かーちんとデザートローズの日々

2001年東京吉祥寺で開店、2016年7月に埼玉県飯能に移転しました。店やジュエリーのこと、自分のことなど綴っています。

明日はいよいよHUFFER SHOW

2007-05-29 20:56:44 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

デザートローズシルバークラフトマン太陽がモデルとして出演する「HUFFER SHOW」が、いよいよ明日、ニュージーランド・トラベルカフェ六本木店にて開催されます。

このショーでは太陽本人のみならず、デザートローズ(Sinla)のシルバーアクセサリーも使われます。

本当は、デザートローズのお客様方にもご案内したいところなのですが、今回は残念ながら会場のキャパの関係上、入場はHUFFUR JAPANの抽選に当選した方のみに限られておりますので、悪しからずです。

ただし、入場は出来ませんが、外から少し見えるかもしれないので、ちらっと見たい方は覗きに来てくださいね~。




画像は、明日のHUFFER SHOWでモデルさんが使用するアクセサリーの中の一点、シルバーとゴールドを組合わせたペンダント「Unity」です。



--------------------------------------------------------------------------


シルバーアクセサリーのオリジナルブランドSinlaを発信する店Desert Roseのサイト



コメント

Calms -原風景-

2007-05-28 23:14:39 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

少し前のことですが、シルバークラフトマン太陽の実家(八丈島)から、デザートローズに春菊の花が届きました。

皆さんは春菊の花ってみたことあります?

画像の花がそうなんですが、立派に菊なんですよね!かわいらしい!

まだまだ美味しそうな柔らかな葉と、鮮やかな黄色。

やさしくて、でも元気がよくて、かわいらしい。

しばらくの間、デザートローズの店内を明るく飾ってくれていました。

シルバークラフトマンの太陽は、こんな可愛らしい花を育て送ってくれるお母さんの元、八丈島で幼児期から高校入学までを過ごしました。

小さい頃には、自給生活も経験しているそうです。

海と山、広い空、土に触れる生活。それが太陽が作り出すシルバーアクセサリー
原点になっているようです。




  

画像のシルバーバングルは太陽の中に強く残っている風景がデザインソースになっています。

見上げた空の片方に太陽、片方に月の見える風景です。

バングルの名前は「Calms」、平穏とか静寂という意味があります。


シルバークラフトマン太陽が、太陽と月が同時に見える空を眺めるとき、その心はきっと、平穏で静寂なんでしょうね。

そして私はその心の状態が、クラフトマン太陽の原点のような気がしてなりません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シルバーアクセサリーブランドSinlaは、クラフトマン宮部太陽のオリジナルブランドです。
コメント (2)

ラブラドライトネックレス

2007-05-28 00:34:36 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

今日は天気がよかったせいか、大忙しのデザートローズでした。

ご来店いただいたお客様方、ありがとうございました。

今日は開店時間が遅くなってしまったので、その間に来ていただいた方あったら、大変申し訳ありませんでした。

店の張り紙に電話番号書いてあったら、遠慮なく電話してくださいね。


さて、本日の画像はラブラドライトのシルバーネックレスです。

私のかなりお気に入りの商品です。

今日ご来店のお客様にお買い上げいただきました。ありがとうございます。

まだホームページに載せていなかったので、ブログでご紹介させていただきます。

やはりお気に入りは、なるべく多くの方に見ていただきたいので。

かわいいでしょ~? かなりかわいいんです。

かわいいんですが、付いている石がラブラドライトなので、落ち着きがあって、大人っぽいんです。そこがまたいい!

お買い上げ下さった方、とても似合ってて、嬉しかったです。

そしてちょっとびっくりだったのは、その方がエジプトへ行ったとき、現地の人がつけたニックネームが「ワルダ」とのこと。

Sinlaのアクセサリーのタイトルはアラビア語がいくつか使われているのですが、一番初めに付けた名前が「ワルダ」だったんです。

何か、ご縁があったんでしょうかね。

こういう話って、何となく嬉しくなるものです。

不思議とデザートローズは「偶然」という話の多い店。何なんでしょうね~。



天然石を使ったシルバーアクセサリーはこちらでご紹介しています。

コメント

オーダーメイドシルバージュエリー

2007-05-26 23:31:15 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

昨日はあいにくのお天気でしたが、今日は気持ちよく晴れましたね。

楽しい土曜日を過ごされた方も多いのではないでしょうか?

