どうせ地球のチリだからな。

生き方を変えたから、ブログも変えようと思った。
企画屋の日記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

年末のご挨拶

2011-12-31 22:36:40 | Weblog
本当に、何がなんだか分からない一年でした。
悲しい事ばかりで頭がおかしくなりそうな時もあった。
でも、今はもう違う。

悔しくて、ずっと怒ってた時もあった。
でも、今はもう違う。

復興、復興というけれど、それはナニカに踏ん切りをつけられた人達の言葉じゃなかろうか。

一番の望みはね、地震の前の状態に戻ること。
それだけでいいんだよ。
別に、前以上なんて望まない。

でも、起きてしまったことだから、もう変えられない。
生きているから、生きなくちゃ。
だったら…
どうせだったら前よりも素晴らしい町にして、天国の仲間に恥じぬようにしようじゃねぇかよ。

そこまで前向きになれてこその復興だと思います。

スコップ団は、もう少しだけ誰かが前向きになれますようにと、あの日の気持ちのまま、祈りを込めて頑張ろう。

来年はそんな、誰もが前向きになれる一年に。

今日ね、葬式中に思った。

世の中、殆どの事が自己満足なのかもしれないね。
殆どの事が。

利己的か利他的かで、その満足の結果の質が変わるだけ。

それでも、死んだばあちゃんは喜んでくれたと思う。

でも、絶対に確実なのは生きている内に「伝えれば」もっといいってこと。
もっともっといいってこと。
ばあちゃん。
じいちゃんが車の中で俺に言ってたよ。
「もっと、旅行とか連れて行きたかったなぁ。思い出は、多いといい。」
だって。
少し、後悔があったみたいだ。
「僕は、君の祖父である前に、息子の父である前に、洋子の夫だから。それが人の歴史の順番だから。」
忘れねぇよ。

ばあちゃん、なんか良かったね。

「団長のばあちゃんは、俺達のばあちゃんみたいなもんだ!」
と言ってもらえた。
ありがとうございました。

なんか分かる。
前なら分からなかったと思う。
ジュンペイの母ちゃんは、俺を助けてくれてるジュンペイの母ちゃんだから、俺の母ちゃんみたいなものだ。

違うけどそうなんだよ。

遡って「人類みな兄弟」ってのもいいけどさ、俺達の子孫は、必ずどっかで世話になるんだぜ?今も。現在も。

「自分の世代だけが良ければいい。」
それではダメだ。
未来へリレーをしなくてはいけない。
ペイフォワードだ。

皆が良くなきゃ飯も旨くねぇよ。

世の中、いつか家族になるかもしれない人達だらけ。

友達になるなんてもっと簡単じゃないか。

俺達がそういう感じを否定したら、子ども達は何を希望と呼ぶのかな。
今は大人が頑張る時。
くだらねぇこと、ゴチャゴチャ言う奴のことを考えてる程、俺の人生は暇ではない。

子ども達に何かを残す。
残すものがなければ、少しでもキレイにして受け渡す。

大人として、問われてます。
俺は。
皆の力が必要。
一緒に頑張ろう。

良いお年をお迎えください。

辛かったんだけど、頑張ったよ、ばあちゃん。
死ぬまで頑張ろう。

それが大人だ。
諦めねぇよ、子孫の為だ。

一年間、お世話になりました。
来年の構想がある。

でも、鬼が笑うから今は言わない。
ドンと行くぜ、俺は。
一緒にやろう!

我妻。
たけちん。
雄大。
大将。

一番辛い時、ありがとう。
マジで。
コメント (9)

お陰様で。

2011-12-30 22:24:45 | Weblog
おかげさまで、ばあちゃんはとても嬉しそうに見えました。
3分の2以上が、俺の友達でした。
普通、ずっと主婦だったおばあちゃんの葬儀は淋しく終わってしまいがちだけど(会社関連もないし)葬儀屋さんも驚く程のお花や電報、香典を頂きました。
ホールにしてよかった。
そのホールもいっぱいになるほど。
足を運んで下さった沢山の皆の顔を見て、俺が元気出たぜ。
友達に恵まれた孫の姿を見せてあげられたことが最期のばあちゃん孝行となったと思う。
俺の家族ごと愛してくれてありがとうございました。

何かあったら、必ず俺に言うがいい。
なんだってする。
そうさ、なんだってするぜ。

感謝してもしきれません。
喪主、施主に代わり御礼を申し上げます。
年末のお忙しいなか、本当にありがとう!

