みずママの日記

保護団体ALMA(旧CATNAP)一時お預かりはお休み中
保護犬応援!我が家の日常、子育てありんこ日記など

ビリー君 2年だね

2017年12月06日 | ビリー
我が家の愛息子がその犬生を全うしたあの日から今日で2年です。
色々覚えてくださっていた方、メッセージありがとうございました。
こんなに覚えてくれていて幸せだねビリー君。
あの日、朝7時30分頃かな、私の腕の中で息を引き取った姿を見て
声をあげて泣きました。こんなに出るの?涙って、ていうくらい。
その後パパと昼間仕事で、私は腫れた目をしていたけど絶対に人前で泣くもんか!
と我慢していたんですよ。そしたらパパが隣でピアノ弾きながら鼻水垂らしてめっちゃ泣いてるし、、
ちょっとーーーー!!やめてよーー!!
その日の夜は某企業のクリスマスパーティで着ぐるみと一緒にロックンロールやる仕事。
本当にこの日ばかりは改めて過酷な仕事だよなーって思いました。

次の日ふたりでビリー君のお別れをしにいって小さくなって帰ってきたビリー君のお骨を見てまた泣いて。
もう二度とワンとなんて暮らせない!って思った瞬間、
すぐ隣にはセント爺さんがじぃーーっとこちらを見つめていたよ。
(想像できるでしょ。コッカーあるある、たまらんホゲーーッ顔!)
あ!ごめんごめん!君いたもんね、そんな言い方なかったね。
仲良く楽しくのんびりやってこー。
そんな風にワンのいない寂しさをワンが慰めてくれた。
人間は本当に弱っちいさ。すぐ泣くし寂しがり悲しむ、
ワンにいつも助けられ、何も文句ひとつ言わずにただ生きる、
諦めることなく、その時が来るまで命の最後の最期まで
ちゃんと生きて生き抜いて、命の尊さをまた人間に教えてくれる。
ワンは凄いなぁーって思います。

ビリー君の命日に写真アップ無しですみません。
写真を乗せるとまたメソメソしそうだから?
うん、まぁそういうことにしておいてください。

そして相変わらずまとまりのない文章ですみません。

また我が家の家族として新たにワンを迎える時が来るのかなぁ?
かるぴす君の記事では本当に嬉しかったの本音。
私もいつかちゃんと迎えることができるかな。
ビリー君とセント君の遺影に毎日無理矢理?なむなむさせている娘は
あの頃にはなかった命。何とも不思議です。
本当は娘ありんこも、ビリー君もセント君もみんな一緒に楽しく暮らしたかったなぁー。
、、って、ワンs に一体何歳まで生きろと?笑 だよね。

命日の今日はそんな色々な気持ち、思いが、たくさんありました。
時は時代は過ぎるというか変化するよね、
ブログに毎度登場のみず家名物のジャングル、とうとう改造計画スタートしております。
ビリー君やセント君が生きている時ににこのリフォームをしてあげていたら、、
と思う今日この頃。それもタイミングですから仕方ないね。
ジャングル(もはやジャングルではない)のリポートはまた後日。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

一年

2016年12月06日 | ビリー
12月6日、今日はビリー君の命日。
あれからちょうど一年か。
ま、こういう日は色々ふり返るものですね。

ニコラママ、そしてトム太郎ママからもお花が届きました。
えーー!!覚えていてくれたの?
本当にありがとう。久々に涙した。
よーーくわかった事があるんですけど、
これっていつまでたっても乗り越えられるもんじゃありませんね。
てか、乗り越えなくて良いみたい。
懐かしんで、悲しんで、、泣いて、、
そういう、そこまでの気持ちがあって当然。だってすごく愛していたわけだから。
だからまた思い出したら泣いちゃうかも、でもそれで良いのだきっと。

あの闘病生活で支えてくれた周りの方々、ご近所のボラ仲間、
最期まで諦めないで熱くお世話してくれたキョーレツ鍼先生、
ビリー君が最期まで穏やかに暮らしそして旅立って行かれたのもたくさんの方々のおかげです。
今、やっとその方々に感謝できる心の余裕ができたと思います。
本当にありがとうございました。



