東京都南青山|おおした鍼灸院

熱性ケイレン2

 

 

で…子どもがケイレンをおこした時に慌てないように、どういった症状に注意しないといけないかを調べてみました。

 

  • ケイレンが10分以上続いた。
  • ケイレンの様子が左右非対称である。
  • 1日に2回以上ケイレンを起こした。
  • 6才以上でケイレンを起こした。
  • 熱がないのにケイレンが起きた。

これらの症状は「てんかん」や脳の病気の可能性もあるそうです。ですからすぐに病院に行き、診察や脳波検査を受けてください。

 

ただ……ほとんどの場合、熱性ケイレンは、一過性のものだそうです。

自然におさまり、後遺症の心配もないようです。

 

あと、熱性ケイレンは親や兄弟、おじ、おば、いとこなどが子どものころに熱性ケイレンを起こしたことがあると、その子も熱性ケイレンを起こしやすい傾向があるようです。


ランキングに参加しています!

コメント一覧

watasi
>希彩さん

患者さんとの話は宝の山……。

大切にしています。

慌てふためかないように勉強してみたけど、実際その場に居合わせたときどうなることやら……。



>sanhai1011さま

来てくれてありがとう!!

小児はりは実際にやってみるのが一番!!

スキンタッチという入り口もあるので覗いてみて下さいね。
sanhai1011
はじめまして
はきナビよりここに辿り着きました。鍼灸学校3年の学生兼主婦です。小児の鍼灸にもとても興味がありますので、これからもお邪魔させてください。
希彩
熱性痙攣
うちの子も、まだ熱性痙攣は経験してないので、実際の様子は見たことがありません。妹の子供は起こしたことがあり、救急車を呼んだそうです。病院では「心配ないよ」で、終わっちゃったとか。ちなみに、あとになって思い出してみると、その前兆と言うか、様子や反応がおかしかったって言っていました。友達も、病院に駆け込んだそうです。僕も、頭ではわかっていても慌てちゃいそうです。でも、うちの妻は大丈夫だろうな~。
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「子育て・小児はり」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事