ありがトーマス!
コメント (8)

いつかきっと。

2011-12-30 12:25:53 | Weblog
クヨクヨしてたら、ばあちゃんもゆきえさんも怒る。
写真、夏の頃。
この頃は、熱中症と戦っていたなぁ。

もう大丈夫。
俺は、元気だ。

もう大丈夫。

いつかきっと、必ず会えるわけだから。

必ず俺は死ぬ。
生きてるんだから、必ずいつか死ぬ。

それは、去年死んだじいちゃんに会う事が出来るって事さ。
ゆきえさんにも、ばあちゃんにも。

その時に、堂々と会いに行ってやろう。
「おう、見てたかコノヤロウ。」
と言ってやろ。

そうしよ。

さぁ、ドンと行くぞ。

俺は都合よく出来てんだ。

どんな悲しみからも、立ち直ることが出来ます。

一緒に、行かねぇか?
もう、写真のように暑くはないし、むしろ極寒だけども。
「何もしなかった」
「何もできなかった」
って言う勇気は俺にはない。

行こう!!
1月7日からまた始まりまっせ!!

9日はない。
初めから3連チャンは怪我の元。
ご理解くだされい。


ばあちゃん。
見とれよ。

男の子が、大人になると、男になる。
俺は男だ。

腐った男とは違うのさ。

メソメソすんのは、やめだやめだ!!!

「何も出来ねぇけど、何でも言ってよ。」
タケチンからの電話で吹っ切れた。
「一緒に泣くし、一緒に笑う。」
雄大からのメールで肝が座ったわい。
俺達は、無敵のスコップ団だったコノヤロウ。
敵などいない。

だから無敵。
そして、俺はそこの団長やないかい。
しっかりしろ。

今からエスパルとの打合せ。
無論、花火に関してだ。
さぁ、行くぜキャップ!
コメント (8)

ばあちゃんのこと

2011-12-29 22:48:40 | Weblog
色々と打ち合わせが終わりました。

セレモール仙台
仙台市青葉区郷六字館22-1
022-226-2220
フラットベースの近くだなぁ。

12月30日
通夜
18:00~

12月31日
出棺経
9:30
出棺
10:00
火葬(葛岡斎場)
10:30
葬儀
13:30

じいちゃんを、迎えに行く車の中で澁と電話してたら涙が出た。
アイツ、アホだけど本当にいい奴なんだ。

じいちゃんは施設に入ってる。
ご飯を食べる所だった。
電話だけはしてもらっていた。
「じいちゃん。僕、来たよ。行こう。」
「本当なの?」
「本当だよ。行こう。」
「行かなくちゃ。僕が。」
「看護婦さん。じいちゃん、連れてくね。」
「家内が亡くなったんです。外出します。ごはん、すみません。」
「外で食べるような時は、この薬をお願いします。お孫さん?」
「えぇ、孫です。」
「孫だけど?」
「大きいんですね。」
「当たり前だ!さぁ、じいちゃん、行こう。」

ばあちゃんも死んじゃって、さっきまでは2011年は本当に最悪の年だと思っていた。
メールが来た。
「おばあちゃんは気を遣って来年はいい事しかないようにしてくれたのかもしれないね。」
そっか!!
そう思うようにしよう。

ばあちゃん、ありがとう。

ばあちゃんの写真ってあんまりないや。
もっと撮っておくべきだった。
これは禅(長男)の入学式の時だね。
「ひ孫の入学式に出れるなんて嬉しいな」
と言っていた。
俺も嬉しかった。
俺もそうして手を繋いでもらってバスや電車に乗ってお出かけしたんだよ。
「学校、楽しみだね。」
「うん。」
とか言ってそう。
違うな、服の事を話してそうだ。
ばあちゃんは洋裁が好きだったから。




「あんたは自慢の孫。その孫の子だもの。ばあちゃん、本当に嬉しいんだ~。」
って言ってたのは覚えてる。


これはじいちゃんも写ってる。
次男と。
次男が座ってる場所が俺の席だった。
ばあちゃんと暮らしたのは16年。
16年間、俺の食卓の隣にはばあちゃんがいた。


ばあちゃん。


これは長男の七五三の時だね。


中学、高校と何をやっても、
「了ちゃんは大丈夫。頭がいいから。言葉使いだけは気をつけなさい。」
と笑っていた。
「や~だね。言葉使い位で怒る奴は、所詮その程度の奴さ。」
と言っていた。
俺が飯を食う様を見るのが好きだと言っていた。
小さい頃は背伸びをしてオカズを取ろうとする姿がかわいかったんだって、ずっと言ってた。
この頃の俺だろう?
泣き虫でした。左は兄貴。