さて、あの時いいキャラで悲しむ私を支えてくれたセント君、
実は少々具合が悪いのです。今諸々検査をしているのだけど。
セントも随分お爺さんだけど頑張って来たもんね。
どうかセント君の毎日が穏やかでありますように。
↑写真はめっちゃイビキかいてお昼寝の図なんですよ。
そこに居るだけで皆んなを和ませてくれるのは本当に天然なんだから。
そのキャラまだまだ振りまいて欲しいんだよね。

セント君の事はまた改めてちゃんと書きたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年09月16日 | ビリー

Test
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のお盆は

2016年07月14日 | ビリー
ビリー君が亡くなって初めてのお盆。
お祖母さんが亡くなってこれまた初めてのお盆。
盆の入りにはお線香たいて、お供えして
しみじみ寂しさがありますなぁー、本当に戻ってきてくれているのだろうか?

おっと、素晴らしいものがあるではないか。
千葉の飯岡メロンです。追熟1週間は経過している!

うわー!!
食べ頃だわー!

ビリー君どうぞ。

するとさ、決まってこのふたりが 待ち構えておるのだ。










お盆じゃなくても毎日みんなと一緒にここに居ると思っているという、
いまだ親バカではありますが、、
ビリー君、ふたりのこと見守っていてねー!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肝臓、胆のうケア ごはん

2016年06月25日 | ビリー
毎日ジメジメ。こんな季節はニンゲンもワンsも自律神経が弱ってくるようで
持病の悪化もあるんですってー!気持ちだけは明るく楽しく美味しく行きたいね!
さて、あさりちゃんは胆のう、肝臓をケア出来るゴハンが理想!
腎不全ケアゴハンをたべていたセント君もその影響で現在は肝臓数値が上がり
肝臓ケアを必要としております。
ふたりとも同じ様なゴハンが理想ということで色々調べていくと
やはりニンゲンで肝機能に良いとされるものはやはりワンs にも良いようです。
ニンジン、リンゴ、キャベツ、ウコン、、などなど。

なるほど、共通しているのは食物繊維が豊富なものだなと。
それぞれの栄養素は抗酸化作用や整腸作用があるものだし
といっても、いつも手作りゴハンで使っているものとそう変わりはないのでまぁ一安心。

朝のニンジンスムージーも少量ながら続けていきましょう。
そして最近我が家の定番オヤツだった 「りんごころころ」は
肝機能、腸に大変良い効果が期待できるものだとわかりました。
リンゴ丸ごとドライだもんね。オヤツだって楽しく食べよう。


今日はドッグフードのトッピングを作ったよ。
いつもの肉野菜スープと同じなんだけど水分が少なくなったので
トッピングとカッコよく言ってみただけだ。笑
脂肪分が少ない鶏のムネ肉を使って
キャベツ、ニンジン、赤パプリカ、しめじ、アマランサス、ウコンパウダー少々
低脂肪ドッグフードに大スプーン一杯くらいをトッピングしました。

低脂肪ドッグフードについては、、こちら!

先日、トム太郎一家が届けてくれた
「ロイヤルカナンの消化器サポート低脂肪」です!
ウエットなので匂いも良いし良く食べてくれます。

そして、ドライフードも決まりましたぜ。
やっぱり「ナチュラルバランス リデュースカロリー」になりました!
控えめなタンパク質量だけどその分はトッピングのムネ肉で補えそう。
脂肪分は療法食並みに抑えられており、本当にナチュラルバランスさすがです。

って事で早速割安な大袋を買って、真空パックに小分け作業。
この作業中、ワンs はプチ興奮状態でした。笑
そりゃそーだ、目の前でゴハンをゴソゴソやっているのだから。
ドライフードは開けたその時から酸化していきますからね。
一ヶ月くらいで食べきれる量が理想と言われておりますが

こうしておけばとりあえず安心だ。カチンコチンだ。

ふたりとも食欲はあるのでそれだけは安心です。

本当にお利口さんのふたり。
今日も元気に過ごしてね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へにほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2ケ月

2016年02月06日 | ビリー
今日は月命日です。
12月6日にビリー君が旅立ってからちょうど2ヶ月。早いようなでもこれまで長かったような。
しばらくこのブログのビリー君の記事や写真、そしてスマホやPCに残った写真すら
見ることが出来なかった。 毎晩、骨壺を抱いて泣いた。
そんなニンゲンの精神状態を察知してしまったセント君が体調を崩してやっと気が付く私。
それから人間たちが元気を出そうという気持ちになってから何となく毎日が過ごせるように
なったんだと思います。(セント君、今は元気です!!)
今ではたまに写真を見たりもするので今日は少し懐かしいのを紹介したいとおもいます。

