Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

シュタイナー美術教員養成講座

2021-08-08 | [Earth Spiral もりとアートの学校]
週末3日間のシュタイナー美術教員養成講座が終わりました。

いつも、教えるための学びであることを忘れるほど、小学生の気分になって、自分が絵を描くことを楽しんで、あっという間の3日間でした。

今回は小学校3年生がテーマ。

人は9歳で「9歳の危機」という時期を迎えます。それまでは夢の世界にいたのに、はっと、自分と外の世界は違うもの、自分と他者は違うもの、ということに気づきはじめます。「私はだれ?」と思いはじめる。

「その時に、自分は光であることを知ってもらいたい。

地上に、何かをしようと思って、
ひとりでわざわざやってきたのに、
なんとなく、去っていくのは、
人間として残念。
何かをしようと思ってきたことを
果たせるようにしてあげたい」

そんな先生の言葉が心の沁みました。
私も本当にそう思う。



ひとりひとりが、自分の魂の声に自分で気づけるよう、そして他の人も、同じく尊い魂の存在であると思えるよう、できることをやっていきたいと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 百合の花たち | トップ | 鉱物的、ということ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

[Earth Spiral もりとアートの学校]」カテゴリの最新記事