ばあちゃんは、突然ボケちゃった
地震の後は元気だったのに、怪我が原因で寝たきりになったらそのままボケちゃった。

ばあちゃん、9月頃の記事
まだ、意識があった。
ばあちゃんに服を縫ってもらった。
確かにばあちゃんは意識がハッキリしてないのに、俺のタンクトップを縫ってくれた。
チョーカーの紐を糸に見立てて。
今日の夕方、糸に見立てた俺のチョーカーを貸していたので、ばあちゃんから返してもらった。
ばあちゃんの側に置いてあったヌイグルミがそれをしていた。
ずっと最後までばあちゃんと一緒にあったチョーカー。
ばあちゃんの匂いがする。
ばあちゃんに出来るだけ優しくチューをして、まだ温かかったからもう一回。
大好きな人ばかりが死んでいく。

俺達の活動を一切妨げないタイミングでばあちゃんは死んだ。
俺が止まったらスコップ団は止まってしまう。
でも、3月までは我慢できなかったんだね。
だから今なのかもしれない。

ごめんなさい。
辛かったんでしょう?
ありがとう。

もう書けない。

ばあちゃん。
大好きでした。
さようなら。

3月10日の花火大会。
天国から見ててね。

ばあちゃんのとこまで、ぶっ放すから。
高く高く、ぶっ放すから見ててね。

さようなら、ばあちゃん。
コメント (7)

おやすみなさい

2011-12-29 17:28:36 | Weblog
ばあちゃんがまだ温かいのに、もう動かない。
ばあちゃん、おやすみなさい。
またね。
りょうより。

タバコがうまくない。
ばあちゃんの事で祈って下さった皆。
ありがとう。
ばあちゃんに、最後、男を見せられてよかった。

ばあちゃん、俺は地震なんかに負けなかったよ。
コメント (20)

会えたぜ。

2011-12-28 12:06:38 | Weblog
相変わらず、気の利いたことも言えず。
持てないほどのお土産をお渡しして、あまり喋るとはちきれそうだったから退散!
今は蕎麦屋にいる。
さぁ、帰ろうか!
コメント (5)

天気がよいの~

2011-12-28 08:33:58 | Weblog
行って来ます。
新潟に行くのに高速が使える幸せを噛み締めようと思うが、もう、乗ってるだけの時間に飽きました。
コメント (4)

新潟へ

2011-12-28 00:38:58 | Weblog
震災後、誰しもガソリンが買えなかった。
色々、散々、本当に散々文句を言われまくったけど、当時の平一家が大変世話になったガソリンスタンドが新潟にあります。
そんな事を言ってる状況じゃなかったのです。
無我夢中とはああいう事だなぁ。
今、俺は甘えてる。

キチンとお礼をしないまま、年を越すのは本当に気持ちが悪い。
明日しか、その日はないから俺達は行く。
昼位に新潟に着くように。
戻ってきて、仕事もしないといけない。

「お腹、空いてるんですよね?誰かの為に買って行くガソリンも大事だけど、平さんのガソリンも大事です。」
そう言って、オニギリを沢山握ってくれていた。
まだ覚えてる。
34個あった。
店長が、奥さんか誰かに電話をして給油をしている間に準備をしてくれていたのだ。
給油と言っても、俺達が普段考えているような給油の時間ではない。
それこそ、半日以上かかる。
そこから、アイスバーンになった雪山をハラハラしながら帰って来る。
帰って来ると、全員頬がこけていたっけなぁ(笑)
「痩せたね!」
「お前もな!」
朝方に帰って、dogwoodで飲んだ味噌汁が旨かった。
材料も揃ってないから、嫌いなタマネギいっぱい入ってたけど、死ぬほど旨かった。
そして、
「明日の為に残しておこう。」
と、一個だけ食べたオニギリが本当に旨かった。
そのオニギリも配ってしまって、結局俺達は食べられなかったけどいいんだ別に。
買って来たチョコも全部あげちゃったけど、それで良かった。
そう出来て良かった。
自分のことだけ考えなくて良かった。