本当に仲が良かったビリー君とセント君。

いつも一緒。いつもくっついていました。

お昼寝もいつも一緒。
見ているこちらもホッコリしたものです。

いつも何かおしゃべりしていたよ。



はっぴーさんとこのいぶきちゃんも泊りに来てたよね。
いぶきちゃんも今はお空。ビリー君と遊んでいるよねきっと。

今までいろんな預かりっこが来たけれど、こんなにベッタリだったことはありませんでした。
お互いに気が合ったんだと思います。

狭いベッドでもこのとおり。
そして・・若いころの写真は・・・と探そうと思ったのだけど、
晩年の写真を探すのが今の所精一杯な感じみたい。
そういえばワンsの写真は撮るけれど、ニンゲンと一緒に撮ったのはほとんど無いような。

珍しいのがありました。千葉の千倉行った時のだね。ボケてるけどパパが撮ったのかな。
ビリー君を迎えて1年くらいのころです。

なんかまとまりのない記事になってしまいました。
また今度若いころの写真を紹介したいと思います。


今、ビリー君は居間のみんなの事が良く見渡せるところにいます。
今年のお正月、本当は みずママ、みずパパ、ビリー君、セント君とで
集合写真を撮ろう!!って計画していたの。年賀状にしようって。
でもそれ叶わなかったから皆一緒にいる絵を描いたのでした。 →こちら
それがこれ奥に飾ってあるやつです。
私的にはセント君の背骨の曲がり具合がかなりポイントなんですよね。


犬ってその身をもって命の尊さ教えてくれてるって改めて思いました。
ビリー君がそうだったように、ひとつでも多くの小さな命が幸せになれるよう
我が家は細々ですがこれからも保護活動を続けていきたいと思っています。
今日は湿っぽくて、まとまりなくてスミマセン。
今後ともよろしくお願いします!!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます

2016年01月01日 | ビリー


素敵な一年になりますように。
今年もよろしくお願いします!

2016年 元旦
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御礼

2015年12月10日 | ビリー
たくさんのお言葉、みなさんありがとうございます。
あの日のこと、思い出すのが辛すぎて書くこともためらいますが、
こんなにも沢山の方々が気にかけてくださっていたのかと思うと少しだけお伝えしたいと思います。


12月6日 午前4時ごろ
いつもの悲鳴が聞こえて抱っこしてオムツをかえてお水を飲ませました。
寝返りをさせてあげてスヤスヤと眠りについたのを見ながら自分もまた寝ました。

午前7時過ぎ、予定よりちょっと寝坊してしまったなぁ、と、
ビリー君を見ると珍しく濁った目やにを付けていたので拭いてあげて
キッチンでお薬の準備をしてオムツを変えるために抱っこしました。
その時はちゃんと力が入っていたと記憶していますがほんの1~2分かな
急に力が抜けていくのがわかりました。焦りましたが今までも何度も気絶して脱力して
それでもまた戻ってきてくれていましたから、ちゃんと戻ってくれると思って
何度も呼びかけたのですが、、もう最後の呼吸が始まりました。
しっかり抱きしめるとビリー君もしっかりとわたしの顔を見つめているようで目をパッチリ
開けていました。しばらく見つめあっていた様に記憶しています。
それから私は声を出すこともなくただただ見つめあっていた様に思います。
ビリー君は大きく大きくお口を開けて そしてそれが終わりました。
その時初めて、待っていたんだ、私が起きるの待ってから逝ったんだということが分かりました。

火葬は翌日でした。出発前にくみこさんがお別れに来てくれました。
我が家で一番ビリー君と会っていたものね、正直来てくれて精神的にも助かりました。
この時まだ頭が正常でなかったから普通にお喋り出来てとても良かったの。どうもありがとうね。

火葬の待ち時間中、ジャスミンさんが駆けつけてくださり一緒にお骨を拾ってくださいました。
本当にありがとうございます。
そしてビリー君は無事に我が家に帰ってきました。



ビリー君は2007年2月22日という日に城南島の殺処分機を前に
処分の数分前に代表の一本の電話により寸前のところでレスキューされた奇跡の子でした。
縁あって我が家にやってきて約8年と半年あまり。たくさんの幸せを運んできてくれました。
病気になっても何度も生還し文字通りの奇跡の子でした。
生前、たくさんの人に愛していただきお世話になりました。
本当に本当にありがとうございました。


文章がまとまりなくてすみません。
心配くださった方々に少しでもお伝えしようとしたのですが
あまり上手くいかないですね。でもブログは日々更新していきますからね、
自然に思い出したらまたビリー君の事も書くと思います。その時はまたお付き合いください。
今後とも「みずママの日記」をよろしくお願いします!


