スタッフのつぶやき

CIL東大和のスタッフが徒然なる日常をつぶやきます。時にズバっと斬りこみます!

来年こそはブラインドタッチ!!

2010-12-28 16:30:28 | インポート
こんにちは。ブログでは初めましてです
サービス提供責任者の里田です
今年はブラインドタッチを出来るようになると約束しましたが、
来年に持ち越します

出来るようになったら、来年から
もう一人のサービス提供責任者のN村さん
「サービス提供責任者日記」を一ヶ月に一回(最低でも)更新することをお約束して
今年を締めます。

皆さんはどんな一年だったのでしょうか?
毎年約束しても果たせない僕が居るので、皆さんクヨクヨせずに
来年もがんばりましょう



コメント

しゅっぴ

2010-12-24 11:00:37 | インポート
今年後厄満喫中のeです。
足の骨を折ってみたり、飛行機の搭乗拒否に遭ってみたりと、
まぁ、それはそれは刺激的な毎日☆

今年のおみくじと占いで運勢最悪なことは分かっていましたが、
もうひとつ、占いのおばさまに忠告されたことがありました。

「今年は・・・お金が出て行きますよ・・・w」

wって・・・w

そして実際に、今年は
春に人工呼吸器のバッテリーを改造し○十万
(長時間外出が安心に!

真夏はとうとう暑さに負けてエアコン導入
(今まで扇風機と自然風でやり過ごしてました・・・

秋には更なる睡眠の質を求めてスペシャルマットレス購入
(身体が痛くない!痛くない~!!

今年3回の親友たちの結婚式
(おめでと~

最後に、つい先日ノートパソコンが逝去し新品購入
(ハードディスクが突然かぴゃん・・・って言いました・・・

ということで、そりゃー軽快にお金が羽ばたいていったわけです。

でもね・・・
事故や病気で入院費や治療費がかかったわけでもなく、
災害が起きて家がつぶれたわけでもなく、
(パソコン以外の)すべての出費が、
自分の生活改善に繋がるものだったので、
良しとしませふ。

来年は、どんな年になるでしょう??
今年ももう残りわずか。
良いお年をお迎えください。

コメント

ラーメン!!

2010-12-17 10:45:28 | インポート
こんにちは。
冬将軍が本気を出してきた昨今、いかがおすごしですか?
おふとんのなかで、iPhoneで音楽聴きながらぬくぬくネットをしつつ眠りにおちるのが幸せなmoeです



突然ですけど・・・

冬といえばラーメンですよね

毎年、この時期になるとラーメンが食べたくてしかたなくなります。
だけど、おいしいラーメン屋さんってなっかなかないんですよね~。
去年のクリスマスイブに食べたラーメンが酷すぎて印象的ですw

そこまでラーメン好きでも詳しいわけでもないのですが、
わたしのすきなラーメン屋さんナンバー1は、
こどもの頃からだいすきだった『桂花』さんのラーメンです。

熊本ラーメンなんですが、
とんこつスープが濃厚でしっかりと味がついていて、脂っこそうなのに意外とさっぱりとした味わい・・・。
麺ももちもちで、個性あふれるラーメンなのです。
とにかくスープが美味しいので、すべて飲み干してしまうこともあります。
他のお店では味わえません。

実家にいた頃はよく横浜にある桂花さんに行っていました。
さいきんはいつも池袋の桂花さんでいただきます。
東京なら新宿や渋谷にも支店があるそうなので、都心へお立ち寄りの際はぜひおためしあれ
もちろん本場、熊本にもあります。


他のお店では、
北海道のラーメンは何軒か行きましたが、
どこもなかなか美味しかったです。
札幌、釧路、旭川・・・その地を訪れなくとも、
札幌駅の駅ビルだかどこかにいくつかお店が入っていたので、
そこで食べることができたような気がします。(めっちゃうろ覚えですみません。)

あとは有名な『青葉』さんや、
つけ麺の『光麺』さんも好きなほうです。

あ~この記事書いてたらラーメンたべたくなってきた・・・っ。



あなたのお気に入りラーメン屋さんはどこですか?
こんどおすすめ教えてくださいな~




コメント

呼吸器イベント

2010-12-14 11:12:53 | インポート
間が空いてしまいましたが、KKです。

去る12月3日(金)に、代々木のオリンピックセンターで、JVUN20周年シンポジウムが行なわれ、
呼ネットとしてお手伝いに行ってきました。

JVUNは、ベンチレーター使用者ネットワークのことで、20年前から
人工呼吸器を付けたユーザーの支援を行なってきたそうです。
代表の佐藤さんは、まさに地域生活をした人工呼吸器ユーザーのパイオニアとも言える人なんです!!!

20年前といえば、KK7歳です。
もちろんその頃はまだ、人工呼吸器のレンタルの仕組みも全然ありません。

自分の生活と制度を切り開いてきた人でもあります。


そういうところの20周年、しかも手伝いの内容といったら、司会・・・
変なことや余計なことは言わないように、気をつけてやりました。
なんとか無事こなせたのではないかと思っています。

シンポジウムの中で、JVUNの20周年の歩みと人工呼吸器ユーザーの生活を収めたDVD試写会がありました。
とても良い仕上がりで、医療的ケアの研修用にも使えそうな感じです。

また、人工呼吸器ユーザーが自立する際の親や、医療関係者等の協力を得るまでの話では、
会場の方にも同じようなことを感じている人がいたりと、プログラム全体としてつながりのあるものでした。


私たちがやっている呼ネットは、まだ2年です。
JVUNに見習って、長く続けていけるように頑張っていきたいと思います。

コメント