さて、本日の画像は、オーダーメイドのネックレスです。

トップはブラックスター(スターダイオプサイト)を使っています。

少し大きめで縦長のブラックスターがキラッと光る、つくりとしては比較的シンプルですが、印象深いデザインになっています。

ネック部分は、チェーンだと首が荒れてしまいやすいというお客様のご希望により、グラスビーズ(チェコ)を組んで作りました。

チェコガラスとブラックスターの色合いがまたぴったり合って、とてもきれいな仕上がりになりました。

シルバーのトップと、ビーズのネックレス組合わせは、チェーンとはまた違った趣を出してくれるので、作る側も新鮮な気分で楽しむ事ができました。



デザートローズの、今までのオーダーメイドジュエリーはこちらでもご紹介しています。

コメント

雨。

2007-05-26 00:30:44 | 2012までの雑記他
 こんばんは、太陽です。

今日は雨降りでしたね。

雨が降ったからか、やけに蒸し暑かったです。

彫金は火を使います。

銀の融点は約960℃、ロウ付けでも約860℃。

こんな熱量があるバーナーを使って作るのです。

つまり夏は地獄なのです。

そんな時期が近づいてきちゃいました。



そうそう雨で思い出しました、僕が保育園に通っていた頃。

遠足がありその日の天気予報は雨。

と言う事で、保育園生みんなでてるてるぼうずを作りました。

作り終わったらある子が先生に聞きました。

「先生、てるてるぼうず作ったから明日は晴れるよね??」

先生「大丈夫だよ。お空にいるお天道様は太陽君のお兄ちゃんなんだ。だから太陽君がお兄ちゃんに頼んで晴れにしてくれるって。」


えっ!?

当時5歳の僕はこれはやべ~んじゃないかと思いました。

明日晴れなかったらどうなるのかと。

だいいち僕にそんな力はありませんから。

その日はプレッシャーを感じて、寝つきが悪かったような記憶があります。


さてその翌日、快晴とまではなりませんでしたがまずまずの天気。

僕はほっと胸をなでおろしました。

あの日晴れなかったら僕は大丈夫だったのでしょうか。

先生、発言には気をつけたほうがよいぜ。



おっと明日はファッションショーの練習。

楽しみですな~。

huffer show



僕が手がけるシルバーアクセサリー、天然石アクセサリーのお店。
desert rose
コメント

レインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)シルバーペンダント

2007-05-25 01:28:59 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

なぜか最近お月様続きのデザートローズブログとなっております。

意図しているわけではないのですが、不思議。

本日の画像はレインボームーンストーンのシルバーペンダントです。

この石、最近ではホワイトラブラドライトの名前で通っていることが多いようですね。

鉱物学的には、白いラブラドライトなのだそうで、ホワイトラブラドライトの方が正しい呼び名かもしれませんね。

ちなみにラブラドライトも、ムーンストーンも同じ長石系なので、親戚みたいなものです。

レインボームーンストーンという呼び名は夢のある感じで個人的には好きです。



さて、石の呼び名はさておき、こちらのペンダント、私はかなりお気に入りです。

なぜって、ちょっと天使っぽいので。

この、「ちょっと」というところがミソです。

また少し見方を変えると、白鷲のイメージも浮かびます。

優しさと、強さがミックスした感じ。

この相対する二極が融合したイメージというのが、太陽が作るところの「S
inla」の特徴ではないかと思います。

甘過ぎず、ハード過ぎず、このどっちつかずというのはとても形になりにくいし、なったとしても、印象の薄いものになりがちと思うのですが、なぜか印象に残るアクセサリーに仕上がる。