だって、今日も飯が旨い。
「あの時、俺、ケチ臭かったなぁ・・・」
と思いたくねぇからね。

明日、お礼をしに行ってくる。
夜中、ノリさん達が見つけてくれたスタンド。
何回行っただろう。
そのお陰で、犬達も元気に過ごせています。
そのお陰で、イルカも助かった。
そのお陰で、避難所で車で寝ている人達の車にエンジンをかけられた。
そのお陰で、沢山の方々が暖を得られた。
そのお陰で、うちのばあちゃんにシュークリームを食べさせてあげられた。考えられないけど、超贅沢品だった。
今も、シュークリーム食べると泣きそうになるもんね。

どれだけの人が助かったのだろう。
西道路でストップした車も助かった。
事故にならずに良かったね。

そんな、英雄のような店長がいます。
土下座をして頼んだ。
「わかりました。」
と彼は言った。
「もう、泣かないでください。大丈夫ですから。」
そう言われた。
そのスタンドにいる時に、ゆきえさんの火葬の話を聞かされて死ぬほど泣いた。
タケチンとケンちゃんが一緒だった。
タケチンがいてくれたから、俺は今も立っていられる。
「もういいから、帰っておいで。」
と我妻に言われた。

思い出したくないけど、それとこれは話が違う。
どんなに忙しくても、行かなくちゃいけない。

それがスコップ団に繋がっていく。
それがSmile for birthdayに繋がっていく。
三人で富士山に祈りを捧げに。

そんな事にも繋がっていく。

そんな、ガソリンスタンドにお礼に伺います。

新潟へ、俺達は今はスコップ団全員を代表してお礼に行ってくるぜ。
お礼の練習しよう。

「したっ!!」
違うな、軽い。
「ざ~~~~~~~~~~~~~っす!!!」
ダメだ。
「ありがとうございました。」
これだ、シンプルに行こう。
じゃないと、泣いてしまう。

希望の町、新潟へ。
いっぱいお土産を買って行こう。
こんなにどうする??
そのぐらい。

それでも足らないぐらい。
明日、店長休みだったら家まで行くもんね。
旅行に出てたら、旅行先まで行こう。
迷惑か。

アポなんてない。
あるわけねぇだろう。
「明日、お礼に行きますね。」
って誰がそんなアポを望もうか。

勝手に行って、勝手に気持ちを伝えて、渾身の力で抱きしめて、泣く前に帰ってきます。
そんな感じ。

大袈裟でもなんでもなく、今の俺達があるのは、今の犬達が今日も元気に過ごせているのは、ケーキが届いて笑顔を見せてくれているのは彼の采配のお陰です。

行ってきます!!!

スコTなんて、まだねぇよ!


矢本のじいちゃん。
助かった・・・。
と泣かれて、この頃からお礼を言われるのを避けるようになる。
よく、アチコチでケンカをしたなぁ。


灯油!全部配ったもんね!!
近所にも!!
ぷっぷ~!!!
破産寸前の頃じゃい!!!


満タンにしてやるぜ。
無駄遣いはヤ~ヨ。


あり得なかった。
全てが。


車の中は大体こう。
運ぶものすら、ロクにねぇ!!
ははははは。


イルカのドルッピ。
ひっくり返ってる車のシートをぶっ壊して担架にしたね。
信じられん世の中だ。


皆のお陰だって、俺は忘れてねぇよ。
命の恩人じゃい。皆は。
よく見る名前ベスト5
畑中さん
栗原さん
朝倉さん
武田さん
永井さん
順不同!!
ありがとう!!!!!!!!
皆さんのオモイをガソリンと共に届けたのだよ。
そんなガソリンスタンドに行くのだ。
コメント (12)

僕だよ。

2011-12-26 19:06:44 | Weblog
ばあちゃんが昏睡状態になったと連絡が。
夕方の仕事をキャンセルしてしまった皆様、取材を断ってしまった放送局の方々、申し訳ありませんでした。
病院へ行くと、ばあちゃんは苦しそうに呼吸をしている。
呼びかけにも応えてくれない。