ビリー君2008年の頃 (歯があるぞ!)











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう

2015年12月06日 | ビリー
12月6日 午前7時過ぎ頃だったと記憶しています。
ビリー君が息を引き取りました。
私が起きるのを待ってたかの様に抱っこしたら直ぐに旅立っていきました。

実は、前日、とても調子が良くてブログも「調子がいい」というタイトルで
リポート保存してあったの。

これは2日前に点滴に行った時のお顔。
この顔見てすごい喜んでたあたし。


そして、昨日は千葉までの旅仕事で、お留守番厳しいから連れて行こうって事になって
同行した方々や現場のスタッフには湯たんぽやカイロの協力もしていただき、
一緒に行く事が出来ました。その時の写真。
後部座席でお薬と粉ミルクを飲んだ後。

↑朝日で毛が光っちゃってるけど。
こんなお顔見せるの久々で、私はきっと漢方薬が効いてるんだ、
これ、もしかしてイケるんじゃね?、みたいな気持ちでした、奇跡の1日だったんですよ。
でもね、これがビリー君と撮った最後の写真になってしまいました。
翌朝は本当に私が起きるのを待ってから逝きました。
旅立つ前に私を安心させる様に頑張ってくれちゃったのかなぁ。
最後に一緒に旅が出来て良かった!って思っていいのかな。
ビリー君ありがとうね。

闘病でずっと応援してくださった方々、励ましてくださった方々ありがとうございました。









コメント (25)
この記事をはてなブックマークに追加

ビリー君セント君それぞれ

2015年12月05日 | ビリー








おはようございます、ビリー君の体温は35度までおちてしまったのですが
湯たんぽと暖房作戦で昨日38度まで回復しました。

、、ていうか、セント君、昨日来ていたセーターどうしたのかな?

これこれ。あまりにも背骨が曲がっているでしょ、
そうすると本来の着丈よりお尻が中に入っちゃって
お腹の空きの部分も股間までふさいじゃうのよね。
するとオシッコするとお腹ビショビショ。という訳よ。
最近、何枚かのお洋服がこの特殊なパーツサイズ変化のため着られなくなりました。
言い換えれば、お背中の曲がり方が少々進んできたのかしら。
手作りお洋服の場合はお腹をガッツリ空けてあるので大丈夫なんですが
、、また作れってか。
先日はっぴーさんにもこの曲がりは記念物並だと言われましたけどね。
本当すごいよこれ。痛くないのかな、骨。こんな爺でも萌えだわー。

さてさて、ビリー君のリポートに戻りますが
腎臓数値が振り切ってしまったので毎朝病院での輸液に通っています。
昨日は朝少し雨が降っていましたからカートの中は湯たんぽやカイロをたくさんつめて。

意識もうろうとしていた発作状態からは随分回復したお顔にはなりました。
これは落ち着いていると判断しても良いのでしょうかね、低迷中ではありますが。
でも自力で立ち上がる事は出来ていません。ご飯も殆ど食べられません。
毎日、鍼の先生と電話でその都度の状態を報告しながらその日のお薬の量を決めていくという
状態が続いています。
腎不全はその通りなのですが脳下垂体腺腫由来ですから根本はとても複雑です。
プレビコックス以外はお薬一時中止、新たに樟脳エキス、黄今丸 といった漢方薬を飲んでいます。

体温を下げない様に、居間は暖房24時間フル回転です。
勿論ベッドには湯たんぽやホットマット、カイロ。お部屋がかなり乾燥しますから
我が家のチープな加湿機だけじゃ追いつかなくてバスタオルを洗ったものをゲージに掛けたりして
湿度調節しています。

↑セント考え中か。笑

そこで寝るの?

ああぁぁー、、
そこ入っちゃって。ビリー君痩せちゃってるから踏み付けたりしちゃダメよ!
いつもこのベッドで一緒に寝ていたんだもんね。
君は本当に友情に熱いオトコなんだねー。










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加