不思議です。

そしてこのフェザーを組合わせたペンダントもそうですが、石の魅力を活かす力は抜群だと思います。

以前はかなり考え込んでデザインすることも多かったのですが、ここ最近はかなり早いです。
それだけ熟練してきたのでしょうね。

というわけで、またまた新作続々できています。

私もホームページの更新がんばっているつもりですが、ぜんぜん追いついてません。

がんばりますね。


先日ブログでご紹介した、ムーンストーンのシルバーペンダントアップしました。
他にもムーンストーン系のシルバーアクセサリーはこちらから見ることができます。














コメント

SINLAオリジナルシルバージュエリー「月」ペンダント。

2007-05-22 12:58:50 | 2012までの雑記他
おはようございます。太陽です。

昨日の月はきれいな三日月でした、よく井の頭公園を通るのですが昨日はいい雰囲気でしたよ。

水面に映る月はきれいです。

公園内がもうちょっと静かだったら言うことなしです。

昨日の月が幻想的だったという事で、今日はシンラオリジナルシルバージュエリーの「月」を紹介します。


 このペンダントのモチーフはもちろん月なのですが、実は水面に映った月もデザインソースになっているのです。

僕が小学生の時のある夏。

僕の実家は八丈島なのですが、夏休みは毎日のように海に泳ぎに行っていました。

お母さんは仕事があったため、特別どこかに行くと言う事はあまり無かった気がします。

毎日のように起きては海に妹たちと泳ぎに行き、ほぼ一日中海で遊んでいました。

そして晩御飯を食べてから家族みんなでまた海にいくのです。

海沿いにあるお店でアイスクリームを買ってみんなで砂浜にねっころがってたべるのです。

八丈島はとっても田舎なので、夜になると街頭などは消え月と星の光だけになります。

ねっころがると頭上には天の川が見え流れ星が走るのです。

そんな日常のとある日にとってもきれいな三日月を見たのです。

夜空に輝く三日月と海面にうつるもう一つの三日月。

波に月は動かされ、ゆらゆらとゆっくり動くのです。


その風景、月が僕の記憶に残っていました。

それを思い出し作ったのがこのペンダントなんです。

このペンダントの中の模様は僕が見た波によって揺られた月を表現しています。

対象を正面から捉えるだけではなくワイドに、また時には他のものに写して観られるように。



 このシンラオリジナルシルバージュエリー「月」には石を入れることもできます。

ダイヤをいれたバージョンは海に映る月が時折キラリと光る様を表現できた気がして、僕も気に入っています。



またこの月を見て、新たにオーダーメイドをいただいたものもあります。

それはこちらのページで紹介しています。

DESERT ROSE オーダーメイド


SINLAオリジナルシルバージュエリー「月」


僕が手がけるシルバージュエリーのお店

DESERT ROSE
コメント

ムーンストーン

2007-05-21 22:53:41 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

月の光のような輝きを持つムーンストーンは、日本人の女性には特に好まれるように思います。

私自身も、月の神秘的な美しさが大好きで、月の見える夜道を歩くとついつい空を見上げながら歩いてしまいます。ときどき見とれてしまって危ないくらい。

そんな月のエネルギーを感じさせてくれる石、きらいなわけがありません。


ヨーロッパの古い文献には、「ムーンストーンは幸福の石であり、恋人の贈り物には最高の石である」と記されていたりするそうです。

その記述の信憑性は定かではありませんが、男性のお客さんが女性へのプレゼントを探しにデザートローズにみえたときに、私が無意識に一番お奨めしているのが、ムーンストーンを使ったシルバージュエリーです。
これにはレインボームーンストーンやブルームーンストーンも含まれるのですが。

女性なら、どのような人がつけてもきっと似合う、プレゼントには間違いなし、と思えるからです。



プレゼントを探しにみえたお客さんに相談されたとき、私は受け取ったときの女性の反応を想像してみます。

ムーンストーンの輝きは、手に取った人の心を優しく穏やかにするような気がします。しみじみと幸福感を噛みしめる感じが思い浮かぶのです。

だから、6月の誕生石ということにはあまりこだわらず、ついついおすすめしてしまいます。



ジューンブライドが幸せになれるという話も、もしかしたら6月の誕生石ムーンストーンが「幸福の石」と言われていたからかもしれないですね。



本日の画像は、6月の誕生石でもあるムーンストーンを使った新作のシルバーペンダントです。(今回2点限定)

