Earth Spiral

Survival&Creative life. 
大地と魂の声を聴き、自分の道を歩め

気候変動勉強会@裏磐梯 Act For Future, Act For Earth

2020-02-27 | トランジションタウンの活動
【気候変動勉強会@裏磐梯】

今日は裏磐梯で気候変動の勉強会をしました。今回は地球温暖化のメカニズム的なことよりも、今、若者たちが気候変動対策を求めて活動をしているのはなぜか? そして社会がどのようにポジティブなリアクションをしているかというお話を地球デクラス研究所のもりぞう所長にしてもらいました。

また、裏磐梯のことを考えるうえで参考になりそうな、ニセコや白馬、北米のスキーリゾートでの取り組みなどの具体例の紹介もありました。北米ではサスティナビリティマネージャーというのが地域にいて、事業も気候変動対策につながる持続可能なものにしていくことで、従業員が自分たちの仕事に誇りを持てるようになり、やる気が出て離職率も減り人が集まるようになっていることなどの紹介もありました。そして、環境意識の高い人が訪れる場所になるという好循環があるとか。

スライド見ながらのお話の後は、持ち寄っていただいた美味しいものを食しつつ自己紹介。

後半は、自分たちができることから行動しよう!ということで、Act For Future, Act For Earth URABANDAI~未来と地球のために行動する裏磐梯宣言!ってことで、気候非常事態宣言的なものを出してみようというお話をしました。

そして、今、取り組んでいること、これから取り組みたいことなどを情報交換。やろうと思っていて進まなかったことや、他の人のお話からヒントをもらうこともあって、ひとりじゃなかなか進まないことも進みそうな感じがしました。

飛び入りで隣町の有機農家さんも参加してくださったので、生産者の目線のお話も聞くことが出来て、良い勉強になりました。

シロクマクッキーつくって、活動資金にしようか、とか、いろいろ楽しいアイディアも出てきそうな感じで、引き続き次の機会も設けながら、自分の仕事、事業の中でできること、気候変動対策を事業とどう結びつけて、自分の仕事も暮しも持続可能にして、地域も地球環境も持続可能にするかを考えていきましょう、ということになりました。

FBグループもつくり、今日のレクチャー動画もシェアしています。参加してみたいという裏磐梯の方は、私にお声掛けください。

https://www.facebook.com/events/811952275940502/

コメント

気候変動勉強会@裏磐梯 Act For Future, Act For Earth

2020-02-27 | トランジションタウンの活動
【気候変動勉強会@裏磐梯】

今日は裏磐梯で気候変動の勉強会をしました。今回は地球温暖化のメカニズム的なことよりも、今、若者たちが気候変動対策を求めて活動をしているのはなぜか? そして社会がどのようにポジティブなリアクションをしているかというお話を地球デクラス研究所のもりぞう所長にしてもらいました。

また、裏磐梯のことを考えるうえで参考になりそうな、ニセコや白馬、北米のスキーリゾートでの取り組みなどの具体例の紹介もありました。北米ではサスティナビリティマネージャーというのが地域にいて、事業も気候変動対策につながる持続可能なものにしていくことで、従業員が自分たちの仕事に誇りを持てるようになり、やる気が出て離職率も減り人が集まるようになっていることなどの紹介もありました。そして、環境意識の高い人が訪れる場所になるという好循環があるとか。

スライド見ながらのお話の後は、持ち寄っていただいた美味しいものを食しつつ自己紹介。

後半は、自分たちができることから行動しよう!ということで、Act For Future, Act For Earth URABANDAI~未来と地球のために行動する裏磐梯宣言!ってことで、気候非常事態宣言的なものを出してみようというお話をしました。

そして、今、取り組んでいること、これから取り組みたいことなどを情報交換。やろうと思っていて進まなかったことや、他の人のお話からヒントをもらうこともあって、ひとりじゃなかなか進まないことも進みそうな感じがしました。

飛び入りで隣町の有機農家さんも参加してくださったので、生産者の目線のお話も聞くことが出来て、良い勉強になりました。

シロクマクッキーつくって、活動資金にしようか、とか、いろいろ楽しいアイディアも出てきそうな感じで、引き続き次の機会も設けながら、自分の仕事、事業の中でできること、気候変動対策を事業とどう結びつけて、自分の仕事も暮しも持続可能にして、地域も地球環境も持続可能にするかを考えていきましょう、ということになりました。

FBグループもつくり、今日のレクチャー動画もシェアしています。参加してみたいという裏磐梯の方は、私にお声掛けください。

https://www.facebook.com/events/811952275940502/

コメント

1月のトランジションふくしまミーティング報告

2020-01-23 | トランジションタウンの活動
今日はトランジション福島の定例ミーティングでした。今日のテーマは気候非常事態宣言。基本的な知識共有をしてから、「自分の住む自治体に気候非常事態宣言を出してもらうにはどうしたらよいか?」をディスカッションしました。議員さんもおひとり来てくださったので、請願書や陳情書のことや、議会ので流れなどもうかがえました。
市民ので盛り上がりも大事なので、個人や個人事業者が出せる気候非常事態宣言についても、また、話したいです。
次回のでミーティングは福島市へ。4月のグローバル気候マーチのことを話そうかなという予定です( `・ω・´)ノ ヨロシクー
終了後、伏見屋ガラス店のコミュニティスペースを借りてランチしました✨

