ぶたころの愉快コレクション

近くの国営昭和記念公園の近況、アウトドア活動を中心に愉快を探していきたいと思います。

一周忌の打ち合わせ ( & ニャンの飼い猫暮らし )の巻

2018年05月24日 05時05分00秒 | 日記


霊園と一周忌の打ち合わせをしました。

妹一家と私の最大で4人なので墓前で行う事にしました。

天気が良いと良いのですけど。

7月の下旬なのでまだ時間があります。



最近危険運転する車も多いので薄着になる夏に備えバイクの服の下に付けても目立たなそうなエルボエルボガードとニーガードを発注しました。



胸部と脊椎のプロテクターは冬は服の下に付けるタイプ、夏はベストを使用しています。

面倒なのでそのまま仕事をすることもありますがあまり暑い時期は脱いで仕事をすることが出来ます。


後部を撮影するカメラ、先日気が付いたら外れてぶら下がっていました。

少し無理な付け方をしていたので振動とともに外れたようです。

外れても落ちないように細紐で確保していたので無事でした。

だいたい様子は解かったので今は黄色で目立つタイプの物をダミーとして付けています。

これは軽く安定した場所に付けています。


バイクは車と違い振動があるのでなかなか付ける場所、付け方が難しいです。


国営昭和記念公園のメルマガが届いてマンパクをやっている事と27日の日曜日西花畑のヤグルマギクの摘み取りを13時半受付で行うとの事です。

摘み取り希望の人はハサミと軍手持参との事。


明日は仕事が2件、今月は30件ばかりの件数となるようです。
年金の足しとしては良いのでは無いでしょうか。


以前のように毎日走り回るより今の私にはちょうど良いです。


栃の心、面白いですね。


________________________________________________


( 追記 )


ニャンは昨日ずっといました。

朝、ちょっと外出したようですけどすぐ帰って来て今もいます。

鰹節をあげたらきれいに食べました。



一つ話題になっているニュースがあり、新たに話題となるニュースが出るとそれに隠されてしまう事が多いですけど、今回は共通点も見られて共振して揺らいでいます。


だんだん今の日本の状態が浮き彫りにされているようですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志願と言う名の強制 ( & ニャンの飼い猫暮らし )の巻

2018年05月23日 05時05分00秒 | 日記



戦争でも命令した人間は安全なところにいてその下部の人間が兵士に断ることが出来ない志願を募る・・・・・・・・特攻。



昨日ラジオの出演者が言っていましたが最近の日本はそういう構図が戻っている。
まさにその通りだなと思いました。




上の年齢の人々が平気で責任逃れのうそをつく、逃げようとする。

日本製品の偽造など日本の危機は計り知れない。

日本製品だから安心とは言えなくなっています。

製品の信頼度には相当な自信、プライドがあったのにすでにその時代は終わっているのではないでしょうか。





また、すでに高度な高齢社会、高度な少子社会です。


福祉、医療費は膨大な金額となります



問題は山ほどあります。



舵を取るべき人々が逃げて済む問題ではありません。


タガが外れている、そういう状態になっているのを感じます。



どうなる日本、せめて自分だけはちゃんとしようと思っています。





女性の場合後2~30年あるでしょうけど、私の場合、たぶん残りの時間は一桁(年)。
体力、気力の衰えから自分で解かるような気がしています。



明るく夢のある将来をもっと見たいなと思えるのか、もうこんな世界これ以上見たくないと絶望して終わるのとどっちが良いのでしょうね。



もう、充分生きた たぶんそう思うのだろうなと思っています。

テレサ・テンのカシオペアと言う歌にもありますが、生きてることって悲しみが6割・・・・・ですね。

もっと多いと思いますけど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんな組み立てられているのかな? ( & ニャンの飼い猫暮らし )の巻

2018年05月22日 05時05分00秒 | 日記


零戦を組み立てています。

今のところ一番面倒なエンジンです。

以前も大きめの零戦を組み立てたことがありますが、それもそこそこ複雑でしたが今回は大変、はじめて挑戦した人大丈夫なのかな?

ここまででもう結構費用が掛かっています。

ここで失敗したら大変ですよ~。

ただ、エンジンはカウルをかぶせたら全く見えないんですね、これが。


エンジンはほとんど完成、排気管の向きを熱で少し変更した程度で収まりました。


キャブレター、機銃、照準器 まで進みました。


次あたりからコックピット、胴体とか翼になるのかな?