ブログなので、わかりやすさよりも雰囲気重視で画像を選んで載せてみました。

ホームページには、近々アップする予定です。


本日は、お客様とジュエリーを紹介するコーナー、What Your Style? を更新しました。



コメント

SINLA 「Walda」 ペンダント。

2007-05-21 01:21:59 | 2012までの雑記他
 こんばんは、太陽です。

今日はシンラオリジナルペンダント「Walda」 (ワルダ)をご紹介します。

ワルダとは、アラビア語で「花」という意味です。

なぜか僕は花というものが好きなようです。

とはいっても花の種類に詳しかったりはしないのですが・・・・

どうも自分が持っている「花」というイメージが好きなようです。

このワルダも特定の花をイメージして作ったんじゃないんです。

もし何か特定の花のイメージをもっていただけたら、それがワルダのモチーフでもあります。


さてこのワルダですが、このタイプは中心のお花が18金で作ってありますが、それ以外にもシルバータイプや色々な石を入れたタイプもあります。

それによってまた違う花のイメージをもっていただけたら嬉しいです。



今ふと気づきましたが、SINLAには「花」以外にも「風」 「月」モチーフがあります。

あと「鳥」があれば花鳥風月。

「雪」があれば雪月花ですね。

おっと気づいちゃったからにはいつか形にしたいと思います。


 今日はとっても充実した一日でした、昼間は風も気持ちよかったですね。

明日も何か嬉しいと感じれる気持ちがありますように。




「SINLA」オリジナルシルバーアクセサリー「Walda」

僕が手がけるシルバージュエリー天然石のアクセサリーのお店
DESERT ROSE




コメント

リーフレット完成!

2007-05-20 00:10:31 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

先日お知らせしていましたリーフレットが遂に完成いたしました。

太陽が作るシルバージュエリー、「Sinla」をご紹介する一つのアイテムとして、ご提供させていただくものです。

ご購入の参考に、またお友達などへのご紹介にぜひご利用ください。


おかげさまで、Sinlaのファンは確実に増えつつあります^^

Sinlaを発信しているDesert Roseを愛してくださる方々もです。

本当にありがたい限りです。

この場をお借りして、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

これからも、人々の心に響くようなアクセサリー(ジュエリー)の製作を目指していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたしますね。