それでも心臓は力強くて、パッと見は眠っているように思える。

程なくして、じいちゃんが来た。
ばあちゃんも、昨年は元気にもう一方のじいちゃんの葬儀に出ていたなぁと思い出す。
その帰りに、今日来たじいちゃんの見舞いに行ったのだ。
「お父さんも、早く元気になってもらわないと私が参っちゃうよ。」
そんな事を言っていた。
車に乗せる時に、ばあちゃんが軽かった。
小さい頃は、俺がそうしてもらっていたのに、今は俺が抱えて乗せるんだなぁと思ったっけ。
一年。
早いものだ。
なんだか訳が分からないうちに時間が過ぎる。

「ほら、じいちゃん来たよ。」
と皆で言うが、やはり反応しない。

じいちゃんは、少しだけ困った顔をしたけど、少し笑って一言だけ。
「洋子。僕だよ。」
と言った。

ここで奇跡でも起きれば物語みたいだけど、現実はそうもいかない。

意識の最終時ギリギリに、俺は最愛の人になんて声をかけるだろう。
世界が滅んでも、俺は最後まで生き残ろうと思う。

先に死んでしまう方が楽だから。
残された方が、俺は辛い。

それで俺も、
「僕だよ。」
とだけ言う。

辛くても、そうすることにした。

コメント (16)

昨日の晩のこと。去年の晩のこと。

2011-12-25 00:18:47 | Weblog
今日は、じいちゃんの命日。
一年経ってしまった。
去年の今日、こんな記事を書いていた。

そして、じいちゃんがその日に死んだ。
じいちゃん。
俺は、どんな成長をしたろうか?
この一年で、どんな程度の成長をしたろうか?
三月に予想もしてなかった事が起きて、そのまま年末になっちまった。
我武者羅なのはいいけど、半年以上、まともに休みもせず、仕事も上の空。
俺はこれでいいはずがない。
なにかに打ち込んでいないと、心の中の何かを失ってしまいそうで。
そんな9ヶ月を過ごしてしまった。

去年の年末の挨拶はこうだった。

どんな報酬があったのか。
それは、我妻やタケチン、雄大率いるスコップ団の誕生だと思う。

団長は、あれは俺じゃない気がする。

俺はもっとどうしようもない人だ。
音楽と絵が好きなだけ。
喋るのも得意じゃない。
人と会ってるのが好き。
それだけの人だ。

「もし、震災がなかったら団長が大切にされている『スコップ団』は誕生しなかった訳ですが、スコップ団の団員達との出会いがなかったとしても震災がなかったことを望みますか?」
と新聞社の人に聞かれたことがある。
何を言ってるのだろう?
バカバカしくて、
「申し訳ないけれど・・・。」
と席を立ってしまった。

今を、大切にしていこうじゃんか。

そんな昨日の夜。
来てくださってありがとう。
皆に会えて嬉しかったです。

リハーサルの様子。




この暗~い表情の方々は、リハーサルで【3月10日】を聞かされた方々です。
左から、しなっち、シゲ、あきこちゃん。
下向いてるし・・・。


気を取り直して会場設営!!
シゲ!トシユキ!ケンちゃん!!大活躍!!!


「りょうさん、何してんの?」
「うんとねぇ、風邪ひいて熱っぽいから風邪薬買って来てってメールしてんの。」
「え??風邪??!!」
「大丈夫。RED BULL飲めば。風邪薬も滅多に飲まないから俺、スゲー効くんだよ。」
「そういうもんすか?」
「そういうもんさ。」


「じゃ~ん。ウラノっちから貰ったジャケッツ!」
「かっこいい!!」
「かっこよかろ~??これ着て演奏すんの。」
「高いんじゃないすか、それ?」
「知らん。気持ちはプライスレス。」
「あ~、また訳分からねぇことを・・・」
「ねぇ、かっこいい?」
「かっこいい。」
「ねぇ、どのぐらいかっこいい?」
「ん~とねぇ、こんぐらい!!!」
「うひひひひ♪」
バカだよ~ん!!


カイジョー!!
うわぁ!人がいっぱいだぁ!!


わいわいがやがや。
まだかまだか。
おすなおすな。


柴田三兄弟!
三味線って迫力あるね。
友情出演ありがとう。


司会のヨコシン。
素晴らしいスーツに全員絶句。
奥さんも絶句。
俺は爆笑。
キャップは死ぬ寸前まで爆笑。


カツヤ、ナベケン、ヨコシンの「ナイスコップ青春LIVE」
案外グダグダ。
楽しかったね。


THE SCHOP DAN BANDの登場です。
スコップ団のメインテーマが生演奏。
ボルテージMAXでしたな。
裏で、俺、泣きそうだったもの。なんか。


柴田三兄弟の長男も一曲だけ飛び入り参加。
どうもありがとう。
ナイスセッション。




次男坊です。


行くぜ行くぜ!




