善しながら日々人間は進歩するものです、予測している人たちは、沢山います、この後テレビで私の予測が当たりましたと出てくるでしょう!
完全に予測出来るようになるまで、期待しましょう!
後100年かければ、予測できるようになるかも?
これで、駄目だと潰してしまえば、何も進歩しないと思いますが?

地震予知研究(村井俊治氏・JESEA)」カテゴリの最新記事