それとも細かな部品が来るのでしょうか。



昨年の今の介護日記を見ていると、一番大変な時期だったなと思います。


生きていて誰もいないのに誰かが見ている気になることがありませんか?

あれ、未来の自分が見ているのですね。

「 おまえ、それは後で間違っていると気が付くよ 」

「 大変だけど頑張れ 」

などと過去の自分を励ましている自分がいます。


未来の自分がいつも今の自分を見ている事を感じながら生きてみましょう。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひきこもりの週末でした & 零戦の難しい工程 ( & ニャンの飼い猫暮らし )の巻

2018年05月21日 05時05分00秒 | 日記


この週末はひきこもりの週末でした。


やったことと言えばミシンで二つ作品を作りました。


一個は猫の無為ぐるみを入れるミニミニトートで、顔だけでて手提げ部分でぶら下げることが出来るようにしたのでザックなどに付けられます。


もう一つは下用に買った安いミシンのテストで袋を作りました。

このミシンは直線縫いのみで、逆転は出来ないので縫いはじめと縫い終わりは布を回転させて何度か縫うようですが、何とか使えました。

山用のザックイン袋で、着替えとか入れようかなと思います。


日曜日はゼロ戦の部品が届いていたので組み立てました。


まだエンジンで細かいところが多く、排気管の取り付けが穴の位置が見えないのでそこを残しました。



排気管の形はみんな違い、今まで組み立てた中の奥深いところに取り付け位置があるので見えず。これがちゃんと組み立てられたら大したものです。

沢山あるプラグのコードもちょこっとした穴に差し込んであるので、組み立てながら奥のほうが外れたりと悪戦苦闘。


もっともカウルを付けたら見えなくなる部分なのですが、これだけエンジン内部を細かな部品で組み立ててきているので完璧に仕上げたいですもんね。


今まででも17巻を超えているからこの小さな部分ですでに3万円を超えているのでここでやめる訳にはいきません。

(完成まで100巻くらいらしいです)


この工程はかなり手ごわそうです。


目と手先がダメになりかけているので若いころと違ってきついです。






生き物が生きるのをやめる時、それぞれその原因がありますね。

死因ですけど、それぞれですが病気だったり、事故だったり、たくさんある中でそのうちのどれかに当てはまる訳ですけど自分の場合は何になるのだろうと思います。


そして命を終わる場所も自宅、病院、外出先など様々で、ま、その時はどうであれ知ったこっちゃ無いのですが、必ず来る訳で、そしてこの歳になったらそれほど遠い未来では無く。たまにそういう事を考えてみるのも残りの時間を有効に使うためには良いのかな、などと思いました。


今までの時間よりはるかに少ない残された時間。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糠床と言う趣味 & 時々思い出すこと( & ニャンの飼い猫暮らし )の巻

2018年05月20日 05時05分00秒 | 日記


糠床で色々漬けています。

本を見ると、え!こんなのも漬けられるの?と思う物がたくさん。

糠床は趣味になります。


精米を自宅でするのでぬかには不自由しなくていつも新鮮なぬかを足すことが出来て友人にも分家することが出来ます。


糠漬けだけでなく買うのが当たり前と思っている物を手作りするのは楽しいです。


マヨネーズが切れていた、と言うときでもサラダ油、お酢、コショウ、玉子の手持ちがあればすぐ作れますし、最近は買うのが当たり前の物を手作りするのにはまっています。






夢でも起きている時でも時々思い出すことがあります。


学生時代、一度も遅刻したことはないにもかかわらず遅刻しそうになって通学路を走っている夢。

体育の日に体操服とか運動靴を忘れて焦っている夢、これらは今でもたまに見ます。


国の補助金工事を請けている頃、締切に追われていました。

締切に遅れたことは無いのですけど、その最後に受けた仕事がもう何年もたっているのにうやむやになっている夢、これは焦ります。


子供の頃、ウニの瓶詰が好きで、分厚いガラスで、しかも底がすぼまっていて見た目よりよほど少ない量なので大事に食べていました。

それが酒粕と着色料、香料で偽装されていたニュースがありました。

これは焦る夢では無いのですけどたまに思い出します。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加