リーフレット見にぜひ遊びに来てください^^



ホームページに新作フェザーペンダントと、ムーンストーンペンダントアップしました。




コメント

SINLA 「 Vayu 」 ペンダント。

2007-05-18 22:16:34 | 2012までの雑記他
 こんばんは太陽です。

さて今日はシンラオリジナルペンダント「Vayu」(ヴァーユ)を紹介します。

ヴァーユとはインド神話では風と雷を司る神です。

大きい性質として「風」の性質を持っているそうです。

つまり僕の作ったヴァーユもモチーフは「風」なのです。


風とは不思議なものですよね。

風だけに限った事ではありませんが、形を変え、速度や密度を変え全ての生命に恩恵と災厄をあたえます。

どんな形であれ過ぎ去った後には必ず何かを残します。


その循環として、「風」は僕にとってとてもわかりやすい一つの質なのだと思います。


 
さてこの「Vayu」、作るときに思い描いたものは様々な方向から吹き寄せる息吹です。

ある一点を見たときに、それを構成するモノは四方八方より押し寄せていると思うのです。

決して単一ではなく、周囲に存在する物により実を結び、やがては花を咲かすのではと。

その周囲からうけるモノを風としてイメージしました。


簡単に言うと四方より風が吹き、実を結び、花となる。

それがこの「Vayu」のメインモチーフです。


 僕自身も今まで様々なモノの力をかりて生きてきました。

それはこれからも終わることなく続いていくのだと思います。

周囲と完璧に切り離すという事が難しいのならば、受けたモノを返すのが難しいと思うのならば、せめて自身という実を結ばせ新たな花を咲かせたい。

そう思うのです。

きっとそれが出来れば、今度は自身がまた、何かにとっての風になれるのではと。


さぁ明日も思う存分吹きましょう。



「SINLA」オリジナルシルバーアクセサリー「Vayu」

僕が手がけるシルバージュエリー天然石のアクセサリーのお店
DESERT ROSE



コメント

吉祥寺発、温泉日帰り旅行

2007-05-17 23:46:12 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

昨日の定休日は、仲良しのお客さんたちと、蓼科~霧が峰~松本方面へとドライブに行ってきました。

霧が峰は大好きな土地のひとつです。昔はよくスキーをしに行っていました。

緑がきれいなシーズンには行ったことがなかったので、ぜひいつか!と思っていた念願の地への小旅行を満喫してまいりました♪

緑を存分に楽しむつもりでしたが、ついつい食も存分に楽しんでしまいました^0^^;

まず始めに寄ったのが、白樺湖を通り過ぎたところにある利休亭。TVでも紹介されたことがあるので、ご存知の方も多いかもしれないですね。

名物のかき揚&そば。想像通りの迫力でした。




しかし、想像を絶する料理がこれ! 「地味天丼」です。

ゼンゼン地味じゃな~いっ!!




地味天丼という名前から、どんな風に地味なんだろうと思っていたのですが、まるでオブジェのように聳え立つ天丼に皆ビックリ!

ちなみに私は本当に地味にたまごごはん定食と、山菜のてんぷらをいただきました。(お店で飼ってる放し飼いのにわとりのたまごちゃんに惹かれたのです)

全員、満足&満腹で、霧が峰へ。

5月も半ばなので、新緑がキレイな頃と踏んで出かけたのですが、少し早かったです。

八島湿原もこの通りまだやっと木の芽が顔を出した程度。

でも気持ちよかった~。







そして、美ヶ原方面へ。

途中の展望台で、さっきあれほど食べたのに、山の上は冷えるからね、というのを言い訳に、温かい高原牛乳とおやきを食してしまいました。

そこから今度は扉温泉へと向かいました。

その途中、ナントきつねさんに遭遇。かわいかった~♪



でも、以前に埼玉の有間ダムで遭遇したタヌキ同様、人が食べ物をくれることを覚えてしまった様子で、警戒なし。
う~ん、複雑な境地です。




扉温泉へと向かう道には桜がとてもきれいに咲いていました。





扉温泉「桧の湯」は、地元の方達の社交場のような温泉でした。

素朴な雰囲気と、循環設備の無いところが最高!

それから次は最終目的の馬刺しを目指して松本へ。




づけにされた馬刺しが乗った「さくら丼」。さっぱりした美味しさで、またも完食。ご馳走様でした。


そして中央高速を走りぬけ、吉祥寺はデザートローズに無事到着。

おかげさまで、とてもよいリフレッシュとなりました^^














コメント (4)

SINLA 「Tree Of Life」 ペンダント。

2007-05-15 14:08:21 | 2012までの雑記他
 こんにちは、太陽です。

今日から少しづつ僕がつくっている「SINLA」シンラのスタンダードラインのアクセサリーを紹介していこうと思います。

まずは、SINLAという屋号をつける運びとなりずっと作りたかった「生命の樹」をモチーフにしたペンダントです。


以下『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋。
゛生命の樹(せいめいのき、Tree of Life)は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)にエデンの園の中央に植えられた木。命の木とも訳される。神秘思想のカバラではセフィロトの木(Sephirothic tree)という。

「禁止命令を無視して」知恵の樹の実を食べた人間が、生命の樹の実も食べるのではないか、と 日本では主なる神と訳されているヤハウェ・エロヒム(エールの複数形)が恐れてアダムとイヴを追放することに決めたとされる”