うちには外人もおるんやで!!


はい、どか~ん!


なめんなコンニャロ~!!


はい、どか~ん!!


ロックで撃ち抜いてやるぜ!!




はい、雄大~!!


ごっちゃごちゃ!!


歌の練習ではなく、泣かない特訓を重ねた【3月10日】を歌う神妙な顔のおじさん。
原田さんのせいで、俺はもらい泣きをしました。
で、歌えなくなっちゃったのです。
そのザマを見て、皆も泣いてしまったのです。
彼が、原因です。
みんなのテンションがさっきのリハのようにならなければいいのだが・・・。


あ、やっぱりね・・・。
原田 晃牧場長のせいです。


ゆっきぃは、学生の頃から知っている。
俺の会社でバイトをしてくれていた。
キレイな人になったなぁと思う。
これからもヨロシク。


いっぱい来てくれて嬉しかった。


今日を全力で生きる。
明日の事なんて知らねぇ。
今日の全力が明日の為になる。

それを、俺達は知ってしまったからこんなにも胸が暴れだす。








暴れだす!!!


歌えなかったから歌詞を載せておきます。
本当はもっとちゃんと歌って、皆に伝えたかった。
最後に、もう一回歌おうかとも思ったけど、どうせ同じことだろうと思ってやめた。

【3月10日】
いつでも明日が来ると思ってた。
いつでも今日はね、明日のための通過点で。

何も考えずに過ごしてしまった。
いつも通りにふざけてた。
いつも通りに笑って、悩んで、怒ってた。

僕たちは。
3月10日に、全てを置いてきて、
約束や笑顔も、あの日に忘れてきた。
二度と果たされない約束の他にも、
伝えておきたかった数々の言葉も。

もしね、明日が。
最後だって知っていたら、僕は誰と、僕は何を話すんだろう。

もしね、明日が。
最後だって知っていたら、僕は誰と、僕はどこに行くんだろう。

捨て身で手を伸ばしても、
救えないものの方が、多いのかもしれないけど。

明日、もし僕が死んでしまっても、
それでも構わないぐらい、伝えなきゃ。伝えなきゃ。

まだ嘘みたいだ。
まだ嘘みたいだ。

天国に伝えなきゃ。
「僕たちは元気だよ」

3月10日は、また今日かも知れない。
二度と果たされなかった、約束を忘れないでね。

今日、君だけに伝えておくからね。
知っておいて欲しいんだ。
「ありがとう」と「愛してる」

来年早々にレコーディングをする事になりました。
三上ちさこが、「Smile for birthday」の歌を。
俺達でこの曲とスコップ団のテーマを。
出来ればもう一曲。
イトオン(スタジオB/2)の社長のはからいで。
だから、多分、CDが出ます。
花火代に間に合うといいんだけど・・・。
ジャケットのイメージ。
たぶん、これじゃないものになると思うけど。
どんなデザインにしよう!


いつでも、俺は忘れないでいようと思います。
人が全力で生きるエネルギーは、時に、こんなにもスゲー勢いになるんだぜってことを。
「生かされた事には意味があります!」
って誰かが言う。
「ねぇよ、ばか。」
と俺は言う。
死んだ事に、意味なんてねぇだろう。
簡単に言わないでください。
「まだ引きずってんだね。いつまでやるの?」
ゲラウェイ!!
一生癒えない。
癒してたまるか。
それでも、俺達は、前向きに熱く生きるのみ。


次は、1月7日に山下駅に全員集合じゃい!!
俺達はまだ、何もしてねぇよ。
人助けに、理由はいらねぇ。
ここからが、スコップ団の意地の見せ所だ。
そして、なにかあったら、dogwoodに集合。
そこで、その時に何かを考えよう。
だから、誰も死んではいけない。

メリークリスマス。
また来年も、この言葉を言えるように。
ゆきえさんは、俺達を引き合わせてくれた。
幸せの枝を、今も拡げてくれている。
幸枝さんにもメリークリスマス。
長女のミユちゃんも、昨日来てくれていた。
ママの代わり。

皆、メリークリスマス!!
愛とは祈り。
俺は祈る。
だから、誰も俺より先に死んではいけない。
コメント (15)