コメント

小さなガラス店のミニマルシェ

2020-01-18 | トランジションタウンの活動
ぶらり在来線の旅。猪苗代から郡山へ。

田舎は車社会だから、電車に乗るのは、なかなか非日常感あり。電車だと読書もできるしね。

コメント

根源的満足と二次的満足

2020-01-11 | トランジションタウンの活動
人が幸せになるために満たされるべきもの。こちらの記事では、それを3段階に分けて説明しています。1.根源的満足、2.二次的満足、3.飢餓。
これからめざしたいものは、根源的満足が得られる社会。

根源的満足とは、「笑うこと、食事を共にすること、儀式、互恵的な人間関係、周りに溢れる緑の世界、瞑想、自己探究、リラックスした身体など」。それによって得られるものは言語化しにくいがあえて言語化すれば「喜び、愛、優しさ、平穏な気持ち、畏敬の念、感動、自分という存在を超えた一体感など」。

それに対して二次的満足感とは「エンターテイメント、ショッピング、ステータス、富、中毒的な摂取、SNSなど」。これは一時的な高揚感や痛みからの解放をもたらすけれど持続するものではない。

今の世界は、どれだけ二次的満足感に満たされているか、みなさん実感できるのではないかと思います。そこからどうやって脱却するか。

コメント

2030年までにCO2排出をゼロにするぞ!

2020-01-04 | トランジションタウンの活動
コメント

1℃の重み

2019-12-17 | トランジションタウンの活動
1℃の重み。

「地球の平均気温を1.5℃以内に抑える」

言葉だけ聞くと、たかが1.5℃というイメージになる。しかし、最近、いろいろなことを勉強させていただき、このたかが1℃、たかが0.5℃の重みがわかってきた。知りつつ感じる。まずは知ろうとすることが大事。
コメント (2)

みんな仲間

2019-12-16 | トランジションタウンの活動
みんな仲間。

トランジションタウンの活動を相模湖に住んでいた時以来、復活してみた。トランジションのパンフに「組織や団体をつくり維持することが目的ではない」「町おこしではない」と明確に書いてあって、みんなに説明させてもらうときにとても助けになる。

エコビレッジは枠を作るようでちょっと違うなと思って気に入ったトランジションタウンのコンセプト。改めて始めてみると、名前があることでも何となく枠や線引きをつくる感覚がうっすらある。でも、それがないとよくわからないというデメリットもある。

今日もミーティングをやって15名ぐらいの方が来てくれた。でも、その陰に、関心があったけど、来たかったけどこれなかった人もいることを知っている。意識を向けてくれているだけでもつながっている、そう伝えたいと思う。どこにも壁はないし枠もない。

そして名前がなくても、わざわざ活動やムーブメントです、と言わなくても、硬直してしまったシステムが息を吹き返していくように、生き生きとした生命力あふれるオーガニックなつながりに代わっていくことをイメージする。

イメージはあるけれど、それを一体どのようにして広げていったらよいのかなと考える。いや、考えなくても、思ったこと感じたことをその場でやればいいし、働きかけしてみればいい。

それをみんなができる環境、場づくりのきっかけをつくることだけ出来たらいいなと思う。また、そんなこともみんなで話してみたいなと思う。
コメント

銀河のほとりでトランジションふくしまのミーティング

2019-12-16 | トランジションタウンの活動
今日は、もうすでにトランジションしている須賀川の銀河のほとりでトランジションふくしまのミーティングをさせていただきました。つながりあって、素敵な未来を創っていきたいと思います~。詳細はトランジションふくしまのページにまた投稿します。

裏磐梯にもどったら、もう夕方。雲一つない空で、磐梯山を撮りに近くの沼のほとりに。足元には小さい足跡や大きい足跡が(たぶん猫と猿)。木の根元にじっと獲物を狙っている風な猫一匹。みんなが幸せに暮らせる地球を。



トランジションふくしま
コメント

気候変動の解決のためにライフスタイルを変える

2019-12-04 | トランジションタウンの活動
このままでよいのだろうか?と思い始めたのが2004年ぐらい。2006年からパーマカルチャーを学び、都市部からちょっと郊外の相模湖に引っ越して、ほどなく、裏磐梯に移住したのが2009年。5年間で暮らし方はガラッと変わった。CO2の排出量で計算はしていないけど、やる気になれば人間変えられるもんだ。変えようと思えば10年以内でライフスタイルを変えられる。

2030年までにはCO2排出量を今の半分にするというのが世界的な目標。あと10年あるので、一人一人が変えようと思えば十分な時間がある。大きなシステムが変わるように働きかけることはもちろん大切、でもそれを待たずして、自分を変えることを始めたほうが多分楽しいです。

来年はそうしたい人たちのサポートになることを、何かやっていけたらいいなと思っています。あと10年あれば、なんとかなる。

コメント