とあります。


生命の樹自体、色々な宗教などにより本当に様々な見解がされています。

それはたとえばアダムとイブのエデンの園や、釈迦の菩提樹、カバラのセフィロト、イスラム教の天上の樹などなど。

一貫して生命の象徴ともとれると思います。


それは偶像とも取れるかもしれないし、全てにありうる渦巻くエネルギーとも取れるかと思います。

僕はそんな風に捉えていました。

そんな大きなモノを形にするのは、とても難しいのではと思いましたがどうしても形にしてみたかったのです。

こういう風に説明を入れるととても壮大に感じたり、人によっては宗教的で嫌だと思う方もいるかもしれません。

しかし人間は何も物質的なものだけで構成されているわけではないと思うのです。

普段生活している中で中々感じられない事もあると思いますが、自然の恩恵や人の手によって創られた知恵などにとても助けられながら生きています。

そこには目に見える物体としてではなく、循環としてつながり渦巻く流れがあると思うのです。


そうゆう事を考えながら自分のフィールドを広げていきたいと僕は思い、僕はその思想を形にしてみたのです。



 デザインの要として僕がどうしても入れたかったのは、種です。

樹を大きな循環と捉えたときに、やはり土があり種があり水を吸い上げ光を浴び芽を出していくというプロセスがあります。

その道順を少しでも表現したかったのです。

生命の樹も元には種があり、また種を産み樹となる。

それをつながりとして捉えると僕は怖さが少しなくなるような気がするのです。

自分をつながりの中のひとつの欠片として感じる事で自身が消失されることはないと感じたかったのだと思います。


小難しそうなことばっかり書いてごめんなさい。

こんな事かいていますが僕はとっても単純な性格です。



そうそう思い出した。

Tree Of Lifeをご購入してくれた一人の方が、このペンダントにはピエロがいると教えてくれました。

僕はすっかり上下というものに囚われて中々気づけなかったのですが、なんと上下をひっくり返してみるとほんとにピエロの顔のように見えました。

そんな風に見えるのもとっても面白いです。

きっとその方は僕のデザインをしっかりと見てくれたのですね。

とっても嬉しいことです。


またもう一つ話がありまして、僕はある知り合いの紹介で某有名ギタリストの方とお会いする機会があったのです。

その方は僕が中学、高校生時代にとっても活躍されていた方で、(もちろん今でもですよ)なんどもブラウン管を通して見ていた方です。

その方がブランドを作ったのだそうです。

で、シルバーアクセサリーもすごく好きでそのブランドでシルバーも扱うとの事なので、僕を紹介してあげるって言ってくれた方がいたのです。

あぁそういえばそういってくれた方が実は二人いたのです。

その二人はその方とまったく別の繋がり方をしていたので、なんだか面白いな~って感じでした。


まぁそんなこんながありまして、僕はあるイベントでその方に出会うことが出来たんですね。

で僕はその方の所属していたバンドもとっても好きでしたし、そのイベントでの演奏もすばらしかったので、ぜひシルバーをプレゼントしたくなってしまったのです。

そこで僕が自分で選んだのがこのTree Of Lifeでした。

そして僕がこれは「生命の樹」をモチーフにして作ったんですよと説明したらこれまた面白いことが。。

その方が立ち上げたブランド名がなんと生命の樹の一つの解釈であるカバラの「セフィロト」だと言うのです。

おぉ~~これはなんという偶然か!!

そんな面白い出来事がありました。


後日その方のライブに招待してもらった時に彼はツリーオブライフをつけていてくれました。

高校生ぐらいの時にテレビで見ていて、CDを聞いてコピーしていた方が僕のアクセサリーを着けている。


なんだかとっても不思議な気持ちになりました。



おっとなんだかすっごく長くなっちゃいましたね。

とにかく僕はこのアクセサリーには色々な思い入れがあるのです。

こちらのページで紹介しているのでよかったら見てくださいね。

「SINLA」オリジナルシルバーアクセサリー「Tree Of Life」


僕が手がけるシルバージュエリー天然石のアクセサリーのお店
DESERT ROSE


東京都武蔵野市吉祥寺本町1-27-3-102
TEL 0422-28-1189








コメント

SINLA(シンラ)

