見出し画像

暮らしを彩る香りの魅力

定番薬味「ショウガ」の魅力~ハーブ~

薬用にも食用にも使える「ショウガ」。
今年の4月下旬に、『薬用植物セミナー』で、「種芋ショウガ」の植え付けを行いました。



学名:Zingiber officinale
ショウガ科ショウガ属多年草
原産地:熱帯アジア



植え付けを行ってから約5ヶ月。



一つの鉢に二つの「種芋ショウガ」を植え付けたのですが、一つは発芽せず、一つは無事に発芽して成長してくれました。


新ショウガの収穫・・・




みずみずしい新ショウガで・・・



「甘酒ショウガパフェ」を作りました。
甘酒は飲む点滴とも言われていて、美容と健康増進に役立ちますので、その甘酒に、新ショウガ、抹茶アイスクリームのブレンド。
絶妙な味がします・・・

9月の中旬なのに、連日暑い日が続いていますので、このパフェで体もひんやり。








8月下旬
こちらの写真は、大阪ステーションシティ「天空の農園」でショウガを見かけた時に撮影したものです。


**ーー**ーー**ーー

☆ショウガの歴史・・・
⦿紀元前から栽培・利用。
⦿紀元前1世紀頃、ローマ文献に記載。
⦿日本に伝来したのは、2~ 3世紀頃。
「魏志倭人伝」、「古事記」に記載。

☆ショウガの読み方・・・
『植物・食物』では、「生姜」ショウガと読み・・・
殺菌、臭み消しなどに利用、薬味として。
また、お菓子などの風味付けに、生姜湯等々、用途いろいろに利用できます。


『生薬・薬用』では、「生姜」ショウキョウと読み・・・
「漢方薬」に利用されていて、風邪薬でお馴染みの「葛根湯」の成分に配合されています。
また、胃腸を整える「健医薬」にも用いられています。

ちなみに、ハーブではジンジャーと読んでいます。
ジンジャーと、ビターオレンジ(ダイダイの皮)、レモンピール(レモンの皮)ともよくマッチします。
ご参考までに!

普段良く利用している「ショウガ」、歴史も古く、奥の深い植物であることを再認識しました。

収穫時の「新ショウガ」の香りがみずみずしく新鮮なので・・・
来年は、沢山「種芋ショウガ」を買ってきて、植え付けをして、育てたいと思っています・・・。





早朝の秋の空
2022年9月中旬撮影


ご訪問頂きありがとうございます。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「ハーブ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事