2007-05-14 14:59:29 | 2012までの雑記他
 

こんにちは太陽です。

僕は吉祥寺のデザートローズでシルバージュエリーを作っています。

そのシルバージュエリーには「SINLA」という屋号があります。

その意味を知らない方もたくさんいると思うので、あらためて説明をしようかと思います。



「SINLA」

シンラと読みます。

森羅万象からとりました。

森羅万象とは宇宙に存在する一切のもの。あらゆる事物・現象。といったものを表す言葉です。

僕は自然が好きです。

山や川、木や花。水や火や風や土。

もちろん石もそうです。

しかしその自然だけが好きで、人工物などは許さない、許せないといった気持ちもありません。

もちろん個人的感情としての好き嫌いはありますけどね。

ただ今ここにある全ては、今そうであったこそなのだと思うのです。

陰と陽、光と影、善と悪、生と死。

そういった相対するものがバランスをとっているがゆえの、現在の美しさにつながっているんだと。

その大きく絡み合った森羅万象の中で僕はどういったものを作ろうとしているのか、どこに繋がっていくものなのか。

それは目にははっきりと映らないかもしれませんが、確かな存在としてあるのではと思うのです。

僕にとってのジュエリー作りとは、そういうものとのつながりを大事にするためだったり、それを感じて安心するためのツール、ワークなんだと思います。


また、全てを表現しきることもできないし、だいそれた野望などもないのですが、できるだけ自分の視野や存在や感覚を広げていけたらという、自分の願い的なものもはいっています。


そういった理由から僕は屋号をSINLAとつけました。


まだまだ若輩者ですし至らないところも多々ありますが、これからも自分が大切だと思う部分を大事にしながらジュエリーと自分を作っていこうと思います。

散々理屈っぽいことを書きましたが、それだけが大事とも思っていません。

ジュエリーはかっこよくなければと思いますし、そういった意味での良いものも作っていきたいです。

また僕の考えを押し付けるようなこともしたくはありません。
それだけが大事なわけではないので。

単純にデザインをかっこいいと思っていただけて僕のジュエリーを身に着けていただくことも本当に嬉しいことなのです。


ぜひともこれからもどうかよろしくお願いいたします。


DESERT ROSE 宮部太陽
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-27-3-102
tel 0422-28-1189
http://www.desertrose.jp/
コメント

フェザー(羽根)のシルバーペンダント

2007-05-14 00:41:29 | 2012までの雑記他
こんばんは、かーちんです。

あれよあれよという間に日にちが過ぎていきます。

ホームページの更新がなかなか進まず、楽しみにしていただいている方々には大変申し訳ないな~と、思う毎日・・・。

今月はGW中のターコイズルース販売会、終わったらSinlaのスタンダードアイテムを中心に紹介するためのリーフレット製作と、なかなか忙しい日々を過ごさせていただいております。


そうそう、そんな中、先日のMステに出演したUAさんの左手には、太陽作のバングルが。
ちらっとしか写らなかったですけどね。
でも、ステージではアクセサリーを着けないと言う彼女がつけていてくれてたことはとても嬉しいです^^

それにしても、UAさんの歌よかったですね。テレビであれだけ歌えるって、やはり只者ではないと思いました。
彼女の心のメッセージが、多くの人に届いてほしいものです。


さて、本日の画像は新作のフェザーペンダントです。

ずいぶん前からの私の要望に、やっと応えて作ってくれました。

どうせ作るなら、インディアンジュエリーによくある感じではなく、ちょっと天使のニュアンスを。というフェザーペンダントです。

かわいいです。リバーシブルになっているので、右向き左向き、両方とも使えます。ちょっとしたことなんですが、これがなかなか大きいんですよ。




そう↑このようにコンビで使う場合、その人によってのおさまり具合がそれぞれだったり、また組み合わせるペンダントヘッドによって向きを変えたくなる場合が意外とあるんです。

なので両面使えるフェザーは、かなり使い勝手が良いと思います!


ホームページには近々アップしますよ~。がんばりま~す^^;

コメント